陸王 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
陸王
著者 池井戸潤
発行日 2016年7月8日
発行元 集英社
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判ソフトカバー
ページ数 592
公式サイト books.shueisha.co.jp
コード ISBN 978-4-08-771619-1
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

陸王』(りくおう)は、池井戸潤による日本小説。『小説すばる』(集英社)に2013年7月号から2015年4月号まで連載され、2016年7月8日に集英社から単行本が刊行された。

2017年10月期にTBS系でテレビドラマ化された[1]

あらすじ[ソースを編集]

埼玉県行田市にある足袋製造会社「こはぜ屋」は創業から100年の歴史をもつ老舗だが、近年は業績が低迷し資金繰りに悩んでいる。そんなある日、四代目社長の宮沢紘一はこれまでの足袋製造の技術力を生かし、「裸足感覚」を取り入れたランニングシューズの開発を思いつき、社内にプロジェクトチームを立ち上げる。

会社の存続をかけて異業種に参入した「こはぜ屋」だったが、資金難、人材不足、大手スポーツメーカーの嫌がらせや思わぬトラブルなど様々な試練に直面する。宮沢たちは坂本や飯山の協力や有村や村野の助言を受けて、試行錯誤を続けながらランニングシューズの開発に邁進するのだった。

登場人物[ソースを編集]

宮沢 紘一
埼玉県行田市の老舗足袋製造会社「こはぜ屋」社長。
宮沢 大地(23)
紘一の息子。大学卒業後「こはぜ屋」を手伝いながら、就職活動中。
宮沢 美枝子
紘一の妻。
宮沢 茜
紘一の娘。高校三年。
富島 玄三
「こはぜ屋」経理担当常務。
安田 利充
「こはぜ屋」係長。
坂本 太郎
「埼玉中央銀行」こはぜ屋担当。
江端
「椋鳩通運」セールスドライバー。
有村 融
横浜のスポーツショップ。
茂木 裕人
「ダイワ食品」陸上競技部ランナー。
城戸 明宏
「ダイワ食品」陸上競技部監督。
村野 尊彦
「アトランティス」シューフィッター。
小原 賢治
「アトランティス」営業部長。
毛塚 直之
「アジア工業」陸上競技部ランナー。
清崎 徳治郎
「アジア工業」陸上競技部監督。
彦田 知治
「芝浦自動車」陸上競技部ランナー。
徳原 誠
「芝浦自動車」陸上競技部監督。
望月
「ジャパニクス」陸上競技部ランナー。
田中
「ジャパニクス」陸上競技部ランナー。日本記録保持者。
飯山 晴之
「シルクール」社長。
飯山 素子
晴之の妻。
橘 健介
戸田市の繊維メーカー「タチバナラッセル」社長。
御園 丈治
アパレルメーカー「フェリックス」社長。

テレビドラマ[ソースを編集]

陸王
ジャンル テレビドラマ
放送時間 日曜 21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2017年10月15日 - 12月24日(予定)[2]
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 福澤克雄
田中健太
原作 池井戸潤『陸王』
脚本 八津弘幸
プロデューサー 伊與田英徳
飯田和孝
川嶋龍太郎
出演者 役所広司
山﨑賢人
竹内涼真
風間俊介
音尾琢真
志賀廣太郎
光石研
キムラ緑子
寺尾聰
ナレーター 八木亜希子
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
データ放送 番組連動データ放送
外部リンク 公式サイト

特記事項:
初回は54分拡大の2時間スペシャル(21:00 - 22:48)。
第2話は15分拡大(21:00 - 22:09)。
テンプレートを表示

2017年10月15日から毎週日曜21時 - 21時54分にTBS日曜劇場枠で放送されている。主演は役所広司[1][3]

キャスト[ソースを編集]

こはぜ屋[ソースを編集]

宮沢 紘一(みやざわ こういち)〈56〉
演 - 役所広司
埼玉県行田市にある老舗足袋業者「こはぜ屋」4代目社長。
宮沢 大地(みやざわ だいち)
演 - 山﨑賢人[4]
紘一の長男。大学を卒業するが、就職に失敗して「こはぜ屋」を手伝いながら就職活動中。「陸王」のソール部分に使用する「シルクレイ」の生産を任される。
安田 利充(やすだ としみつ)
演 - 内村遥
「こはぜ屋」係長。
仲下 美咲(なかした みさき)
演 - 吉谷彩子
「こはぜ屋」縫製課で働く最年少の従業員。
水原 米子(みずはら よねこ)
演 - 春やすこ
「こはぜ屋」縫製課。
西井 冨久子(にしい ふくこ)
演 - 正司照枝
「こはぜ屋」縫製課で働く最年長の従業員。
橋井 美子(はしい よしこ)
演 - 上村依子
「こはぜ屋」縫製課。
正岡 あけみ(まさおか あけみ)
演 - 阿川佐和子[5]
「こはぜ屋」縫製課のリーダー。
富島 玄三(とみしま げんぞう)
演 - 志賀廣太郎
「こはぜ屋」専務取締役、経理担当。宮沢ら「こはぜ屋」の面々からは「ゲンさん」と呼ばれている。

宮沢家[ソースを編集]

宮沢 美枝子(みやざわ みえこ)
演 - 檀ふみ
紘一の妻。
宮沢 茜(みやざわ あかね)
演 - 上白石萌音[6]
紘一の長女。高校3年生。

「陸王」協力者[ソースを編集]

有村 融(ありむら とおる)
演 - 光石研
スポーツショップ「アリムラスポーツ」の店長。
江幡 晃平(えばた こうへい)
演 - 天野義久
「椋鳩通運」のセールスドライバー。
飯山 晴之(いいやま はるゆき)
演 - 寺尾聰
倒産した「飯山産業」の元社長。
を特殊加工した「シルクレイ」を考案し、特許を取得している。
飯山 素子(いいやま もとこ)
演 - キムラ緑子
晴之の妻。

ダイワ食品陸上部[ソースを編集]

茂木 裕人(もぎ ひろと)
演 - 竹内涼真[7]
「ダイワ食品」陸上部の選手。
学生時代箱根駅伝5区を走った期待の新人。元々野球少年で甲子園を目指したが、肘を壊して長距離選手に転向する。
「豊橋国際マラソン選手権大会」でのレース中に膝を痛め「陸王」と出会う。
城戸 明宏(きど あきひろ)
演 - 音尾琢真
「ダイワ食品」陸上部監督。
平瀬 孝夫(ひらせ たかお)
演 - 和田正人[6]
「ダイワ食品」陸上部の選手。
立原 隼人(たちはら はやと)
演 - 宇野けんたろう
「ダイワ食品」陸上部の選手。
加瀬 尚之(かせ なおゆき)
演 - 前原滉
「ダイワ食品」陸上部の選手。
内藤 久雄(ないとう ひさお)
演 - 花沢将人
「ダイワ食品」陸上部の選手。
川井(かわい)
演 - 佐藤俊彦
「ダイワ食品」陸上部の選手。
水木(みずき)
演 - 石井貴彦
「ダイワ食品」陸上部の選手。
端井(はしい)
演 - 安藤勇雅
「ダイワ食品」陸上部の選手。

アジア工業陸上部[ソースを編集]

毛塚 直之(けづか なおゆき)
演 - 佐野岳[6]
「アジア工業」陸上部の選手。
茂木と共に学生時代箱根駅伝5区を走った。父が元マラソン選手で英才教育を受ける。
吉田(よしだ)
演 - 山本涼介
「アジア工業」陸上部の選手。

アトランティス[ソースを編集]

小原 賢治(おばら けんじ)
演 - ピエール瀧
「アトランティス」営業部長。
佐山 淳司(さやま じゅんじ)
演 - 小籔千豊
「アトランティス」営業担当。「ダイワ食品」陸上部担当。小原の部下。
村野 尊彦(むらの たかひこ)
演 - 市川右團次
ベテランシューフィッター。

埼玉中央銀行[ソースを編集]

坂本 太郎(さかもと たろう)
演 - 風間俊介
「埼玉中央銀行行田支店」融資課。「こはぜ屋」の将来を考え、新規事業の参入を提案する。「こはぜ屋」の融資の件で支店長や融資課長と対立し、「埼玉中央銀行前橋支店」に異動となる。
大橋 浩(おおはし ひろし)
演 - 馬場徹
「埼玉中央銀行行田支店」融資課長。「こはぜ屋」への融資に関して「新規事業の参入」を勧める坂本に対し、「銀行の利益」を優先して「『こはぜ屋』の社員のリストラ」を提示する。
家長 亨(いえなが とおる)
演 - 桂雀々
「埼玉中央銀行行田支店」支店長。
ポスターモデル
演 - 山本里菜TBSアナウンサー[8]

その他[ソースを編集]

広樹(ひろき)
演 - 緒形敦[9]
宮沢大地の同級生。

ゲスト[ソースを編集]

第1話
レース解説者
演 - 増田明美
茂木、毛塚が出場した「豊橋国際マラソン選手権大会」の解説者。
マラソン実況
演 - 初田啓介(TBSアナウンサー)
「豊橋国際マラソン選手権大会」の実況担当。
サイラス・ジュイ
演 - 本人
「豊橋国際マラソン選手権大会」の優勝者。
藤井
演 - 内場勝則
「こはぜ屋」の取引先であった大阪の呉服問屋「鶴善商事」の担当。
矢口
演 - 井上肇
「こはぜ屋」の大口取引先である大徳デパートの担当。
売り場が3割縮小されることを告げる。
スポーツショップ店員
演 - 原アンナ
茜のためにスニーカー「アトランティスR2」を購入する紘一の相手する。

スタッフ[ソースを編集]

放送日程[ソースを編集]

各話 放送日 サブタイトル[10] 演出 視聴率 備考
第1話 10月15日 役所広司・15年ぶり連ドラ出演〜倒産寸前の足袋屋が大企業と悪銀行に挑む!親子と仲間の愛で復活なるか 福澤克雄 14.7%[11] 54分拡大
第2話 10月29日 15分拡大
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)
  • 10月22日は衆議院議員総選挙特番『激突!与野党大決戦 選挙スタジアム2017』のため休止。
TBS系列 日曜劇場
前番組 番組名 次番組
ごめん、愛してる
(2017年7月9日 - 9月17日)
陸王
(2017年10月15日 - 12月24日〈予定〉[2]
99.9 -刑事専門弁護士-
(SEASON II)

(2018年1月 - 〈予定〉)

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 池井戸潤 新作「陸王」が役所広司主演でドラマ化 日曜劇場で「半沢」スタッフ再集結”. 毎日新聞 (2016年12月29日). 2017年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月25日閲覧。
  2. ^ a b データ放送スペシャルプレゼント”. 陸王. TBS (2017年9月29日). 2017年10月16日閲覧。
  3. ^ 役所広司、 池井戸潤「陸王」ドラマ化で主演に抜擢!”. cinemacafe (2016年12月29日). 2017年2月25日閲覧。
  4. ^ 山崎賢人、『日曜劇場』初出演 10月期『陸王』で役所広司の息子役”. ORICON NEWS (2017年8月9日). 2017年9月18日閲覧。
  5. ^ 阿川佐和子「陸王」にレギュラー出演! ピエール瀧、檀ふみらも参戦”. 映画.com (2017年9月17日). 2017年9月18日閲覧。
  6. ^ a b c 上白石萌音、役所広司の娘役に!和田正人、佐野岳ら「陸王」に”. 映画.com (2017年9月26日). 2017年9月26日閲覧。
  7. ^ 竹内涼真、『陸王』で“開発”のキーパーソンに!陸上選手役に「運命的なものを感じる」”. クランクイン!. ハリウッドチャンネル (2017年9月7日). 2017年9月18日閲覧。
  8. ^ “新人女子アナが日曜劇場「陸王」に“出演” 銀行のポスターモデルに”. 毎日新聞. (2017年10月13日). http://mainichi.jp/articles/20171012/dyo/00m/200/048000c 2017年10月16日閲覧。 
  9. ^ “祖父は緒形拳!父は緒形直人!緒形敦が俳優デビュー「全力で挑戦するのみ」”. シネマトゥデイ. (2017年10月16日). https://www.cinematoday.jp/news/N0095335 2017年10月16日閲覧。 
  10. ^ TBSオンデマンド 陸王
  11. ^ “池井戸潤さん原作&役所広司主演「陸王」初回視聴率14.7%の好発進!”. スポーツ報知. (2017年10月16日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171016-OHT1T50049.html 2017年10月16日閲覧。 

外部リンク[ソースを編集]