人間・失格〜たとえばぼくが死んだら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
人間・失格
〜たとえばぼくが死んだら
ジャンル サスペンス
学園ドラマ
放送時間 金曜22:00 - 22:54(54分)
放送期間 1994年7月8日 - 9月23日(12回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 吉田健
吉田秋生
金子与志一
脚本 野島伸司
プロデューサー 伊藤一尋
出演者 赤井英和
桜井幸子
横山めぐみ
堂本剛
堂本光一
黒田勇樹
斉藤洋介
加勢大周
音声 ステレオ放送

特記事項:
第1回のオープニングでのタイトル表記は「人間・失格」だったが、第2回から「たとえばぼくが死んだら」のサブタイトルが付いた。
テンプレートを表示

人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』(にんげん・しっかく たとえばぼくがしんだら)は、1994年7月8日から9月23日まで毎週金曜日22:00 - 22:54に、TBS系の「金曜ドラマ」枠で放送された日本のテレビドラマ。主演は赤井英和

KinKi Kidsの初主演作と言われることがあるが、全編を通しての主演は赤井である。

概要[編集]

名門私立中学校を舞台にした物語で、イジメ体罰虐待自殺、父親の復讐、親子の絆などを描いた。大きく分けると、前編(第1話から第6話まで)が名門中学での誠への陰湿、過激ないじめ問題を中心に描写、後編(第7話から最終回まで)からは誠を殺した者達への、衛の復讐劇が中心に描写される。前編の話にかなり過激ないじめや体罰描写があり、倫理的・道徳的にタブーとされる話題を数多く扱ったことから、「過激で興味本位な内容である」という視聴者からの批判が多かったという。そのため、前半は視聴率で苦戦(第2話は9.8%)したが、徐々に視聴率を上げ、最終回は28.9%にも及んだ。平均視聴率は19.2%。第6話以降は全話視聴率20%以上を記録していたが、序盤の低迷が響き平均視聴率は20%を割った。

本作をきっかけに堂本剛堂本光一の二人は俳優として注目を集めることとなり、その後のブレイクに繋がった。赤井英和にとっては、本作が連続ドラマ初主演であったが、当たり役となった。

ストーリー[編集]

プロローグ[編集]

東京の進学校・修和学園中等部。比較的、裕福な家庭に育つ子供達が通う私立の名門男子校が物語の舞台である。勉強熱心な生徒が成績トップを競い合うが、その様子はややヒステリックであり、それぞれの生徒の内面の陰を感じさせる。最近では、校内で飼育しているウサギが、血を抜かれて惨殺されるという陰惨な事件も起きていた。大場家はラーメン屋「なにわ亭」を開業し、この名門男子校に通うため、神戸から東京に引越しをしてきた所から話ははじまる。

私立の名門男子校への転入[編集]

中学3年生の大場誠は、父親の大場衛と、その後妻である大場夏美と共に、神戸から東京に引っ越し、修和学園の3年A組に転校してくる。衛はラーメン屋を営み、夏美は子供をお腹に宿している。思春期の男の子にしては非常に素直で明るく、転校後のテストでいきなり学年トップを取ってしまうほど成績も非常に優秀。父親の衛とも仲が良く、後妻の夏美とも悪くはない距離感で生活していた。生活は貧しいながらも円満な家庭環境で育つ真っすぐな少年。これは、裕福な家庭の生徒が多いものの、複雑な家庭環境を持つ修和学園に通う生徒達とはやや異質であることの伏線でもある。

誠は、同じクラスの影山留加と最初の友人になる。留加は常に首席の座を維持する優秀な生徒で他の生徒達からも一目置かれているいるが、誠の知らない所では校内で問題になっている「うさぎ殺し」をいじめグループの中心で率先して行っていた。また、母親と愛人・瀬野公一郎の情事を盗聴するといった屈折した心を持つ。ハツカネズミを親友と呼ぶ留加に、誰とでも友達になろうという性格の誠はやや違和感を覚えつつも、心を開く留加との親交を深めていった。

誠へのイジメ~誠への不信~父子の絆[編集]

しかし、誠の生活は間もなく不幸な環境に一転する。あることがきっかけとなり、誠自身に全く落ち度は無いのにも関わらず、イジメの標的になるのである。まず生徒達から標的となったきっかけは、ホームルームの場で、クラスで行われている「イジメ問題」に対して、異論を唱える発言をし周囲の反感をかったこと。武藤がいじめられっこから誠いじめへと本格的に変貌したきっかけは、自身が家庭教師に毎日来てもらっても学年トップの成績を取れないのに、誠が家庭教師も塾も通わず学年トップの成績であることに激しく嫉妬したこと。宮崎から標的になったきっかけは自身の女装写真を誠に盗撮されたと勘違いしたこと(新見が撮ったてものであった)。その後も宮崎からの体罰についての相談を何一つ受けていないのにもかかわらず、新見からの報告により、『誠が自身の悪行をチクった』と思い込み、後述するようなより過激な体罰を行うようになった。留加は最初は違和感の残る友人関係が続いたものの、新見の策略がきっかけで誠不信に陥り、影で誠イジメへと転じる。新見から標的になったきっかけは、誠は新見の本の窃盗現場を目撃したことと、新見自身が淡い恋愛感情を向けていた留加が誠と親友になり、後に留加から誠へ淡い恋愛感情を向けられたことにより、新見の根深い嫉妬をかったこと。そして、新見が背後で生徒や教師達、父の衛の憎悪が全て誠に向くように操作した結果、誠は同級生のみならず、体育教師や父親まで巻き込んだ、周囲の全員からの近親憎悪・無理解を受ける四面楚歌の状況へと追い込まれていく。

誠はさまざまないじめを受けることになる。同じクラスの生徒達からは、窃盗の犯人に仕立て上げられる、教科書に中傷的な落書きで教科書を使い物にならなくする、誠の食事中に生徒達が上から釘や鉛筆の削りカスなどの異物を混入させる、ライターで誠の襟足をあぶる、身体をロープでしばり、ガムテープで口を塞いで清掃用具入れに長時間閉じ込められての失禁等のいじめがどんどんエスカレートしていく。体育教師の宮崎信一からは、柔道で見せしめに何度も投げられる、一人だけ長時間走らされる、プールに何度も沈められ殺人紛いな体罰を受ける、体罰により弱って動けない身体へ更にラグビーボールを何度も腹に投げつけられる等の執拗な体罰を受け、写真部顧問の新見悦男からは、表向きや思いやる教師を演じるものの、裏では宮崎を辱める写真を送ったり、留加の母の卑猥なコラージュ写真を誠の机に入れ、それら全ては誠がやったように操作し、宮崎や生徒達の憎悪が誠へ向くよう仕向けた。さらにはお金がなくカメラが買えない誠に自身の古いカメラを譲ったものの、衛や森田には『誠が盗んだ』と間接的に思い込ませ、誠への感情を不信に変える等の悪質な嫌がらせを繰り返した。誠がクラスのいじめから助けた元イジメられっ子の武藤和彦は、家庭教師や塾に通わずとも学年トップを取った誠に激しく嫉妬し、イジメグループのリーダー格になり執拗ないじめを続けるようになる。一方、親友であるはずの留加は、深層では誠に想いを寄せるが、彼を助けることによるクラスの生徒達からの報復への恐れから、誠と二人の時は友人関係を続けるものの、生徒達に苛められていても助けることはなく見ているだけであった。一時は森田と誠を守ることを約束し、クラスの中でも友人関係を続けることになったが、新見の操作した罠により芽生えた誠への不信感から、誠を影からイジメるようになる。誠は友達だと思っていた留加に対しても次第に不信感を持ち信用出来なくなっていった。また、不幸にもクラス担任の森田千尋はおろか、唯一の理解者となり得るはずの父親の衛も、誠の異変が酷いイジメによるものであることを見抜けず、誠に暴力を振るったり、攻めるようになった。誠の精神状態は限界に達しており、ついには登校拒否になる。誰からも信用されなくなった誠は、神戸の実母の墓で一人うなだれるように泣いていた。そんな誠を見た衛が「元の学校に戻ろう」と提案、衛から思いがけずにかけられた言葉に誠は泣き崩れ、実母の墓の前で父子は和解し絆を取り戻した。しかし誠は衛の言葉が励みになったのか、衛に迷惑をかけまいと修和学園に通い続けることを選択した。だが、修和学園で誠へのイジメはピークに達する。登校早々イジメグループ達に屋上に連れてこられた誠は、いじめグループの一員でウサギ殺しの犯人が留加であった事実を知り、誰も信用出来なくなっていた。今回の屋上でウサギ殺しと同じように誠の血を注射器で抜くと提案したのも留加であったが、注射器を誠に刺す寸前で留加が思い止まった為、和彦が注射器を誠の腕に突きつけた。誠は刺される寸前で校内の屋上の足場の悪い屋根の上まで登り、追い詰められる。誠の状況に留加は咄嗟に正気を取り戻し、危ないからこちらへ来るよう説得し手を差し伸べるが、留加を信用出来ない誠はその手を拒否する。瞬間、誠は足を滑らせ屋上から落下した。

誠の死の理由~父の復讐劇[編集]

誠の屋上から落下後、生死は分からないが動かなくなったため、屋上で誠を追い詰めた和彦達いじめグループの生徒はどうにかこの事件を自殺に見せかけ隠蔽しようとする。誠はその後病院へ送られ、一時は一命を取り留めたものの、容態が悪化し死亡してしまう。 衛は悲しみに打ちひしがれるが、誠が生前に文通をしていた神戸のガールフレンド・菱田涼に送った手紙を通じ、誠の死の原因がイジメにあることを知り、自分が知らなかった学校での事実と、自分が息子を信用せず無理やり学校に行かせていたことに、あまりのショックで愕然とする。その後、学校・教師・生徒を相手に誠イジメの犯人探しを始める。しかし、ことなかれの態度を取る校長の新藤、学校経営上の風評を危惧する教頭の羽柴、イジメていた生徒、同じくイジメていた体育教師の宮崎らは、何事もなかったかのように衛を冷たくあしらう。

しかしある日、衛は体育教師の宮崎が誠をプールで溺れさせている写真が自宅に送りつけられたことをきっかけに、体育教師の宮崎が誠に体罰を行っていたのではないかという疑惑を持つ。衛は宮崎に問い詰めるが、疑惑を否定する宮崎。しかし疑惑が事実であると直感する衛。衛は宮崎が校内のプールの脇で一人休憩している所に、岡持の箱で宮崎の後頭部を殴りプールの中に投げ入れ、宮崎が誠に体罰した時と同じ方法で何度も水面に顔を沈め溺れさせ、殺害する。誠の死に関わる者が他にもいることを直感した衛は、誠の同級生・間中俊平を問いただし、誠イジメのメンバーを聞き出す。俊平は、メンバーの一人として、留加の名前を口にする。しかし、留加は、誠の死後、精神的なショックから昏睡状態に陥っていた。衛は、留加に復讐するために影山家に忍び込み留加の首に手をかけ絞殺しようとするが、昏睡状態の中、誠の名を呼んだことから手を緩め、留加殺害を思い止まった。

プールの中に沈められていた宮崎の殺人事件はニュースになる。宮崎の死に疑念を持った警察の須藤刑事は、宮崎殺しの犯人として衛をマークし始めていた。衛は警察にマークされていることに気づきつつも、いじめていた関係者達への復讐を続ける。誠の死後、早くから復讐に怯えていた、誠の同級生の戸田哲雄は、森田に、誠に対するイジメがあったことやその先鋒が和彦だったことを告白し、森田は愕然とする。衛が、誠の同級生の松野裕次を殺害しようとしたのを止めた森田は、体罰やイジメがあったことを裁判でおおやけにすると衛に誓い、衛は復讐をやめ出頭することを決意する。須藤刑事に罪を告白した衛は、夏美には真相を自分の口で伝えたいと言い、一日の猶予をもらう。夏美に告白しようとする衛だが、夏美から、衛宛に家に送られてきた封筒を渡される。中には、誠の死の瞬間を収めた写真が入っていた。真の首謀者の存在を確信した衛は、写真を送りつけた犯人を探すために、警察から逃亡する。

裁判で証言すると森田に約束した裕次は、哲雄にも証言をもちかける。しかし、イジメグループのリーダー和彦が、裕次と哲雄への口止めに入る。屈服する哲雄に対し、裕次は和彦達に歯向かう。しかし、その日から誠の死後のイジメのターゲットとして、裕次執拗なイジメを受けるようになる。和彦に脅され、自分の将来の不安をことさらに煽られた哲雄は、イジメの事実の証言の約束を無かったことにさせられたうえ、自身もやはり和彦の圧力によって裕次イジメに加担させられた。裕次イジメはエスカレートし、裕次は屈辱的なイジメを受けた上に和彦から自宅の家業への圧力を仄めかされ、口をつぐんだ。その後、大場家に赴いて誠の位牌の前で拝みにいくも、裁判で証言できないのにもかかわらず、許しを請われたことで夏美を激高させてしまう始末であった。これらのことに耐えられず、体育館倉庫内で首吊り自殺を図るものの、改心を認めた衛からは「誠は許すよ」と声をかけられ、救出された。一方の森田も、イジメの事実の追及に奔走するものの、校長、教頭、同僚教師の村田志穂、米田太一らの冷ややかな態度を前に、事実上その追及の手は阻まれることとなる。

事件の黒幕の存在[編集]

写真部顧問・新見は、誠に直接的にイジメや体罰などに加わることはなかったが、生徒や教師達、衛の精神を操り、憎悪が誠に向けられるよう背後で操作していた黒幕であった。留加の誠に対する愛情を不信感に変えるように操り、体育教師・宮崎の誠への体罰の暴走を陰から操り、また他でもない誠と衛の親子の信頼関係を引き裂くように操作した張本人であった。彼はときに写真というツールを使い、ときに言葉巧みな演技を使い、すべての人間を誠への憎悪へと転化させていた。その原動力は、留加への想い、そして留加が想いを寄せた誠への嫉妬心、誠に自身の窃盗現場を見られたことにより、結果的に誠に弱みを握られてる不安感からだった(誠自身は、誰にも言わないと言ったにも関わらず)。しかし、新見の暴走は誠の死後もとどまることを知らず、より一層加速していった。次第に病的な精神状態の炸裂によりクライマックスを迎える。新見は刺激的な写真を盗撮しコレクションすることに喜びを感じ趣味としていており、より刺激的なシーンを写真で切り取りたいという異常な欲求に取り憑かれていた。まず衛の自宅に宮崎による誠への体罰の証拠写真を送りつけ憎悪を引き出し、衛に宮崎を殺害させ、その現場を盗撮する。衛には天国の誠が敵を討ってくれと言わんばかりに写真を送ってきたと錯覚させた(後に冷静になって、善意ある人間が見るに見かねて送ってきたと思うようになった)。それでも欲求の収まらない新見は、遂には衛の自分への憎悪を引き出し、黒幕は新見自身だということを認識させ、自分を殺害させようとする。思った通りに衛が自分を殺しに来た時、人が人を殺す瞬間の顔を収めた「究極の写真」を撮影するため、新見は自分の首を締め上げる衛の顔に向けてカメラのシャッターを切り続ける。しかし森田が途中で衛を止めに入り、殺害を思い止まるよう説得され新見の殺害は未遂に終わった。

エピローグ[編集]

衛は、宮崎の殺人及び俊平の殺人未遂容疑、新見の殺人未遂の現行犯で逮捕される。ことの全てを背後で操っていた新見であるが、司法の手は何の裁きも彼に加えることはできず、彼は普通に生活をしていた。しかし、自身の首を締め上げる衛を写した写真のネガは、森田によって感光してしまい現像不可能になり、また、これまでの数々の事件の現場を収めた写真とネガもシュレッダーに掛けられてしまい、新見はそのショックで精神状態が崩壊する。

その後、同級生の立場で誠をイジメていた和彦は、誠の幻影に怯え続け発狂し、ドアの向こうに立つ母を刺してしまう。留加は昏睡状態を脱したものの、車椅子歩行で重度の記憶障害に陥って子供のような精神年齢になっており、母の小与は実家の田舎で留加をつれて暮らすことになった。

担任の森田は、全校集会で、「すべての心無い人が誠を殺したということ。他者を傷つけることで生きている実感を持とうとしているのではないかということ。そして、自分を愛するように他者も愛して欲しいと」と発言。だが、他の教師らは無責任にも聞くなと言わぬばかりに生徒を退場させ、少数の生徒しか残らなかった。拍手で森田の意見に賛同するその中には、誠らしき幻影の姿もあった。焼け石に水かつ学校側は最後まで隠蔽体質を貫こうとしたというのになぜか森田は新しい希望を胸に抱いていた。

人影の少ない駅のプラットホームにたたずむ新見。婚約者の森田も留加も自分から離れて行き、コレクションしていた写真も無くなり、なにもかも失った新見は、手元にたった一枚だけ残った「宮崎を殺そうとしている衛」の写真を眺めていた。その時、彼が何者かの手に押され線路に転落した直後、列車がプラットホームに進入した。

それから7年後、森田は小学校の教師として生徒たちと共に充実した日々を過ごしていた。かつてお世話になった須藤らも巡回中に見かけるも、そんな楽しそうな森田を見て、過去の悲しい出来事を思い出させまいと、声をかけずに見守った。一方、刑務所から出所した衛の前に野球のユニフォームを着た少年が現れる。その少年の名前は「大場学」、衛と夏見の息子であった。夏見は刑務所に入った衛を出所するまで待ち続けていた。夫婦の再会と親子の初対面で話の幕は閉じる。

登場人物[編集]

大場家[編集]

大場 衛〈35〉
演 - 赤井英和
誠の父。誠の死後、このドラマの実質的主人公となる。猪突猛進で融通が利かない面があり、誠に手をあげることがあるが、基本的に明るい性格で後妻である夏美、息子の誠との家族仲は良好。誠は性格も成績も良く、自身には勿体無いと思う程の自慢の息子である。神戸から東京に転居後、大田区蒲田本町[1]にラーメン屋「なにわ亭」を開業する。実業団「関西鋼管」の野球チームに所属してオリンピックに出た事もある花形選手だったが、怪我による離脱をきっかけに出場機会を失い引退に追い込まれた事から「身体は年を取れば錆びつくが、知識は錆びつかない」という考えを持ち、誠に対し教育熱心な父親として接する。周囲の陰謀などもあり誠がイジメに遭っていることに気づけず強引に登校させようとさせ、カメラの窃盗容疑と和彦の腕を骨折させた濡れ衣を着せられた誠の言い分も信用出来ず、誠を益々追い込むこととなってしまう。誠の死後、誠のガールフレンドの菱田涼へ当てた誠の手紙により、具体的な事実や名前は書かれておらず曖昧な表現であったものの、校内での誠への悲惨な体罰やイジメがあったことを初めて知ることになり、誠を信じなかったことと、勉学に励ませるために殴って無理やりでも学校へ行かせようとしたことを激しく後悔し、悲しみに暮れる。その後、学校で誠の骨箱を抱え「校内でイジメはなかったのか」を生徒や教師に聞きまわったが、煙たがれ相手にされることはなかった。しかし後日、『誠が宮崎から体罰を受けていた瞬間の写真』を何者かが自宅に送りつけたことにより、次第に誠が校内で行われていた事の真相を知り始め、誠をいじめていた者達への殺人による復讐を開始する。まず誠に体罰を行っていた体育教師の宮崎を殺害する。しかし手紙に書かれていた内容により複数人からイジメを受けていたことを把握し、誠イジメのグループの生徒達の存在を特定し殺害しようとするが、一瞬情が移って手を止めたり、担任の森田に止められたりしたので全て殺害未遂に終わり、その森田の説得を受け復讐をやめて自首する事を決意する。しかし夏美に全てを打ち明けようとするが、自宅に送りつけられた『誠の死の瞬間』の写真を見た時、誠を助けることなく写真を撮りつづけ、イジメを背後で操っていた黒幕が存在した事を知る。そして黒幕が新見であることを確信して、その新見を殺害しようと手をかけるが、現場にかけつけた森田から「罪をこれ以上重ねてほしくない」と説得され殺害寸前で断念。その後現場に貼りこんでいた警察により現行犯逮捕される。刑務所で7年の刑を終えた後に夏美と再会し、誠の異母弟となる学と出会う。
大場 夏美〈25〉
演 - 横山めぐみ
衛の後妻。誠から見れば継母となる。独身の頃はディスコのお立ち台ギャルだったこともある模様。明朗快活で心優しい性格だが、誠の部屋入り、誠のガールフレンドからの手紙を勝手に読んだり、誠の前で短パンやキャミソールなど露出の高い格好をするなど、悪気はないものの少々デリカシーにかけた面がある。誠の理解者となろうとするが立場上、周囲の陰謀により無理解となった衛に代わることが出来ずにいる。誠の死後、松野が自身がイジメグループの一人であることを謝罪したが、イジメがあったことは公に出来ないと発言した時は激怒し、考え直すように説得した。復讐のために殺人者となった衛から離婚届を渡されるも、それを拒否。その後ラーメン屋を経営しながら、女手一つで学を育て、出所後の衛と再会を果たした。彼女が衛を呼ぶ時に使うニックネームのガッチャンは、衛が現役時代にホームランでバックスクリーンのカメラを破壊した試合の翌日の新聞の見出し記事から来た物。
大場 誠〈15〉
演 - 堂本剛KinKi Kids
このドラマの本当の意味での主人公。両親と共に神戸から東京へ引越し、進学校である修和学園中等部3年A組に編入。衛の自慢の息子であり、非常に成績優秀で正義感も強く明るい性格。体育教師の宮崎曰く運動神経も良いらしく[2]、ナンパしてきた女からは、ルックスも良いと言われており、人間的に非の打ち所がない。神戸の中学ではクラスの人気者であり、内申書も非常に良かった。修和学園編入早々、武藤をイジメから助け、クラスでの武藤へのイジメを全員の前で糾弾した。しかしその出来事や宮崎の勘違いや新見の誠への勝手な嫉妬が原因で、落ち度が全くないのにも関わらずクラスでの新たなイジメのターゲットとなり、教師からも執拗な体罰を受けることになる。そして塾や家庭教師にも勉強を教わらずともテストで学年トップを取ったことにより、イジメから助けた武藤からも嫉妬され率先してイジメを受けるようになった。さらに写真部顧問の新見の策略で、ほぼ全ての人間から憎悪を向けられるようになり次第に孤立化し追い詰められていく。自身へのクラスからのイジメや、体育教師である宮崎から体罰の内容はエスカレートし悲惨さを極めており、唯一の安らげる存在であった父の衛にも新見の策略で信用されなくなり、最初はよく笑う明るい少年だったものの、次第に口数が少なく暗い表情になっていった。精神の限界を超えつつあった時に、唯一自分と普通に接してくれる担任の森田に『僕は殺される』というメモ書きを森田の本にひそかに挟むものの、新見に阻まれ誠の『SOS』は伝わることはなかった。誰にも信用されず一人で神戸の実母の墓の前でうなだれるように泣いていた所、同じく墓参りにきた衛に「元の学校へ戻ろうか」と言われ泣き崩れ、衛と和解。しかし「東京のラーメン屋を畳むと借金が残るから」と、衛に迷惑をかけまいと東京で現在の学校を通うことを選択する。翌日、衛に見送られ意を決して登校するが、屋上での生徒達イジメの末に追い詰められ落下した。一時は一命を取り留めるも、やがて容態が悪化し亡くなる。しかし誠が生前、神戸のガールフレンドである菱田涼に書いた手紙の内容から衛は、具体的な事実は書いていないもののイジメがあったのではないかと考え、やがて真相を知った衛の復讐劇へと話は大きく展開していく。最終回において、全校集会での森田のメッセージの際、聞いている生徒の一人に誠らしき幻影が現れ、刑務所で服役中の衛の前にも幻影として現れた。尚、毎回流れる冒頭と末尾のナレーションは、誠が前述のガールフレンドであり文通相手の菱田へ当てた手紙の内容である。手紙の内容から、衛のことを誇りに思っており父のように誰にでも平等に優しく困っている人がいれば助けてあげることを信条としており、将来は父のようになりたいと思っていた。前述の冒頭、末尾のナレーション、ドラマのサブタイトルも誠のことを表しており、ストーリーの中心人物として描かれている。
大場 学〈7〉
演 - 善家尚史
衛と夏美の息子(誠の異母弟)。衛の服役中に生まれ、母と共に父の帰りを待ち続けた。野球をしており、出所した衛と野球のグラウンドで初めて出会う。

修和学園中等部[編集]

教職員[編集]

森田 千尋〈23〉
演 - 桜井幸子
誠の担任教師(大学を卒業直後、修和学園に採用されている)。美人だが少々鈍くさい面がありよくぶつかったり、こけたりする。最初は眼鏡をかけていたが、写真部顧問で交際中の新見に眼鏡を外した方が綺麗だと言われ、以降は眼鏡を外して登校するようになる。心優しい性格で、誠を理解しようとするが、交際・婚約している新見に知らずのうちに操られてしまう。誠が唯一校内の人間に『SOS』を伝えた人物だが、新見に阻まれ自身に伝わることはなく、イジメや体罰があることは誠が亡くなり、復讐に怯える哲雄から全てを打ち明けられるまで気づかなかった。後に誠の死の真相を知るも圧力により公表は許されず、結婚を理由とした退職に追いやられる。学園を去る直前に事件の黒幕であった新見へ絶縁状を叩きつけ、全校集会で誠の死から生じたメッセージを伝えた。最後まで聞いていた生徒は数人しかいなかったが、その中には誠の幻影らしき人物も座っていた。7年後、小学校の教師となっており、再び眼鏡をかけるようになり、せみロングのヘアは短いショートカットに変化していた。尚、冒頭のナレーションは誠が神戸の文通相手の手紙に書いた内容であるが、森田が代読する形で毎回ナレーションしている。
宮崎 信一〈42〉
演 - 斉藤洋介
学年主任で担当教科は体育。過去に数回見合いに失敗しており、容姿等へのコンプレックスが強く、粗野な性格の人物。元々乱暴な人物であったが、新見の罠に掛かり、見合いの失敗からストレス発散で行った女装を写真に盗撮された件で、誠が犯人と誤解し恨みを抱き、誠に執拗に体罰を振るうようになる。誠が危篤状態になった際には衛に菓子折り持参で「誠を心配する教師」を装って機嫌を取ろうとし、誠が亡くなったことを知ったときは自身が体罰を行っていたことを口外される心配がなくなったため、安堵のあまりトイレの中で大笑いした。真相を知ろうとする衛を貶すが、新見からの誠の手紙を知らされると以前同様に機嫌を取ろうとした。衛から体罰の証拠写真を突きつけられ謝罪を要求されるが、「でっち上げだ」と一蹴してしまう。やがて誠への体罰を行った学園内のプールサイドで衛に襲われ、命乞いするも、岡持で殴られた末に溺死させられた。奇しくも、自身が誠に行っていた体罰と同じ方法で殺害されることになった。遺体は1学期終業式の最中に、プールの中に沈められて発見された。
新藤校長
演 - 奥村公延
職員会議でよく居眠りや空気を読めない発言をする。
羽柴教頭
演 - 中丸新将
学校の評判を人一倍気にするしており、いじめなど、学校の不祥事をもみ消そうとする。
村田 志穂
演 - 山下容莉枝
やや性格が悪めで、森田に対して「クラス担任をさせなければ良かった」等、嫌味を言ったり、人を小馬鹿にしたりする。
米田 太一
演 - 山崎一
英語教師。幼児教育に必要なのは英語のヒアリングだけで十分だと語っている。
新見 悦男〈28〉
演 - 加勢大周
修和学園の社会科教師であり、誠と留加が所属する写真部顧問。両親を亡くし、年の離れた姉に育てられている。森田と婚約している。表向きは正義感が強く爽やかな印象で、登山を趣味としている。裏の顔は窃盗癖の持ち主にして同性愛者であり、イジメや体罰の現場や殺害現場や人の情事などの刺激的な写真を撮ることが趣味の盗撮魔。自身はこれを芸術性の高い趣味だと思っている。本屋での窃盗をたまたまその場に居合わせた誠に見られたことをきっかけに誠への嫌がらせを開始し、自らが物にしようと狙っていた留加が誠に愛情を寄せ始めたことに嫉妬し、背後で教師や生徒達が誠に憎悪を向けるように操り、誠を孤立させて嫌がらせをエスカレートさせていった黒幕。留加の中学1、2年の時の担任であり、自身と留加は境遇や感情が似ていると感じており、留加が自分達とは正反対のタイプである森田に恋愛感情ではなく、心のバランスをとるために森田に執着することが自分にはよく分かると語っている。イジメや他人が力に屈する様を眺めることが好きで、他人を裏から扇動して巧みに操り、自己の欲求を満たそうとする謀略家。誠の死後は、衛に誠いじめや体罰の現場の写真を次々に送り挑発した。もっと芸術性の高い写真を撮りたいという欲求はピークに達し、『他人が新見自身を殺そうとする寸前の究極の写真』を撮るために、衛に黒幕が自身だとわざと気づかせる写真を送り殺害させようと仕向ける。思い通りに衛は動き、自身を殺害しようとするが、『衛にこれ以上罪を重ねて欲しくない』と森田の説得で未遂に終わる。衛の逮捕後、森田から絶縁され、コレクションの写真も「宮崎を殺そうとしている衛」以外をシュレッダーにかけられ処分されてしまう。その後、駅のホームでたった一枚手元に残ったコレクション写真を眺めている時に、幻影のような手にに線路へと突き落とされ、電車に轢殺される。尚、幻影の手は、誰の手かは明かされておらず、謎に包まれたままである[3]。誰の手かはドラマ視聴者に考えを委ねる形を取られている。

3年A組[編集]

影山 留加〈15〉
演 - 堂本光一(KinKi Kids)
誠の同級生。写真部員。父を知らず、中学入学まで祖父母に育てられた。大場夫妻からは「イルカ」もしくは「イルカくん」と呼ばれる[4]。成績優秀で、生徒達からは一目置かれている所がある。誠の後妻である夏見曰く、綺麗な子とのこと。誠が転向してきてきら最初の友人となる。二人の時は友人のように接するものの、裏の顔は校内で問題になっていた「ウサギ殺し」の主犯格で、イジメグループの一員でもあった。誠には直接的に危害を加える描写はないものの、クラスの生徒達からの誠イジメが行われている時は、助けることはなかった。幼少期は祖父母に預けられたせいか、近年まではあまり母と話すことも笑うこともなかったとのこと。性格に屈折した面が見られ、母と母のパトロンとの情事を盗聴したり、これを録音しパトロンを脅したりした。担任の森田をカメラで盗撮し森田自身に毎日その写真を渡すという奇行を行っており、森田に恋愛感情があると思われたが、実は森田が自分とは逆の無垢で真っ直ぐな性格で、写真を撮り執着することで心のバランスをとる為に行っていた。同姓である誠を愛するようになり、森田に転入生の誠を守ることを約束、以前のように二人きりの時だけ友人という関係はやめ、クラスの中でも友人関係として付き合うようになる。しかし新見の策略によって誠の机から母の顔とヌードグラビアのコラージュ写真を見つけて以降は誠に愛情を持ちながらも不信感を持つ複雑な交錯した感情を持つようになり、武藤の腕を折り誠を犯人にしたてあげ、自らも誠のイジメに加わるようになる。屋上での誠が死亡した事件でも、屋上に誠を呼び、注射器で血を抜くことを提案したのは留加本人であり、途中で思い直してやめたものの、誠死亡の要因の一つとなってしまった。誠の死後、新見が追いつめるように仕向けた黒幕である事に気づくが、逆にその新見の巧みな話術で死なせた原因は自分にあると思い込んで精神が破錠して自殺未遂まで起こす。寸前で坂本に助けられるが意識を失い何日も目を覚まさなくなってしまう。昏睡状態で眠っている中、衛から手で絞殺されそうになるが、誠の名前を呟いたことで衛が思い止まり未遂となった。目覚めた後は精神年齢が幼児退行し、全てを忘れてしまった。しかし誠の名前だけは覚えており、飼っているハツカネズミに誠を名づけた。その後、母の田舎で療養生活を送ることになり引越しをした[5]
武藤 和彦〈14〉
演 - 黒田勇樹
誠の同級生で医者の息子。非常に裕福な家だが非常に勉学については熱心な母に育てられ、学年トップを取るように常に言われている。しかし直近の成績は学年3位で、誠と留加の成績を超えることは出来ないでいる。修和入学当時からイジメのターゲットにされており、「ウサギ殺し」の犯人に仕立てあげられる。イジメられている時は非常に弱気な少年であった。イジメられていたのを転入生の誠に助けられ、誠に家のラーメン屋に招待される。しかしその場で誠に金を渡して自分と仲良くしてくれと相談した時は、「君とは仲良くなれそうもない」と激怒されてしまう。その後、誠がクラスでの武藤へのイジメを全員の前で糾弾した時には一人だけ拍手していたが、後にクラスのイジメのターゲットが自身から誠に変わると、イジメグループから誠をいじめるように命令されるようになり、鉄の塵取りで殴る、高級万年筆が盗まれた犯人を誠に仕立て上げるなどのいじめを行うようになる。その後、自身は毎日家庭教師に張りついて勉強しても学年トップが取れないのに、誠は家庭教師にも塾にも通っていないのに学年1位の成績を取っていることを衛から聞き激しく嫉妬し、これを機にいじめグループの中でも誠イジメの急先鋒に転じる。屋上でいじめグループ達でウサギ殺しの時と同じように注射器で誠の血を抜こうとした時、留加や他の生徒達は寸前で怖気づいて思い止まったものの、和彦は最後まで誠の血を抜こと注射器を誠の腕につきたてた。屋上で追い詰めた際、誠が落下して動かなくなった直後、誠の靴を脱がして屋上に置き自殺に仕立て上げた。その後も、父の権力と金で周囲を懐柔して増長していった。誠の死、留加の欠席でついに学年トップの成績を取り、いじめグループではリーダー格になっていった。誠の死後も悪びれることはなく、グループのメンバーには真相を口止めするように命じていた。しかし松野が改心して全てを打ち明けようとすると今度はターゲットを松野に変え陰湿なイジメと脅迫を行っていく。しかし終盤は和彦も誠の影に怯えるようになり勉強やテスト中に不可解な言動を繰り返したりと精神が序々に破綻していき、ついには成績を学年113位にまで落としてしまう。最終回は部屋の中で誠の幻影に怯えて、母親を刺す凶行に及んでしまう。尚、イジメグループのメンバーで彼だけが衛に殺害されそうになることはなかった。
松野 裕次
演 - 反田孝幸
小柄な体格で父親は医療機器を扱っている。留加に憧れている。イジメグループのリーダー格と思われたが、留加の命令には従っていたとのこと。誠の死でいじめの事実が闇に葬られ安堵していたが、誠の手紙の存在により自分達いじめグループの存在がバレないか怯えていた。留加が引っ越すことになった際はひとり彼の自宅を訪れた。衛に殺害されかけたが、森田に救われる。その後改心しイジメの告発を決意するが、いじめグループから裏切り者呼ばわりをされた挙句に、新たなイジメのターゲットとなり、和彦からは父親の商売のことで脅されてしまう。大場家を訪れて謝罪し、「誠をいじめていたことを認めるが、公には出来ない」と許しを乞うが、夏美から「卑怯だ」と一蹴される。板ばさみとなっている自分に嫌気が差し自殺未遂を起こすが、衛により止められた。その後、転校。
戸田 哲雄
演 - 小橋賢児
イジメグループの一員。誠の死でいじめの事実が闇に葬られ安堵していたが、誠の手紙の存在により自分達イジメグループの存在がバレないか怯えていた。また宮崎殺し事件は「誠の亡霊」が行っているものと考えるようになり、誠(衛)の復讐に人一倍怯えていた。塾に通っている所を背後から衛につけまわされ、それが「誠の亡霊」につけられていると思っていた。それに耐え切れず、森田にイジメを打ち明けるも和彦に圧力をかけられ、裕次イジメに加担させられてしまう。
間中 俊平
演 - 国分博(当時ジャニーズJr.
イジメグループの一員。劇中には両親が登場。誠の死でいじめの事実が闇に葬られ安堵していたが、誠の手紙の存在により自分達イジメグループの存在がバレないか怯えていた。イジメの事が書かれた手紙を盗みに大場家に入った際に、夏美に引っ掻かれた傷からイジメグループの一人だと確信した衛に脅され、他に誠イジメに関わっていたメンバーを白状する(武藤 和彦・松野 裕次・戸田 哲雄・影山 留加)。あまりの衝撃に呆然とした衛の隙をついて命からがら逃げ出したが、その直後にバイクに轢かれる。即入院となり危篤状態だったが、最終回で意識が戻ったことを夏美から衛に伝えられた。
他の生徒
演 - 柏原収史三宅健(ジャニーズJr. / V6)、大崎晃一
大半の生徒はイジメグループと一緒になって最初は和彦を、途中からは集団で誠をイジメていた。

生徒の家族[編集]

武藤 妙子
演 - 山村美智
和彦の母。教育熱心だったが、のちに精神破綻した息子に刺されてしまう(小説版では彼女ではなく家庭教師が刺された)。
影山 小与〈32〉
演 - 荻野目慶子
留加の母でクラブを経営している。高校生の頃に留加を出産後、長年に渡り実家へ預けていたが、中学校入学直前から同居を開始。留加に対して無理解な印象もあるが、母性は持ち合わせている。穏やかな印象の美人で、衛の亡くなった前妻・幸江に似ている。留加が記憶障害を発症したことからクラブを閉店。衛に別れを告げて、留加の世話の為に実家に戻った。

警視庁品川中央警察署[編集]

須藤 久
演 - 井川比佐志
衛や悩みを抱える森田に親身に接する温かみのある性格のベテラン刑事。坂本に対しても普段は叱ったり注意する事が多いが、憧れてる森田にデートに誘うよう頼んだり、励ますために食事をおごろうするなど気にかけている。誠が飛び降りた学校の屋上での現場検証から坂本と共に登場する。多忙ゆえに妻は家を出てしまい、現在は高校生の息子と2人暮らし。将来のことでケンカばかりしているが、息子のことを思っている。後半に度々コインランドリーで森田と鉢合わせたことから、近所に住んでる可能性がある。体罰の噂を耳にして以降は衛を宮崎殺しの容疑者としてマークし追跡し、一度は本人に真相を直接問いただすが、決定的な証拠がなく衛が実直な性格であることを考えて逮捕には踏み切れなかった。後に自首を約束した次の日の早朝に一旦逃亡されるも、新見を殺害しようとしたところを逮捕する。
坂元 憲吾
演 - 伊達昌平
須藤と共に衛を追う若手刑事。須藤にどやされてばかりで森田のことが気になっているお調子者。デリカシーのない発言・居眠りをして衛の逃亡を見逃す等、情けない面ばかり目立つが、自殺を図った留加を助けたり、新見を殺そうとする衛に拳銃を向けるというシリアスな場面も描かれた。7年後、小学校教諭となった森田を巡回中に見かけ、声を掛けようとするも、須藤に止められる。

その他[編集]

菱田 涼
演 - 吉村涼
誠の転校前の同級生で、ガールフレンド。誠から「太っている」とからかわれたことが元でテニスを始めた。誠と文通を続けていたが、彼の死を知り通夜に参列するため上京。帰郷する際に誠からのこれまでの手紙の束を衛へ手渡し、誠が一人で苦しんでいたことと、最後の手紙に「殺される」と書かれていたことを告げる。
瀬野 公一郎
演 - 夏夕介
小与の愛人で店の経営資金を出資している。それなりに心優しい性格で、留加に歩み寄ろうとするが、逆襲されてしまう。
家庭教師
演 - 谷村隆之
和彦の家庭教師。和彦の成績を上げる為とはいえ、時折プレッシャーになる言葉を言い放つことがある。
新見の姉
演 - 日向明子
両親の死後、女手ひとつで弟を育てた。弟が婚約したとして森田に会い、挨拶をするが、弟の本性を見抜けないままだった。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1話 1994年7月08日 イジメの法則 吉田健 14.7%
第2話 1994年7月15日 仮面の友達 09.8%
第3話 1994年7月22日 禁じられた少年愛 吉田秋生 13.0%
第4話 1994年7月29日 引き裂かれた絆 14.4%
第5話 1994年8月05日 逃げない勇気 吉田健 16.3%
第6話 1994年8月12日 最後の手紙 20.3%
第7話 1994年8月19日 父の復讐I 金子与志一 21.7%
第8話 1994年8月26日 父の復讐II 吉田秋生 21.9%
第9話 1994年9月02日 少年の亡霊 23.5%
第10話 1994年9月09日 残された標的 金子与志一 21.5%
第11話 1994年9月16日 最後の対決 吉田健 24.6%
最終話 1994年9月23日 明日に架ける橋 28.9%
平均視聴率 19.2%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)
  • 他に、1994年12月にスペシャルとして 『人間・失格 完結編』 を三夜連続で放送。

主要ロケ地[編集]

出演者のエピソード[編集]

  • 斉藤洋介は生徒に対して執拗に体罰を加え続ける体育教師を演じたため、このドラマの後、悪人役のイメージが広まった。『家なき子』、『劇場版 家なき子』でも悪役を演じたが、『劇場版 家なき子』では主人公・相沢すずに鞭で暴行を加えたが、最後に改心し、すずを救う人物として描かれている。撮影合間のインタビューでは穏やかな口調で応えた。斉藤は自分の息子に対し本作での自分の演技を通じ「暴力行為を絶対に他人にしてはいけない」と教育していた。本作中でも、人には言えないお茶目な趣味を披露している。
  • 黒田勇樹はイジメられる立場の弱々しい少年が、これでもかという陰湿なイジメを率先するリーダー格へと変貌していくという、当時の黒田の年齢(小学6年生)を考えればなおさらに難しい役どころを演じた。実生活でも中学生の経験がなく、「金で人間関係を操る」「イジメから助けてくれた恩人を逆にイジメる」「父親の権力を利用する」など徹底的に嫌な人物をリアルに演じたため、演技自体は高い評価を受ける一方で、その悪役イメージが強く広まってしまった。「ドラマ放映中に、視聴者からカミソリの入った手紙が郵送されてきた」と後に当人は語っている。また、当時通っていた学校でも級友に「お前、何だありゃ?」と言われたという[9]
  • 加勢大周は、写真が趣味の文化系人間の教師を演じた。ごく普通のセーター・ファッションで登場し、またドラマの展開の鍵を握るクセの強い悪人役ということもあり、従来の爽やかなイメージが崩れた、と当時は話題になった。このドラマが元で自身の評判を大きく落としてしまい、その後の主役級のドラマ出演は途切れることになる。[要出典]
  • 堂本光一と堂本剛は、本ドラマ中でキス・シーンを演じたが、リハーサルや撮り直し、スチル撮影を含めると10回以上キスをした、と後に語っている。
  • エンディングは衛と少年(善家尚史[10])がキャッチボールをしているが、あれは現役時代の衛と幼少期の誠だったと赤井英和が語っている。

本作出演者の他作品での共演[編集]

この作品の出演者は他作品で共演することもあった。本項では今作出演者のうち3名以上が他作品で共演した作品を挙げる。なお、ここで挙げた作品のうち「家なき子」以外は伊藤一尋がプロデューサーを担当している。太字はその作品のレギュラー出演者。

  • 高校教師(1993年版)』 … 桜井幸子赤井英和、山下容莉枝が共演。桜井は舞台となる女子校の生徒で赤井は体育教師役。山下は今作同様教師役で桜井演じる二宮繭の担任で準レギュラー出演。
  • 家なき子』劇場版・「家なき子2」 … 斉藤洋介、堂本光一、小橋賢児(家なき子2のみ)が共演。堂本剛は「家なき子2」にゲスト出演(最終回)
  • セカンド・チャンス』 … 赤井英和堂本剛黒田勇樹、奥村公延が共演。剛と黒田は兄弟の設定。赤井は、その兄弟のシングルマザー(田中美佐子)が付き合う相手のシングルファーザーの設定。奥村は剛と黒田の祖父役で準レギュラー出演。
  • 金田一少年の事件簿』… 堂本剛、小橋賢児
  • 若葉のころ』 … 堂本光一堂本剛、小橋賢児、斉藤洋介、奥村公延が共演。剛は、貧しい家庭で気丈に生きるが、周囲の環境に追い込まれていく少年の設定。光一は、そんな同級生の彼を助けようとするのだが、裕福な家庭に育ち悪意はないものの、どこか接し方が空回りしてしまう少年の設定。両名の配役上の境遇は、本ドラマに通じるものがあった。斉藤は、剛が入院する少年院の教官、小橋は、同じく少年院の生徒の設定。斉藤、小橋とも、本作品とは正反対に、剛に優しく接する人物として描かれた。斉藤、小橋は共に準レギュラーでの出演。奥村は光一演じる藤木甲斐が劇中終盤に勤務する印刷工場の主任役でゲスト出演。
  • 聖者の行進』 … 斉藤洋介、中丸新将、山崎一、奥村公延が共演。斉藤は知的障害者達が勤務する福祉施設の工場の工場長役で、今作とは打って変わり心優しい人物として描かれた。中丸はその工場に勤務する障害者の青年(いしだ壱成)の父親役で準レギュラー出演。山崎は劇中終盤の裁判での判事役でゲスト出演。奥村は本ドラマ同様校長の役で、主人公の理解者の一人で、ヒロインである音楽教師の勤務する高校の校長役として準レギュラー出演した。
  • 青の時代』 … 堂本剛小橋賢児、斉藤洋介、反田孝幸が共演。剛と小橋は不良仲間。斉藤と3人は直接関わるシーンはないが剛演じる安積リュウの弁護士(上川隆也)の中学時代の教師としてゲスト出演している。剛と反田は鑑別院でのルームメイトでゲスト出演。反田と小橋は直接関与がない。

余談[編集]

イジメ問題[編集]

  • 脚本家の野島伸司、および、プロデューサーの伊藤一尋は、本作品が社会派ドラマとなることを避けたと明言しており、イジメ自体はどの時代にもある普遍的な問題であるとした上で、人を死に追いつめる背景描写の一部として、イジメを使用した旨の発言を残している。
  • 一方で、放送終了と前後して、男子中学生がイジメの詳細内容を記載した遺書を残して自殺する事件(⇛愛知県西尾市中学生いじめ自殺事件)が発生し、このドラマも注目を浴びることとなる。

タイトル問題[編集]

  • 番組開始時は太宰治の小説名と全く同じ『人間失格』をタイトル名としていたが、太宰の遺族から抗議があったことから、第2話放送時より、タイトルを『人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』と一部修正した。ドラマの内容そのものは脚本家の野島伸司のオリジナルストーリーであり、太宰の小説とは全く異なるものである。
  • なお、「たとえばぼくが死んだら」も、森田童子の楽曲のタイトルと全く同じである。野島伸司は、『高校教師』でも森田の楽曲を主題歌に採用している。

関連商品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 衛に送り付けられた封筒に記された住所より。
  2. ^ ただしこれについては、誠が入院した際に見舞いに来た宮崎が衛の機嫌を取ろうとした発言の為、事実かどうかは不明。
  3. ^ 「ドラマを見ている視聴者の手」説や「誠の手」説などがある。
  4. ^ 名前の由来も母である小与が、イルカが好きだった事から来ている。
  5. ^ 総集編では最後に幻影の誠と再会して精神を回復させるが、田舎に引っ越したはずなのに学園の通学路にいたり、足を痛めた訳でもないのに車椅子に乗ってたりと矛盾がある。
  6. ^ 冬の散歩道”. ORICON STYLE. 2016年1月7日閲覧。
  7. ^ 水曜の朝、午前3時”. レコチョク. 2016年1月7日閲覧。
  8. ^ 明日に架ける橋”. レコチョク. 2016年1月7日閲覧。
  9. ^ DVD及びビデオでのインタビューより。
  10. ^ 最終話で衛と夏美の子学役で出演。
TBS 金曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
適齢期
(1994.4.15 - 1994.7.1)
人間・失格〜たとえばぼくが死んだら
(1994.7.8 - 1994.9.23)
僕が彼女に、借金をした理由。
(1994.10.14 - 1994.12.23)