黒田勇樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
くろだ ゆうき
黒田 勇樹
本名 黒田 勇樹
生年月日 (1982-04-23) 1982年4月23日(41歳)
出生地 東京都世田谷区
国籍 日本の旗 日本
身長 171 cm[1]
血液型 O型
職業 俳優映画監督
ジャンル 映画舞台テレビドラマ
活動期間 1983年 -
活動内容 テレビドラマ映画舞台バラエティ
配偶者 中村瑠衣2012年 - 2013年
珠居ちづる(2020年 - )
著名な家族 高橋良秀(父)
事務所 株式会社ベンヌ(業務委託)
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
人間・失格~たとえばぼくが死んだら
セカンド・チャンス
ひとつ屋根の下2
仮面ライダーディケイド
映画
学校III
劇場版 仮面ライダー剣 MISSING ACE
 
受賞
日本アカデミー賞
新人俳優賞
1998年学校III
その他の賞
キネマ旬報賞新人男優賞
1998年日本映画批評家大賞新人賞
全国映連賞男優賞
テンプレートを表示

黒田 勇樹(くろだ ゆうき、1982年4月23日 - )は、日本の俳優東京都世田谷区出身。

人物[編集]

キューブ所属。2010年にフリーランスとなってからは、ハイパーメディアフリーターの肩書きでインターネット上で活動の幅を広げている。2015年末に映画監督としてゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016への正式出展が決定。妻は地下アイドルグループ・"Nyan7"に所属している珠居ちづる[2]。1児の父。

略歴[編集]

ロックバンドHOUND DOGの初代ギター・高橋良秀と大物芸能人のマネージャーをしていた母親との間に生まれ[3]、 0歳から赤ちゃんモデルとしてデビューしたのを皮切りに[4]、CMや雑誌などで活動する。1988年にNHK大河ドラマ武田信玄』で信玄の孫・武田信勝役で、俳優活動を始める。1990年帝国劇場のミュージカル『オリバー!』で2792倍のオーディションを経て8歳で主役のオリバーに抜擢され、帝国劇場最年少で主役となる。

1994年、ドラマ『人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』にいじめの主犯格の同級生・武藤和彦役として出演し、最高視聴率28.9%を記録する。

1998年山田洋次監督の『学校III』に小島富美男役として出演し、キネマ旬報賞新人男優賞、日本映画批評家大賞新人賞、日本アカデミー賞新人俳優賞、全国映連賞男優賞を受賞する。

2004年、映画『劇場版 仮面ライダー剣 MISSING ACE』で志村純一 / 仮面ライダーグレイブを演じる。のちに同作の原作であるテレビドラマ『仮面ライダー剣』の終盤に出演する。2009年にテレビドラマ『仮面ライダーディケイド』へ出演し、先述の映画『仮面ライダー剣』の志村純一同様、仮面ライダーグレイブに変身する「海東純一」を演じた。

2010年5月に俳優業を引退し、“ハイパーメディアフリーター”としてメールマガジン配信やネット配信番組で活躍しつつ、食肉加工工場でアルバイトした。Twitterを頻繁に更新してファンと交流を続けている[5][6]2012年1月に黒田がTwitter上にて拡散させた「メールマガジンの読者を増やすために流行のステルスマーケティングに挑戦している」という趣旨の冗談とその顛末がTogetterにまとめられて反響を呼び、翌月に行われた「つぶやきメディアサミット2012」でツイートエンターテインメント部門賞、および年間大賞であるゴールデントゥギャり大賞を受賞した[7][8]

2012年8月1日、中村瑠衣と7月10日に結婚したこと、日本初の映画に特化したクラウドファンディングサービス 『FiRoom』を利用し特撮映画「メンタルヒーローJ1」(仮)で監督デビューすること、を発表した。

2012年8月30日に中村瑠衣がDVの被害に遭っていることをTwitterで公表し[9]2013年1月12日に警視庁へ被害届を出すと、黒田も妻からDVを受けていたと反論[10]し、2013年5月27日に離婚を公表した。

ワークショップなどで演技指導と映像制作を経て、2014年1月に演出家IKKANから誘いを受けて舞台へ復帰した。中小規模の劇場主宰の演劇賞を受賞し、映画監督飯田譲治の初舞台化作品へ出演するなど2年間で20本以上の舞台作品に出演する。

仮面ライダー剣』で共演した椿隆之杉浦タカオウチクリ内倉斎藤このむなど同年代の役者たちと演劇ユニットのサーティワンアイスクリーマーズ[11]を結成して活動する。

2016年2月のゆうばり国際ファンタスティック映画祭に監督作品を出展する。

2017年8月に株式会社ベンヌと業務提携とする。

2020年7月に女優の珠居ちづると再婚して第1子となる男児が誕生していることが2021年4月24日に報じられ[12][13]、5月6日にブログで報告[14]した。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

ラジオ[編集]

バラエティ[編集]

ライブイベント[編集]

  • トークライブ 『僕と黒田と勇樹と俺と、』 (2011年1月14日) [1]
  • カレーライブ 黒田勇樹 presents 『僕と黒田と勇樹と俺と、部屋とYシャツとカレー。』 (2011年3月26日) [2]
  • インターネットライブ『めざますテレビ』 (2011年7月7日)[3]
  • 黒田勇樹の離婚報告会〜何となく横浜で〜(2013年6月15日) YOKOHAMA Three S

作品[編集]

出版物[編集]

  • 写真集『星をめぐる少年』(1993年、安珠)
  • 写真集『眠らない夢 RUN』(1996年、新潮社)
  • ガピタンの森(2000年8月、自由国民社)ISBN 4-426-88304-0 - 絵本。文章を担当。絵は夢ら丘実果。
  • 非俳優生活 100days(2012年3月17日、青土社)ISBN 978-4-7917-6642-0

テレビドラマ(作品)[編集]

  • 妖ばなし(TOKYO MX)
    • 第32話「豆腐小僧」(2018年9月8日) - 監督、脚本、オフライン編集
    • 第41話「倩兮女(けらけらおんな)」(2019年8月10日) - 監督、脚本、オフライン編集
    • 第54話「はらだし」(2020年9月5日) - 監督、脚本、キャラクターデザイン、作画監督、原画、動画、背景、背景、色彩設計、録音、オフライン編集
    • 第63話「虚舟」(2021年9月11日) - 監督、脚本、キャラクターデザイン、作画監督、原画、動画、背景、背景、色彩設計、操演、録音、オフライン編集
    • 第76話「鎌鼬(かまいたち)」(2022年8月13日) - 監督、脚本、オフライン編集
    • 第81話「いそがし」(2022年9月24日) - 監督、脚本、操演、オフライン編集* 妖ばなし(TOKYO MX)

自主制作アニメ[編集]

  • ウルフくんとうさぎさん

舞台[編集]

2014年

  • 八幡山ほしがりシスターズ「アメイジング桃太郎2 3D」脚本・演出・出演
  • サーティワンアイスクリーマーズ「 LEYTE! ~祖父のレイテ戦記~」脚本・出演
  • 八幡山ほしがりシスターズ「北斗の国のメロス」脚本・演出・出演

2015年

  • 八幡山ほしがりシスターズ「ピコターパン~ミュージカル風ななにか~」脚本・演出・出演
  • 八幡山ほしがりシスターズ「メロターパン2 3D」脚本・演出・出演

2016年

  • 八幡山ほしがりシスターズ保育所公演「カレーができるまで」脚本・演出・出演
  • 八幡山ほしがりシスターズ「馬鹿ずきんちゃん」脚本・演出・出演
  • 八幡山ほしがりシスターズ「ギャグマシーン3号」脚本・演出・出演

2017年

  • 「舞台版 黒田勇樹殺人事件」脚本・演出・出演
  • 一人芝居ミュージカル短編集vol.3「悪妻の弁明」脚本
  • 八幡山ほしがりシスターズ「進撃の白雪姫と四十七人乗っても大丈夫な蔵」脚本・演出・出演

2018年

  • ゴーゴー!シアターゴーワー「ドロシー」脚本・演出・出演
  • 朗読劇「海より深いマリッジブルー」脚本・演出・出演
  • 八幡山ほしがりシスターズ「最後(せご)ドーン」脚本・演出・出演
  • 三栄町LIVE×黒田勇樹プロデュース「この暗闇を超えて温泉に行こう」脚本・演出
  • 三栄町LIVE×黒田勇樹プロデュース」vol.2 「スーパー名探偵のファイル事件簿」脚本・演出

2019年

  • 劇団モンキーチョップ×LEVELSコラボ公演 第3弾「塚子 THE FINAL」コント脚本一部提供
  • 三栄町LIVE×黒田勇樹プロデュースvol.3「リライト」脚本・演出
  • 三栄町LIVE×黒田勇樹プロデュースvol.4「偽野球虚甲子園」脚本・演出
  • 三栄町LIVE特別公演 黒田勇樹プロデュース 『リトルスーサイド』脚本・演出
  • 三栄町LIVE‹非›プロデュース令和反戦楽団旗揚げ公演「スタン・反戦」脚本・演出
  • 三栄町LIVEpresents 四谷一武道会、「坪川内科メンタルクリニック」脚本・演出

2020年

  • 令和反戦楽団「おとぎヴェなし」脚本・演出・出演
  • 三栄町LIVE×黒田勇樹プロデュースvol.8「世界は、猫と花と鳥と、蛇のもの」脚本・演出
  • 三栄町LIVE×黒田勇樹プロデュースvol.9『首領(ドン)ちゃん騒ぎ』脚本・演出
  • 三栄町LIVE×黒田勇樹プロデュースvol.10 「ウィルス・ブルース」脚本・演出

2021年

2022年

  • 三栄町LIVE×黒田勇樹プロデュースvol.12 『黒田薔薇少女地獄』脚本・演出

2023年

  • 三栄町LIVE×黒田勇樹プロデュースvol.13 『シン・デレラ』脚本・演出

映画[編集]

2014年

  • 映画「黒田勇樹殺人事件/ロング・ロング・ロング・ホリデイ」監督・脚本

2015年

  • 映画「恐怖!セミ男」監督・脚本(ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016出展)

2018年

  • 短編映画「●REC」監督脚本(第一回国際るさんちまん映画祭出展 監督賞・俳優賞金賞受賞)

脚注[編集]

  1. ^ 黒田 勇樹 | 株式会社ベンヌ
  2. ^ 個性派イケメン俳優・黒田勇樹 美人アイドル女優と再婚していた! 1児の父に”. 東スポ (2021年4月23日). 2021年4月26日閲覧。
  3. ^ 「絶世の美少年」と言われた元天才子役、アルコールに溺れた壮絶な人生…週7で会社員+土日バイトも経験”. スポーツニッポン (2023年9月26日). 2023年9月28日閲覧。
  4. ^ “黒田勇樹 天才子役の悲哀告白「20歳前後で飽きられちゃう 椅子取りゲームの椅子譲らなきゃ」16歳で映画賞総なめも仕事激減”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2023年9月23日). https://www.daily.co.jp/gossip/2023/09/23/0016844012.shtml 2023年11月14日閲覧。 
  5. ^ 俳優の黒田勇樹が引退していた、フリーターをしながらネットでも活動。|Narinari.com”. 2011年4月11日閲覧。
  6. ^ 芸能界引退でユルい無職生活…元俳優の目標は毎晩の晩酌 | ZAK×SPA!”. 2011年11月30日閲覧。
  7. ^ 宮本真希 (2012年2月27日). “笑いあり、涙あり、ステマあり Twitterで生まれた数々のドラマをTogetterで追う”. ねとらぼ. ITmedia. 2012年3月20日閲覧。
  8. ^ 広田稔; Web担サカモト (2012年2月27日). “まとめ職人が多数参加! Togetterまとめまとめレポート”. 週アスPLUS. アスキー・メディアワークス. 2012年3月20日閲覧。
  9. ^ “離婚危機の中村瑠衣 黒田勇樹の“DV写真”は「1年前のもの」”. スポニチ Sponichi Annex. (2012年9月16日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/09/16/kiji/K20120916004126960.html 2017年1月17日閲覧。 
  10. ^ 元俳優・黒田勇樹が離婚調停へ 夫婦どちらがDVなのかドロ沼JCASTニュース 2013年1月23日
  11. ^ サーティワンアイスクリーマーズ (31iscreamers) - Facebook
  12. ^ 再婚の個性派イケメン俳優・黒田勇樹 父となった喜び語る「世界の覇王になってほしい!」”. 東スポ (2021年4月24日). 2021年4月26日閲覧。
  13. ^ 【写真】家族3人で幸せいっぱいの黒田ファミリー”. 東スポ (2021年4月24日). 2021年4月26日閲覧。
  14. ^ “黒田勇樹、結婚&男児が誕生していた ブログで報告「これからもよろしくね」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年5月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2192571/full/ 2021年5月6日閲覧。 
  15. ^ VOICE ACTORS”. 映画『放課後ミッドナイターズ』公式サイト. 2012年5月21日閲覧。
  16. ^ “中沢健が全面監修、オムニバス映画「オカルト地蔵」公開”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2023年9月12日). https://natalie.mu/eiga/news/540660 2023年9月12日閲覧。 

外部リンク[編集]