リバース (湊かなえの小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リバース
著者 湊かなえ
発行日 2015年5月19日
発行元 講談社
ジャンル 推理小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六変型
ページ数 280
公式サイト bookclub.kodansha.co.jp
コード ISBN 9784062194860
ISBN 9784062935869文庫本
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

リバース』は、湊かなえによる日本の推理小説2013年11月号から2014年12月号まで雑誌『小説現代』に連載され、2015年5月19日講談社から単行本が刊行された[注 1]。第37回吉川英治文学新人賞の候補作。2017年3月15日には講談社文庫版が刊行された。

湊にとって、編集者にお題を出されて結末を書いた初めての作品であり、長編小説で初めて男性を主人公にした作品[2]

2017年にTBSテレビドラマ化された。

あらすじ[編集]

しがないサラリーマンの深瀬和久は、コーヒー店・クローバーコーヒーで出会った越智美穂子と付き合うようになる。ある日美穂子の職場に「深瀬和久は人殺しだ」という手紙が届いたことから、深瀬は3年前にゼミ仲間5人で行った旅行のことを美穂子に告白する。長野県斑尾高原で深瀬・浅見康介・村井隆明・谷原康生は、広沢由樹が飲酒していることを知りながら彼一人に車で村井を迎えに行かせた。広沢は道中で事故に遭い車は炎上、帰らぬ人となり、4人は飲酒運転の事実を隠し続けていた。話を聞いた美穂子は深瀬のもとを去る。一方、浅見らゼミ仲間にも「〇〇は人殺しだ」という告発文が届く。さらに谷原が駅のホームに突き落とされる事件が起きる。深瀬は広沢の死に恨みを持つ人物を調べることにする。

広沢の地元愛媛県で彼の両親や同級生らに話を聞く中で、深瀬は自分の知らなかった広沢を知っていく。自分と広沢は"同じ人種"だと思っていたが、実は広沢は自分と違って多くの人に好かれていたのだと深瀬は気づいた。そして深瀬と同様のコンプレックスを抱えて広沢と絶縁した古川大志から、広沢は河部という女子と交際していたことを聞く。

登場人物[編集]

深瀬和久(ふかせ かずひさ)
主人公。事務機器メーカー・ニシダで営業として働く。趣味はコーヒーを楽しむことで、コーヒーには蜂蜜を入れて飲む。コンプレックスを抱いており、大学4年次に出会った広沢が初めての親友。事件当時は運転免許未取得。
広沢由樹(ひろさわ よしき)
深瀬の親友でゼミ仲間。体格がよく運動神経がよい。蕎麦アレルギー。3年前の旅行中に飲酒運転を行い、事故で亡くなる。就職に積極的でなく、卒業後は海外を旅したいと言っていた。
浅見康介(あさみ こうすけ)
深瀬のゼミ仲間。楢崎高校の社会科教師。事件当時に運転免許を取得していたが、飲酒運転になるからと運転を断った。事件以降禁酒している。
木田瑞希(きだ みずき)
浅見の同僚。国語教師。広沢の高校の同級生。
村井隆明(むらい たかあき)
深瀬のゼミ仲間。親が県議会議員。事件前日に事故を起こしたため日中は旅行に同行できず、夜になって深瀬らゼミ仲間に車での送迎を頼んだ。
谷原康生(たにはら やすお)
深瀬のゼミ仲間。大学時代、広沢と同じ野球チームだった。事件当時は運転免許未取得。酒に酔って美穂子に抱きついたところ、駅のホームへ突き落とされる。
越智美穂子(おち みほこ)
深瀬の恋人。パン屋・グリムパンで働く。
広沢の父
愛媛でみかん農家を営む。息子の追悼文集を作ってもらうため、深瀬に息子の同級生らを紹介する。
広沢の母
息子のゼミ仲間の連絡先を古川に教える。
松永陽一(まつなが よういち)
小学校時代、広沢と同じ少年野球チームだった。
上田麻友(うえだ まゆ)
広沢とは小中高同じ学校に通っていた。
吉梅あおい(よしうめ あおい)
麻友の友人。広沢とは高校の同級生。広沢に片思いしていた。
岡本翔真(おかもと しょうま)
広沢の高校の同級生。バレー部のキャプテン。
古川大志(ふるかわ たいし)
広沢の親友で高校の同級生。大学進学時に広沢と上京して同じアパートに住んでいた。大学3年次に広沢と美穂子から距離を置いた。

書籍情報[編集]

テレビドラマ[編集]

リバース
ジャンル ヒューマンミステリー
放送時間 金曜22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2017年4月14日 -
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 塚原あゆ子
山本剛義
村尾嘉昭
原作 湊かなえ『リバース』
脚本 奥寺佐渡子
清水友佳子
プロデューサー 新井順子
出演者 藤原竜也
戸田恵梨香
玉森裕太Kis-My-Ft2
小池徹平
三浦貴大
市原隼人
武田鉄矢
エンディング シェネル「Destiny」
外部リンク 公式サイト

特記事項:
初回15分拡大(22:00 - 23:09)。
テンプレートを表示

2017年4月14日からTBS系「金曜ドラマ」枠にて放送中。主演は藤原竜也[3]

制作[編集]

金曜ドラマ枠における湊かなえ作品のドラマ化はこれが3作目[3]。過去2作『夜行観覧車』(2013年1月期)、『Nのために』(2014年10月期)の制作チームが今作にも携わっている[3]。ドラマでは原作の続きも描き、オリジナルストーリーの結末を原作者の湊が書き下ろす[4][5]。結末がドラマオリジナルとはいえ、ミステリー作品であるため放送中には視聴者の間で原作のネタバレが問題視された[6]

公式サイトのタイトル下には「birth:Re:verse」と書いてあり、反転(Reverse)と再生(Rebirth)の意味も持つ[7]。物語は、主人公・深瀬和久が恋人・越智美穂子と出会う「現在(2017年)」を軸に、深瀬の親友・広沢由樹の失踪事件が発生した「10年前(2007年)」の大学時代のエピソードを織り交ぜながら進行する[8]。告発文の送り主を突き止めるミステリー要素に加え、大学時代それほど仲良くなかったゼミ仲間らが友情を築いていく人間ドラマを描く[9]

2017年2月7日、長野県でクランクイン[10]。1、2話の雪山のシーンは、ドラマでは珍しくほぼすべてロケで行った[8]

主題歌「Destiny」は、ドラマのプロデューサーである新井順子のオファーによって、歌手デビュー10周年のシェネルが担当した。偶然にも湊の作家デビューも10周年であった[11]。「インパクトとキャッチーさを備え」たメロディーと「物語に寄り添った」歌詞がドラマに大きな影響を与えていると評され[12]、楽曲は音楽配信ランキングで1位を獲得したほか、歌詞検索サイトのランキングや、USENのリクエストで上位にランクインした[13]

ストーリー[編集]

深瀬和久は行きつけのコーヒー店で越智美穂子と運命的に出会う。ある日、ジャーナリストの小笠原が現れ、10年前の卒業旅行中に起きた事件について探りを入れる。当時深瀬たちは広沢由樹に飲酒運転をさせ、広沢は車の事故現場から失踪、半年後に白骨遺体で発見されていた。美穂子と恋人になり人生が好転しはじめた深瀬だったが、美穂子の職場に「人殺し」という手紙が、またゼミ仲間らの元にも同様の告発文が届く。同じ頃、美穂子が何者かに襲われ、さらに広沢の事故車の第一発見者であるゼミ仲間・谷原康生が駅のホームから突き落とされ意識不明となる。事件を調べる中で深瀬は、自分は広沢を意外と知らないことに気づき、彼の素顔と交友関係を知るため、浅見とともに広沢の故郷愛媛県へ赴く。(6話まで)

キャスト[編集]

深瀬和久〈32〉
演 - 藤原竜也
主人公。唯一の親友だった広沢を失う。ニシダ事務機に勤務。有名大学を卒業するも、自分には価値がないとコンプレックスを抱き[14]、美味しいコーヒーを入れることだけが取り柄のさえない人生を送ってきた。転職先を探しているが、勤務先が突然倒産した。
越智美穂子〈30〉
演 - 戸田恵梨香
深瀬の恋人。パン屋で働く。ストーカー被害に遭っており、犯人は逮捕されるものの実家の大阪へ戻ることを考える。
浅見康介〈32〉
演 - 玉森裕太Kis-My-Ft2
深瀬のゼミ仲間。高校の社会科教師。生徒指導に熱を入れている。ある朝、自車に「浅見康介は人殺し」という告発文を貼られて、それを拡散されたことから生徒達に疑いの目を向けられる。広沢の飲酒運転を悔いて禁酒しており、サッカー部の飲酒沙汰を追及する。その後校長らから「有給休暇」として生徒達と距離を置くよう指示される。
10年前の事故現場で隆明に似た人影を目撃しており、彼が広沢の事件に関わっているのではと疑っている。一方で康生とともに自身も事故現場の血痕を隠蔽していた。
広沢由樹〈享年22〉
演 - 小池徹平
深瀬の親友でゼミ仲間。10年前の旅行中行方不明となり、半年後に白骨遺体が見つかった。旅行当日は運転免許取得から日が浅かった。
彼の白骨遺体が発見された地点と、広沢が運転していたとされる車の事故現場が10kmほど離れていたことから、警察関係者の中には「事故に見せかけた殺人事件」を疑う者もいたが、捜査は突然打ち切られ広沢の死因は「事故死」と結論づけられた。
広沢の飲酒運転を知っているのはゼミ仲間の深瀬ら5人だけで、彼の白骨遺体が発見された後に遺族と対面した深瀬達は、口裏を合わせていた訳ではなかったものの彼の飲酒のことを話さなかった。
村井隆明〈32〉
演 - 三浦貴大
深瀬のゼミ仲間。県議会議員である父の秘書として働く。有力議員の娘である香織と政略結婚させられ、夫婦円満は表向きだがすでに生活は破綻している。議員の沼淵ことはと不倫していたが、不倫が公となったため彼女に別れを告げて、その後行方不明となった。
10年前に深瀬達に旅行を提案した張本人だが、旅行の前日に事故を起こし、当日の集合時間に遅刻していた。妹・明日香と一緒に宿泊先近くの駅まで電車で向かい、車で送迎に来るよう深瀬達に電話で一方的に呼び掛けていた。その後タクシーをつかまえるが、明日香によると道中で電話を受け一旦タクシーを降りていた。広沢の車の事故現場で何かを隠蔽する浅見と康生を目撃した。
村井明日香 → 谷原明日香〈27〉
演 - 門脇麦
隆明の妹。康生の妻。兄の同級生・広沢に高校生の頃、片思いしており、10年前の旅行に同行した。
谷原康生〈33〉
演 - 市原隼人
深瀬のゼミ仲間。大手商社に入社し、学生時代から好きだった明日香と結婚し一児をもうけた。上司からパワハラを受けて本社勤務を外されたことを周囲に言えずにいる。駅のホームで何者かに突き落とされて意識不明の重体に陥る。
乾恭子〈48〉
演 - YOU
クローバーコーヒーのマスターの妻。
広沢忠司〈65〉
演 - 志賀廣太郎
広沢の父。愛媛でみかん農家を営む。
広沢昌子〈57〉
演 - 片平なぎさ
広沢の母。息子の事故を受け入れられず、小笠原と接触する。息子のいた東京や、事故現場の長野にしばしば訪れる。
小笠原俊雄〈65〉
演 - 武田鉄矢
ジャーナリスト。長野県警の元刑事で、広沢失踪事件の担当だった。失踪事件の翌春、事件が「事故」として処理されて、また運転免許センターへの異動の内示が出されたことで上司に激しく反発し、退職した。
とある県議会議員の不正を調べる中、10年前の広沢失踪事件の関係者である隆明の名前を見つけ、彼やゼミ仲間らが広沢失踪事件の「真相」を知っているのではないかと目をつけ、4人の前に頻繁に現れる。
森下泉〈23〉
演 - 藤本泉
浅見の同僚。副担任。国語教師。
藤崎莉子〈17〉
演 - 山口まゆ
浅見の生徒。浅見を信頼しており、サッカー部の飲酒沙汰で浅見が「有給休暇」を取らされたことに納得していない。
相良了平〈17〉
演 - 鈴木仁
浅見の生徒。サッカー部キャプテン。部全体で飲酒沙汰を起こすが、処分を免れるため飲んでいたのはノンアルコールだと主張する。夏の大会は出場停止となったが、反省の色は見せていない。
村井明正〈70〉
演 - 村井國夫
隆明・明日香の父。神奈川県議会議員。不正融資疑惑で週刊誌に追われている。
甲野伸之〈52〉
演 - 山崎銀之丞
村井の第一秘書。
村井香織〈26〉
演 - 趣里
隆明の妻。過去に大臣も務めた有力議員の娘。隆明が国会議員になることを見込んで結婚したが、疎ましく思っている。家事はせず家はゴミが散乱している。夫と沼淵の関係に気づき、彼女の家を訪れる。
沼淵ことは〈42〉
演 - 篠原ゆき子
隆明と不倫関係。神奈川県議会の女性議員。心身ともに夫のモラハラを受け疲弊していたとき隆明とは知り合い、惹かれていった。不倫が報道されて隆明から別れを告げられたため、マスコミの前で不倫関係は事実無根であると釈明した。
谷原七海〈3〉
演 - 古田結凪
康生・明日香の娘。
乾圭介〈48〉
演 - バッファロー吾郎A
クローバーコーヒーのマスター。恭子の夫。
古川大志[15]
演 - 尾上寛之
広沢の高校時代の親友。陰気であだ名は魔太郎だった。
松永陽一
演 - 山崎裕太
広沢の幼馴染。深瀬と浅見のため地元の友人を集める。
川本友里[15]
演 - 夏菜
八王子記念病院 看護師。広沢と同じ高校の後輩。愛称は「カワちゃん」で、広沢の彼女と思われていた。
越智浩子
演 - いしのようこ
美穂子の母。大阪記念病院に入院している。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル[16] 脚本 演出 視聴率 備考
第1話 4月14日 親友の死に隠された秘密…復讐は十年後に始まった 奥寺佐渡子 塚原あゆ子 10.3%[17] 15分拡大
第2話 4月21日 罪の告白…十年前に起こった雪山の悲劇 06.3%[18]
第3話 4月28日 ついに犠牲者が…! 迫りくる告発者の影 10.5%[19]
第4話 5月05日 犯人は女?ホーム転落…次の犠牲は誰だ 山本剛義 08.6%[20]
第5話 5月12日 彼女に襲いかかる魔の手…そしてまた一人が消える! 清水友佳子 村尾嘉昭 09.0%[21]
第6話 5月19日 第2章開幕…新たな容疑者!愛媛に隠された親友の謎 奥寺佐渡子 山本剛義 07.4%[22]
第7話 5月26日 清水友佳子 村尾嘉昭 07.3%[23]
第8話 6月02日 奥寺佐渡子 塚原あゆ子
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

関連商品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 単行本刊行記念に、湊が愛用する兵庫県のコーヒー専門店・タワーコーヒーとのコラボが企画された[1]

出典[編集]

  1. ^ 講談社 小説現代の2015年5月20日の発言
  2. ^ 山口亮子 (2017年4月22日). “湊かなえデビューから10年 小説を書き続けてこられた理由”. AERA. 朝日新聞社. 2017年4月23日閲覧。
  3. ^ a b c 藤原竜也主演で湊かなえ『リバース』ドラマ化! 戸田恵梨香・玉森裕太ら出演”. マイナビニュース (2017年2月13日). 2017年3月23日閲覧。
  4. ^ 藤原竜也&戸田恵梨香「デスノート」以来10年ぶり共演!ドラマ「リバース」で恋人役に”. 映画.com (2017年2月13日). 2017年3月25日閲覧。
  5. ^ 話題作が目白押し!戸田恵梨香が語る、1シーン撮るのに1週間の過酷な制作秘話とは!?”. 東京カレンダー (2017年3月22日). 2017年3月25日閲覧。
  6. ^ “藤原竜也「リバース」ネタバレ悲鳴続出 物語急展開で「我慢できず…」「友達が結末を…」”. デイリースポーツ. (2017年5月9日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/05/09/0010172177.shtml 2017年5月25日閲覧。 
  7. ^ 藤原竜也&戸田恵梨香『デスノ』以来10年ぶり共演 湊かなえ『リバース』連ドラ化”. ORICON NEWS. オリコン (2017年2月13日). 2017年3月25日閲覧。
  8. ^ a b 「リバース」第3話放送!藤原竜也『面白いですよね、深瀬って』”. ザテレビジョン (2017年4月28日). 2017年5月1日閲覧。
  9. ^ 湊かなえ原作ドラマ『リバース』、藤原竜也の“超ダサコーデ”にこだわりあり”. 週刊女性 (2017年4月28日). 2017年5月1日閲覧。
  10. ^ クランクイン情報”. リバース. TBS (2017年3月15日). 2017年3月23日閲覧。
  11. ^ a b ラブソングの女王・シェネル、新境地開拓!藤原竜也×湊かなえドラマ主題歌に”. テレビドガッチ (2017年3月17日). 2017年3月23日閲覧。
  12. ^ 久蔵千恵 (2017年5月5日). “『逃げ恥』を超えるか? ドラマ『リバース』主題歌と作品の密接な関係性”. Real Sound. http://realsound.jp/2017/05/post-12263.html 2017年5月25日閲覧。 
  13. ^ “藤原竜也主演ドラマ『リバース』シェネルが歌う主題歌が1位獲得!「ドラマに合いすぎて怖い」と話題”. mujic.jpニュース. (2017年5月8日). http://music-book.jp/music/news/news/142557 2017年5月25日閲覧。 
  14. ^ ドラマ「リバース」の“地味で冴えない”藤原竜也に反響続々”. ダ・ヴィンチニュース (2017年4月20日). 2017年5月1日閲覧。
  15. ^ a b “Kis-My-Ft2玉森裕太演じる教師の衝撃告白とは…藤原竜也主演「リバース」”. テレビドガッチ. (2017年5月19日). http://dogatch.jp/news/tbs/44813 2017年5月24日閲覧。 
  16. ^ TBSオンデマンド リバース
  17. ^ “藤原竜也主演「リバース」初回の視聴率は10.3%”. スポーツ報知. (2017年4月17日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170417-OHT1T50100.html 2017年4月17日閲覧。 
  18. ^ “藤原竜也主演「リバース」第2話は6.3% 初回から4.0ポイントの大幅ダウン”. スポーツ報知. (2017年4月24日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170424-OHT1T50113.html 2017年4月24日閲覧。 
  19. ^ “藤原竜也主演「リバース」第3話は10.5% 前回から4.2ポイントのジャンプアップ”. スポーツ報知. (2017年5月1日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170501-OHT1T50119.html 2017年5月1日閲覧。 
  20. ^ “藤原竜也主演「リバース」第4話は8.6% 再び1.9ポイント大幅ダウン”. スポーツ報知. (2017年5月8日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170508-OHT1T50097.html 2017年5月8日閲覧。 
  21. ^ “藤原竜也主演「リバース」第5話は9.0% 前回から0.4ポイント上昇”. スポーツ報知. (2017年5月15日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170515-OHT1T50094.html 2017年5月15日閲覧。 
  22. ^ “藤原竜也主演「リバース」第6話は7.4% 前回から1.6ポイント下降”. スポーツ報知. (2017年5月22日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170522-OHT1T50104.html 2017年5月22日閲覧。 
  23. ^ “藤原竜也主演「リバース」第7話は7.3% 前回から0.1ポイント下降”. スポーツ報知. (2017年5月29日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170529-OHT1T50051.html 2017年5月29日閲覧。 
  24. ^ “TBS金曜ドラマ『リバース』とタイアップ コーヒーにこだわった新作「ランチパック」を期間限定発売”. 山崎製パン. (2017年4月10日). https://www.yamazakipan.co.jp/company/news/20170410.html 2017年4月11日閲覧。 
  25. ^ “山崎製パン、ドラマ「リバース」とタイアップ第2弾 限定ランチパック「カツとカレー」”. 日本食糧新聞. (2017年5月15日). https://news.nissyoku.co.jp/news/detail/?id=AOYAGI20170510081914500&cc=01&ic=110 2017年5月25日閲覧。 

外部リンク[編集]

TBS 金曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
下剋上受験
(2017年1月13日 - 3月17日)
リバース
(2017年4月14日 - )
ハロー張りネズミ
(2017年7月〈予定〉 - )