篠原ゆき子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
しのはら ゆきこ
篠原 ゆき子
本名 篠原 友希子(しのはら ゆきこ)
別名義 篠原 友希子(旧芸名)
生年月日 (1981-01-21) 1981年1月21日(36歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県
身長 161 cm
血液型 A型
職業 女優タレント
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
事務所 テアトル・ド・ポッシュ
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
共喰い
舞台
劇団ポツドール 『おしまいのとき』

篠原 ゆき子(しのはら ゆきこ、1981年1月21日 - )は、日本女優タレント。本名および旧芸名、篠原 友希子(しのはら ゆきこ)[2]

神奈川県出身。テアトル・ド・ポッシュ所属。愛称はゆきゆっきー

略歴[編集]

小学校から高等学校まで桐蔭学園明治学院大学法学部法律学科卒業。

スカウトがきっかけでデビュー。モデル、タレントを経て、山下敦弘監督の映画『中学生日記』をきっかけに役者デビュー。

2011年、自身の最も好きな劇団であるポツドールの舞台『おしまいのとき』のオーディションで主役に抜擢され、暴力とレイプシーンを含む激しい公演を1ヶ月間こなした。そこでの演技は青山真治などから高く評価された。

2013年、スカイコーポレーションよりテアトル・ド・ポッシュへ移籍[3]。篠原ゆき子へと改名[4]

2014年、映画『共喰い』(青山真治監督)により第28回高崎映画祭最優秀新進女優賞を受賞[1]

人物[編集]

  • 身長161 cm。スリーサイズはB83、W61、H87。靴のサイズは24 cm。血液型はA型。[2]
  • プラス思考をする性格。
  • ペットにがいる。
  • 特技は料理。趣味は絵、小説を書くこと。兄と妹がいる。
  • 笑うとひき笑いで明石家さんまに間違われたことがある。
  • 美味しいものを食べた時のほめ言葉は「天才」。
  • 映画『中学生日記』では25歳で中学生を、ドラマ『モテキ』では29歳で高校生を演じた。
  • 物を書くのが得意で、以前所属していたアミューズの友人達と作った自主制作映画「サンモリッツ」の脚本は本人が手がけた。
  • 同事務所だった石田純一の結婚パーティーに出席した際、堀江貴文にナンパされた。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

スチル[編集]

雑誌[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 本人自主制作。

出典[編集]

外部リンク[編集]