篠原ゆき子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しのはら ゆきこ
篠原 ゆき子
本名 篠原 友希子(しのはら ゆきこ)
別名義 篠原 友希子(旧芸名)
生年月日 (1981-01-21) 1981年1月21日(40歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
身長 161 cm
血液型 A型
職業 女優タレント
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
事務所 テアトル・ド・ポッシュ
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
共喰い

テレビドラマ
相棒』シリーズ

舞台
劇団ポツドール 『おしまいのとき』
 
受賞
高崎映画祭
第28回 最優秀新進女優賞
共喰い[1]
テンプレートを表示

篠原 ゆき子(しのはら ゆきこ、1981年1月21日 - )は、日本女優タレント。本名および旧芸名、篠原 友希子(しのはら ゆきこ)[2]

神奈川県横浜市[3]出身。テアトル・ド・ポッシュ所属。愛称はゆき、ゆっきー。

略歴[編集]

桐蔭学園小学部[4]桐蔭学園中学校・高等学校[4]を経て、明治学院大学法学部法律学科卒業。

大学在学中に芸能事務所に履歴書を送る[4]。女優になるのが夢なのか定かでない頃は、周りの学生と同じように就職活動をしていたことがある[4]

スカウトがきっかけでデビュー。モデル、タレントを経て、2005年山下敦弘監督の映画『中学生日記』をきっかけに役者デビュー[4]

2011年、自身の最も好きな劇団であるポツドールの舞台『おしまいのとき』のオーディションで主役に抜擢され[4]、暴力を含む激しい公演を1ヶ月間こなした。そこでの演技は青山真治などから高く評価された。

2013年スカイコーポレーションよりテアトル・ド・ポッシュへ移籍[5]。篠原ゆき子へと改名[6]

2014年、映画『共喰い』(青山真治監督)により第28回高崎映画祭最優秀新進女優賞を受賞[1]

2020年10月からスタートした相棒シリーズseason19の初回スペシャルでメインゲストを務め、同シーズンからレギュラーメンバーになった。同年12月に公開された主演映画『ミセス・ノイズィ』は、3か月を超えるロングランを記録した[7]

人物[編集]

  • 身長161cm。スリーサイズはB83、W61、H87。靴のサイズは24cm。血液型はA型[2]
  • プラス思考をする性格。
  • 美味しいものを食べた時のほめ言葉は「天才」。

家族[編集]

趣味・特技[編集]

  • 趣味は絵、小説を書くこと。
  • 特技は料理。

エピソード[編集]

  • 笑うとひき笑いで、明石家さんまのようになるという[10]
  • 映画『中学生日記』では25歳で中学生を、ドラマ『モテキ』では29歳で高校生を演じた。
  • 物を書くのが得意で、以前所属していたアミューズの友人達と作った自主制作映画「サンモリッツ」の脚本は本人が手がけた。
  • 同事務所だった石田純一の結婚パーティーに出席した際、堀江貴文にナンパされた。
  • 演技レッスンに通っていた当時、大湯みほから誘われて二人で『ガス漏れトンビ』というお笑いコンビで活動していたことがあった。しかし「間が読めない」という欠点があったことから、芸人はあきらめてその後は女優に専念した[11]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ネットドラマ[編集]

  • 深夜食堂 -Tokyo Stories- 第40話(2016年10月21日・12月23日配信、Netflix) - 夏木いずみ 役
    • 深夜食堂-Tokyo Stories Season2- 第41話・第50話(2020年10月31日配信)
  • 相棒 配信オリジナル「杉下右京はここにいる」(2020年12月25日配信、TELASA[21]

バラエティ番組[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

スチル[編集]

雑誌[編集]

MV[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 本人自主制作。

出典[編集]

  1. ^ a b “第28回高崎映画祭の受賞者発表”. 高崎新聞. (2014年1月18日). http://www.takasakiweb.jp/news/article/2014/01/1801.html 2014年1月18日閲覧。 
  2. ^ a b プロフィール”. 2013年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月18日閲覧。
  3. ^ nQ6uS5fuLhKv3VCの2020年12月13日13時36分のツイート- Twitter
  4. ^ a b c d e f 個性派女優・篠原ゆき子の原点「家族内で必要な役を演じていた」〈週刊朝日〉”. AERA dot. (2021年6月21日). 2021年6月12日閲覧。
  5. ^ ご報告”. 篠原友希子オフィシャルブログ「しのはらゆきこのココロエ」 (2013年7月23日). 2013年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月16日閲覧。
  6. ^ 篠原ゆき子 になりました。”. 篠原ゆき子 公式ブログ (2013年9月24日). 2020年10月16日閲覧。
  7. ^ “篠原ゆき子、主演映画『ミセス・ノイズィ』3カ月越えロングランに感謝”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2021年3月6日). https://www.cinematoday.jp/news/N0122069 2021年3月6日閲覧。 
  8. ^ 篠原ゆき子が思わず赤面 5歳娘が銭湯で猛烈すぎる宣伝、大声で「この人『相棒』に出ています!」”. まいどなニュース (2021年5月21日). 2021年8月29日閲覧。
  9. ^ 映画「女たち」主演の篠原ゆき子さん 群馬・富岡市で撮影 地元の協力と絆に感謝”. 産経新聞 (2020年8月19日). 2021年1月5日閲覧。
  10. ^ 篠原ゆき子「前情報なしに楽しんで」主演映画『ミセス・ノイズィ』PR”. 産経デジタル (2020年12月5日). 2021年5月28日閲覧。
  11. ^ 篠原ゆき子、大湯みほと「ガス漏れトンビ」として活動していた”. サンケイスポーツ (2021年5月28日). 2021年5月28日閲覧。
  12. ^ ゾンビ映画『Zアイランド』追加出演陣に風間俊介、窪塚洋介、般若、シシド・カフカら”. CINRA.NET (2014年12月22日). 2014年12月27日閲覧。
  13. ^ “小栗旬×星野源「罪の声」特報&ビジュアル完成!実力派の新キャスト10人も明らかに”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2020年6月24日). https://eiga.com/news/20200624/6/ 2020年7月15日閲覧。 
  14. ^ “隣人同士の対立がマスコミ巻き込む事件に、天野千尋の新作「ミセス・ノイズィ」公開”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年9月26日). https://amp.natalie.mu/eiga/news/349023 2020年1月25日閲覧。 
  15. ^ “門脇麦×水原希子「あのこは貴族」初映像!高良健吾、石橋静河、山下リオも出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年9月24日). https://natalie.mu/eiga/news/397586 2020年9月24日閲覧。 
  16. ^ 宇野貴文 (2020年8月19日). “映画「女たち」主演の篠原ゆき子さん 群馬・富岡市で撮影 地元の協力と絆に感謝”. 産経ニュース. https://www.sankei.com/entertainments/news/200819/ent2008190007-n1.html 2020年8月21日閲覧。 
  17. ^ “「べしゃり暮らし」圭右の家族役で寺島進、篠原ゆき子、徳永えりが出演”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年5月25日). https://amp.natalie.mu/comic/news/332860 2020年1月24日閲覧。 
  18. ^ 『相棒』史上初、現実と仮想の世界を行き来!右京(水谷豊)が、前代未聞の事態に挑む”. テレ朝POST. テレビ朝日 (2020年10月14日). 2020年10月16日閲覧。
  19. ^ 篠原ゆき子、『相棒』新レギュラー 初回で銃撃を受けた出雲麗音「共に成長していきたい」”. ORICON NEWS (2020年10月21日). 2021年3月19日閲覧。
  20. ^ 坂口健太郎主演『シグナル』SPドラマ新キャストに青木崇高・桜井ユキ・古川雄輝【コメントあり】”. ORICON NEWS. オリコン (2021年2月26日). 2021年2月27日閲覧。
  21. ^ 「相棒」配信限定のオリジナル2作品が誕生、右京&亘が珍事件に巻き込まれる”. テレ朝POST (2020年12月16日). 2021年3月19日閲覧。

外部リンク[編集]