志賀廣太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
しが こうたろう
志賀 廣太郎
生年月日 (1948-08-31) 1948年8月31日(70歳)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県
身長 165cm[1]
血液型 AB型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台CM
活動期間 1990年頃 -
配偶者 なし(結婚歴あり)[2]
事務所 レトル
主な作品
テレビドラマ
アンフェア
三匹のおっさん
銭の戦争

志賀 廣太郎(しが こうたろう、1948年8月31日 - )は、日本俳優桐朋学園芸術短期大学演劇専攻非常勤講師[3][4]青年団所属。

来歴[編集]

兵庫県生まれで、幼稚園時代に東京都杉並区に引っ越し[5]、その後世田谷区へ移る[6]世田谷区立船橋中学校の同級生に高田文夫がいる[7]。幼稚園の園長や小学校の担任が児童演劇協会に所属するなど演劇に造詣が深かったことから[6][8]、中学・高校から演劇部に所属[5]俳優座の養成所が移管されると聞き、桐朋学園大学短期大学部に入学[5]。大学では演技の他に狂言、日舞、バレエ、体操などを学んだが、なかでも能を観世銕之丞に学んだことは印象に残っており[6]、音声学を学んだ柴田武からは、「君の声はいい声だから大事にしなさい」と言われたという[9]。1971年、桐朋学園大学短期大学部専攻科演劇専攻修了。卒業後はすぐ役者の道に進むつもりだったが、素晴らしいと思える先生に多数出会ったことから大学に残ることを決め[6]、1973年までゼミの助手を務める[10]。当時は翻訳劇の舞台が多く、ヨーロッパ原作の劇が現地でどう演じられているのかが気になったため、ドイツに渡り、語学学校を経てシュトゥットガルトの専門学校へ入学[11]。そこでは演技の基礎と考えていた体操を1年近く学び、あちこち移動した後、ウィーンで日本人補習授業校の小中学生の国語教師を務める[10][11]。30歳を前に、交際していた女性と結婚するため[11]1977年に帰国[10]。1978年より母校の演劇科にて非常勤講師を務める[10]。学生には南果歩などがいた[4][5]

吸収することがなくなり、自らも演じることが必要だと感じ始めていた40歳も目前となった頃、平田オリザが主宰する劇団「青年団」の舞台を観て共感し[11]、教材としての使用を申し出る[3]。しかし同時に自分が演じていない台本を学生に教えられないという思いが生じ、酔った勢いで平田に「次の舞台に出たい」と言ったところ出演が決まり、1990年、41歳で『光の都』に出演[9][11]。その後も教壇に立つ傍ら舞台に立ち続け[9][11]、1993年に正式に劇団員になる[10]

よく小劇場の演劇を観ていた山内ケンジに見初められ[9]、46歳の時にアップルコンピューターのCMに出演して注目を集める[2]。これを契機にオファーが増え始め[2]、1998年、『もう、ひとりじゃない』で映画初出演[10]。その後、2001年に『学校の怪談』、『世にも奇妙な物語 SMAPの特別編』の「BLACK ROOM」など、2000年代になって引っ張りだことなる[10][9][2]。私生活では40代で離婚[2]

2003年のテレビドラマ『独身3!!』の打ち上げで初めて福田雄一と顔を合わせて「志賀さんいいですねー」と声をかけられ、『THE3名様』の出演オファーを受ける[9]。そこで演じたパフェおやじ役が若者の間で評判になり、主演陣の人気を凌ぐほどの反響があったことから、DVD『【「THE3名様」スピンオフ】人生のピンチを救うパフェおやじの7つの名言』の制作が決定し主役を演じた[12]。2008年4月6日にHMV渋谷で行われたDVD発売イベントには多数の若い女性が駆けつけ、女性ファンの歓声に囲まれながら「人生でこんないい日を迎えられるなんて」とコメントした[12]

2015年、踊る大捜査線シリーズで知られる本広克行が監督を務める青春映画『幕が上がる』に、メインキャストとして出演した。原作は青年団主宰の平田オリザによる同名小説である。

2019年のNHK大河ドラマいだてん〜東京オリムピック噺〜』に春野先生役での出演が予定されていたが、体調不良のため降板。代役には佐戸井けん太が立てられた[13]

人物[編集]

ドラマや舞台において、上司役や刑事役、教師役や医者役などを持ち前の風貌と渋い声で演じ、様々な場面に欠かすことのできない名脇役として活躍している[14]。ドラマプロデューサーの伊與田英徳は、「地味な存在の役を、そのままいい具合に地味に演じることができる。地味な役でもカッコよく演じたい役者さんも多いなか、配役のキャラクターや演出を理解して演じる志賀さんは貴重な存在」と評価している[15]

私服は「チェックしか着ない」と話す[15]。酒と温泉が好き[4]。好きな言葉は「漂えど沈まず」[4]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 東京ノート(1998年)
  • ソウル市民(1998年)
  • 海よりも長い夜(1999年)
  • ソウル市民1919(2000年)
  • ナイス・エイジ(2000年・2006年)
  • 上野動物園再々々襲撃(2001年)
  • THE3名様 夏はやっぱり祭っしょ!!(2006年)
  • パン屋文六の思案〜続・岸田國士一幕劇コレクション〜(2014年)
  • 宮本武蔵(完全版)(2016年8月19日 - 29日、東京芸術劇場シアターイースト)[25] - 山伏[26]
  • バージン・ブルース(2017年5月4日 - 21日、こまばアゴラ劇場)[27]
  • 朗読劇「画狂人 北斎」(2017年) - 葛飾北斎[4][28]

ラジオ[編集]

DVD[編集]

ビデオ[編集]

CM[編集]

WEB[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 志賀 廣太郎 SHIGA KOTARO”. レトル. 2015年4月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e 志賀廣太郎 (2017年11月19日). 『陸王』の専務役で存在感 俳優・志賀廣太郎「脇役の流儀」(4/5ページ). (インタビュー). 『週刊現代』(講談社).. http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53479?page=4 2018年1月7日閲覧。 
  3. ^ a b c 志賀廣太郎 (2015年4月24日). 役を作り込まず自然体で…志賀廣太郎. インタビュアー:西條耕一. YOMIURI ONLINE.. オリジナルの2015年4月29日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20150429134310/http://www.yomiuri.co.jp/culture/news/20150420-OYT8T50167.html 2016年5月3日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h 志賀廣太郎 (2017年10月15日). 俳優と短大講師“二足のわらじ” 志賀廣太郎 漂えど沈まず 目指すは「自由」の境地. (インタビュー). Sponichi Annex.. https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/10/15/kiji/20171014s00041000441000c.html 2018年5月20日閲覧。 
  5. ^ a b c d 1月20日〜1月24日の「ラジオバイオグラフィー 5冊のアルバム」のゲストは、俳優の志賀廣太郎さん”. くにまるジャパン. 文化放送 (2014年1月19日). 2014年9月10日閲覧。
  6. ^ a b c d 志賀廣太郎 (2017年11月19日). 『陸王』の専務役で存在感 俳優・志賀廣太郎「脇役の流儀」(2/5ページ). (インタビュー). 『週刊現代』(講談社).. http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53479?page=2 2018年1月7日閲覧。 
  7. ^ 高田文夫『誰も書けなかった「笑芸論」』(講談社)P.209
  8. ^ 志賀廣太郎 (2018年1月2日). "イケボ"も話題の志賀廣太郎、40代で選んだ俳優の道 未来を拓く働き方(1/2ページ). インタビュアー:西森路代. マイナビニュース.. https://news.mynavi.jp/article/20180102-shigakotaro/ 2018年1月7日閲覧。 
  9. ^ a b c d e f 志賀廣太郎 (2018年1月2日). "イケボ"も話題の志賀廣太郎、40代で選んだ俳優の道 未来を拓く働き方(2/2ページ)). インタビュアー:西森路代. マイナビニュース.. https://news.mynavi.jp/article/20180102-shigakotaro/2 2018年1月7日閲覧。 
  10. ^ a b c d e f g 志賀廣太郎さん”. KINENOTE. 2016年5月3日閲覧。
  11. ^ a b c d e f 志賀廣太郎 (2017年11月19日). 『陸王』の専務役で存在感 俳優・志賀廣太郎「脇役の流儀」(3/5ページ). (インタビュー). 『週刊現代』(講談社).. http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53479?page=3 2018年1月7日閲覧。 
  12. ^ a b 渋谷ギャルが長蛇の列!なんとあのパフェおやじに「かわいいーー!!」”. シネマトゥデイ (2008年4月7日). 2015年4月29日閲覧。
  13. ^ “志賀廣太郎、19年大河『いだてん』体調不良で降板 代役は佐戸井けん太”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年4月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2110351/full/ 2018年4月26日閲覧。 
  14. ^ 志賀廣太郎 (2008年3月26日). 『パフェおやじ』でブレイク - 知る人ぞ知る名脇役・志賀廣太郎. インタビュアー:国領雄二郎. マイナビニュース.. http://news.mynavi.jp/articles/2008/03/26/parfait/001.html 2015年4月29日閲覧。 
  15. ^ a b c 志賀廣太郎 (2017年11月19日). 『陸王』の専務役で存在感 俳優・志賀廣太郎「脇役の流儀」(1/5ページ). (インタビュー). 『週刊現代』(講談社).. http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53479 2018年1月7日閲覧。 
  16. ^ 香取慎吾、松坂桃李、志賀廣太郎、石原さとみ、夏菜が主演『世にも奇妙な物語‘13秋の特別編』ラインナップを発表”. テレビドガッチ (2013年9月30日). 2015年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月22日閲覧。
  17. ^ 志賀廣太郎父娘が“テレ東の”三匹のおっさんと登場”. ザテレビジョン (2015年4月23日). 2015年4月29日閲覧。
  18. ^ 北大路欣也&泉谷しげる&志賀廣太郎の「三匹のおっさん」が帰ってくる! 正月に「家族が一緒に見られるドラマ」”. インターネットTVガイド (2017年11月16日). 2017年11月22日閲覧。
  19. ^ “草なぎ剛、主演ドラマで大島優子と三角関係 どん底ホームレスの復讐劇”. modelpress. (2014年12月1日). http://mdpr.jp/news/detail/1450162 2014年12月1日閲覧。 
  20. ^ 小日向文世&志賀廣太郎が“薄毛”をネタに爆笑トーク!「20年後は何もない」”. cinemacafe.net (2015年6月25日). 2016年5月3日閲覧。
  21. ^ 中川家、志賀廣太郎が「昼のセント酒」戸次重幸と共演”. ザテレビジョン (2016年4月16日). 2016年5月3日閲覧。
  22. ^ 多部未華子主演『あやしい彼女』追加キャスト発表 小林聡美、要潤らが共演”. ORICON STYLE (2015年11月6日). 2015年11月6日閲覧。
  23. ^ 多部未華子、志賀廣太郎の20歳“イケメン写真”に困惑”. 映画.com (2016年4月1日). 2016年5月3日閲覧。
  24. ^ “実写映画『四月の永い夢』、第39 回モスクワ国際映画祭出品のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), IGポート, (2017年6月2日), https://minkabu.jp/announcements/3791/140120170602494595.pdf 2018年5月20日閲覧。 
  25. ^ 山田裕貴の初主演舞台『宮本武蔵(完全版)』初日開幕!”. SPICE. イープラス (2016年8月22日). 2018年6月24日閲覧。
  26. ^ 山田裕貴公式Twitter@00_yuki_yの2016年8月25日のツイート2018年6月24日閲覧。
  27. ^ うさぎストライプ「バージン・ブルース」2人の父親役に中丸新将、志賀廣太郎”. ステージナタリー. ナターシャ (2017年2月14日). 2018年6月24日閲覧。
  28. ^ 志賀廣太郎・中嶋朋子ら出演、葛飾北斎×宮本亜門「画狂人 北斎」が凱旋公演”. ステージナタリー. ナターシャ (2017年9月21日). 2018年5月20日閲覧。
  29. ^ “西島秀俊が謎のサラリーマンとカップルに困惑!!”. ザテレビジョン. (2016年11月10日). https://thetv.jp/news/detail/92191/ 2016年11月10日閲覧。 
  30. ^ “吉田沙保里と大森南朋が結婚!?「明治プロビオヨーグルトR-1」新TVCM『体調第一家族〈登場篇〉』が7月25日(火)より全国で放映開始”. 産経ニュース. (2017年7月24日). http://www.sankei.com/economy/news/170724/prl1707240086-n1.html 2017年11月22日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]