三浦貴大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みうら たかひろ
三浦 貴大
本名 三浦 貴大
生年月日 1985年11月10日(31歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
身長 178 cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 2010年 -
著名な家族 三浦友和(父)
三浦百恵(母)
三浦祐太朗(兄)
絲木建太(従弟)
事務所 アノレ
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語

三浦 貴大(みうら たかひろ、1985年11月10日 - )は、日本俳優である。東京都出身。順天堂大学スポーツ健康科学部卒業。アノレ所属。父は俳優の三浦友和、母は元歌手、女優の山口百恵、兄はシンガーソングライター、俳優の三浦祐太朗

経歴[編集]

成城学園中学校成城学園高等学校では兄の影響で、水球部とライフセービング部に所属。順天堂大学では体育会のライフセービング部に所属し、ベーシックライフセーバーの資格を取得。全日本学生ライフセービング選手権大会(インカレ)ではオーシャンマンリレー7位・CPRコンテスト3位入賞等活躍する。

大学時代は精神保健福祉士を目指していたが、社会には様々なタイプの人間が存在することを知って、俳優になることを決める[1][2]。大学卒業間際、父・三浦友和にそのことを報告すると、反対は一切なく、知り合いの『ALWAYS 三丁目の夕日』の阿部プロデューサーに相談してくれ、デビュー作が決まった(映画RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』)[3]。同作での演技が評価され、第34回日本アカデミー賞新人俳優賞および第35回報知映画賞新人賞を受賞する。

大正製薬リポビタンD」のCMの16代目CMキャラクターに起用されて注目を集める[4][5]

2011年には『学校をつくろう』で映画初主演[6]2012年には『ふがいない僕は空を見た』『あなたへ』『わが母の記』ほかでの演技により第86回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞を受賞[7][8]。一方で2013年には『最終特快』(NHK)でテレビドラマ初主演[9]2015年にはNHK大河ドラマ花燃ゆ』に毛利元徳役で出演し大河ドラマ初出演を果たす[10]

人物[編集]

父は俳優三浦友和。母は元歌手女優山口百恵。兄はシンガーソングライター・俳優の三浦祐太朗。従弟は俳優・タレント絲木建太[注 1]

ドラマ『キルトの家』で夫婦役を演じたとは幼馴染で[11]、父親同士(杏の父は渡辺謙)も仲が良い。

兄・三浦祐太朗とは仲が良く、一緒に飲みに行ったり、誕生日にプレゼントをあげたりする仲。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

WEBドラマ[編集]


ラジオ番組[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

受賞[編集]

出典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 伯母・三浦弘子(三浦友和の姉)の実子。

出典[編集]

  1. ^ 石飛徳樹 (2015年3月6日). “華やかさの裏に葛藤 「サムライフ」に主演、三浦貴大”. 朝日新聞デジタル. http://digital.asahi.com/articles/DA3S11636589.html?rm=150 2016年2月4日閲覧。 
  2. ^ 石井隼人 (2016年1月29日). “三浦貴大“とりあえず”の意識変えた俳優の原点 親子共演は「30代のうちに」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/29/kiji/K20160129011942140.html 2016年2月4日閲覧。 
  3. ^ 三浦友和・著『相性』
  4. ^ スポーツ報知 (2010年3月30日). “友和&百恵の次男・三浦貴大がリポDのCMで絶叫!「ファイト!一発!!」”. 2010年4月1日閲覧。
  5. ^ ““友和&百恵夫妻次男”三浦貴大、『リポビタンD』16代目CMキャラクターに決まる”. ORICON STYLE (オリコン). (2010年3月29日). http://www.oricon.co.jp/news/74775/full/ 2016年2月4日閲覧。 
  6. ^ “三浦貴大、初主演作の公開初日に「何かを感じる」”. 映画.com. (2011年2月20日). http://eiga.com/news/20110220/2/ 2016年2月4日閲覧。 
  7. ^ a b 2012年 第86回キネマ旬報ベスト・テン結果発表”. キネマ旬報. キネマ旬報社. 2016年2月4日閲覧。
  8. ^ “三浦貴大、母・山口百恵からの祝福は「メールで」 キネマ旬報新人男優賞受賞”. クランクイン!! (ハリウッドチャンネル). (2013年2月10日). http://www.crank-in.net/movie/news/23168 2016年2月4日閲覧。 
  9. ^ “三浦貴大、創作テレビドラマ大賞受賞作「最終特快」でドラマ初主演!”. 映画.com. (2013年2月5日). http://eiga.com/news/20130205/5/ 2016年2月4日閲覧。 
  10. ^ “「花燃ゆ」 三浦貴大「北大路さんに負けないように」”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2015年7月18日). http://thetv.jp/news_detail/61881/ 2016年2月4日閲覧。 
  11. ^ シネマトゥデイ (2012年1月16日). “女優の杏、幼なじみの三浦貴大と夫婦役でキスシーンも!?「また別の作品で共演したいです」とにっこり!”. 2012年1月16日閲覧。
  12. ^ オリコンスタイル (2013年7月19日). “たけし原案『キッズ・リターン』再び! 平岡祐太×三浦貴大W主演で10年後を描く”. 2013年8月19日閲覧。
  13. ^ 映画.com (2014年2月21日). “栗山千明、6年ぶり映画主演で初の官僚役 桐谷健太&三浦貴大と共演”. 2014年12月25日閲覧。
  14. ^ 三浦貴大主演、冨永昌敬監督最新作「ローリング」、初夏公開決定”. 映画.com (2015年2月14日). 2015年2月17日閲覧。
  15. ^ cinemacafe.net (2014年7月30日). “実写版『進撃の巨人』追加キャスト<男優篇> 本郷奏多、大抜擢に「心臓を捧げるつもりで」”. 2014年9月9日閲覧。
  16. ^ cinemacafe.net (2014年11月20日). “実写版『進撃の巨人』13人の役名&ビジュアル解禁! 映画版新キャラクターは“7人””. 2014年11月22日閲覧。
  17. ^ 映画.com (2013年9月28日). “杉野希妃、初監督作で“一人三役” 主演・三浦貴大は全幅の信頼”. 2013年10月30日閲覧。
  18. ^ “「シン・ゴジラ」予告で全身ビジュアル解禁、高良健吾ら325人の追加キャストも発表”. 映画ナタリー. (2016年4月14日). http://natalie.mu/eiga/news/183481 2016年4月16日閲覧。 
  19. ^ 渡辺謙主演映画「怒り」に妻夫木聡ら主役級ズラリ”. 日刊スポーツ (2015年8月20日). 2015年8月20日閲覧。
  20. ^ “新生『キューティーハニー』本編映像が初公開 三浦貴大、高岡奏輔らが出演”. ORICON STYLE. (2016年4月29日). http://www.oricon.co.jp/news/2070999/full/ 2016年5月2日閲覧。 
  21. ^ 特集ドラマ 最終特快 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  22. ^ 毎日新聞デジタル (2014年9月29日). “三浦貴大&優香:ダブル主演で有川浩「キャロリング」ドラマ化”. 2014年11月11日閲覧。
  23. ^ ORICON STYLE (2016年6月8日). “野村周平、福士蒼汰の“父親”役「お父さんって呼んでよ」”. 2016年6月8日閲覧。
  24. ^ “北川景子&二階堂ふみ、姉妹役で初共演 渡辺謙主演のホームドラマ”. ORICON STYLE. (2016年11月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2081930/full/ 2016年11月24日閲覧。 
  25. ^ a b “『銭形警部』鈴木亮平主演で実写ドラマ化「魂を込めて役作り」”. ORICON STYLE. (2016年9月30日). http://www.oricon.co.jp/news/2079220/full/ 2016年9月30日閲覧。 
  26. ^ 大正製薬ニュースリリース(2010年3月29日)

外部リンク[編集]