ふぞろいの林檎たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ふぞろいの林檎たち
ジャンル テレビドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 鴨下信一
井下靖央
大山勝美
赤地偉史
高橋一郎
加藤浩丈
北川雅一
原作 山田太一
脚本 山田太一
出演者 中井貴一
時任三郎
手塚理美
石原真理子
柳沢慎吾
中島唱子
高橋ひとみ
国広富之
ふぞろいの林檎たち
放送時間 金曜日22:00 - 22:54(54分)
放送期間 1983年5月27日 - 7月29日(10回)
プロデューサー 大山勝美
片島謙二
ふぞろいの林檎たちII
放送時間 金曜日22:00 - 22:54(54分)
放送期間 1985年3月15日 - 6月7日(13回)
プロデューサー 片島謙二
赤地偉史
ふぞろいの林檎たちIII
放送時間 金曜日22:00 - 22:54(54分)
放送期間 1991年1月11日 - 3月22日(11回)
プロデューサー 大山勝美
ふぞろいの林檎たちIV
放送時間 金曜日22:00 - 22:54(54分)
放送期間 1997年4月11日 - 7月4日(13回)
プロデューサー 大山勝美
北川雅一
出演者 長瀬智也
中谷美紀
テンプレートを表示

ふぞろいの林檎たち』(ふぞろいのりんごたち)は、TBS系列の「金曜ドラマ」枠(毎週金曜日22:00 - 22:54)で放送された日本のテレビドラマ。主演は中井貴一

1983年から1997年にかけて放送された。パートIVまでシリーズ化された。

山田太一原作・脚本。主題歌はサザンオールスターズの「いとしのエリー」。

「ふぞろいの林檎」は規格に当てはまらない落ちこぼれの登場人物たちを指す。

概要[編集]

とある架空の四流大学を舞台に、学歴が恋愛や進路に暗い影を落としながらも、それを懸命に乗り越えようとする若者の姿を描いた作品。『男女7人夏物語』など、後に続く群像劇のさきがけでもあった。放映当時に問題となっていた学歴差別を背景にして作られた。パートII以降は、個々の登場人物の成長に重点が置かれている。

脚本家・山田太一の代表作のひとつで、白黒の風景をバックに林檎を放り投げるオープニング映像は、パロディ作品も数多く作られている。また、白黒の風景は新宿副都心中野駅の屋上から撮影したものである。

パートI
1983年5月27日から7月29日まで放送。全10回、平均視聴率17.6%。
落ちこぼれ大学生3人の青春を描く。
パートII
1985年3月15日から6月7日まで放送。全13回、平均視聴率18.0%。
林檎たちが学校を出て社会人になる。
パートIII
1991年1月11日から3月22日まで放送。全11回。
晴江とその夫である門脇のトラブルがきっかけで、疎遠になっていた仲間たちが再び集まる。
それぞれ30歳を目前にし、家庭や仕事で様々な問題を抱えるなか、大人として逞しく生きていく姿を描く。
パートIV
1997年4月11日から7月4日まで放送。全13回、平均視聴率17.4%。
克彦と美保という若者に出会ったことで、30代半ばとなった仲間たちがまた集まる。

登場人物[編集]

シリーズ共通キャスト[編集]

主要人物[編集]

仲手川 良雄
演 - 中井貴一
生真面目で不器用な青年。奔放な晴江や訳ありの夏恵に翻弄されながらも、こだわりを捨てきれない。メンバーの中では最も大人びているが、とにかく気が弱く人に優しすぎる。東京大学近くの酒屋「仲屋商店」の次男坊で、自宅から四流大学と言われる国際工業大学に通う。家では仲の悪い母と義姉の板挟みに遭うことも。大学卒業後は運送会社に就職し、一人暮らしを始める。長らく独身生活を続けていたが、パートIVで相崎江里と婚約。
岩田 健一
演 - 時任三郎
良雄の仲間。メンバーの中では女性にモテやすく最も大人びているように見えるが、実は3人の中で活発で最もケンカ早い。実は京都の名家の息子だが、京都大学卒の兄、同志社大学に在学する妹に挟まれ、「一流であること」にコンプレックスを抱いている。国際工業大学卒業後は工作機器を扱う下請け商社に就職し、結婚もするが、のちに離婚した。
水野 陽子
演 - 手塚理美
岩田たちが大学時代に立ち上げたサークルに参加した看護学生で、岩田と付き合うようになる。しっかり者で常識を重んじる慎重派。それ故、恋愛が長続きせず、未だ独身。パートIIでは看護師、IIIでは主任、IVでは師長と着実に看護師の道を歩む。
宮本(門脇) 晴江
演 - 石原真理子
陽子の親友で同門。良雄と付き合うようになる。陽子とは対称的で奔放な性格。パートIIでは突然看護師をやめ、職を転々とする。玉の輿に乗るが結婚生活はうまくいかず、良雄と再度恋愛関係に。のちにアメリカのロサンゼルスに移住する。
西寺 実
演 - 柳沢慎吾
良雄の仲間。ラーメン屋「金華」の一人息子。お調子者で女好きの典型的な三枚目。メンバーのムードメーカーでありトラブルメーカーでもある。根は悪くないが見栄っ張りで小心者なため、いつも虚勢を張っている。国際工業大学卒業後は、岩田と同じ商社に勤めるが、途中で脱サラし、「金華」の主人となる。サークル活動で知り合った綾子とのちに結婚。
谷本(西寺) 綾子
演 - 中島唱子
岩田たちが立ち上げたサークルに参加した女子大生。一流女子大学である東洋女子大学に通う。人より容姿が劣っていることにコンプレックスを抱いている。のちに実と結婚。
伊吹(本田) 夏恵
演 - 高橋ひとみ
学生時代に良雄が偶然立ち寄った風俗店で働いていた女性。才色兼備だが、時折大胆な行動に出ることもあり、修一のことで自殺未遂を起こしたりする。東京外国語大学出身。
本田 修一
演 - 国広富之
夏恵の恋人。東京大学卒業のエリートだが、人間関係に難があり無職。かなり冷めた性格で他人とのコミュニケーションが苦手。しかし、それも良雄たちと出会ったことによって徐々に氷解していく。

仲手川家[編集]

仲手川 耕一
演 - 小林薫(パートIIまで)→水澤心吾(パートIIIのみの出演)
良雄の兄。良雄と同じく寡黙で生真面目で不器用。病弱な妻・幸子と幸子を疎んじる母親・愛子の板ばさみになりながらも「仲屋商店」を切り盛りしている。
余り口には出さないが心底、幸子を愛している。パートIVでは若くして病死したことになっている。
仲手川 幸子
演 - 根岸季衣
耕一の妻。夫とは相思相愛だが、心臓病を患うなど病弱で子供に恵まれないため、義母の愛子からは疎まれていたが、後に娘を産む。
仲手川 愛子
演 - 佐々木すみ江
耕一・良雄の母。長男の跡取りができないことが不満で幸子につらくあたる。また、嫌な事があるとすぐ泣いてしまう。
パートⅣでは病に冒され、車椅子生活となっている。

西寺家[編集]

西寺 知子
演 - 吉行和子
実の母。泰治と実の喧嘩で板挟みになりながらも、懸命にラーメン屋「金華」を切り盛りしている。おっとりした性格だが、肝っ玉が座った明るい女性。泰治が頑固で横暴な性格のため実をかばい、かなり甘やかしている。泰治の死後は失意の日々を送り毎日泣いていたが、平野と出会い、再び「金華」を切り盛りする。

その他[編集]

佐竹 順治
演 - 水上功治
良雄たちの大学の後輩。金持ちの御曹司で素行が悪く、良雄たちを目の敵にしている。大学卒業後は親の会社の重役となり、学生時代にいじめていた実を自分の会社の営業部長として迎えるが…。パートIIIまでの登場。

パートI[編集]

実の父。ラーメン屋「金華」の店主。典型的な職人気質でラーメン作りに命を注いでいる。悪い人間ではないが、かなりの横暴な人間で頑固者でちゃらんぽらんな実に手を焼いているため、実とはいつも喧嘩している。その鉾先が妻の知子にも向けられる事も多々ある。客がいない時には店先で暴れることもあり、ついには死ぬまで実と分かり合えることはなかった(パートIIの第1回で病死)。
健一の父。四流大学に在学する健一を忌み嫌っていたが、一流会社に就職する話を聞くと手の平を返したような態度をとるようになる。
大企業「三友商事」の部長。健一を会社に入社させようとするも、後に失脚する。
愛子が幸子を追い出すために雇った家政婦。良雄に対して家政婦はやめないと宣言するも、耕一の気持ちを知り、家政婦を辞める。

テロップでは角野卓三になっている。

健一のバイト先の先輩。

パートII[編集]

実の実家の「金華」で働くことになり、当初は知子との関係を疑った実だったが、のちに平野の人柄に惚れ、和解した。
仲手川の就職した運送会社の上司。がさつで無神経であり、本人に悪気はないのだが仲手川や晴江をいじめ倒す。最終回で晴江と和解。
佐竹が親の会社を継ぐということで、ブレーンとして入れてもらう。

パートIII[編集]

晴江の夫。性格の歪んだ大富豪で、部下を使って晴江を必要以上に束縛し、問題は全て金で解決しようとする。最終回で良雄たちと自分にはないものがあると分かり和解し、晴江にも今までの事を詫び、晴江の幸せを願い離婚した。
門脇の部下。晴江を拘束しておくために雇われている。
門脇の部下。同じく晴江の動向監視のために雇われている。
健一の妻。のちに離婚した。

パートIV[編集]

仲手川とはある事件がきっかけで知り合う。いわば平成の「ふぞろいの林檎」世代。次第に、美保と惹かれあう。
克彦とはひょんな事から知り合い、仲手川とも関わっていく事に。
岩田のライバル会社の社員だったが、物語終盤に仲手川と婚約。
仲手川の姪。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

パートI(1983年)[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率[1]
第1回 1983年5月27日 学校どこですか 鴨下信一 15.5%
第2回 6月03日 恋人がいますか 15.3%
第3回 6月10日 生き生きしてますか 15.1%
第4回 6月17日 何を求めてますか 井下靖央 15.9%
第5回 6月24日 親友は誰ですか 18.9%
第6回 7月01日 キスしてますか 鴨下信一 17.2%
第7回 7月08日 どんな夢見てますか 井下靖央 17.2%
第8回 7月15日 大きな声が出せますか 鴨下信一 19.2%
第9回 7月22日 ひとの心が見えますか 19.9%
最終回 7月29日 胸をはっていますか 井下靖央 21.5%
平均視聴率 17.6%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

パートII(1985年)[編集]

各話 放送日 サブタイトル 視聴率
第1回 1985年3月15日 会社どこですか? 17.7%
第2回 3月22日 空を見ることありますか? 18.2%
第3回 3月29日 転職考えますか? 17.9%
第4回 4月05日 日曜日に誰と逢いますか? 17.6%
第5回 4月12日 友達と続いていますか? 17.2%
第6回 4月19日 愛ってなんですか? 15.9%
第7回 4月26日 大人の世界を見ましたか? 16.8%
第8回 5月03日 そこは迷路じゃないですか? 16.4%
第9回 5月10日 まわりに悲劇がありますか? 20.7%
第10回 5月17日 星座はなんですか? 18.1%
第11回 5月24日 熱い関係ありますか? 17.5%
第12回 5月31日 本当はなにを求めてますか? 20.4%
最終回 6月07日 燃え上がるものありますか? 20.0%
平均視聴率 18.0%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

パートIII(1991年)[編集]

各話 放送日 サブタイトル 視聴率
第1話 1991年1月11日 旧友と逢いますか? 23.8%
第2話 1月18日 人は変わると思いますか? 17.9%
第3話 1月25日 昔の方がいいですか? 18.2%
第4話 2月01日 大人の実感ありますか? 14.8%
第5話 2月08日 チャンスを掴みましたか? 19.2%
第6話 2月15日 キツイ体験ありますか? 19.0%
第7話 2月22日 遠くへ行く人いませんか? 17.2%
第8話 3月01日 この頃泣くことありますか? 21.0%
第9話 3月08日 いくつの人生見ましたか? 19.7%
第10話 3月15日 季節を忘れていませんか? 17.9%
最終話 3月22日 出直す元気がありますか? 22.6%

パートIV(1997年)[編集]

  • 第1話は114分。
各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1話 1997年4月11日 ほんとの顔が見えますか? 井下靖央 21.3%
第2話 4月18日 誰に関心ありますか? 加藤浩丈 18.8%
第3話 4月25日 なに見て熱くなりますか? 16.2%
第4話 5月02日 格好がいいのは誰ですか? 井下靖央 16.7%
第5話 5月09日 心の話ができますか? 15.3%
第6話 5月16日 あなたの正義はなんですか? 北川雅一 17.0%
第7話 5月23日 そっちの道でいいですか? 加藤浩丈 16.8%
第8話 5月30日 近くに闇がありますか? 井下靖央 17.0%
第9話 6月06日 分かってないのは誰ですか? 17.5%
第10話 6月13日 暴れたことがありますか 北川雅一 16.9%
第11話 6月20日 帰るところがありますか? 加藤浩丈 16.2%
第12話 6月27日 忘れていることないですか? 15.4%
最終話 7月04日 どんな明日が見えますか? 井下靖央 16.2%
平均視聴率 17.4%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

その他[編集]

通常テレビドラマでは、オープニングもしくはエンディングのキャスティングクレジットに於いて、主役級の俳優は単独または二人分で、脇役はまとめて表示されることが多いが、このドラマでは主役級でも3人・4人まとめてクレジットされている。また、放送時間と編集時間の関係でパートI - IIIでは、次回予告が省略される回も多かった。

主題歌はサザンオールスターズの「いとしのエリー」であるが、挿入歌にも「栞のテーマ」、「Bye Bye My Love (U are the one)」、「Ya Ya (あの時代を忘れない)」など、サザンオールスターズの曲の数々が採用されている。

脚本家・山田太一とプロデューサー・大山勝美は1986年千葉真一主演『深夜にようこそ』でも再びコンビを組んだ。

番組へのオマージュ・パロディ[編集]

  • テレビ朝日系のクレヨンしんちゃんの「テレビドラマのロケ隊が来たゾ」の回で【ふぞろいのナスビたち(漫画ではふぞろいの蛇苺たち)】でパロディされた。春日部の公園でロケされていたが、しんのすけとシロの乱入やドラマの出演者及び撮影クルー同士の喧嘩の原因で撮影の収録は中止、同時にドラマの放送も打ち切りに終わった。
  • フジテレビ系の『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』では、パロディ『ふぞろいの林檎たちに愛を込めて』が放送されていた。
  • 2009年に放送された片岡物産『モンカフェ』のテレビコマーシャルでは、このドラマの映像を使用し、中井と仲手川良雄が会話をするという映像が4パターン製作された。
  • 2011年1月から2011年4月にモバゲータウンのTVCM「いい大人のモバゲー」編に時任三郎、中井貴一、柳沢慎吾が出演。時任、柳沢の役名の姓は『ふぞろい』と同じ(下の名前は異なる)。

漫画版[編集]

1986年わたべ淳による作画の漫画版が、書き下ろしでヤングジャンプコミックスより発行された。全1巻。

  • 『ふぞろいの林檎たち (ヤングジャンプコミックス) 』画:わたべ 淳、集英社、1986年7月、ISBN 978-4088610283

VHSビデオ・DVD[編集]

2002年に、パートI・パートIIがVHD、DVDで販売されている。

  • ふぞろいの林檎たち 5巻セット(VHS)、発売元:TBS、販売元:アミューズ・ビデオ、発売日:2002年2月22日
  • ふぞろいの林檎たち DVD-BOX 5巻セット、発売元:TBS、販売元:アミューズ・ビデオ、発売日:2002年2月22日
  • ふぞろいの林檎たちII 5巻セット(VHS)、発売元:TBS、販売元:アミューズ・ビデオ、発売日:2002年8月23日
  • ふぞろいの林檎たちII DVD-BOX 5巻セット、発売元:TBS、販売元:アミューズ・ビデオ、発売日:2002年8月23日

参考文献[編集]

  • ふぞろいの林檎たち(1) - ドラマ詳細データ - ◇テレビドラマデータベース[2]
  • ふぞろいの林檎たちII - ドラマ詳細データ - ◇テレビドラマデータベース◇[3]
  • ふぞろいの林檎たちIII - ドラマ詳細データ - ◇テレビドラマデータベース◇[4]
  • ふぞろいの林檎たちIV - ドラマ詳細データ - ◇テレビドラマデータベース◇[5]

脚注[編集]

TBS系列 金曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
金曜日の妻たちへ
(1983.2.11 - 1983.5.13)
ふぞろいの林檎たち
(1983.5.27 - 1983.7.29)
夏に恋する女たち
(1983.8.5 - 1983.9.30)
許せない結婚
(1985.1.11 - 1985.3.1)
ふぞろいの林檎たちII
(1985.3.15 - 1985.6.7)
夫婦生活
(1985.6.21 - 1985.8.23)
男について
(1990.10.12 - 1990.12.21)
ふぞろいの林檎たちIII
(1991.1.11 - 1991.3.22)
それでも家を買いました
(1991.4.19 - 1991.6.28)
君が人生の時
(1997.1.17 - 1997.3.21)
ふぞろいの林檎たちIV
(1997.4.11 - 1997.7.4)
最後の恋
(1997.7.11 - 1997.9.19)