ランチパック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ランチパックは、山崎製パンが販売している、菓子パン総菜パンのシリーズ商品である。

概要[編集]

柔らかい食パンで具材を挟んだサンドイッチであるが、端の部分に圧力をかけて食パンどうしを圧着した袋型にしたうえ、袋型の外側の耳を切り落としている点に特徴がある[1]パンが潰れないよう、内部から空気で膨張させる包装を採用している[1][2]。さまざまな具材を挟むため、水分やクリームがパンに染みこみ食感を損なわないよう、きめが細かな専用の食パンを用いている[1][2][3]

主な販路はコンビニエンスストアおよびスーパーマーケットであり、購買層は幅広い。手ごろな価格と量から、主婦層の間で家族の朝食用・おやつ用としての需要があり[3]、また中学生および高校生の間でも人気が高かった[4]。また端が圧着されていることにより具材がこぼれる心配がなく[1]、空気の入った包装で持ち運びがしやすいこともあって、近時は会社員などから手軽な昼食用としても購入されるようになった[2]

ランチパック(ピーナッツ)。2012年時点において、1984年の発売以降途絶えることなく、シリーズ中で不動の売り上げ第1位を誇る[2]

従前は山崎製パン内では単なるひとつの菓子パン商品という位置づけであったが、2006年以降は専用食パンの品質改善、主に会社員を対象としたテレビコマーシャルの導入、パッケージデザインの変更などの販売強化戦略に取り組み、売り上げを拡大させた[2]。2015年12月期の山崎製パンにおける菓子パン全体の売り上げが3,517億円であるのに対し、ランチパックシリーズのみで約1割強にあたる379億円を売り上げており、現在では山崎製パンの主力商品の一つに数えられる[5]池袋および秋葉原にはランチパック専門のアンテナショップが展開されており、トーストのサービスを受けることができる[6]

同一形態の商品[編集]

ランチパックとほぼ同一形態の商品は他社商品にも存在し、フジパンから「スナックサンド」[7]キムラヤから「ふんわりサンド」[8]神戸屋から「ラクふわパック」[9]として発売されている。ランチパックの販売開始は1984年であるところ[1]、スナックサンドの発売は1975年であり[10]、ランチパックに先行して販売されていた。

また、山崎製パンは、青森県では工藤パンと、秋田県ではたけや製パンとそれぞれ業務提携している。これにより青森県および秋田県では、食パンおよび機械はランチパックと同一であるが、具はこれらの提携会社が自社開発したものを用いた「フレッシュランチ」という同一形態のローカルブランド商品が販売されている[11][12][13]ただし、2010年春以降は秋田県内でも「ヤマザキランチパック」のライセンス製造品のラインアップの比重が多くなり、「フレッシュランチ」は段階的に淘汰され、最終的に2012年9月発売の「フレッシュランチ マロン&練乳クリーム」以降は期間限定商品となった[要出典]

食パンの耳[編集]

前述のようにランチパックは製造時に食パンの耳を切り落とすが、切り取られた耳は、大半が加工されて家畜の飼料としてリサイクルされている[3]。耳の一部は「チョコの山」や「ちょいパクラスク」に使用されており[14][15][3]、「ちょいパクラスク」は第9回エコプロダクツ大賞においてエコプロダクツ部門環境大臣賞を受賞した[15][16]

なお、まれに耳がついたままの商品が店頭に出ることがある。しかしこれは意図的にレア商品として入れたものではなく、山崎製パン側ではあくまで「不良品」と扱っている[4]

商品種類[編集]

2017年1月現在、52種類の商品が販売されている。うち、全国で販売されているものは28種類、地域限定販売となっているものが24種類である[17]。2012年時点では、年間100種類の商品が新発売されるが、新しい商品を販売する場合はその分既存商品の販売を終了するため、全国で常時販売されているものは40種類から50種類に維持されている[2]。1984年の発売当初から販売された商品の種類数は、2016年時点の累計で1,000種類を超える[18]

発売当初の商品[編集]

発売当初は、ピーナツ小倉ヨーグルト青りんごの4種類のみの販売であった。2016年には復刻版が販売されている[18]

ご当地ランチパック[編集]

全国各地の名産品を使用した「ご当地ランチパック」が販売されている。2017年1月時点で販売されているのは18種類である[17]。2015年には、6種類のご当地ランチパックを全国で同時発売し、人気投票を行うというキャンペーンが行われた[19]

タイアップ商品[編集]

大学企業とのタイアップにより開発された商品も多数存在する。主なものは以下のとおりである。

  • ネクターピーチクリーム&ホイップ(不二家「ネクターピーチ」とのタイアップ)[20]
  • ルック ア・ラ・モード(4種のクリーム)(不二家「LOOK」とのタイアップ)[21]
  • メンチカツ&たまご(早稲田大学とのタイアップ)[22]
  • オムレツハヤシ風(明治大学とのタイアップ)[22]
  • 焙煎キーマカレー(法政大学とのタイアップ)[22]
  • ビーフシチュー 赤ワイン入り(立教大学とのタイアップ)[22]
  • きなこクリーム&つぶあん(TBS日曜劇場安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜』とのタイアップ)[23]
  • ケバブ風味(早稲田大学とのタイアップ)[24]
  • チキンと野菜のレッドカレー(明治大学とのタイアップ)[24]
  • チキン竜田揚げ&サルサソース(法政大学とのタイアップ)[24]
  • ツナトマトとタラモサラタ(立教大学とのタイアップ)[24]
  • ごぼうサラダと豆腐ハンバーグ タニタ食堂®監修(タニタとのタイアップ)[25]
  • パンプキンサラダと鶏肉のトマト煮込み タニタ食堂®監修(タニタとのタイアップ)[25]

PR[編集]

キャラクター[編集]

ランチパックのイメージキャラクター。右がランチちゃん、左がパックくん。

ランチパックには発売当初から、イメージキャラクターが設定されている。女の子がランチちゃん、男の子がパックくんと名付けられている。ランチちゃんは「かわいい表情がチャームポイント」であり、パックくんは力持ちで「ランチちゃんをサポートするたくましさや優しさ」を持っているとされている[1]。2015年現在のパッケージでは、内容の食材ごとに衣装やシチュエーションを替えたイラストが描かれている。

テレビコマーシャル[編集]

CMキャラクター[編集]

ランチパックのテレビコマーシャルの主演俳優・女優(2007年以降)は以下のとおりである。

CMソング[編集]

ランチパックのテレビコマーシャルに使用されていた曲(2007年以降)は以下のとおりである。

注釈[編集]

  1. ^ 剛力は、ランチパック発売30周年記念商品の「ランチパック(黒胡椒香るハンバーグ)」および「ランチパック(チーズケーキ風)」のプロデュースも手掛けた[27]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f ランチパック 8つのヒミツ”. 山崎製パン. 2017年1月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e f ランチパックー数ある菓子パンの中の一つが事業の柱の一つに”. 中小企業基盤整備機構. 2017年1月14日閲覧。
  3. ^ a b c d “ランチパックの耳 大半が家畜の飼料、一部はラスクに加工”. NEWSポストセブン. (2015年8月29日). http://www.news-postseven.com/archives/20150829_346343.html 2017年1月15日閲覧。 
  4. ^ a b 平尾孝 (2014年12月17日). “【けいざい独談】“耳付き”ランチパック「激レア」 ネットで話題でも「不良品」頑なな山崎製パンの「矜持」”. 産経新聞. http://www.sankei.com/premium/news/141217/prm1412170004-n1.html 2017年1月15日閲覧。 
  5. ^ 平成27年12月期決算説明会 (PDF)”. 山崎製パン (2016年2月17日). 2017年1月14日閲覧。
  6. ^ ランチパックSHOP”. 山崎製パン. 2017年1月14日閲覧。
  7. ^ 商品のご案内 スナックサンド”. フジパン. 2017年1月14日閲覧。
  8. ^ 12月の新商品 - 木村屋總本店”. ブランスリー報道社 (2005年11月20日). 2017年1月14日閲覧。
  9. ^ ラクふわパック”. 神戸屋. 2017年1月14日閲覧。
  10. ^ じつは元祖?!スナックサンド物語”. フジパン. 2017年1月14日閲覧。
  11. ^ 古賀及子. “「アベックトースト」に「学生調理」秋田にはたけや製パンがある!”. Daily Portal Z. 2017年1月14日閲覧。
  12. ^ 製品情報・菓子パン”. 工藤パン. 2017年1月14日閲覧。
  13. ^ フレッシュランチ ツナたまご”. たけや製パン. 2017年1月14日閲覧。
  14. ^ 生崎文彦 (2009年5月11日). “パンの耳のチョコレート菓子「チョコの山」”. 日経トレンディネット. http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/hit/20090501/1025908/?rt=nocnt 2017年1月15日閲覧。 
  15. ^ a b ランチパック関連商品”. 山崎製パン. 2017年1月14日閲覧。
  16. ^ 第9回エコプロダクツ大賞 (PDF)”. エコプロダクツ大賞推進協議会 (2012年12月13日). 2017年1月14日閲覧。
  17. ^ a b 商品情報&パッケージギャラリー”. 山崎製パン. 2017年1月14日閲覧。
  18. ^ a b “1984年に発売した4アイテムを復刻 「ランチパック(元祖4種の味わい)」を新発売” (プレスリリース), 山崎製パン, (2016年3月30日), http://www.yamazakipan.co.jp/company/news/20160330.html 2017年1月16日閲覧。 
  19. ^ “「ご当地ランチパック」6品を全国一斉発売” (プレスリリース), 山崎製パン, (2015年12月15日), http://www.yamazakipan.co.jp/company/news/20151215.html 2017年1月16日閲覧。 
  20. ^ “不二家「ネクターピーチ」とのコラボ菓子パンを新発売” (プレスリリース), 山崎製パン, (2011年8月31日), http://www.yamazakipan.co.jp/company/news/20110831.html 2017年1月16日閲覧。 
  21. ^ “不二家の人気菓子「LOOK」をイメージした4種類の味が楽しめるランチパックを新発売” (プレスリリース), 山崎製パン, (2012年6月22日), http://www.yamazakipan.co.jp/company/news/20120622.html 2017年1月16日閲覧。 
  22. ^ a b c d “『キャンパスランチパック』4品を新発売” (プレスリリース), 山崎製パン, (2012年12月27日), http://www.yamazakipan.co.jp/company/news/20121227.html 2017年1月16日閲覧。 
  23. ^ “TBS日曜劇場『安堂ロイド』とコラボ きなこ味の菓子パンを期間限定発売” (プレスリリース), 山崎製パン, (2013年10月9日), http://www.yamazakipan.co.jp/company/news/20131009.html 2017年1月16日閲覧。 
  24. ^ a b c d “早稲田大学、明治大学、法政大学、立教大学の学生と共同企画『キャンパスランチパック』4品を新発売” (プレスリリース), 山崎製パン, (2013年12月26日), http://www.yamazakipan.co.jp/company/news/20131226.html 2017年1月16日閲覧。 
  25. ^ a b “2つの味が楽しめる惣菜ランチパック2品を新発売” (プレスリリース), 山崎製パン, (2014年3月17日), http://www.yamazakipan.co.jp/company/news/20140317.html 2017年1月16日閲覧。 
  26. ^ ランチパック「スポーツ観戦 市民マラソン」篇”. 山崎製パン. 2017年1月14日閲覧。
  27. ^ “【ランチパック発売30周年企画】剛力彩芽さんがプロデュースした新作ランチパック” (プレスリリース), 山崎製パン, (2014年6月16日), http://www.yamazakipan.co.jp/company/news/20140616.html 2017年1月16日閲覧。 

外部リンク[編集]