門脇麦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かどわき むぎ
門脇 麦
門脇 麦
本名 門脇 麦
生年月日 (1992-08-10) 1992年8月10日(25歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州
出身地 日本の旗 日本 東京都
身長 160 cm[1]
血液型 B型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台CM
活動期間 2011年 -
事務所 ユマニテ
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
愛の渦
闇金ウシジマくん Part2
シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸
二重生活
世界は今日から君のもの
テレビドラマ
八重の桜
まれ
トドメの接吻
舞台
わたしは真悟

門脇 麦(かどわき むぎ、1992年8月10日 - )は、日本女優。本名同じ[2]

東京都出身[1][3]ユマニテ所属。

来歴[編集]

幼いころよりバレリーナを目指してクラシックバレエに真剣に取り組んでいたが、中学2年生の時に限界を感じて断念。バレエに代わるものを模索する中で、高校生の時に10代の宮﨑あおい蒼井優らが出演する邦画作品を見て同じ表現者としての役者に関心を抱き、「私も映画に出てみたい」と高校卒業する頃に芸能事務所に履歴書を送付[4][5]。高等学校を卒業後、芸能事務所に入る。

2011年テレビドラマ美咲ナンバーワン!!』でデビュー[6]。デビュー当初はブルーミングエージェンシーに所属していた[7][8]

2013年、「チョコラBB Feチャージ」(エーザイ)のCMで話題となり、同年、日本では初めてという写真集の映画化『スクールガール・コンプレックス』で初主演[注 1]となる[9][10][11]2014年に公開されたR18+指定映画『愛の渦』では「地味でまじめそうな容姿ながら、誰よりも性欲が強い女子大生」というヒロインをオーディションで勝ち取り、初めて濡れ場やヌードに挑戦[12]。同作および『闇金ウシジマくん Part2』、『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』での演技により第6回TAMA映画賞最優秀新進女優賞[13]、第36回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞[14]、第88回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞[15]の新人各賞を受賞している。2014年、日本テレビ系列深夜ドラマ『セーラー服と宇宙人(エイリアン)〜地球に残った最後の11人〜』でドラマ初主演[16]。2015年にはNHK連続テレビ小説まれ』に出演し、ヒロイン・土屋太鳳の友人役を演じて注目を集めた[17][18]。2016年には『二重生活』で映画単独初主演[19]

2015年10月30日急性喉頭蓋炎のため検査入院[20]。ヒロイン役を務めるドラマ『火花』のクランクインを翌月に控えての大事をとっての入院とされた。11月2日、喉に見つかったポリープの切除手術を受ける[21]。後日、実際には主演映画『世界は今日から君のもの』クランクイン前日の緊急入院であり、死を覚悟するほど大きなものであったことを明かしている[22]

人物・エピソード[編集]

「麦」という名前は本名[23]。麦はまっすぐに伸びることから、麦のようにどこまでもまっすぐ育ってほしいとの思いで名付けられた。

特技は、小さい頃から12年間習ったクラシックバレエ。中学2年生の時に「生まれ持った素養がないと難しい」と悟り、断念したが、その特技を生かし、2013年に放映された東京ガスのCM「ガスの仮面 MASK OF GAS」シリーズでバレリーナ役を演じたことで注目を浴びた[1][24][25][26][27]

影山貴彦は「底知れぬポテンシャルを感じさせる女優」、「『まれ』をとってみてもヒロインの希の義理の妹で親友というなんでもない設定にもかかわらず示したあの存在感は、彼女に女優としての懐の深さがあってこそ。並の女優ではあそこまでのインパクトは残せない」、そして。「まだまだ彼女のポテンシャルに見合うだけの作品に出合えていない印象。出合えた時が楽しみだ」と極めて高い評価をしている[17]

高校時代は一人で過ごすことが多く、レンタルDVD店で「ア」行から順番に4、5本借りてきては見るという生活をしていた。最初から「愛」の付く映画ばかりできつく、結局「サ」でめげてしまった[28]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

その他テレビ番組[編集]

WEB[編集]

PV[編集]

  • JUJUSign」(2012年1月25日)
  • SHIKATA 「言葉だけじゃたりないけど」(2012年11月7日)
  • 高橋優 「さくらのうた」(2016年3月9日)[95]
  • 山下達郎REBORN」(2017年9月13日発売)[96]
    • 「REBORN (short ver.)」(2017年8月28日公開)※映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』主題歌
    • 「REBORN」(セリver.)(2017年8月28日公開)※映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』劇中歌

楽曲[編集]

  • REBORN -Vocals by セリ(門脇麦)-(2017年9月13日発売)※山下達郎のシングル「REBORN」に収録。映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』劇中歌[96]

モデル[編集]

  • lovely hickey #3(2012年3月)[97][98]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 森川葵とのダブル主演。
  2. ^ 目覚ましアプリ。

出典[編集]

  1. ^ a b c 公式プロフィール.より.
  2. ^ a b “「アサヒ 六条麦茶」新TVCMに門脇麦さんを起用!” (プレスリリース), アサヒ飲料, (2015年3月10日), https://www.asahiinryo.co.jp/company/newsrelease/2015/pick_0310.html 2017年8月17日閲覧, "「門脇麦。本名です。」" 
  3. ^ 門脇麦”. タレントデータバンク. 2013年2月10日閲覧。
  4. ^ 門脇麦 (2014年5月14日). 門脇麦 SPECIAL INTERVIEW 『“暗黒の3年間”がなければ今の自分はない』. インタビュアー:新谷里映. ORICON NEWS(oricon ME).. http://www.oricon.co.jp/special/1133/ 2017年8月17日閲覧。 
  5. ^ 壬生智裕 (2016年6月17日). “門脇麦、きっかけは宮崎あおい&蒼井優!女優めざした頃”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0083741 2017年8月17日閲覧。 
  6. ^ a b 「黄色い月」役者紹介”. オフィスコットーネ. 2013年4月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年2月11日閲覧。
  7. ^ Blooming AGENCY”. ブルーミングエージェンシー. 2011年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月4日閲覧。
  8. ^ “ブルーミングエージェンシーよりお知らせ”. ブルーミングエージェンシー 門脇麦 INFORMATION. http://www.blooming-net.com/agency/blog_info/kadowakimugi/ 2013年2月8日閲覧。 
  9. ^ a b “森川葵:門脇麦とW主演 写真集「スクールガール・コンプレックス」を映画化”. MANTANWEB. (2013年2月7日). http://mantan-web.jp/2013/02/07/20130206dog00m200055000c.html 
  10. ^ “フェチ写真集『スクールガール・コンプレックス』映画化 特報も初解禁”. ORICON STYLE. (2013年2月7日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2021452/full/ 
  11. ^ a b “17歳美少女が主演に抜てき!思春期少年の妄想系写真集が映画化!”. シネマトゥデイ. (2013年2月10日). http://www.cinematoday.jp/page/N0050054 
  12. ^ a b 映画.com (2013年7月17日). “池松壮亮主演&ヒロイン門脇麦で「愛の渦」映画化!本編123分中、着衣シーンは18分半のみ”. 2013年7月22日閲覧。
  13. ^ a b 第6回TAMA映画賞”. TAMA CINEMA FORUM (2014年). 2014年11月21日閲覧。
  14. ^ a b 第36回ヨコハマ映画祭 日本映画個人賞”. ヨコハマ映画祭実行委員会 (2014年12月6日). 2018年2月20日閲覧。
  15. ^ a b 2014年 第88回キネマ旬報ベスト・テン”. KINENOTE. 2015年1月8日閲覧。
  16. ^ セーラー服と宇宙人(エイリアン)〜地球に残った最後の11人〜”. マンスリーTV. 日本テレビ. 2014年8月27日閲覧。
  17. ^ a b “高いポテンシャルを感じさせる実力派女優門脇麦”. ORICON NEWS (oricon ME). (2015年10月4日). http://www.oricon.co.jp/news/2060182/full/ 2017年7月19日閲覧。 
  18. ^ “門脇麦、『まれ』で土屋太鳳に劣らぬ存在感 脱ぎっぷりも性格も大胆!?”. zakzak by 夕刊フジ. (2015年4月16日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20150416/enn1504161538020-n1.htm 2017年8月17日閲覧。 
  19. ^ a b 門脇麦、長谷川博己を尾行…映画単独初主演で禁断の行為にのめり込む”. シネマトゥデイ (2015年4月27日). 2015年4月27日閲覧。
  20. ^ “門脇麦 急性喉頭蓋炎で入院 所属事務所は大事をとってと説明”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年10月31日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/10/31/kiji/K20151031011420400.html 2015年10月31日閲覧。 
  21. ^ “門脇麦 ポリープ切除手術していた…回復順調、5日には仕事復帰へ”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年11月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/11/03/kiji/K20151103011439350.html 2015年11月3日閲覧。 
  22. ^ 徳重辰典 (2017年7月15日). “門脇麦、「このままじゃ死ぬ」と言われ変わった女優への意識”. BuzzFeed News. 2017年7月15日閲覧。
  23. ^ MHL. INTERVIEW VOL.3 門脇麦”. MHL.×Houyhnhnm (2013年). 2014年4月4日閲覧。
  24. ^ 過激映画に出演の門脇麦の心境は?”. web R25 (2014年2月28日). 2016年3月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年4月4日閲覧。
  25. ^ “東京ガス「ガスの仮面 MASK OF GAS」シリーズ集大成ムービー、公開! WEB限定本公演「“SWAN LAKE”」” (プレスリリース), 東京ガス株式会社, (2014年1月7日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000008495.html 2014年4月4日閲覧。 
  26. ^ a b マイナビニュース (2013年10月7日). “謎の仮面男・竹野内豊が門脇麦に演技指導? 新CM「ガスの仮面 MASK OF GAS」”. 2013年11月5日閲覧。
  27. ^ 門脇麦のプロフィール”. ORICON STYLE. oricon ME. 2017年7月19日閲覧。
  28. ^ “【動画】門脇麦、高校時代の“引きこもり生活”告白 DVDレンタル「ア行から…」 映画「世界は今日から君のもの」初日舞台あいさつ”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2017年7月17日). https://mantan-web.jp/movie/L4YKg5CkOWQ.html 2017年7月19日閲覧。 
  29. ^ 羽田美智子×板谷由夏×谷原章介 ドラマ10「第二楽章」制作開始!”. NHK (2013年2月21日). 2017年7月12日閲覧。
  30. ^ 毎日新聞デジタル (2014年6月18日). “門脇麦:セーラー服姿でドラマ初主演”. 2014年6月18日閲覧。
  31. ^ Fashionsnap.com (2014年9月19日). “パンツにまつわる物語、小泉今日子原作ドラマ「戦う女」放送”. 2014年9月20日閲覧。
  32. ^ “小泉今日子さん原作ドラマ「戦う女」の地上波放送が決定!フジテレビ・関東ローカルで4月6日から4夜連続放送!” (プレスリリース), AOI Pro. Inc., (2015年2月17日), http://www.aoi-pro.com/news/releases/20150217 2017年5月22日閲覧。 
  33. ^ 渡部篤郎主演「翳りゆく夏」に門脇麦!前田敦子は風俗嬢に”. 映画.com (2014年11月21日). 2014年11月21日閲覧。
  34. ^ 門脇麦×広瀬アリスで創作テレビドラマ大賞作を実写化”. Walker Plus (2015年1月21日). 2015年1月23日閲覧。
  35. ^ CinemaCafe.net (2014年9月8日). “「まれ」に山崎賢人、門脇麦ら期待の若手が出演! 朝ドラで次にブレイクするのは誰?”. 2014年9月20日閲覧。
  36. ^ オリコン (2015年9月10日). “門脇麦、『探偵の探偵』でDV被害者と人格障害者を熱演”. 2015年9月11日閲覧。
  37. ^ ザ・プレミアム(日本放送協会) Archived 2016年2月6日, at the Wayback Machine.、2015年12月28日閲覧
  38. ^ ドラマ・世界はひばりを待っている”. NHK. 2015年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月17日閲覧。
  39. ^ 湊かなえ、三浦しをん、角田光代の短編小説を、オムニバスドラマ化。『女性作家ミステリーズ 美しき三つの嘘』”. とれたてフジテレビ (2015年11月25日). 2016年1月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年11月25日閲覧。
  40. ^ NEWS > 親子の入れ替わり劇、再び!?この春、『民王』が待望のカムバック!原案・池井戸潤もびっくり!「ホントにやるの?」大人気秘書・貝原の過去が明らかになるスピンオフも…!4月は2週連続で『民王』に会える!”. ドラマ『民王』公式ページ (2016年3月9日). 2016年3月9日閲覧。
  41. ^ cinemacafe.net (2016年3月8日). “門脇麦、幽霊役で福士蒼汰とデビュー作以来の共演!「お迎えデス。」”. 2016年3月10日閲覧。
  42. ^ オリコン (2016年6月8日). “野村周平、福士蒼汰の“父親”役「お父さんって呼んでよ」”. 2016年6月8日閲覧。
  43. ^ 金曜ドラマ「リバース」”. TBSテレビ. 2017年2月18日閲覧。
  44. ^ ユースケ・サンタマリアさん主演「悦ちゃん」制作開始!”. ドラマトピックス. NHK (2017年4月27日). 2017年4月28日閲覧。
  45. ^ ショートショート木皿泉劇場 「道草」”. NHK (2017年11月20日). 2017年12月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年11月22日閲覧。
  46. ^ “日本テレビ トドメの接吻 相関図”. 日本テレビ (日本テレビ). (2018年2月19日). http://www.ntv.co.jp/todomenokiss/chart/index.html 2018年2月19日閲覧。 
  47. ^ 映画「インターミッション」公式サイト
  48. ^ カサブランカの探偵|小林達夫”. 文化庁「若手映画作家育成プロジェクト」. 2013年1月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年2月10日閲覧。
  49. ^ 『カサブランカの探偵』劇場公開情報 Archived 2013年5月9日, at the Wayback Machine.
  50. ^ シネマ☆インパクト第三弾作品 『海辺の町で』劇場公開情報
  51. ^ 映画.com (2013年10月24日). “門脇麦の大胆な素肌が目を引く 「愛の渦」意味深ポスタービジュアル公開”. 2013年11月5日閲覧。
  52. ^ マイナビニュース (2014年2月3日). “映画『闇金ウシジマくん2』、今旬俳優&女優13人の新キャスト! 新映像も公開”. 2014年2月10日閲覧。
  53. ^ シネマトゥデイ (2014年1月21日). “道端ジェシカ、女優デビュー!ヨガ映画で門脇麦とW主演”. 2014年1月27日閲覧。
  54. ^ CinemaCafe.net (2014年10月10日). “【特別映像】門脇麦、少年のようなベテラン俳優陣に胸アツ!「甲子園ってすごい!」”. 2014年10月11日閲覧。
  55. ^ “杉浦日向子原作の映画「合葬」にオダギリジョー、門脇麦、桜井美南も出演”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年5月27日). http://natalie.mu/comic/news/148587 2016年3月9日閲覧。 
  56. ^ 入江悠×神木隆之介×門脇麦の近未来SF「太陽」公開日決定、場面写真も解禁”. 映画ナタリー (2015年12月18日). 2016年1月27日閲覧。
  57. ^ “二階堂ふみ×山崎賢人『オオカミ少女と黒王子』全キャスト決定!門脇麦、横浜流星、吉沢亮、菜々緒ら”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2015年12月10日). http://www.cinematoday.jp/page/N0078741 2016年3月9日閲覧。 
  58. ^ 門脇麦の主演作「二重生活」公開日決定、菅田将暉ら捉えた場面写真も到着”. 映画ナタリー (2016年1月6日). 2016年1月7日閲覧。
  59. ^ ““性春”真っ只中!「14の夜」煩悩まみれの中2男子切り取ったポスタービジュアル”. 映画.com. (2016年9月13日). http://eiga.com/news/20160913/18/ 2016年9月14日閲覧。 
  60. ^ “生田斗真がトランスジェンダー演じる主演作、追加キャストにミムラ、門脇麦ら5人”. 映画ナタリー. (2016年6月20日). http://natalie.mu/eiga/news/191409 2016年6月20日閲覧。 
  61. ^ “滝沢秀明が映画初主演、清水崇のホラー「こどもつかい」で“見た事も無い役どころ””. 映画ナタリー. (2016年7月1日). http://natalie.mu/eiga/news/192856 2016年7月1日閲覧。 
  62. ^ ““落ちこぼれ女子”門脇麦が希望見出す 「世界は今日から君のもの」ポスター&予告編”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年5月3日). http://eiga.com/news/20170503/5/ 2017年5月3日閲覧。 
  63. ^ “山田涼介主演『ナミヤ雑貨店の奇蹟』に尾野真千子、村上虹郎、林遣都ら出演”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2017年2月22日). http://www.cinra.net/news/20170222-namiyazakkaten 2017年2月22日閲覧。 
  64. ^ “國村隼、安藤政信、門脇麦ら出演 ベルギー女性監督が描く「KOKORO」11月公開決定”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年8月26日). http://eiga.com/news/20170826/6/ 2017年11月4日閲覧。 
  65. ^ “大林宣彦監督が幻の脚本を映画化した「花筐」12月16日公開!予告編&ポスターも入手”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年8月18日). http://eiga.com/news/20170818/3/ 2017年11月4日閲覧。 
  66. ^ “「サニー/32」公式サイト CAST & COMMENT”. 2018「サニー/32」製作委員会. オリジナル2018年1月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180121053950/http://movie-32.jp/about.html/ 2018年4月1日閲覧。 
  67. ^ “北原里英を凶悪なピエール瀧&リリーが誘拐、白石和彌監督作『サニー/32』”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2017年9月21日). https://www.cinra.net/news/20170921-32 2018年4月1日閲覧。 
  68. ^ “橋本愛、門脇麦、成田凌 金メダル級新世代スターで人気小説映画化”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年2月20日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/20/kiji/20180219s00041000320000c.html 2018年2月20日閲覧。 
  69. ^ “若松プロダクション、白石和彌監督×門脇麦主演作で再始動!若松孝二役は井浦新”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2018年4月1日). http://eiga.com/news/20180401/2/ 2018年4月1日閲覧。 
  70. ^ “岡崎京子の「チワワちゃん」を二宮健が映画化!門脇麦、成田凌、浅野忠信ら出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年3月28日). https://natalie.mu/eiga/news/275378 2018年3月28日閲覧。 
  71. ^ CINRA.NET (2013年5月9日). “つかこうへい『ストリッパー物語』をポツドール三浦大輔が鋭い感性で演出”. 2013年6月2日閲覧。
  72. ^ CUBE Group (2015年5月9日). “KERA MAP #006「グッドバイ」”. 2017年12月20日閲覧。
  73. ^ 高畑充希、門脇麦が楳図かずお氏ミュージカルでW主演!”. スポーツ報知 (2016年4月19日). 2016年4月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年4月19日閲覧。
  74. ^ 高畑充希「わたしは真悟」門脇麦とW主演12月公演”. 日刊スポーツ (2016年4月19日). 2016年4月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年4月19日閲覧。
  75. ^ 楳図かずお「わたしは真悟」が高畑充希&門脇麦のW主演でミュージカル化”. コミックナタリー (2016年4月19日). 2016年4月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年4月19日閲覧。
  76. ^ 舞台「フェードル」”. 2017年7月10日閲覧。
  77. ^ “妻夫木聡、深津絵里、天海祐希、古田新太らがNODA・MAP最新作に集結!『贋作 桜の森の満開の下』製作発表”. SPICE (株式会社イープラス). (2018年4月5日). https://spice.eplus.jp/articles/181923 2018年4月5日閲覧。 
  78. ^ ユニクロ公式「フリースと今日も 篇」
  79. ^ 久原本家グループ > 新CM放映 Archived 2013年1月14日, at the Wayback Machine.
  80. ^ 久原本家グループお知らせ (2012年12月4日). “久原本家グループ 新CM「帰郷」が完成しました”. 2013年6月2日閲覧。
  81. ^ Chocola.com > チョコラスタイル >チョコラBB Feチャージ×ルナルナ『明るいキミはボクの太陽』 Archived 2013年1月24日, at the Wayback Machine.
  82. ^ navicon (2013年10月7日). “東京ガス、竹ノ内豊、門脇麦出演TVCMシリーズ「ガスの仮面 MASK OF GAS」を公開”. 2013年11月5日閲覧。
  83. ^ japan.internet.com (2013年10月15日). “CM で観る“デビルマン姿の男女”は誰?-- ソネット TVCM「NURO DEVILMAN」出演者2人の正体が判明!”. 2013年11月5日閲覧。
  84. ^ マイナビニュース (2013年10月15日). “ソネット、「NURO DEVILMAN」の正体を公開”. 2013年11月5日閲覧。
  85. ^ “窪田正孝「眼鏡市場」新CMで門脇麦にビンタされる”. Smartザテレビジョン. (2016年12月2日). http://thetv.jp/news_detail/94233/ 2016年12月5日閲覧。 
  86. ^ “「第94回箱根駅伝用オリジナルCM」放映のお知らせ” (プレスリリース), サッポロビール, (2017年12月26日), http://www.sapporobeer.jp/news_release/0000021800/index.html 2018年2月20日閲覧。 
  87. ^ NONFIX : 花のない花屋~注文する客それぞれの事情~”. フジテレビ. 2018年4月1日閲覧。
  88. ^ チカラウタ|門脇麦毎日泣き明かしていた撮影現場裸になる羞恥心を克服するための覚悟|2016/11/06(日)17:00放送|日本テレビ”. TVでた蔵. 2018年4月1日閲覧。
  89. ^ 【北海道LOVE】水がうるおす命の楽園~門脇麦がゆく釧路湿原~”. NHK札幌放送局. 2018年3月7日閲覧。
  90. ^ 門脇 麦(女優)”. 情熱大陸. 毎日放送. 2018年3月26日閲覧。
  91. ^ エンタメ・キャンペーン|ローソンのちょっとした物語・序章”. ローソン. 2013年2月11日閲覧。
  92. ^ 小山薫堂特別監修 交通安全ショートフィルム Share Smile Archived 2013年7月9日, at the Wayback Machine.
  93. ^ webike (2012年12月14日). “小山薫堂特別監修、交通安全ショートフィルム「Share Smile」公開中”. 2013年6月2日閲覧。[リンク切れ]
  94. ^ 又吉の『火花』全10話のドラマに 林遣都、波岡一喜、門脇麦が出演”. ORICON STYLE (2015年10月19日). 2015年10月20日閲覧。
  95. ^ 門脇麦がバレエ披露、是枝裕和監修の高橋優MV「さくらのうた」完成”. 映画ナタリー (2016年2月6日). 2016年2月8日閲覧。
  96. ^ a b “門脇麦が歌い、華麗に舞い踊る 山下達郎シングルに音源収録”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年8月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2096300/full/ 2017年8月28日閲覧。 
  97. ^ “lovely hickey vol.3”. MARCO BLOG. (2012年3月7日). http://ameblo.jp/marco149/entry-11186124572.html 
  98. ^ “女性フォトグラファーMARCOによる写真展「Lovely Hickey」”. fashionjp.net. (2013年1月18日). http://fashionjp.net/event/lovely_hickey130118.html 
  99. ^ エランドール賞歴代受賞者一覧”. 一般社団法人日本映画テレビプロデューサー協会. 2018年1月22日閲覧。

外部リンク[編集]