真昼の月 (1996年のテレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
真昼の月
脚本 遊川和彦
演出 土井裕泰、加藤浩丈、鈴木早苗、壁谷悌之
出演者 織田裕二
常盤貴子
オープニング スウィング・アウト・シスター「あなたにいてほしい」
製作
プロデューサー 八木康夫
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1996年7月4日 - 9月19日
放送時間 木曜日22:00 - 22:54
放送分 54分
回数 12
テンプレートを表示

真昼の月』(まひるのつき)は、1996年7月4日 - 9月19日TBS系列で毎週木曜日22:00~22:54に放送された日本テレビドラマ。主演は織田裕二常盤貴子。平均視聴率20.7%。

概要[編集]

第1話で常盤貴子がリアルなレイプシーンを演じており、そのシーンの意義やレイプ、トラウマなどの社会問題について放送当時は様々な議論が起こった。

アナウンサー志望の女性が婦女暴行の被害に遭い、心に深いトラウマを負って男性不信的な状態になるものの、クリーニング店を経営する男性との関わりの中から徐々に回復し、最後はその男女が結ばれるというもの。織田裕二は初のベッドシーンに挑んでいる。なお、このクリーニング店経営の男性の妹役として出演した佐藤藍子がブレイクするきっかけとなった。

また、この年の秋に放送された「ハプニング大賞」で飯島直子NGを連発し審査員が高評価を称え、個人として初の「大ハプニング大賞」(=グランプリ)を受賞した。その中のNGでは、NGを出した飯島にスタッフは反応しないうえに織田の苦笑いだけが起こり、焦る飯島が「何か言ってよ、ごめんなさい」と詫びるがスタッフからはあえなく「ハプニング大賞行きです」と宣告される始末であった。

舞永(常盤貴子)が所属するプロダクションの先輩役に1シーンのみ有賀さつきが出演している。

スウィング・アウト・シスターが本作の主題歌に書き下ろした「あなたにいてほしい」(英題:Now You’re Not Here)は、ドラマとともに大ヒットし日本で高い人気を獲得した。日本でのみ発売された同シングルは30万枚を越える洋楽売り上げ1位を記録し、1997年第11回日本ゴールドディスク大賞洋楽部門のグランプリ・シングル賞[1]を受賞した。オリコン洋楽シングルチャートでは1996年8月19日付から11週連続1位を獲得した[2]

織田裕二のデビュー20周年を記念して、『ママハハ・ブギ』『予備校ブギ』『あの日の僕をさがして』と共に本作もDVD化リリースされている[3]

キャスト[編集]

クリーニング店を営む青年。舞永と恋に落ちるが、ある時から彼女と連絡が取れなくなってしまう。
アナウンサーを目指す女性。直樹と出会い、恋に落ちるがその直後のある夜、見知らぬ男達にレイプされてしまう。
直樹の恩師。誰に対しても明るく優しい性格で接し生徒達に慕われる人気教師だったが、その性格が裏目に出てある女子生徒に自殺未遂をされた過去がある。
直樹の友人で看護婦。暴行を受け病院に搬送されてきた舞永(病院では舞永が身元を明かさなかった為、「身元不明子」と仮称された)の担当になる。
直樹の妹。
直樹・智香の母。
直樹が営むクリーニング店の店員。
舞永の父。
舞永の母。

スタッフ[編集]

受賞歴[編集]

  • 第10回ザテレビジョンドラマアカデミー賞
    • 最優秀作品賞
    • 主演男優賞(織田裕二)
    • 主演女優賞(常盤貴子)
    • 助演女優賞(飯島直子)
    • 脚本賞(遊川和彦)
    • タイトルバック賞(土井裕泰、保坂久美子)

サブタイトルと視聴率[編集]

  1. 永遠の秘密(19.1%)[4]
  2. 戻れない二人(22.7%)
  3. 悲しい告白(20.9%)
  4. くちづけ(20.0%)
  5. 心の傷(20.1%)
  6. こんなに愛しているのに…(19.6%)
  7. 別離(18.2%)
  8. 私の中の他人(22.1%)
  9. 逃避行(21.4%)
  10. あなたにいてほしい(20.3%)
  11. 犯人との対決(21.2%)
  12. 最高の復讐(23.2%)

テーマ曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第11回 日本ゴールドディスク大賞”. RIAJ. 2018年6月12日閲覧。
  2. ^ コンピレーション・アルバム『ナンバーワン90s ORICON ヒッツ』の裏ジャケットナンバーワン 70s 80s 90s オリコン・ヒッツも参照。
  3. ^ 真昼の月”. TCエンタテインメント株式会社. 2018年6月12日閲覧。
  4. ^ 「テレビ視聴率季報(関東地区)」ビデオリサーチ
TBS 木曜10時枠の連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
真昼の月