Nのために

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Nのために
n
著者 湊かなえ
発行日 2010年1月29日
発行元 東京創元社
ジャンル 推理小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判上製
ページ数 246
公式サイト Nのために 東京創元社
コード ISBN 978-4488024550
ISBN 978-4575517040A6判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

Nのために』(エヌのために)は、湊かなえ推理小説2010年1月29日に単行本が東京創元社から出版され、2014年8月23日には双葉社から双葉文庫版が刊行された。

2014年10月期に、TBS系でテレビドラマ化された。

あらすじ[編集]

この小説は第五章に分けて、各章の末尾に十年後が描かれている。第一章では希美・成瀬・西崎・安藤の各々の証言で説明され、第二章では成瀬の視点で主観を物語り、第三章では前半は西崎が描いた小説「灼熱バード」の内容、後半は安藤の視点で主観を物語り、第四章では希美の視点で主観を物語り、第五章では西崎の視点で主観を物語っている。

第一章では、

第二章では、

第三章では、

第四章では、

第五章では、

大学生の杉下希美はある日、運命的な出会いをする。台風による床上浸水によって、同じアパートの安藤望・西崎真人と親しくなったのだ。努力家の安藤と、小説家志望の西崎。それぞれに屈折とトラウマ、そして夢を抱く三人はやがてある計画を目論む。

登場人物[編集]

主要登場人物は全て「N」のイニシャルが付いている。

杉下 希美(すぎした のぞみ)〈22歳〉
K大学4年生。清掃会社でアルバイト中。
成瀬 慎司(なるせ しんじ)〈22歳〉
T大学4年生。フレンチレストラン「シャルティエ・広田」でアルバイト中。
安藤 望(あんどう のぞみ)〈23歳〉
M商事営業部勤務。学生時代「野バラ荘」に住んでいた。
西崎 真人(にしざき まさと)〈24歳〉
M大学4年生。自称・作家。
野口 貴弘のぐち たかひろ(takahiro Noguchi)、42歳)
M商事営業部課長。安藤の上司。
野口 奈央子のぐち なおこNaoko noguchi)、29歳)
野口の妻。
宮本 由妃
成瀬 周平
成瀬 瑞穂
杉下 洋介
杉下 晋
池園 早苗/杉下 早苗
野原 兼文のばら かねふみ(kanefumi Nobara)、80歳)

書籍情報[編集]

テレビドラマ[編集]

Nのために
ジャンル テレビドラマ
放送時間 金曜22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2014年10月17日 - 12月19日(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 塚原あゆ子
山本剛義
阿南昭宏
原作 湊かなえ
『Nのために』
脚本 奥寺佐渡子
プロデューサー 新井順子
出演者 榮倉奈々
窪田正孝
賀来賢人
小出恵介
徳井義実
小西真奈美
三浦友和
音声 ステレオ放送
字幕 あり
データ放送 あり
時代設定 1999年 - 2004年12月24日 - 2014年
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

2014年10月17日から12月19日まで毎週金曜日22:00 - 22:54[注 1]に、TBS系の「金曜ドラマ」枠で放送された。金曜ドラマ枠では2013年1月期に放送された『夜行観覧車』以来の湊かなえ作品のドラマ化で、同作のスタッフが再結集して制作された[1]。主演は榮倉奈々[2]、第83回ザテレビジョンドラマアカデミー賞最優秀作品賞ほか部門賞を受賞するなど高評価を受けた。

あらすじ[編集]

2004年12月24日、スカイローズガーデン48階の野口宅で、野口貴弘と妻の奈央子が殺害され、現場にいた西崎真人が殺人を自供して逮捕され事情聴取を受け、同じく現場にいた杉下希美成瀬慎司安藤望も、その後に事情聴取を受けた。西崎は懲役10年の実刑判決を受け、10年後に刑期満了で府中刑務所を出所した。

高野茂は出所直後の西崎と出会い、彼に事件の真相を聞き出そうとする。実は、高野は香川の青景島で駐在員をしていた過去があり、その島で起きた時効寸前の成瀬父が経営していた料亭の放火事件を調べている。現場には高校時代の希美・成瀬がいて、同様にスカイローズガーデン殺人事件でも2人が居合わせていたことから、希美と成瀬に疑念を持ち続けている。やがて高野は安藤と希美と会うことになり、妻と青景島の里帰りで成瀬父の墓参りに向った時に、偶然に成瀬と出会う。その後、高野妻の夏恵は宿泊先で高野に放火事件の詳細が書かれた置手紙を残して、自身は警察の前で立ち止まっていた。高野はその置手紙を成瀬に見せたところ事実であると伝えた。時効寸前の放火事件が解決し、希美と成瀬に対する疑念はなくなったが、スカイローズガーデン殺人事件については依然謎のままだった。

物語の主要登場人物たちは全員イニシャル「N」であり、 現在と過去を交錯させながら、ある殺人事件の真相を軸に、各人物たちが抱える愛の物語を明らかにしていく「純愛ミステリー」である。

キャスト[編集]

詳細な人物設定は原作の登場人物を参照。本項ではドラマ独自の人物設定を記載。

スタッフ[編集]

受賞歴[編集]

ギャラクシー賞2014年12月度の月間賞を同局制作の『ごめんね青春!』と同時に受賞した[8]。本作の受賞理由では、複雑な展開ながら最終回まで飽きさせず、ドラマ独自の人物や展開、キャラクターの心情が伝わる脚本とそれを演じる役者たち、細やかな演出などがうまく噛みあいクオリティの高いドラマに仕上がっていたと評価された[8]

第83回ザテレビジョンドラマアカデミー賞では最優秀作品賞、助演男優賞、ドラマソング賞、監督賞を受賞したほか[9]、主演女優賞2位(榮倉奈々)[10]、脚本賞3位(奥寺佐渡子)[11]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル[12] 演出 視聴率[13]
第1話 10月17日 セレブ夫婦殺人事件…15年前に隠された秘密 塚原あゆ子 11.8%
第2話 10月24日 放火事件の謎…許されない罪の共有 9.3%
第3話 10月31日 反撃開始舞台は東京へ! 運命の出会い 9.9%
第4話 11月07日 被害者Nと出会った日…すれ違う2人 山本剛義 8.4%
第5話 11月14日 沖縄の夜新たな恋から歯車が狂い出す 10.0%
第6話 11月21日 許されぬ愛…罪人たちの悲しい告白 塚原あゆ子 5.8%
第7話 11月28日 語られる事件の悲劇…歪んだ愛の代償 山本剛義 8.3%
第8話 12月05日 エリート夫の嘘と罠…炎に消えた真実 阿南昭宏 9.0%
第9話 12月12日 最終章〜前編〜今夜事件の幕が開く! 山本剛義 8.2%
最終話 12月19日 明かされる事件の真実…N達の未来 塚原あゆ子 8.7%
平均視聴率 9.0%[13](視聴率は関東地区、ビデオリサーチ社調べ)

原作とドラマの相違点[編集]

  • 島の警官の高野茂と妻の夏恵は、原作では登場していない。

関連商品[編集]

  • 「Nのために」DVD-BOX/Blu-ray BOX 6枚組(本編5枚+特典DISC1枚)、発売日:2015年3月25日[14]
TBS 金曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
家族狩り
(2014.7.4 - 2014.9.5)
Nのために
(2014.10.17 - 2014.12.19)

注釈[編集]

  1. ^ 初回は22:00 - 23:09の拡大版。直前番組『中居正広の金曜日のスマたちへ』(6分拡大。21:54のミニ番組は休止)からの接続はステブレレス。

出典[編集]

  1. ^ 榮倉奈々、“朝ドラ俳優”賀来賢人らと共演! 湊かなえ原作ドラマ「Nのために」”. cinemacafe.net (2014年8月18日). 2014年9月4日閲覧。
  2. ^ 榮倉奈々主演で湊かなえの純愛ミステリーをドラマ化”. web ザ テレビジョン (2014年8月18日). 2014年9月4日閲覧。
  3. ^ 榮倉奈々「告白」湊かなえの純愛ミステリーで主演 、高校生から32歳を演じる”. モデルプレス (2014年8月18日). 2014年9月4日閲覧。
  4. ^ a b 窪田と賀来は、この放送の前月まで、NHK連続テレビ小説花子とアン』で、共演していた。
  5. ^ 2017年に放送された同じ原作者のドラマのリバースに同役で出演している
  6. ^ 徳井義実&小西真奈美、事件のカギを握る夫婦役に…湊かなえ原作ドラマ「Nのために」”. CinemaCafe.net (2014年9月9日). 2014年9月19日閲覧。
  7. ^ “家入レオ、10代ラストを飾る湊かなえドラマ曲”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年9月26日). http://natalie.mu/music/news/126999 2014年9月26日閲覧。 
  8. ^ a b TBS 2014年10月期 日曜劇場『ごめんね青春!』 金曜ドラマ『Nのために』ギャラクシー賞テレビ部門12月度月間賞を受賞!” (2015年1月20日). 2015年1月21日閲覧。
  9. ^ 第83回 ドラマアカデミー賞・受賞一覧”. ザテレビジョン. KADOKAWA. 2018年10月15日閲覧。
  10. ^ 第83回 ドラマアカデミー賞・主演女優賞”. ザテレビジョン. KADOKAWA. 2018年10月15日閲覧。
  11. ^ 第83回 ドラマアカデミー賞・脚本賞”. ザテレビジョン. KADOKAWA. 2018年10月15日閲覧。
  12. ^ Paravi Nのために
  13. ^ a b “榮倉奈々主演「Nのために」最終回は8.7%”. スポニチアネックス (スポーツニッポン). (2014年12月22日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/12/22/kiji/K20141222009475480.html 2018年1月28日閲覧。 
  14. ^ Nのために/DVD-BOX(TBSオリジナル特典付き・送料無料・6枚組)”. 作品情報. TCエンタテインメント. 2018年9月9日閲覧。

外部リンク[編集]