モロ師岡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
もろ もろおか
モロ 師岡
モロ 師岡
第31回東京国際映画祭にて(2018年10月)
本名 師岡 三智雄
(もろおか みちお)
生年月日 (1959-02-20) 1959年2月20日(63歳)
出生地 日本の旗 日本千葉県八街市
身長 170cm
血液型 O型
職業 俳優コメディアン
ジャンル 映画テレビドラマ喜劇
配偶者 楠美津香
主な作品
映画
キッズ・リターン
ラヂオの時間
愛を乞うひと
テンプレートを表示

モロ 師岡(もろ もろおか、本名:師岡 三智雄(もろおか みちお)、1959年〈昭和34年〉2月20日 - )は、日本俳優コメディアン

千葉県八街市出身。東京都荒川区南千住在住。血液型はO型。オレガ所属。

夫人はコメディエンヌ女優楠美津香

来歴・人物[編集]

専修大学商学部在学中に劇団現代に入団。アマチュア劇団で活動するかたわら、六本木ショーパブ「バナナパワー」の立ち上げの後、新宿ストリップ劇場渋谷の「道頓堀劇場」でコントをしていた。1990年以降、コメディアンとしてテレビへの出演を開始した。

1996年北野武監督の『キッズ・リターン』では、未来ある若手に悪い遊びを教えて堕落させてゆく中年ボクサーを好演し[1]東京スポーツ映画大賞助演男優賞を受賞(以降、北野作品に複数回起用されている)。

プライムワン(現プライム)を経て、現在オレガの所属となる。

テレビ、映画でさりげない存在感を示す脇役をこなす傍ら、近年は浅草東洋館を中心にコント、一人芝居を開催している。

略歴[編集]

  • 1978年 - 劇団現代のオーディションに合格、入団する。
  • 1995年 - もりしげる監督の『紅〜BENI〜』で映画初出演。国立演芸花形演芸会において花形演芸大賞銀賞受賞。
  • 1996年 - 映画『キッズ・リターン』で、東京スポーツ映画大賞助演男優賞を受賞する[2]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

Web配信ドラマ[編集]

映画[編集]

Vシネマ[編集]

  • けっこう仮面(1991年)
  • Tバック・ハイスクール セクハラ教師をブッ飛ばせ!(1992年)
  • 抗争 暴力団VSギャング(2005年) - デカ長

舞台[編集]

テレビアニメ[編集]

バラエティ[編集]

ラジオ[編集]

ナレーション[編集]

CM[編集]

MV[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ モロ師岡、人生の転機となった北野武監督の『キッズ・リターン』。撮影初日に寝坊、休もうとしていたが妻の“警告”で…” (日本語). post.tv-asahi.co.jp. 2020年12月2日閲覧。
  2. ^ “東京スポーツ映画大賞”. 東京スポーツ. (2013年1月29日). http://www.tokyo-sports.co.jp/tospo_movie/ 2013年1月29日閲覧。 
  3. ^ 「ジオウVSディケイド」「ディケイドVSジオウ」ユウスケ役・村井良大や武田玲奈が出演”. 映画ナタリー (2021年1月17日). 2021年1月17日閲覧。
  4. ^ “キャスト”. 映画「シン・ゴジラ」公式サイト. http://shin-godzilla.jp/cast/ 2016年4月16日閲覧。 
  5. ^ “鈴木伸之が高校生ボクサー役、モロ師岡や松田るかと共演「時々もみじ色」”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2019年1月29日). https://natalie.mu/eiga/news/317866 2019年1月29日閲覧。 
  6. ^ “武田航平、馬場ふみか主演映画でキーパーソンに 中村俊輔、今泉佑唯、青柳翔も出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年4月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2231050/full/ 2022年4月12日閲覧。 
  7. ^ 「からだすこやか茶W」 2月1日(月)パッケージリニューアル発売 – 新TVCM も2 月2 日(火)から放映開始 –”. CM JAPAN (2016年2月8日). 2016年2月8日閲覧。
  8. ^ 「味わい岩塩チキン」 5 月12 日(木)発売 – 新TVCM も5 月12 日(木) –”. 日本KFCホールディングス株式会社 (2016年4月27日). 2016年4月27日閲覧。

外部リンク[編集]