疝気の虫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

疝気の虫(せんきのむし)は古典落語の演目の一つ。原話は、寛政8年に出版された笑話本・「即答笑合」の一遍である『疝鬼』。

主な演者には、初代三遊亭遊三5代目古今亭志ん生桂雀々などがいる。

あらすじ[編集]

変な虫を見つけたお医者。つぶそうとすると、なんと虫が口をきく。

その虫の告白によると、彼は『疝気の虫』といい、人の腹の中で暴れ、筋を引っ張って苦しめるのを職業にしているという。 そのお医者は「疝気」の治すことを研究しており、「これは狐狸妖怪の類がわしをだまそうとしておるな」と 疑いつつ、虫との会話を続けると…

「実は、私どもは蕎麦が大好物でして…。口にすると、つい、力が出て暴れたくなってしまうのです」
「困った奴だな…」
「でも、実は私らには苦手なものがありましてね」
「苦手な物? 何だ、それは。教えないと、つぶすぞ…」
唐辛子です! 蕎麦の薬味に入れる…。あれが体にかかると、腐って死んでしまうんです」
「なるほど。だから、蕎麦には唐辛子がつき物なのかな。それで?」
「腐ると困りますから、唐辛子が来たら別荘のほうへ逃げます」
「別荘? 何処だい?」

男性の、下のほうでブラブラしている奴…。それが別荘なのだとか。

「いいかい。お前たちは、人間の体に間借りしている借家人みたいなものじゃないか。それなのに、お…お? 夢か」居眠りの夢だった。

そこに丁度、疝気に苦しんでいる人から往診の依頼が入り、「これはいいことを聞いた」とお医者は張り切って出かけていった。

「主人が苦しがっております」と出迎えたお内儀にお医者は、 「今日は療治のやり方を変えてみましょう。まず、蕎麦を用意してください。用意が出来たら、旦那様にその匂いをかがせながら、貴女が食べてください」と 申し付ける。

疝気の虫は蕎麦の匂いがするので、勇気百倍。しかし蕎麦は入ってこない。蕎麦を求めて上へ上へ上っていくと… あ、蕎麦はお向かいだ、てんでお内儀の体に飛び込み、腹の中で大暴れするので、今度はお内儀の方が七転八倒。 「アイタ…イタタタタ…」


お医者、これは得たりと、「お内儀、唐辛子を溶かした水を飲んでください」
「そんな、金魚が目を回したんじゃないんだから…」
「いいから、早く!!」

唐辛子に仰天した虫は急いで逃げ込もうと、一目散に腹を下る。

「別荘…別荘…。別荘はどこだ?」

そこで噺家は首をひねり、キョロキョロしながら退場する。

概要[編集]

疝気とは、以下に上げるようなシモの病全般の総称。

落ちとしてはこの他に、「あらら、別荘がないぞ」と虫に語らせるもの、「別荘がなかった」と説明して終わるものなどもある。

が出てくる落語はそう多くなく、枕に虫に関する小咄をつけるのが普通。「江戸時代はヘビまで虫扱いでしたので」とヘビに関する名の由来等語ったりした。

映画に出てきた落語[編集]

1949年の新東宝映画「銀座カンカン娘」で、落語家・桜亭新笑に扮した5代目志ん生(当時59歳)が、「疝気の虫」を縁側で稽古する場面が登場する。