山口雅俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山口 雅俊(やまぐち まさとし)は、日本テレビドラマ映画プロデューサー演出家映画監督

来歴・人物[編集]

兵庫県神戸市出身。灘高等学校東京大学法学部卒業後、コロンビア大学に留学しMBA(経営学修士)を取得したのちフジテレビに入社。スターダストプロモーション所属の俳優と太いパイプを持った。作風の特徴として、トレンディドラマとは一線を引いた社会派ドラマを数多く手がけた。特に『ギフト』、『きらきらひかる』、『カバチタレ!』、『ビギナー』などは、その内容が高く評価されている。また、『ロング・ラブレター〜漂流教室〜』のような、連続ドラマとしては異例のSF物にも取り組むなど、意欲作が多い。2005年11月にフジテレビを退社・独立し、株式会社ヒントを設立する。

エピソード[編集]

  • ナニワ金融道 2』、『ギフト』、『きらきらひかる』、『危険な関係』、『カバチタレ!』まで、主演ブレイクするまでの篠原涼子を起用し続けた。
  • 小雪は2003年7月から放送された「ずっとずっと。マクセルDVD」のテレビCMの中で(女優デビューとなった『恋はあせらず』の役ではなく)山口プロデュースで小雪にとっては2作目のドラマとなった『タブロイド』の情報屋・アキ役を「大切に残しておきたい」想い出の映像として熱い思い入れをこめて語った。
  • 山下智久は山口プロデュースの連続ドラマの常連だった。『危険な関係』の第10話・最終話に出演後、『カバチタレ!』、『ロング・ラブレター〜漂流教室〜』、『ランチの女王』と連続してレギュラー出演した。
  • 脚本家の大森美香は、フジテレビの契約アシスタント・ディレクター時代に脚本・演出を1話だけ担当した深夜ドラマが山口の目にとまり、山口の下でアシスタント・プロデューサーを兼務しつつ脚本家修業を積んだ。山口プロデュース『カバチタレ!』で1本立ち、同『不機嫌なジーン』で向田邦子賞を受賞している。
  • 『きらきらひかる』から『ビギナー』までの連続ドラマは、提供アナウンスが「(番組タイトル)は…」で始まるのが特徴だった。
  • 当時全く無名だった香里奈山田優(『カバチタレ!』)、ミムラ(『ビギナー』)を見出し女優デビューさせた。
  • 『ランチの女王』は竹内結子江口洋介はもちろん、妻夫木聡堤真一伊東美咲山田孝之、山下智久、瑛太など主要キャスト全員が本作出演後、ドラマや映画の主役級の人気俳優として活躍している。

プロデュース作品[編集]

フジテレビ時代[編集]

テレビドラマ[編集]

ヒント設立後[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

外部リンク[編集]