炎の経営者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
炎の経営者
著者 高杉良
発行日 1986年
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

炎の経営者』(ほのおのけいえいしゃ)は、高杉良経済小説。1986年にサンケイ出版(現・扶桑社)を通じて発表された。

概要[編集]

日本触媒の二代目社長にして実質的創業者である八谷泰造の人生を、八谷と個人的な親交のあった高杉が描いた長編作品[1][2]。八谷は作中に実名で登場する。

テレビドラマ[編集]

炎の経営者
ジャンル テレビドラマ
原作 高杉良
企画 江幡泰太
脚本 赤松義正
監督 古波津陽
出演者 伊原剛志
ナレーター 平野文
製作
プロデューサー 前畑祥子
制作 フジテレビ
放送
音声形式 解説放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2017年3月19日
放送時間 日曜 16:00 - 17:25
放送枠 日曜スペシャル (フジテレビ)
放送分 85分
回数 1
テンプレートを表示

本作をもとにした同名のテレビドラマが、2017年3月19日(日曜) 16:00 - 17:25 (日本標準時)にフジテレビ系列局で放送された。フジテレビのみ同局自主編成の単発特別番組枠『日曜スペシャル』内での放送となったが、放送日時は他局と同じである。主演は伊原剛志

このテレビドラマ版では、八谷は「谷田部泰三」として登場。日本触媒をモデルにした会社は「オキタ合成化学工業」(創業時)→「日触化学工業」(社名変更後)という名で登場した。化学工業分野にまつわる作品であることから、撮影は神奈川県川崎市コンビナート内に実在する日本触媒川崎製造所で行われた[3]

出演者[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作:高杉良
  • 特別協力:日本触媒
  • 脚本:赤松義正
  • 監督:古波津陽
  • 音楽:小林洋平
  • 将棋指導:上杉亘
  • ロケ協力:常総フィルムコミッション、大井川鐵道、わたらせフィルムコミッション、フィルムサポート島田、富士の国やまなしフィルムコミッション、いばらきフィルムコミッション ほか
  • 技術協力:シグマ、バックアップ
  • 美術協力:フジアール
  • VFX:Raiyan Laksamana
  • 企画:江幡泰太(ファブコミュニケーションズ)
  • 編成企画:狩野雄太
  • プロデューサー:前畑祥子(ファブコミュニケーションズ)
  • 協力プロデューサー:宅間秋史(サンダーストームエンターテイメント)
  • 制作プロダクション:ファブコミュニケーションズ
  • 製作著作:フジテレビ

脚注[編集]

外部リンク[編集]