平野文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
ひらの ふみ
平野 文
プロフィール
本名 小川 文[1]
性別 女性
出生地 日本の旗 日本東京都
生年月日 (1955-04-23) 1955年4月23日(62歳)
血液型 O型
職業 声優ナレーター著作家エッセイスト
事務所 青二プロダクション
配偶者 あり
活動
活動期間 1958年 -
デビュー作 『名探偵カッチン』(チコタン役)
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

平野 文(ひらの ふみ、1955年[2]4月23日 - )は、日本女性声優ナレーター著作家エッセイストである。

東京都出身。所属事務所青二プロダクション血液型O型星座おうし座

声優としての主な出演作には、『うる星やつら』(ラム役)、『アニメ三銃士』(ミレディ役)などがある。ナレーションとしての出演には、『平成教育委員会』などがある(同番組では、問題文の読み上げも担当している)。

経歴[編集]

名前の「文(ふみ)」は本名(「平野」は旧姓)。「文(ふみ)」の名付け親は、平野家と祖父の代から縁のある、第66代内閣総理大臣となった三木武夫。三木曰く「文と言う字は、着物に帯を締めたようにキリリとした感じの字体だ」とのこと[3]。3歳から舞台を踏み、12歳でNHKの少年ドラマ『名探偵カッチン』のチコタン役でドラマデビュー。東京都立富士高等学校を経て、1978年玉川大学文学部芸術学科(演劇専攻)卒業。

17歳(1972年)から、NHKラジオ「若いこだま」他3番組のDJを始める。大卒後、深夜放送『走れ歌謡曲』(文化放送)のDJとなる。当時番組内で、受験生からの、様々な声のリクエストに答えながら「がんばれ〜」と叫ぶ、「よろずおめでたコーナー」を聴いていたリスナーから、「声優をやってみたらどうですか」というハガキを受け取り、アニメ『うる星やつら』のラム役で、声優デビュー、いきなりの主役級であり、番組自体もロングランとなって人気を集める。1989年築地市場の当時仲卸業三代目だった小川貢一と見合い結婚する。なお、平野の結婚は当時高橋留美子が連載していた『らんま1/2』の中で報告されている[4]

結婚に至る経緯を描いた自著『お見合い相手は魚河岸のプリンス』(NHK出版)は、1995年NHKドラマ新銀河で『魚河岸のプリンセス』(連続20回)としてドラマ化された。

小学館のコミック誌『ビッグコミック』で、築地での様々なエピソードを『築地魚河岸 嫁ヨメコラム』に連載。人気コラムとなる。2008年5月に『築地魚河岸 嫁ヨメ日記』として単行本化(小学館)、2012年6月に電子書籍化された。また同誌に連載されたコミック『築地魚河岸三代目』(2000.5-2013.11)の作品監修を夫・小川貢一と共に行っている。同作は2008年6月に松竹系で同名のタイトルで映画化された。資格として4級小型船舶操縦士免許を所持している。結婚後は声の仕事に加え、築地や魚関連の著作も多く、講演依頼も多い。また俳句趣味としており、俳句関連のテレビ番組に出演もしている。

1990年代からナレーションを主体に活動していたが、2011年に『たまゆら〜hitotose〜』にて、出世作である『うる星やつら』で相手役を務めた古川登志夫と共に夫婦役で出演して以降は、再びテレビアニメに出演する事が多くなった。

高橋留美子原作によるアニメ作品との関わりは深く、自身の代表作である『うる星やつら』のラム役を皮切りに、2003年には『高橋留美子劇場』の「専務の犬」でカンナ役を、そして2015年からは同作者の代表作の一つである『境界のRINNE』で、ヒロイン・真宮桜の母親役を担当。「ヒロインから母親へと順当に育っている」と、高橋留美子作品への再出演に対する喜びの念を表した[5]

逸話[編集]

声優として自身が演じた中で気に入っている役柄は、『うる星やつら』のラムと『アニメ三銃士』のミレディ、『恋子の毎日』の恋子であるとのこと。当初ミレディは、代表作であったラムとは正反対の悪女の役柄で、当初は自分が演じられるかどうか不安に思っていたが、『うる星やつら』と『アニメ三銃士』で音響監督を務めた斯波重治に「あなたなら出来る」と説得され、演じてみるとハマってしまったとの事である。本人曰く「ラムとミレディ。究極ともいえるいずれの役も、彼女たちが口を開けば、何も考えずに演じる事ができていた」と語っている。ラム以外では、基本的に、敵または悪役側のセクシーな美女を演じる事が多かった。

『うる星やつら』で好きな話数は「ダーリンのやさしさが好きだちゃ」「ときめきの聖夜」など。また、アニメ後半の、個人の話を中心にしたエピソードよりも、初期の学園ドタバタ風な「うる星やつら」の方が好きだったとも語っている。また、アニメの口パクというのは、曲のイントロ紹介と同じく、1秒以下の呼吸とリズムを操ること。この地道な職人的作業がたまらなく好きだという。そのため当初、ラジオのリスナーに声優を薦められたときも、変身願望ではなく、1秒以下を操ることならできるかもしれない、という、その技術的興味の方にそそられたという。

結婚後に、築地や魚についてのエッセイを多々書くようになったことについては、予期せぬことだったが、自分が驚いたことは、築地の人たちにとってはごく普通のことだと言われたので、そういった素人目線で、築地に暮らしてみなければわからないことを、文章でも伝えていきたいと感じたという。また、小説ではなくエッセイを書くというのは、フリートークの場合と思考回路は同じなので、自分のなかでは同じフィールドのものだとも語っている。

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1981年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1991年
1992年
1995年
2003年
2004年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年

劇場アニメ[編集]

1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1991年
2006年
2013年
2014年
2017年

OVA[編集]

1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
  • うる星やつら(ラム
    • 電気仕掛けの御庭番
    • 月に吠える
    • ヤギさんとチーズ
    • ハートをつかめ
  • ARIEL(シモーヌ・トレファン)
  • 銀河英雄伝説(ドミニク・サン・ピエール)
  • 恋子の毎日恋子
  • 風魔の小次郎(夜叉姫)
1991年
  • うる星やつら(ラム
    • 乙女ばしかの恐怖
    • 霊魂とデート
1992年
1994年
1996年
2010年
  • うる星やつら ザ・障害物水泳大会(ラム
2011年
2014年

ゲーム[編集]

1988年
1990年
1993年
  • CALII(PCエンジン版)(チェス)
  • デバステイター(ジェルディー・ノーランド )
1994年
1996年
2004年
2005年
2006年
2008年
2013年
  • インジャスティス:神々(ヒーロー)の激突(キャット・ウーマン)
2014年
  • BREAK雀BURST(スマホアプリ・ウル)
2015年
2016年

吹き替え[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ラジオ[編集]

ナレーション[編集]

  • 平成教育委員会(フジテレビ、出題ナレーター)
  • 平成教育委員会 スペシャル(フジテレビ、出題ナレーター)
  • シャル・ウィ・ダンス?(魔女のダンス教室のみ)
  • SMAP×SMAP(ときめきメーター)
  • 平成教育予備校(フジテレビ、2005年1月16日 - 2006年9月10日。問題文の読み上げも担当)
  • トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜2006年6月21日以降の影ナレ、『うる星やつら』のラムとして)
  • 熱血!平成教育学院(フジテレビ、2006年10月15日 - 2011年3月20日。問題文の読み上げも担当)
  • 名曲ベストヒット歌謡(テレビ東京、2008年10月6日-)
  • 1年1組 平成教育学院(フジテレビ、2011年4月17日 - 9月11日。問題文の読み上げも担当)
  • あにてれ Presents アニソンぷらす+(テレビ東京、2011年5月)
  • 学びEYE!〜奇跡のブナと命の水〜(秋田放送、2012年8月)
  • こんなところに日本人7(ABC朝日放送、2012年9月25日
  • 開幕!第25回東京国際映画祭(NHKBSプレミアム、2012年10月21日毎年開幕翌日にOA)
  • TOHOKUメンコイらぼ(NHK仙台放送局制作、2012年ー11月2日以降不定期にOA)
  • 火スペ!全日本温泉宿アワード2013(フジテレビ、2013年2月5日
  • 江戸絵本への旅in Boston 〜ロバート・キャンベルの日本発掘〜(NHKEテレ、2013年2月23日
  • 上田晋也の緊急報道(TBS、2013年6月2日
  • ボクとオカンの2人旅〜時々オトン〜30代芸人が感謝の親孝行(関西テレビ放送、2013年9月4番組)
  • 開幕!第26回東京国際映画祭(NHKBSプレミアム、2013年10月20日~毎年開幕翌日にOA)
  • 年越し映画マラソン(NHKBSプレミアム、2013年12月~毎年12月に複数回OA)
  • 火スペ!全日本温泉宿アワード2014(フジテレビ、2014年1月21日)
  • 世界が読む村上春樹(NHK、2014年1月3日)
  • 日本!食紀行(秋田放送制作「飴色の宝石〜秋田・八郎湖の絶品ワカサギ料理」テレ朝、2014年11月9日)
  • 人生一度は体験したい超絶景!行った気トラベラー・第2弾(MBS系 2015年3月29日)
  • 仮設コレクターZ(NHKBSプレミアム、2014年10月2日・2015年4月2日-)
  • THEカラオケ★バトル〜第29回 出張!日本&海外歌うま発掘旅第2弾〜(テレビ東京、2015年4月22日)
  • オトナの社会科見学「京都の美 究極の巧」(BS朝日2015年6月9日)
  • ザ・ドキュメンタリー「開局15周年記念企画 幻の甲子園 ~戦争に埋もれた球児たちの夏~」(BS朝日2015年8月20日)
  • キュバーが愛した日本人~向井理、最後の楽園へ~(読売テレビ系 2016年2月7日)
  • ザ・ドキュメンタリー「マスターズ甲子園~~元高校球児のオヤジ頑張る~」(BS朝日2016年2月18日)
  • TOKYO応援宣言~具志堅来夢選手~(テレ朝日 2016年2月20日)
  • ファーブルもびっくり! ぞくぞく発見!夢のムシ技術(NHK総合 2016年1月6日・(再)3月6日)
  • 土曜プレミアム・ 旅人は10人の人気者!はじめてのお泊り旅 in 南房総(CX 2016年4月23日)
  • 日曜ビッグバラエティ・便利屋密着24時③ (テレビ東京 2016年5月29日)
  • 趣味どきっ!「国宝に会いに行くⅡ」(NHK Eテレ 2016年10月4日~11月29日9回)
  • 10min.ボックス~生活・公共~(NHK Eテレ 2016年後期木曜・10月~3月全10回)
  • 土曜プレミアム ・10人旅~伊豆・熱海・伊東の人気観光スポットを遊び尽くす~(CX 2016年11月26日)
  • 日曜ビッグバラエティ・ゴミ屋敷を救え!便利屋24時 (テレビ東京 2016年12月4日)
  • 今しか聞けない歴史バラエティー 実話日本おとぎばな史(TBS 2016年12月20日)
  • 築地市場 魚河岸の誇りと涙(NHKBSプレミアム 2017年2月4日)
  • ドイツが愛した日本人~佐々木蔵之介が巡る、ある日本人医師の物語~(読売テレビ系 2017年2月5日)
  • おいしい記憶~今の私をつくってくれた あたたかな食の物語~ (BSフジ2017年3月26日・1月1日・2016年7月23日・3月21日)
  • 日本のチカラ#90 秋田で学ぼう ~教育留学200日の記録~ (テレビ朝日(秋田放送制作)2017年5月21日)
  • 北海道中ひざくりげ30周年記念スペシャル~南こうせつが奏でる天売島 希望の歌いつまでも~(NHK総合 2017年9月12日)
  • 林修の今でしょ!講座3時間スペシャル(テレビ朝日 2017年9月12日・林修の母VO)

その他[編集]

著書[編集]

  • ファーストラヴを抱きしめて(講談社X文庫ティーンズハート)
  • ドラマティックに抱きしめて(同上)
  • ラストシーンで抱きしめて(同上)
  • 文のウル青春記(徳間書店、1983年8月31日)
  • お見合い相手は魚河岸のプリンス(NHK出版、1993年11月)
  • 市場の美味しい魚(マガジンハウス、1995年2月)
  • 平野文の今日のメニューはさかなかな?(扶桑社、1998年10月)
  • 築地市場のさかなかな?(朝日新聞社、1999年8月)
  • 築地魚河岸 嫁ヨメ日記(小学館、2008年5月)
  • 魚河岸三代目のヨメと主人の 築地極めつき!買い物散歩 (主婦と生活社、2008年11月)
  • 声の魔力〜幸せになれる声レッスン〜(ツイッターとの連動書)(学研パブリッシング、2010年3月) 他

シングル[編集]

  • ラムのバラード (1982年12月21日)
    • 01 ラムのバラード
    • 02 恋にダンス!ダンス!ダンス!
  • フレンド (1983年12月)
    • 01 フレンド
    • 02 真冬のバカンス(自作詞)
  • 好きしてチックン (1984年4月)
    • 01 好きしてチックン!!
    • 02 Dr.ベルのテーマ(歌 千葉繁)
  • ふしぎきれい (1984年8月5日)
    • 01 ふしぎ・きれい(補作詞)
    • 02 やさしすぎる景色(自作詞)

アルバム[編集]

  • Call me Funny Minx (1983.03.21)
    • 01 The theme of the Day
    • 02 モーニング スケッチ
    • 03 恋のアルバイト(Indian Giver)
    • 04 Funky Telephone
    • 05 Cross-Road (自作詞)
    • 06 ラムのバラード
    • 07 The theme of the Night
    • 08 恋にダンス!ダンス!ダンス!
    • 09 LOCO-MOTION'83(THE LOCO-MOTION)
    • 10 UP TOWN (自作詞)
    • 11 In the cold sleep
    • 12 Cosmic Touring (自作詞)
    • 13 夢で逢えたら
  • SECOND SERVE (1983.09.21)
    • 01 PINK SHOCK ARROW
    • 02 TAKE CARE BOY(I DON'T CARE)
    • 03 天国色の夢
    • 04 FUNKY TELEPHONE 2
    • 05 恋はCHAIN,CHAIN,CHAIN!
    • 06 ミス・マッチ (自作詞)
    • 07 おしゃべりな瞳(ウィンク・ミー)
    • 08 Doki Doki 注意報
    • 09 真冬のバカンス (自作詞)
    • 10 恋のピーク(YOU CAN HAVE ANY BOY)
  • Select F (1984.04.21)
    • 01 NIGHT CALL
    • 02 誘惑センチメンタル
    • 03 さしむかいの夏
    • 04 Mr.D
    • 05 東京GIMMICK
    • 06 お帰りなさい
    • 07 if・you・am・i(自作詞)
    • 08 Route134
    • 09 真夜中のハリケーン
    • 10 いつかきっと
  • Fumi Fumi ANIMATE (1984.06.21)
    • 01 ラムのラブソング
    • 02 I.I. You&愛
    • 03 Dancing Star
    • 04 ラムのバラード
    • 05 星空サイクリング
    • 06 CAT'S EYE
    • 07 I wanna X
    • 08 想い出がいっぱい
    • 09 レモン色のセンチメンタル
    • 10 好きしてチックン
  • SKIP (1984.10.21)
    • 01 夢中シーズン
    • 02 ダイヤル・イン・ジェラシー
    • 03 と・つ・ぜ・ん Letter
    • 04 月影のナポリ
    • 05 ナチュラル (自作詞)
    • 06 反省しなさい
    • 07 海の底でうたう唄
    • 08 日曜日の雨傘
    • 09 FLAMINGO ROCK
    • 10 やさしすぎる景色 (自作詞)
  • 音楽小説 (1985.04.21)
    • 01 for the love of you
    • 02 I'm a writer
    • 03 正体不明の恋
    • 04 リバーシブル・ハート
    • 05 インストラクターZ
    • 06 Funky Dreamer
    • 07 Peppy Galの心得
    • 08 おやすみなさいのキス
    • 09 あなたの視線が,なにより強力
    • 10 ワープロ・デイト
    • 11 Chance on me
    • 12 open the window
  • Fumiのラムソング (1985.09.21)
    • 01 Open Invitation
    • 02 ラムのラブソング
    • 03 星空サイクリング
    • 04 ふしぎ・きれい
    • 05 ロック・ザ・プラネット
    • 06 愛はブーメラン
    • 07 恋のメビウス
    • 08 Dancing Star
    • 09 恋にダンス!ダンス!ダンス!
    • 10 Chance on Love
  • Fumiのラムソング2 (1986.05.21)
    • 01 殿方ごめん遊ばせ
    • 02 トライアングル・ラブレター
    • 03 メランコリーの軌跡
    • 04 夢はLove me more
    • 05 Good Luck“永遠より愛をこめて”
    • 06 ラムのバラード
    • 07 心細いな
    • 08 影ふみのワルツ
    • 09 I.I. You&愛
    • 10 ア・リ・ガ・ト!
  • スーパーベスト (1987.01.21)
    • 01 反省しなさい (自作詞)
    • 02 Cross-Road (自作詞)
    • 03 PINK SHOCK ARROW
    • 04 天国色の夢
    • 05 I'm a writer
    • 06 あなたの視線が、なにより強力
    • 07 Chance on me
    • 08 Cosmic Touring (自作詞)
    • 09 ラムのラブソング
    • 10 ふしぎ・きれい (補作詞)
    • 11 恋にダンス!ダンス!ダンス!
    • 12 愛はブーメラン
    • 13 Chance on Love
    • 14 殿方ごめん遊ばせ
    • 15 トライアングル ラブレター
    • 16 ラムのバラード
  • ドラマティックに抱きしめて (1987.04.21)
    • 01 ファースト・ラヴを抱きしめて (自作詞)
    • 02 ミス・マッチ (自作詞)
    • 03 やさしすぎる景色 (自作詞)
    • 04 恋のアルバイト(Indian Giver
    • 05 Peppy Galの心得
    • 06 正体不明の恋
    • 07 ドラマティックに抱きしめて (自作詞)
    • 08 ナチュラル (自作詞)
    • 09 夢中シーズン
    • 10 ちょっとスキャンダラス (自作詞)
    • 11 真冬のバカンス(自作詞)
    • 12 とびきりの記憶 (自作詞)
  • うる星やつらFOREVER BEST (1987.10.21)
    • 01 ラムのラブソング
    • 02 心細いな
    • 03 I.I. You&愛
    • 04 影ふみのワルツ
    • 05 星空サイクリング
    • 06 ラムのバラード
    • 07 Dancing Star
    • 08 愛はブーメラン
    • 09 ふしぎ・きれい
    • 10 トライアングル・ラブレター
    • 11 恋にダンス!ダンス!ダンス!
    • 12 夢はLove me more
    • 13 やさしすぎる景色 (自作詞)
    • 14 殿方ごめん遊ばせ
    • 15 Chance on Love
    • 16 ア・リ・ガ・ト!
  • 平野文 BEST COLLECTION (2010.02.17)
    • 01 ラムのラブソング
    • 02 I.I. You&愛
    • 03 星空サイクリング
    • 04 ラムのバラード
    • 05 心細いな
    • 06 恋にダンス!ダンス!ダンス!
    • 07 ふしぎ・きれい (補作詞)
    • 08 愛はブーメラン
    • 09 トライアングル・ラブレター
    • 10 殿方ごめん遊ばせ
    • 11 PINK SHOCK ARROW
    • 12 真冬のバカンス (自作詞)
    • 13 反省しなさい
    • 14 Peppy Galの心得
    • 15 天国色の夢
    • 16 Cosmic Touring (自作詞)

その他[編集]

  • 漫画「築地魚河岸三代目」(小学館ビッグコミック 2000年5月-2013年11月)
    築地魚河岸三代目の夫・小川貢一と共に監修協力。
    同誌に『嫁ヨメコラム』も連載(2005年8月-2008年12月)
    『築地魚河岸 嫁ヨメ日記』として単行本化(小学館2008年5月)。2012年6月に電子書籍化。
  • 朝日新聞夕刊(火)連載『築地いちばん 魚河岸のヨメ 平野 文』(2007年4月-2008年3月)
  • TVショッピング 『開け!健康の扉』(サントリー)「DHA&EPA+セサミンE」の通販番組ゲスト
  • 「DHA&EPA+セサミンE」(サントリー)30分インフォマーシャル・メインキャラクター
  • CF「クロネコヤマト」(オリジナル・キャラクター:しろねこちゃんの声)
  • 広報誌「相鉄瓦版 第187号」(相鉄ホールディングス発行)掲載『特集:市場で過ごすおいしい時間 築地魚河岸ヨメ見習い』談話記事(2010年4月)
  • 月刊誌「ゴルフトゥデイ」連載『ゴルフの悩みは風に訊け!』(2010年5月 - )
  • 月刊誌「ゴルフダイジェスト」シリーズ『4人1組』#152(2013年4月)
  • 連載ブログ 朝日新聞HP 「アスパラクラブ」ネクストエージ内『築地発 地魚万歳!研究会』(2007年1月30日 - 2012年8月 計278話)
  • ツイットキャスティング(ツイキャス)DJ 「fumi fumi station」(2010年4月3日 - 毎週土曜日23時〜OA中)
  • レジェンド声優プロジェクト[1](2015年より古川登志夫と共に同プロジェクトのポータルサイトとして稼働中)

出典[編集]

  1. ^ 『日本タレント名鑑 2007』(VIPタイムズ社、2007年) 695頁
  2. ^ 平野, 文, 1955- - Web NDL Authorities”. 国立国会図書館 (1984年7月11日). 2013年1月19日閲覧。
  3. ^ 著書『お見合い相手は魚河岸のプリンス』p.80 - 84 より
  4. ^ コミックス11巻 PART.5「秘伝書を奪え」の扉絵より。
  5. ^ <境界のRINNE> ラム役の平野文、ヒロイン・真宮桜の母役で出演” (2015年7月27日). 2015年9月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年8月9日閲覧。
  6. ^ うる星やつら”. ぴえろ公式サイト. 2016年6月9日閲覧。
  7. ^ 三国志II 天翔ける英雄たち”. メディア芸術データベース. 2016年10月9日閲覧。
  8. ^ スタッフ・キャスト”. StarChild:生徒会役員共*. 2012年12月23日閲覧。
  9. ^ うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー”. メディア芸術データベース. 2016年10月4日閲覧。
  10. ^ キャスト”. 言の葉の庭. 2013年2月21日閲覧。

外部リンク[編集]