川浪葉子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かわなみ ようこ
川浪 葉子
プロフィール
本名 川浪 葉子[1]
性別 女性
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市中区元町[2]
生年月日 (1957-04-22) 1957年4月22日(66歳)
血液型 B型[3]
職業 声優
事務所 青二プロダクション[4]
配偶者 あり
公式サイト 川浪 葉子|株式会社青二プロダクション
公称サイズ(時期不明)[5]
身長 / 体重 157[3] cm / 48 kg
活動
活動期間 1970年代 -
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

川浪 葉子(かわなみ ようこ、1957年4月22日[6][7] - )は、日本女性声優神奈川県横浜市中区元町<出身[2]青二プロダクション所属[4]

経歴[編集]

神奈川県横浜市中区元町育ち[2]

横浜市立南吉田小学校[2]横浜共立学園中学校・高等学校[6][2]。当時は日本で二番目に創立されたミッションスクールだったこともありしつけは滅法きびしかったようであったが、すなおに受け入れて、おとなしい品のいいお嬢さんとして成長していった[2]。家庭でも一人娘として大事大事に育てられていたことから、性格も内向的で引っ込み思案でおとなしかった[2]。しかし高校卒業を目の前にしていた時、両親を前にして、突如、声優になりたく、そのために東放学園放送学部声優学科[4]に入学することを宣言していた[2]。両親は、大いにたまげて、大反撃をくらったが、この時ばかりは、ガンとして自己の主張をまげずに猛反攻、両親との討論会は3日3晩もつづけられた[2]。父も川浪の意志が固いことを認めると、許してくれた[2]。しかし川浪は1982年時点で「未知の世界へはばたこうとする娘が不安でたまらなかった様子であった」と両親のやさしさに感謝して言っていた[2]。両親が案じるとおり、声優に関する知識はゼロに近く「声優になりたければ専門学校に入ればよい……」というほど単純な世界ではないことを、その学校に入学して卒業する間際になるまで気づかなかった[2]。1年経ち卒業ということになり、ハタと困りどこへ行っていいのか皆目見当がつかず、「とにかく声優になるためには、もっともっと演技力をつけなくてはならない」ということだけはつかめた[2]。そこで、テアトル・エコー附属養成所[4]に入所し、「ここで挫折してしまって親に合わせる顔がない」とかんばっていた[2]。養成所の訓練はきびしかったが、演技力もグングンと向上し、専科に進んだところ途端に抜擢[2]山田康雄と共演の1年間連続のラジオ番組『千夜一夜物語』[注 1]に出演していた[2]。その時はプロの世界の仕事ぶりを1年にわかり体験できたことは幸せであったという[2]。その後、新企画を経て青二プロダクションに所属[4]。声優デビュー作品は、『ムクムクおやじとゴーゴー娘[6]

その後は『刑事コジャック』、『白バイ野郎ジョン&パンチ』、『機動戦士ガンダム』のロラン役、『戦国魔神ゴーショーグン』のアルーシャ役などに出演し、1982年時点では『六神合体ゴッドマーズ』の日向ミカ役、『おちゃめ神物語コロコロポロン』のアフロディテ役、『太陽の牙ダグラム』のリタ役と、3本のレギュラー・セミレギュラーの番組を持てるようまでになったという[2]

人物・エピソード[編集]

主に女性キャラクターを演じている[8]。かつてはウェットでおとなしい少女[2]、弾けるようなしっかりもの姉さんタイプの女の役を得意としていたが、1997年時点では少しススンだ感じの母親役を演じるようになった[9]

1982年時点では『太陽の牙ダグラム』のリタ役のような喜怒哀楽のはげしい活発な少女役が廻ってくると、嬉しく興奮のあまり眠れなくなってしまい、演じた後もルンルンとなりきゃあきゃあさわぎ、本来の自分に戻れるまで5時間もかかってしまうという[2]

特技はエレクトーン華道[10]資格免許普通自動車免許着物着付け師範[4]

ラジオドラマ流星倶楽部』「悪霊の星」では、俳優原田大二郎とラブシーンを演じた。

ルックルックこんにちは日本テレビ)のレポーターに起用されたことがあったが、顔が出る仕事は嫌いとしてわずか1日で、これを辞めたことがあった[6]

向井真理子が演じた1990年代の劇場版『Dr.スランプ アラレちゃん』シリーズの山吹みどり役、『ドラゴンボールZ』のブルマの母役を引き継いだ[8]。また、『ドラゴンボール改』でもブルマの母役を担当している。

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
  • ゲゲゲの鬼太郎(第3作)(1985年 - 1988年、ユメコの母 / 優子、新一のママ、アナウンサー、女の先生、長与茂草、お夢の母、送りちょうちん)
1986年
1987年
1988年
  • トッポ・ジージョ 1988年版(ダイナ[16][17]、ミス・グロリア、ミス・ワーレン、客、ラッセル夫人、おばさん、女の子、アリア、女ボス、ペペ、ネズミA、先生、ステファーノ、女店員B、ソフィア・モンテ) - 2シリーズ
  • ひみつのアッコちゃん(第2作)(ビビット、山口の母、健太の母)
1989年
1990年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
2006年
2007年
2008年
2009年

劇場アニメ[編集]

1982年
1983年
1985年
1986年
1987年
1992年
1993年
1994年
1996年
2011年
2013年

OVA[編集]

1985年
1986年
1987年
1988年
  • ナマケモノが見てた2 動物村の逆襲(リス太)
1989年
1990年
1992年
1993年
1994年
2010年
2011年

ゲーム[編集]

1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1997年
1998年
1999年
  • トイファイター(ルー)
2000年
2001年
2008年
2011年
2014年

吹き替え[編集]

映画[編集]

吹き替えアニメ[編集]

特撮[編集]

CD・カセットドラマ[編集]

ラジオドラマ[編集]

音楽[編集]

テレビ番組[編集]

その他コンテンツ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 出典元では文化放送の『千一夜物語』と書かれている[2]

出典[編集]

  1. ^ 掛尾良夫 編「女性篇」『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年3月30日、384頁。ISBN 4-87376-160-3 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 「声優クローズあっぷ」『ジ・アニメ』1982年9月号、近代映画社、1982年8月、168頁。 
  3. ^ a b 青二プロダクション 川浪 葉子 - ウェイバックマシン(2016年7月15日アーカイブ分)
  4. ^ a b c d e f 川浪 葉子|株式会社青二プロダクション”. 2020年2月7日閲覧。
  5. ^ 川浪葉子” (PDF). 青二プロダクション公式サイト. 青二プロダクション. 2011年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年9月10日閲覧。
  6. ^ a b c d 週刊テレビ番組(東京ポスト)1982年1月15日号 p.48「プロフィール」
  7. ^ 川浪 葉子”. linkvod.myjcom.jp. J:COMオンデマンド. 2023年11月4日閲覧。
  8. ^ a b 【声優の履歴書】第51回 『ドラゴンボール』ブルマの母(二代目)、90年代の劇場版『Dr.スランプ アラレちゃん』の山吹みどり役・川浪葉子”. リアルライブ (2014年1月16日). 2023年9月10日閲覧。
  9. ^ 小川びい『こだわり声優事典'97』徳間書店〈ロマンアルバム〉、1997年3月10日、42頁。ISBN 4-19-720012-9 
  10. ^ 青二プロダクション 川浪葉子”. 2008年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月23日閲覧。
  11. ^ スタッフ&キャスト”. 太陽の牙ダグラム公式サイト. 2016年6月7日閲覧。
  12. ^ 六神合体ゴッドマーズ”. トムス・エンタテインメント. 2022年12月30日閲覧。
  13. ^ 装甲騎兵ボトムズ”. メディア芸術データベース. 2017年2月11日閲覧。
  14. ^ キャラクター/キャスト”. 東映アニメーションラインナップ. トランスフォーマー・ザ・ヘッドマスターズ. 東映アニメーション. 2022年9月15日閲覧。
  15. ^ “ストーリー”. アニメ『ミスター味っ子』公式サイト. https://www.sunrise-inc.co.jp/ajikko/story/index.html 2020年12月4日閲覧。 
  16. ^ トッポ・ジージョ”. 日本アニメーション. 2022年9月15日閲覧。
  17. ^ 夢見るトッポ・ジージョ”. 日本アニメーション. 2022年9月15日閲覧。
  18. ^ 『魔動王グランゾート メモリアルブック』新紀元社、2006年5月17日、150頁。ISBN 978-4-7753-0461-7 
  19. ^ ご近所物語|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2023年2月1日閲覧。
  20. ^ ゲゲゲの鬼太郎 最強妖怪軍団!日本上陸!!”. メディア芸術データベース. 2016年10月27日閲覧。
  21. ^ 『アニメコミックス Dr.スランプ アラレちゃん んちゃ!ペンギン村より愛をこめて』集英社ジャンプ コミックス セレクション〉、1993年12月15日、166頁。ISBN 4-8342-1189-4 
  22. ^ 『アニメコミックス Dr.スランプ アラレちゃん んちゃ!!わくわくハートの夏休み』集英社〈ジャンプ コミックス セレクション〉、1995年2月22日、151頁。ISBN 4-8342-1316-1 
  23. ^ ヤング・マスター/師弟出馬 エクストリーム・エディション”. paramount pictures. 2024年2月19日閲覧。

外部リンク[編集]