川浪葉子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かわなみ ようこ
川浪 葉子
プロフィール
本名 川浪 葉子[1]
性別 女性
出生地 日本の旗 日本神奈川県横浜市[2]
生年月日 (1957-04-22) 1957年4月22日(63歳)
血液型 B型[3]
身長 157 cm[3]
職業 声優
事務所 青二プロダクション[2]
配偶者 あり
公式サイト 川浪 葉子|株式会社青二プロダクション
活動
活動期間 1970年代 -
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

川浪 葉子(かわなみ ようこ、1957年4月22日[4][5] - )は、日本女性声優神奈川県横浜市出身[2]青二プロダクション所属[2]

経歴[編集]

横浜共立学園高等学校[4]東放学園放送学部声優学科卒[2]。その後テアトル・エコー附属養成所、新企画を経て青二プロダクションに所属[2]。声優デビュー作品は、海外作品の「ムクムクおやじとゴーゴー娘」[4]

人物・エピソード[編集]

特技はエレクトーン華道[6]

ラジオドラマ流星倶楽部』「悪霊の星」では、俳優原田大二郎とラブシーンを演じた。

ルックルックこんにちは日本テレビ)のレポーターに起用されたことがあったが、顔が出る仕事は嫌いとしてわずか1日で、これを辞めたことがあった[4]

向井真理子が演じた1990年代の劇場版『Dr.スランプ アラレちゃん』シリーズの山吹みどり役、『ドラゴンボールZ』のブルマの母役を引き継いだ。また、『ドラゴンボール改』でもブルマの母役を担当している。

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
  • ゲゲゲの鬼太郎(第3作)(1985年 - 1988年、天童優子、新一のママ、アナウンサー、女の先生、長与茂草、お夢の母、送りちょうちん)
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
2006年
2007年
2008年
2009年

劇場アニメ[編集]

1985年
1986年
1987年
1992年
1993年
1994年
1996年
2011年
2013年

OVA[編集]

1985年
1986年
1987年
1988年
  • ナマケモノが見てた2 動物村の逆襲(リス太)
1989年
1990年
1992年
1993年
1994年
2010年
2011年

ゲーム[編集]

吹き替え[編集]

特撮[編集]

CD・カセットドラマ[編集]

ラジオドラマ[編集]

音楽[編集]

その他コンテンツ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年、384頁。ISBN 4-87376-160-3
  2. ^ a b c d e f 川浪 葉子|株式会社青二プロダクション”. 2020年2月7日閲覧。
  3. ^ a b 青二プロダクション 川浪 葉子 - ウェイバックマシン(2016年7月15日アーカイブ分)
  4. ^ a b c d 週刊テレビ番組(東京ポスト)1982年1月15日号 p.48「プロフィール」
  5. ^ 川浪葉子(かわなみようこ)の解説”. goo人名事典. 2020年2月7日閲覧。
  6. ^ 青二プロダクション 川浪葉子”. 2008年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月23日閲覧。
  7. ^ スタッフ&キャスト”. 太陽の牙ダグラム公式サイト. 2016年6月7日閲覧。
  8. ^ 装甲騎兵ボトムズ”. メディア芸術データベース. 2017年2月11日閲覧。
  9. ^ 『魔動王グランゾート メモリアルブック』新紀元社、2006年5月17日、150頁。ISBN 978-4-7753-0461-7
  10. ^ ゲゲゲの鬼太郎 最強妖怪軍団!日本上陸!!”. メディア芸術データベース. 2016年10月27日閲覧。
  11. ^ 『アニメコミックス Dr.スランプ アラレちゃん んちゃ!ペンギン村より愛をこめて』集英社ジャンプ コミックス セレクション〉、1993年12月15日、166頁。ISBN 4-8342-1189-4
  12. ^ 『アニメコミックス Dr.スランプ アラレちゃん んちゃ!!わくわくハートの夏休み』集英社〈ジャンプ コミックス セレクション〉、1995年2月22日、151頁。ISBN 4-8342-1316-1

外部リンク[編集]