ストリートファイターII V

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ストリートファイターII V
ジャンル 格闘漫画
アニメ
原作 CAPCOM(原案)
今井賢一(シリーズ)
監督 杉井ギサブロー
脚本 外山草、平柳益実、酒井直行
東海林真一、沢田謙也
キャラクターデザイン 加野晃
音楽 川崎真弘、ゲミュート
アニメーション制作 グループ・タック
製作 よみうりテレビ、グループ・タック
放送局 日本テレビ系列
放送期間 1995年4月10日 - 11月27日
話数 全29話
テンプレート - ノート

ストリートファイターII V』(ストリートファイターツー ブイ・STREET FIGHTER II V)は、TVゲーム『スーパーストリートファイターIIX』を原作としたテレビアニメ作品。

概要[編集]

1995年4月10日から同年11月27日まで毎週月曜日19:00から19:30の時間帯において讀賣テレビ放送を製作局に日本テレビ系列四国放送高知放送を除く)で放送された。全29話。

1990年代対戦型格闘ゲームブームを背景にアニメ化。前年1994年には劇場版アニメの『ストリートファイターII MOVIE』が公開された。

本作は原作とはキャラクターのビジュアルや設定が異なる。時代設定は原作が1991年であるのに対し本作は作品発表年である1995年であり、リュウ、ケン、春麗といったキャラクターの年齢も違う。また、エドモンド本田ブランカサンダー・ホーク[1]ディージェイ[1]は登場しない。ストーリーには関わらないが、豪鬼がモブキャラクターに混じって背景に登場している。

なお、この作品が日本テレビ系列で放送された最後のグループ・タック制作アニメとなっている[2]

番組は、裏番組の『関口宏の東京フレンドパークII』や『クレヨンしんちゃん』などに視聴率で苦戦を強いられ、全29話での終了、打ち切りとなった[要出典]

本作の後、同局の全国ネット放送においては『逆転裁判 〜その「真実」、異議あり!〜』まで約20年半の間ゲーム原作のアニメは放送されることはない。

ストーリー[編集]

日本の南西諸島の中にある海宮内島できこりの手伝いをして暮らすリュウのもとに、ある日アメリカに住む友人、ケンから「アメリカに来い」と書かれた手紙が届く。リュウは生まれて初めて飛行機に乗り、サンフランシスコでケンと再会する。

二人は力試しに、酒場でアメリカ軍人と戦って勝利するが、新たに現れた軍人・ガイルに敗北を喫してしまう。リュウとケンは自分たちの驕りを反省し、無名でも強い格闘家がいることを知ると、自分たちよりも強い者に会うべく、武者修行の旅に出るのだった。

修行の最初の地、香港ではツアーガイドをしている春麗と出会い親しくなる。二人は無法地帯と化している九龍城でチャイニーズマフィアと戦ったり、アクションスターのフェイロンと戦うことで、腕を磨いていく。そして偶然出会った老齢の武術家に、武術の才を見出されたリュウは究極の武術「波動拳」の存在を教わる。

春麗の父親である銅昴が麻薬密輸組織・阿修羅の標的にされ、春麗が誘拐されそうになるが、リュウとケンの活躍により未遂に終わる。香港を後にした二人は銅昴に協力するためタイへ向かうが、阿修羅の残党の仕返しに合い、リュウは無実の罪で投獄される。刑務所で手荒い歓迎を受けるリュウだったが、獄中の支配者であるサガットと真剣勝負をすることで格闘家として認められていく。その後、リュウを罠にはめた犯人はケンの活躍によって捕らえられたのだった。

サガットに「インドに波動の達人がいる」ことを聞かされた二人は、インドの修行僧ダルシムのもとへと向かう。当初は相手にされなかった二人であったが、村人を盗賊団から助けたことで修行することを認められた。リュウは波動拳を放つことに成功するが、力を完全にコントロールすることはかなわず、さらなる修行が必要であることを痛感する。

阿修羅の壊滅に功を成した二人は、その表彰のためスペインへ向かい、同じく功績のあった銅昴に同行していた春麗と再会する。舞踏会に招待されたケンと春麗だったが、そこは巨大犯罪シンジケート・シャドルーが運営する地下闘技場であり、シャドルーの一員であるバルログの計略により、ケンはバルログとの戦いを強いられる。辛くもバルログを退けたケンだったが、バルログに薬を盛られた春麗とともに力尽き、シャドルーの総帥ベガに捕らわれてしまう。同じ頃、海辺で波動の修行を続けていたリュウも、波動の力に目を付けたベガの差し金によって拉致されてしまう。

スペインに集うインターポールは、阿修羅を裏で操っていたシャドルーの本格的な壊滅に動き出すこととなり、そのリーダーに銅昴が抜擢される。インターポールに潜り込んでいたシャドルーのスパイ・バイソンは、作戦を妨害するため、政府が極秘に雇っている殺し屋のキャミィに「銅昴が犯罪組織と通じている」と嘘を吹き込み、銅昴のもとへ差し向ける。キャミィの手によって銅昴は殺されこそしなかったものの、重症を負う。銅昴への襲撃を不審がったバーラックは、師匠が死んだと思い込み病院に飛んできたフェイロンと協力して、バイソンが敵のスパイであることを突き止めた。キャミィは、自分に嘘を吹き込んだバイソンに怒り、彼を半殺しにして姿を消した。

ケンの血筋がマスターズ財閥と知ったベガは、ケンの父親マスターズに莫大な額の身代金を要求する。マスターズはCIAに助けを求め、特殊工作員のガイルと親友ナッシュがケン救出の任務に就いた。シャドルーの要塞に潜入したガイルとナッシュだったが、先にベガに遭遇したナッシュはベガの操るサイコパワーを受け、死亡する。駆けつけたガイルは親友の死に怒り、ベガへ突進するが、サイバーチップを埋め込まれベガの操り人形と化した春麗が立ちはだかる。

目が覚めたケンは、シャドルー要塞で体を拘束され囚われていた。ケンは気を練ることで波動の力を加えた新たな昇龍拳・波動昇龍を体得すると、拘束具を破壊して部屋を抜け、仲間たちを懸命に探し回った。ケンのもとに待ち受けていたのは、額にサイバーチップを埋め込まれたリュウであった。ケンは、親友の体を気遣って手が出せないでいたが、リュウが波動を練りだしたことで覚悟を決め、波動昇龍を放つ。二人の波動がぶつかりあってできた巨大な衝撃波をその身に浴びたリュウは、サイバーチップが額から剥がれ落ちて正気に戻った。

リュウとケンのもとに現れたベガは、優れた波動の使い手である二人をシャドルーへ誘うが、二人は即座に要求を突っぱねる。誘いを断ったリュウとケンを抹殺しようと、ベガはサイコパワーを振るい二人を圧倒する。ベガの攻撃を食らって何度も倒れては立ち上がるリュウとケン。ベガはとどめを刺そうと必殺のサイコクラッシャーを放つが、ケンの渾身の波動昇龍に相殺される。二つの巨大な気がぶつかりあったことで、サイバーチップの制御装置が異常をきたし、春麗も正気に戻る。波動昇龍を放って精魂使い果たしたケンの思いを受け取ったリュウは、波動昇龍を受けてダメージの残るベガに次々に拳を叩き込み、最後には波動拳を放ってベガを撃退する。

戦いが終わり、リュウは自分の求めていた強さを改めて見つめ直し、再度修行の旅に向かうことを決意する。ケンは家族に迷惑をかけたため、一度故郷へ戻ることになった。二人は「今度出会う時は、より強い格闘家になろう」と誓いの拳を交わし、それぞれ違う道を歩むことになるのであった。

登場人物[編集]

リュウ
- 辻谷耕史、幼少期 - 氷上恭子
日本出身、17歳。空手の使い手であり、正義感も強い熱血漢。犬好き。日本の南西諸島できこりの手伝いをしていた際、修行仲間のケンから手紙が届き、アメリカを訪れる。
今まで格闘では負け知らずだったが、夜のバーで空軍と喧嘩になった際にガイルに敗北してしまう。世界の広さを知り、ケンと共に修行の旅に出る事になる。
香港で老人に波動についての話を聞き、波動の力に興味を持ち、インドでダルシムの指導を受け修行。波動拳を体得する。
スペインで波動拳の修行をしていた際にザンギエフに拉致され、シャドルーに捕らわれる。そこで額にサイバーチップを埋め込まれて洗脳され、シャドルーに操られてしまう。ケンとの戦いで正気に戻った後、ケンとのタッグでベガを倒す。戦い終えた後、ケンが用意してくれた船に乗って、新たな旅に出る。
使用技
波動拳…気を集中して練った波動エネルギーを相手に放つ。インドでの修行で体得する。
昇龍拳…アッパーを繰り出しながら飛び上がる。
竜巻旋風脚…竜巻のように回転しながら連続で回し蹴りを入れる。
ケン
声 - 羽賀研二、幼少期 - 池田優こ
アメリカ出身、17歳。リュウとは同門の親友で、世界有数の財団であるマスターズ財団の御曹司。気障な面もあるが、根は熱血漢。
様々な格闘大会で好成績を収めていたが、ガイルに敗退後、リュウと共に武者修行の旅に出る。
スペインではバルログに催眠を掛けられた春麗を取り戻すため、満身創痍になりながらもバルログを倒すが、その直後、ベガに拉致されてしまう。監禁部屋から脱出する際、波動の力に目覚め、波動昇龍拳を体得。サイバーチップに操られたリュウを正気に戻した後、リュウとのタッグでベガを倒す。戦い終えた後、自宅に戻る。
使用技
昇龍拳…アッパーを繰り出しながら飛び上がる。
波動昇龍拳…拳に波動エネルギーを纏った状態で昇龍拳を繰り出す。
春麗
声 - 横山智佐
香港出身、15歳。好奇心旺盛で危険なことにも首を突っ込みたがる。旅行客案内のアルバイトの際にリュウたちと知り合い、一緒に行動するようになる。九龍城で危険な目に遭ったりもしたが、リュウやケンと一緒にいることを楽しんでいた。
タイへと旅立つリュウたちを見送り香港に残るが、スペイン編で再登場する。そこでバルログに目を付けられ、薬で催眠状態となる。ケンとバルログの戦闘後に催眠が解けるが、ベガの襲撃に遭い拉致され、リュウ同様、額にサイバーチップを埋め込まれ操られてしまう。ケンの波動昇龍拳がベガのサイコクラッシャーと激突した影響で自身のサイバーチップが外れ、正気を取り戻す。
ガイル
声 - 玄田哲章
アメリカ出身、21歳。アメリカ空軍の軍曹。サンフランシスコのバーでリュウと喧嘩になり、負け知らずだった彼を圧倒的な力で叩きのめす。このことが、リュウとケンが世界に旅立つきっかけとなった。
後にケンの父からの要請で、誘拐されたケンの救出のため、スペインに飛び立つことになる。
サガット
声 - 銀河万丈
タイ出身。かつては無敗を誇るムエタイのチャンピオンだったが、八百長試合を断ったため、阿修羅によって麻薬所持の冤罪を着せられ逮捕・投獄される。
自身と同じく冤罪で投獄されたリュウと、成り行きで賭け試合をする。はじめは圧倒的なムエタイの実力でリュウを追い詰めるが、必殺技「タイガーニークラッシュ」を食らっても倒れず反撃してきたリュウの強い眼差しを見て、格闘家として通じ合うものを感じ、友情が芽生える。
のちにリュウたちが阿修羅を壊滅させたことで、サガットも無実が認められ釈放された。
使用技
タイガーニークラッシュ…素早い跳び膝蹴りを繰り出す。極めて強力な技で、無敵の威力を誇る。
ダルシム
声 - 飯塚昭三
インド出身。アヒチャトラという村の僧侶
リュウとケンは波動の情報を求め、ダルシムのもとを訪れる。人を傷つける格闘家に対し良い感情は抱いておらず、当初はリュウたちを「獣」と称し相手にしていなかったが、後に認めるようになる。
バルログ・ファビオ・ラ・セルダ
声 - 塩沢兼人
スペイン出身、18歳。スペインの名家「ラ・セルダ家」の出身。イケメン闘牛士として国民(特に女性)に絶大な支持を誇るが、一方ではマリア・イザベラ城で夜に行われる金網デスマッチで殺戮を繰り返していた。春麗の美しさに心酔し、彼女に催眠を施す。闘技場にケンを招待し宣戦布告する。
自身の美しさに酔いしれるナルシストで、特に自分の顔を傷つけた者には容赦しない。戦いは愚かであればあるほど、残酷であればあるほど美しいとの考えを持つ。
相手を敵と認め本気で戦う時は、戦闘前に「血のイニシエーション」と呼ばれる儀式を行う。これは、自分と相手の腕を鉤爪で傷つけ、その傷口同士を密着させ血を混ぜ合うというもの。これによりバルログと対戦相手は血を分け合った兄弟とみなされ、1つの大切なものを賭けて本気で戦うことになる。
原作とは仮面のデザインが異なり、体の蛇の刺青もない。忍者のような素早い身のこなしと高いジャンプ力で相手を翻弄し、左手に装着した鉤爪で相手を切り裂く。
使用技
ローリングクリスタルフラッシュ…地面を前転しながら体当たりで攻撃し、最後に爪で突き刺す。
フライングバルセロナアタック…空中から相手に飛び掛かり、両腕を広げるようにして爪で斬り付ける。
飛龍(フェイロン)
声 - 矢尾一樹
香港出身、17歳。香港の若手アクションスターで、銅昴の門下生。映画監督に対して噛み付くことも多く、「お前のような生意気な奴は初めてだ」と言わしめた。台本に沿ったアクションに疑問を感じ、よりリアルな格闘シーンを求めタイガーバームガーデンでケンを対戦相手として指名する。
後に銅昴を頼ってスペインに飛び立つが、空港で銅昴が何者かに襲われ意識不明だという事を知り激昂。バーラックと共に捜査に関わるようになる。
使用技
遠撃蹴…前方へ踏み込みながら上段蹴りを繰り出す。
キャミィ
声 - 佐々木庸子
バイソンに雇われた殺し屋で、「美しき暗殺者」の異名を持つ。ワイヤーを自在に操る暗殺術の達人。バイソンの依頼で銅昴暗殺を実行する。殺しに対して独自の美学とプライドを持っており、それに反する者や自分を騙した者には容赦しない。
銅昴が一命を取りとめていたため、再度暗殺しようと集中治療室に侵入。そこで待ち構えていたフェイロンに遭遇し、彼と対決する。
使用技
スパイラルアロー…錐揉み回転を加えた両脚蹴りで突進する。
キャノンスパイク…身体を捻った直後に低い位置から相手を蹴り上げ高く跳び上がる。
フライングネックハント…相手の首元を片手で掴んで投げ落とす。
バイソン
声 - 西村知道
シャドルーの工作員。捜査官としてインターポールに潜入し、内部情報をシャドルーに流している。キャミィを雇い、シャドルーにとって目障りな銅昴暗殺を計画する。
事あるごとに汗を拭く。後期のオープニング映像ではボクサーの格好をしているが、本編では戦わなかった。
ザンギエフ
声 - 田中康郎
シャドルーに雇われたプロレスラー。頭の回転は遅いが、同僚が驚愕するほど怪力の持ち主。
ベガの要塞に侵入していたガイルに遭遇し、彼と対決。持ち前の怪力とプロレス技でガイルを追い詰める。
使用技
アトミックスープレックス…ジャーマン・スープレックスからさらに跳び上がってのスープレックスを決める連続技。
ベガ
声 - 内海賢二
シャドルーの総帥で本作の黒幕。原作とは違い、青い軍服を着ている。
他者を寄せ付けない圧倒的な格闘技術と、強力なサイコパワーを操る魔人。サイコパワーを使う時は目が赤紫色に光る。
サイコパワーにより、目にも止まらなぬ速さでの高速移動や、銃で撃たれても弾を体から弾くことができる。サイコパワーを纏った手から衝撃波を放って相手を弾き飛ばすことができ、並の人間であれば片手で首を締め上げてサイコパワーを発するだけで殺害してしまう。
本拠地はタイだが、スペインの小島にある要塞を中心に活動していた。海岸で波動の修行をするリュウを見つけ、以降彼の力に興味を持つようになる。シャドルーの科学力によって編み出されたサイバーチップを駆使し、リュウと春麗を洗脳する。
使用技
ダブルニープレス…前方に低い軌道で飛び込み、空中で前転するようにして両脚を振り下ろす。本作では足にサイコパワーを纏わせて繰り出す。
サイコクラッシャー…全身にサイコパワーを纏った状態で突進する。ベガ最大の必殺技で、殺人的な威力を誇る。
ナッシュ
声 - 田中亮一
ガイルの同僚。ガイルと共に誘拐されたケンを救出するためスペインへ飛ぶ。本作での容姿は黒髪のヒゲ面であり、同年に稼働したゲーム『ストリートファイターZERO』のものとは全く異なっている。
銅昴(ドウライ)
声 - 納谷六朗
春麗の父。インターポールの捜査官で、中国拳法の道場の師範でもある。人望が厚く、部下の刑事やフェイロンなど門下生たちも彼を慕っている。スペインで暗殺者キャミィに襲われる。
ゾルター
声 - 松尾貴司
ベガの側近。シャドルーの頭脳的な部分を担っている。
バーラック
声 - 大塚明夫
インターポールの捜査官で、シャドルー捜査の中心的存在。部下の銅昴が襲われたため、犯人の捜査のためフェイロンに協力を申し入れる。
ゾッチ
声 - 笹岡繁蔵
シャドルーの下部組織、阿修羅のボス。切断した人間の腕をコレクションしている悪趣味な男。
左腕を改造し、手首から手が外れるようになっている。手を外したところにアタッチメントのチェーンソーを取り付け、相手を斬り付ける。
ドヌー
声 - 二又一成
阿修羅の幹部。右頬に傷がある男。中国でムエタイの使い手を率いて銅昴を襲撃するが、リュウ、ケン、春麗、フェイロン、銅昴に返り討ちに遭う。その後タイの空港で偶然見かけたリュウのバッグにアヘンを入れ、無実の罪を着せる。
淋子
声 - 笠原弘子
南西諸島に住んでいた女の子。アメリカに発つリュウに母親の形見の数珠をお守りとして授ける。第3話以降は登場しない。
ナレーション
声 - 大塚明夫

作中での対戦カード[編集]

○…勝利、●…敗北、△…ドロー
●リュウVSガイル○
△ケンVSフェイロン△
△リュウVSサガット△
○ケンVSバルログ●
●春麗VSベガ○
●リュウVSベガ○
○ガイルVSサンギエフ●
△フェイロンVSキャミィ△
△ケンVSリュウ(洗脳)△
△ガイルVS春麗(洗脳)△
○リュウ&ケンVSベガ●

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • オープニングテーマ
  1. 『風 吹いてる』(第1話 - 第19話)
    作詞・作曲:飛鳥涼、編曲:十川知司、歌:黒田有紀
  2. 『今、明日のために』(第20話 - 第29話)
    作詞・作曲・歌:本田修司、編曲:西本明
  • エンディングテーマ
  1. 『cry』(第1話 - 第19話)
    作詞・作曲:飛鳥涼、編曲:十川知司、歌:黒田有紀
  2. 『LONELY BABY』(第20話 - 第29話)
    作詞・作曲・歌:本田修司、編曲:佐藤昭宏

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 放送日
1 旅立ち サンフランシスコからの招待状 外山草 佐藤卓哉 佐藤正樹
前田実
江口摩吏介
1995年
4月10日
2 空軍の王者 炸裂、脅威のミリタリーコンバット 平柳益実 東海林真一 はしもとなおと 江口摩吏介 4月17日
3 香港上陸 潜入、魔闘窟への挑戦状 酒井直行 下田正美 玉川達文 4月24日
4 暗黒の九龍[クーロン]城 無法地帯、命がけの大脱出 浅田裕二 井上栄作 5月1日
5 飛龍[フェイロン]熱血! 激写、スーパーバトルアクションムービー 森田風太 及川博史 5月8日
6 秘伝見参! 漲る気、波動の覚醒 加瀬充子
東海林真一
小村敏明 木下勇喜 5月22日
7 阿修羅の報復 襲いかかるムエタイの刺客 平柳益実
東海林真一
東海林真一 高山秀樹 金子匡邦
南雲公明
6月5日
8 罠、牢獄、真実の叫び 誇り高きリュウ 酒井直行 加瀬充子 渡辺健一郎 渡辺明夫 6月12日
9 ムエタイの巨星 壮絶、獄中戦交響曲[プリズンバトルシンフォニー] 小林治 佐藤英一 しまだひであき 6月19日
10 暗黒の予兆 ベールに包まれた真の君臨者 辻伸一 山崎茂 新井豊 6月26日
11 野獣来訪 聖なる荒法師、若武者への忠告 佐藤卓哉 清水明 及川博史 7月3日
12 幻の真剣勝負 精神と肉体の間[はざま]に潜む闘神 加瀬充子
東海林真一
小村敏明 木下勇喜 7月10日
13 波動拳伝説 森羅万象、エネルギーの結実 小林治 高橋幸雄 金子匡邦 7月17日
14 血に飢えた貴公子 美への執着、春麗への媚薬 酒井直行
沢田謙也
岡佳広 渡辺健一郎 渡辺明夫 7月24日
15 両雄激突 プライドと命とシンデレラを賭けた死闘 辻伸一 佐藤英一 しまだひであき 7月31日
16 ベールをぬいだ君臨者 暴走を始めた恐るべき征服欲 加瀬充子 山崎茂 中田雅夫 8月7日
17 戦慄、暴君の司令 忍び寄る策謀、迫り来る危機 木村哲 加瀬充子 前田実 8月14日
18 美しき暗殺者 緑色の瞳、十字架[クロス]の恐怖 田中イチロウ 小村敏明 木下勇喜 8月21日
19 鉄人への特命 救出の空に発つ最強の助っ人 辻伸一 高橋幸雄 金子匡邦 8月28日
20 秘められた爆発力 渾身に満ちるとてつもないパワー 鈴木トシオ 渡辺健一郎 渡辺明夫 9月4日
21 服従への強制 サイバーチップ、脳支配への挑戦 佐藤英一 しまだひであき 9月11日
22 昇龍、空へ 怒りの絶頂、目覚める波動 辻伸一 加瀬充子 前田実 9月18日
23 凍りついた眼光 悪魔に魅入られた勇者 小村敏明 木下勇喜 10月16日
24 悪夢の再会 悲痛の呼び掛け、閉ざされた意識 鈴木トシオ 高橋幸雄 金子匡邦 10月23日
25 死闘〈第一章〉 壮絶、トリプルバトルコマンド 東海林真一 渡辺健一郎 渡辺明夫 10月30日
26 死闘〈第二章〉 力尽きゆく親友の断末魔 佐藤英一 しまだひであき 11月6日
27 死闘〈第三章〉 臨界点、激突する波動エネルギーの極限 佐藤卓哉
辻伸一
雄谷将仁 木下勇喜 11月13日
28 死闘〈第四章〉 君臨者ベガ、その圧倒的破壊力 高橋幸雄 金子匡邦 11月20日
29 死闘完結 全身全霊をかけたファイナルバトル 東海林真一 加瀬充子 南雲公明 11月27日

映像ソフト[編集]

放送当時アミューズソフトエンタテインメントよりVHS/LDが全14巻発売されたが、現在絶版。2009年7月15日にティー ワイ エンタテインメントよりDVD-BOXが発売。

  • 最終14巻には一般公募より採用されたキャラクターとリュウが対峙する新作ショートストーリーを収録。
  • LD版のみ特典として、番組放送中に行われたテレホンキャンペーンの音声を収録。
  • DVD-BOXは各ディスク、1枚に7話、4枚目のみ8話収録しており、解像度は低い。また各メニュー画面も各作品の選択のみで、チャプター選択画面はない。

コミック[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 後期オープニングの映像のみ、リュウやケンと戦っている描写に一瞬ずつ登場している。
  2. ^ 放送15年後の2010年8月に倒産、解散。

関連項目[編集]

読売テレビ制作・日本テレビ系列 月曜19:00 - 19:30枠
前番組 番組名 次番組
ストリートファイターII V
(1995年4月10日 - 11月27日)
【本作以降アニメ枠】
改編期特番

バケツでごはん