ジャックと豆の木 (1974年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャックと豆の木
監督 杉井ギサブロー
脚本 平見修二
製作 グループ・タック
日本ヘラルド映画
出演者 市村正親
山本リンダ
西村晃
水島弘
樹木希林
製作会社 グループ・タック
配給 日本ヘラルド映画
公開 日本の旗 1974年7月20日
上映時間 98分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ジャックと豆の木 は、1974年7月20日に公開された 日本のミュージカルアニメ映画作品[1]

概要[編集]

イギリス民話である「ジャックと豆の木」をアレンジした、「日本発のアニメ・ミュージカル」。 当時まだ珍しかったフルアニメーションに、ヒット・メイカーとして有名な作曲・編曲家陣、さらに同じくヒットを飛ばしていた作詞家の阿久悠がすべての歌の歌詞と音楽構成を担当。 声優の顔ぶれも、ジャック役に当時まだ劇団四季の研究生だった市村正親、マーガレット姫に山本リンダ、そして悪い魔女のノワール夫人を樹木希林が演じている。

あらすじ[編集]

百姓の息子ジャックは、ずっと以前に父を亡くして母親と二人暮らし。ある日、飼っていた雌牛が乳を出さなくなってしまい、ジャックがこれを売りに行くことになった。道の途中で、ジャックは不思議な男に呼び止められ、雌牛と不思議な豆との交換を持ちかけられる。はじめは断ったジャックだったが、男が不思議な楽器で奏でるメロディーを聴いているうち、気が付けば豆と引き換えに牛を引き渡してしまっていた。 もちろん母親はカンカン。ジャックをさんざん叱りつけると、豆を外に投げ捨ててしまうが、ジャックたちが眠っている夜のうち、捨てられた豆から芽が生え、ものすごい勢いで空を目指して伸びていく。 翌朝、外に出たジャックはびっくり仰天。飼い犬のグロスビーとともに、好奇心からその豆のつるを登り、空の上へ上へと向かってゆくと、やがて雲の上のお城にたどり着く。荒れ果てた城の庭には、雲に乗った妖精の姫・マーガレットがいた。どこか正気を失っているような彼女がジャックは気になる。 やがてジャックは、この城を支配しているのが魔女のノワール夫人とその息子の巨人・チューリップの母子であることを知る。ノワール夫人の狙いは、マーガレットとチューリップを結婚させ、この天上の国のすべてを自分が手に入れることだった……。

登場キャラクター[編集]

ジャック
声 - 市村正親
本作の主人公。
マーガレット
声 - 山本リンダ
本作のヒロインである妖精。
グロスビー
声 - 上村一夫
ジャックの愛犬。
豆売りの男
声 - 西村晃
ジャックの雌牛と不思議な豆を交換しようとする。
チューリップ
声 - 水島弘
ノワール夫人の息子である巨人。
ノワール夫人
声 - 悠木千帆(現・樹木希林
マーガレット姫を監禁していた魔女。
たて琴
声 - 一谷伸江
紙の司祭
声 - 日下武史
口上
声 - 左とん平
ミイ
声 - 久野秀子(現・久野綾希子
将軍
声 - 松宮五郎
大臣
声 - 瀬下和久
女官
声 - 北村昌子
スロー
声 - 木内成子
オンドリ
声 - 川原洋一郎
おっ母
声 - 麻生美代子
ジャックの母親。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ジャックと豆の木”. Jmdb.ne.jp. 2012年2月25日閲覧。

外部リンク[編集]