羽賀研二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
はが けんじ
羽賀 研二
本名 當眞 美喜男[1]
別名義 羽賀 健二
生年月日 (1961-07-21) 1961年7月21日(56歳)
出生地 日本の旗 日本沖縄県沖縄市
身長 183cm
血液型 B型
ジャンル タレント実業家
活動期間 1981年 - 2007年
配偶者 既婚
主な作品
バラエティ番組
森田一義アワー 笑っていいとも!
邦子がタッチ
面白アニメランド
テレビドラマ
鞍馬天狗
八代将軍吉宗
北条時宗
嫌われ松子の一生
アニメーション
アラジン』(アラジン
アラジン ジャファーの逆襲』(アラジン)
ストリートファイターII V』(ケン
ストリートファイターII MOVIE』(ケン)

羽賀 研二(はが けんじ、1961年昭和36年〉7月21日 - )は、元タレント、元俳優、現在は受刑者。本名、當眞 美喜男(とうま みきお[1]新聞報道では「当真[2]」「當真[3]」とも表記される)。旧芸名は羽賀 健二

身長183cm、体重68kg血液型はB型。東京シックスプロダクション(フロム・ファーストプロダクショングループ)に所属していた。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

沖縄県沖縄市アメリカ人の父親と日本人の母親の間に生まれる。幼少時代の生活貧困を極め、電気店の納屋を住まいにしていた。そのため早くから新聞配達をして家計を助ける。小学校時代はハーフで赤毛であることを理由に執拗ないじめに遭い、中学時代も同様の理由で喧嘩を吹っかけられる毎日を送った。高校時代はバスケットボール部に所属する。5番でインターハイに出場したこともあり、大学からスカウトされるほどの実力だった。

友人と買い物に行った際、街でスカウトを受けたことで芸能界入りする。なお、この友人は後に羽賀の親友としてテレビ出演も果たした。羽賀は幼少時代、いじめに遭っていたこともあり友人が少なかったが、その人物とはその後も連絡を取り合っているという。

タレント[編集]

高校卒業後の1981年ミュージカル『ザ・ファンタスティックス』で正式に芸能界デビューする。また、劇男一世風靡が分裂する前の劇男零心会にも籍を置いていた(ただし一世風靡には参加していない)。翌1982年、『森田一義アワー 笑っていいとも!』のスタートと同時に初代いいとも青年隊に起用された。これをきっかけに俳優歌手として活動を重ねていく。

1994年から梅宮アンナとの交際が発覚する一方、巨額の借金を抱えていたことが判明し、週刊誌やワイドショーの格好の標的とされる。グラビアアイドルの桜庭あつこが羽賀との関係をマスコミに告白して騒動に拍車をかけた。アンナの父親の梅宮辰夫が2人の交際に公然と反対したことに対して、記者会見した羽賀が「誠意をもって」「誠意を示して」など「誠意」という単語を連発したため、「誠意大将軍」(稀代のワル)などとも呼ばれた。羽賀とアンナは、「ペアヌード」の写真集を出すほどの親密ぶりだったが、1999年に破局した。

2004年頃からはケツメイシのシングル曲「君にBUMP」のプロモーションビデオに出演するなどし、再び芸能活動を本格化するようになった[4]。また、沖縄県北谷町美浜タウンリゾート・アメリカンビレッジにあった「南国食堂」(後に閉店)のオーナーを務めるなど、実業家としても活動する。

2006年、数年間に渡って羽賀の身の回りの世話をしていた元テレビ制作会社社員の女性と結婚した[5]

刑事事件[編集]

2007年6月、未公開株を元値を隠して高値で売り付けて債務を逃れようとした容疑で、元プロボクサーの渡辺二郎らとともに逮捕され、詐欺恐喝未遂(二項)の罪で起訴された。一審は無罪判決だったが、2011年6月の控訴審判決では懲役6年が言い渡される[3][6]。その後、最高裁上告したが[7]2013年3月28日付で最高裁が上告棄却を決定したことにより、懲役6年の実刑判決が確定した[2]。現在は沖縄刑務所に服役中で、2019年に満期出所予定である。

2016年10月27日、未公開株詐欺事件をめぐる株購入代金の返還を求める民事裁判で、大阪地方裁判所は羽賀に対し、被害者が請求した被害全額に相当する約4億円の支払いを命じた。

出演[編集]

バラエティ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • 夏服のイヴ(1984年) - 西丸秀和 役
  • 生徒諸君!(1984年) - 飛島峻 役
  • それから(1985年) - 門野(書生) 役
  • Let's豪徳寺!(1987年)
  • BE FREE!(1986年) - 笹錦洸 役
  • フリーター(1987年)
  • 大失恋。(1995年)
  • 一生、遊んで暮らしたい(1998年) - スカウトマン 役
  • 巌流島 -GANRYUJIMA-(2003年) - 佐々木家侍 役

ビデオ[編集]

  • ブラックプリンセス 地獄の天使
  • 爆裂!M・コネクション ザ・ファイナル・シューティング
  • 爆裂!M・コネクション ミラージュを追え!
  • どチンピラ
  • 暴走儀式 STREET KIDS
  • 恋の仕事人 シャラバ★ヤ★ランコ
  • チンピラ・ドリーム チャラで死ねるか!
  • 鍵師カチリ
  • シルバー
  • 銀鮫 銀座金融伝説
  • 横浜バンスキング
  • 満たされない人妻(おんな)/昼下がりの秘密
  • サギ師一平シリーズ
  • 日本極道史 さらば仁義1.2
  • 梁山泊 外伝 真剣勝負
  • 実録・名古屋やくざ戦争 統一への道1.2.3
  • 岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説 番長足球

吹き替え[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

レコード・CD[編集]

シングル[編集]

  • 街角ロンリー・レイン/傷つけて愛(1982年1月1日発売)
  • シェルブールの雨傘/ローラ
  • とび色の瞳/ミスティー
  • 美女に降参/雨のブルックリン(1984年)
  • 哀愁ワンウェイ/ソーロングサマー
  • ネバーエンディングストーリーのテーマ/風のハイウェイ(1984年)
  • サルビア/ガラスの雪(1996年3月21日発売)
  • 真夜中に泣かないで/STILL I LOVE YOU(1996年8月21日発売)
  • 東京・恋物語/花(2004年11月11日発売)

アルバム[編集]

  • 硬派美学(1984年)

ベストアルバム[編集]

  • BIG ARTIST BEST COLLECTION 羽賀健二(2004年4月1日発売)

脚注[編集]

  1. ^ a b NHKニュース 2013年3月31日
  2. ^ a b “羽賀研二被告の逆転有罪確定へ”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2013年4月1日). http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130401-OHT1T00065.htm 2013年4月1日閲覧。 [リンク切れ]
  3. ^ a b “羽賀研二被告に逆転有罪、懲役6年 未公開株詐欺事件で大阪高裁(1/2ページ)”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2011年6月17日). オリジナル2011年6月20日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110620130856/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110617/trl11061715060003-n1.htm 2013年1月14日閲覧。 
  4. ^ 最新プロモーションビデオを公開!!(2007年7月15日 オリコン)
  5. ^ “羽賀研二「小林麻央似」女性と高速婚”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2006年9月28日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005kekon/KFullNormal20060928048.html 
  6. ^ “羽賀研二被告に逆転有罪、懲役6年 未公開株詐欺事件で大阪高裁(2/2ページ)”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2011年6月17日). オリジナル2011年6月20日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110620190643/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110617/trl11061715060003-n2.htm 2013年1月14日閲覧。 
  7. ^ “羽賀研二被告 最高裁に上告”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2011年6月20日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/06/20/kiji/K20110620001055700.html 2013年1月14日閲覧。 
  8. ^ レギュラー前は1985年6月16日放送分にゲスト出演。
  9. ^ 1994年の「700回記念大会」にはOBチームメンバーとしてマッハ文朱とペアで出演した。