ザ・カンニング IQ=0

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「ザ・カンニング [IQ=0]」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
ザ・カンニング [IQ=0]
Les Sous-doués Passent le Bac
監督 クロード・ジディ
脚本 クロード・ジディ
ディディエ・カミンカ
ミシェル・ファブル
製作 クリスチャン・ラントレティアン
出演者 ダニエル・オートゥイユ
フィリップ・タッシーニ
マリア・パコム
音楽 ボブ・ブロー
撮影 ポール・ボニス
配給 フランスの旗 Films 7
日本の旗 東宝東和
公開 フランスの旗 1980年4月30日
日本の旗 1982年4月3日
上映時間 92分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
配給収入 5億8000万円[1] 日本の旗
次作 ザ・カンニング アルバイト情報
テンプレートを表示

ザ・カンニング[IQ=0](ザ・カンニング アイキューゼロ、仏題:Les Sous-doués Passent le Bac、英題:The Under-Gifted)は1980年に製作されたフランスコメディ映画。フランスの大学入学資格検定バカロレア」の予備校生たちがカンニングを駆使して合格を目指すまでを面白おかしく描いた物語。フィンランドとノルウェーではK-12(12歳未満は視聴不可)規制を受けている。

日本では1982年に劇場公開され、1983年10月29日フジテレビゴールデン洋画劇場」で放送されたときは初代いいとも青年隊が吹き替えに参加、久保田篤がベベル、野々村真がエコロ、羽賀研二がジュリアンを担当した。

日本初公開時のテレビCMでは文部省非推薦」「学校関係の方は立入禁止です」など教育関係者を挑発するようなキャッチコピーが挿入されていた。

続編として『ザ・カンニング アルバイト情報(fr:Les Sous-doués en vacances)』(1982年製作)がある。

概要[ソースを編集]

ヴェルサイユのバカロレア予備校「ルイ14世予備校」のルシエ校長はテレビで在校生の合格者ゼロとの報道を受けた事に怒り狂い、夫レオンの反対を押し切り、新年度からスパルタ教育に移行した。それに反抗するかの如く前半はルシエ校長のスパルタ作戦に対する悪戯の応酬が繰り広げられる。

その後、生徒達の度重なる反発に更なる怒りを燃やすルシエ校長はアメリカ製の「学習マシーン」(問題に正解すると飴が飛び出し、間違えるとビンタをくらう)を輸入して生徒を一人一人マシンで特訓させた。これに腹を立てた生徒たちは校長をへこませるべく、予備校にあったクスクスの鍋に時限爆弾(中身はびっくり箱)を仕掛ける。

しかしその頃、イエメン大使館爆破を狙うあるテロリストが別の同型クスクス鍋でトリニトロトルエンを用いた爆弾をつくり、偶然に生徒の鍋と入れ替わったことでびっくり箱が大使館に、爆弾が予備校に持ち込まれてしまう。生徒達が警察にこの事態を通報した事で、爆弾テロは回避できたものの時既に遅く、発見と同時に予備校が校長夫妻の部屋を残して爆破されてしまった。

この事件で生徒たちは裁判に掛けられ、無実を訴える生徒たちに裁判長は「生徒全員がバカロレアに合格したら無罪」の司法取引を示したが、生徒たちにバカロレアに合格する実力があるはずもなく、あの手この手のカンニングを駆使して試験に臨む。

出演と配役[ソースを編集]

ルイ14世予備校・生徒
ルイ14世予備校・講師
  • ルシエ・ジュマンクール - マリア・パコム(日本語吹き替え:武藤礼子
校長。哲学・倫理を担当
  • レオン・ジュマンクール - ユベール・デシャン(日本語吹き替え:川久保潔
ルシエの夫。数学・英語・物理・化学を担当。
ルシエの娘。歴史・地理を担当。
  • ブリュス - ドミニク・ユラン
体育・生徒指導を担当。
  • マルト - マリー=テレーズ・オラン
ジュマンクール家の家政婦
その他

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)410頁

外部リンク[ソースを編集]