野々村真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ののむら まこと
野々村 真
本名 野々村 眞(ののむら まこと)
生年月日 1964年6月24日(49歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都 文京区本郷
身長 182 cm
血液型 A型
職業 タレント俳優
活動期間 1981年 -
配偶者 野々村俊恵
家族 野々村俊恵(妻)
野々村香音(長女)
野々村侑隼(長男)

野々村 真(ののむら まこと、1964年6月24日 - )は、日本タレント俳優である。本名、野々村 眞、旧芸名は野々村 誠東京都文京区本郷出身。スターダストプロモーション所属。妻は野々村俊恵。長女は野々村香音。長男は野々村侑隼。血液型はA型。

経歴[編集]

本郷で青果店を営む家庭に生れる。城西大学附属城西中学校・高等学校明治大学付属中野高等学校定時制編入・卒業(同級生には、近藤真彦野村義男がいる)。1982年羽賀研二久保田篤と初代いいとも青年隊としてデビュー。また、青年隊の前には劇男一世風靡が分裂する前の劇男零心会に参加していたことがあり渋谷のNHK前や原宿の路上で踊っていたことがある(劇男零心会には参加していたが、劇男一世風靡には参加していない)。

10年以上にわたって交際(同棲)した元アイドル・坂上とし恵と1995年に結婚。以降、妻は本名の野々村俊恵でタレント活動を再開し、夫婦共演でのTV出演も多く、恐妻家タレントとしても有名となった。その後、二児をもうけ、現在は主婦業に専念している。

番組スタート時より回答者としてレギュラー出演している『世界・ふしぎ発見!』では、優等生タイプの黒柳徹子などとは対照的に、一般の常識では考えられないような珍回答を頻繁に出し、会場の爆笑を買うボケ役として有名である。当然、その大部分は不正解であるが、時として彼だけが正解になり、出演者全員から驚かれることがある。2005年8月6日放送分で番組開始20年目にして自身初のパーフェクト(3問全問正解)を達成。このときは涙を堪え切れず男泣きをし、会場中から拍手喝采を受け、その後パーフェクトを祝し都内ホテルにて番組スポンサーの日立製作所主催のパーティが盛大に行われるほどであった(ただし、かつて番組のクイズの数が4問だった時代に3問まで正解を出したことが1度だけある)。また、番組開始25年目の2010年5月1日放送分で、5年ぶり2度目のパーフェクトを達成した。この回は3問中2問が単独正解であった。2013年10月12日放送分では2問目終了時、4人にパーフェクトの可能性がある状態で最終問題を迎え、最終問題の解答に失笑もおきたが、実はその解答が正解であり、自身3度目のパーフェクトとなった。

その『世界・ふしぎ発見!』などで共演し、結婚式では仲人を務めてもらった板東英二にならい、ビル経営も手がけるが、一軒も売れていないという。その不動産投資に関して、2006年10月18日の『クイズ!ヘキサゴンII』の番組中に損失額は約1億円であると司会者の島田紳助が発言した。

エピソード・その他[編集]

  • 恐妻家としても知られ、どっきり番組では俊恵夫人も仕掛け人側に回る事も多い。私生活では亭主関白な面も持っているらしく、『まさかのホントバラエティー イカさまタコさま』に愛娘が出演した際に「テレビでは弱いキャラだけど家では滅茶苦茶怖い」と暴露していた。一方で、芸能界きってのおしどり夫婦でもあり、俊恵婦人とは野々村が売れない時代からの付き合いという事もあり、エピソードも数多い。
    • 1997年1月18日サイパンのカラオケバーで佐々木主浩と俊恵夫人ともに日本人の一般客と喧嘩になり、佐々木が額を11針縫う傷を負った。後に、喧嘩相手が週刊誌などに喧嘩の経緯を告発したため、ワイドショーの取材攻勢を受ける騒動となった。
    • 2007年4月5日日本テレビ系列で放映された『くりぃむしちゅーのどっきり大作戦4』で、金山一彦が知らない彼女を連れてきて、そこに運悪く金山の妻である芳本美代子が来て、金山の依頼で野々村がその彼女とカップルのように繕ってその場を何とか凌いだが、またもや運悪く野々村の妻がそこに来るという恐怖のドッキリがあった。その時に野々村は最後まで友情を裏切らなかったが、妻が来たときの野々村の顔は、世界の終わりを告げたように蒼白だった。
  • 『所さんのただものではない!』や『世界・ふしぎ発見!』では珍答ぶりが目立ち、出演以降は長らく「天然ボケ」というイメージが強かった。ただ『クイズ!ヘキサゴンII』では基本的に真面目に答えている。『クイズ!ヘキサゴンII』に初出演したときには予選ペーパーテストで好成績を出し、行列早抜けリレークイズでも早々に正解したことから、これまでのイメージとの違いに共演者は驚き、島田紳助からも「お前(の中に)誰か(別の人が)入っているんちゃうか?」といじられた。
  • 『世界・ふしぎ発見!』出演当初には「何故クイズ番組に教養がない者を出すのか」という苦情の意見が殺到したという。この番組での経験を生かし、『クイズ!ヘキサゴンII』初出演時には「元祖おバカタレント」を名乗った。
  • 紳助の計らいで野々村と俊恵が旅行できるように、紳助の友達と20人程度で石垣島旅行を計画した。野々村ら20人で行動するのでマスコミにばれないで済むと安心していた。しかし、いたずら大好きの紳助が羽田空港全日空のチェックインカウンターの前に「野々村真・坂上俊恵 お忍び旅行」と書いた横断幕を作って当日持参したおかげで交際がバレバレになってしまった。横断幕は到着地の石垣空港における記念撮影で使ったという。日本テレビ『人生が変わる1分間の深イイ話』や『行列の出来る法律相談所』でも紳助はネタにしている。
  • 紳助が発起人となって結成された「真会」の会長を務めている。メンバーには他に増田英彦黒田俊介などがいる。集まりでは皆が野々村の30代の頃の顔写真をプリントされたTシャツを着ていくという妙な習慣がある。
  • 初代いいとも青年隊として『笑っていいとも!』出演期間に大学受験を経験する。第一志望であった青山学院大学のみに絞っての受験という気迫の選択であった。その際は『笑っていいとも!』番組放送中に合否発表を受けるという演出がなされたが、結果は不合格、それ以降は芸能活動に一貫した。

出演番組[編集]

バラエティ(現在)[編集]

バラエティ(過去)[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • アイドルを探せ(1987年)
  • 父(1988年)
  • 青い山脈'88(1988年)
  • 遺産相続(1990年)

劇場アニメ[編集]

CM[編集]

その他[編集]

著書[編集]

外部リンク[編集]