イカさま☆タコさま

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イカさま☆タコさま
ジャンル クイズ番組 / バラエティ番組
演出 佐藤三生
出演者 さまぁ〜ず
大竹一樹三村マサカズ
ほか
エンディング FairiesWhite Angel
製作
プロデューサー 張眞英
林和夫
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2012年10月18日 - 2013年3月7日
放送時間 木曜日20:00 - 20:54
放送分 54分
公式サイト
まさかのホントバラエティー イカさまタコさま
(開始から2011年12月まで)
エンディング Sissyストロベリー
放送期間 2011年10月12日[1] - 2011年12月20日
放送時間 火曜日23:50 - 翌0:20
放送分 30分
回数 11
まさかのホントバラエティー イカさまタコさま
(2012年4月から2012年9月まで)
放送期間 2012年4月18日 - 2012年9月26日 
放送時間 水曜日19:00 - 19:55
放送分 55分
イカさま☆タコさま
(2012年10月から2013年3月まで)
放送期間 2012年10月18日 - 2013年3月7日
放送時間 木曜日20:00 - 20:54
放送分 54分

特記事項:
2011年11月1日からTBSでは、火曜 23:45 - 23:50に『もうすぐイカさまタコさま』も放送されていた。
テンプレートを表示

イカさま☆タコさま』は、TBS系列で放送されていたクイズバラエティ番組である。略称は「イカタコ」。

当項目では、前身となる『まさかのホントバラエティー イカさまタコさま』(通称は「イカさまタコさま」)に関しても記述する。

概要[編集]

三村マサカズさまぁ〜ず)が人生初となる単独MCを務める[2]クイズ番組。VTRで出題される「ウソのようなホントの話」の中に混じる「イカサマ話」を、スタジオの大竹一樹(さまぁ〜ず)とゲスト解答者がそれぞれ見抜き解答し競う。番組中には、番組名にちなんだイカタコのキャラクターが登場する。

2011年10月12日(11日深夜)[1]から12月20日まで、火曜23:50 - 翌0:20に放送されていたが、2012年4月18日からゴールデンタイムの水曜19:00 - 19:55枠に進出した。ゴールデン初回は、19:00 - 20:49に2時間スペシャルが放送された。ゴールデン進出に伴い、番組ロゴや構成が変更されている。

2012年10月18日から木曜20:00 - 20:54に移動し、TBS系列一律での全国ネット番組へと昇格。同時に番組名も『イカさま☆タコさま』へと改題、扱うネタの内容も「親子」をターゲットに意識したものへとシフトした[3]が、2013年3月7日で放送終了となった。

出演者[編集]

MC[編集]

レギュラーパネラー[編集]

アシスタント[編集]

主なコーナー[編集]

イカさま見抜きバトル[編集]

雑学などの話題が「ホント」か「イカさま」かを見抜くダウトクイズ。出題される「ウソのようなホントの話」に対し、解答者は「イカさま(ウソ)」と思う場合のみ手元のボタンを押し、「ホント」と思う場合はボタンを押さずに「スルー」する。シンキングタイムは約10秒。
最初の持ち点は10点。「イカさま」を見抜くと5点追加、「ホント」の正解を「イカさま」にすると「お手つき」として2点減点。「イカさま」を「スルー」した場合は変動がない。
ゴールデン進出からは、点数がイカの数(点数表示のモニターにキャラクターのイカが点数分表示される)になり、単位も「匹」に変更された(見抜いた場合、イカが泳いで来るが、お手付きすると、網で連れ去られる)。
最も点数が多い解答者には、トップ賞として番組特製のスワロフスキー製「イカタコストラップ」が贈呈される[4]。特番では番組グッズの詰め合わせとなり、更に副賞の海外旅行を賭けてトラベルチャンス(後述)に挑戦できる。
答え合わせで「ホント」か「イカさま」かを発表する時、海物語シリーズのように演出(画面が泡で覆われる、画面いっぱいに魚が横切る、ホタテ貝が開いて内部が輝く(白にイカタコマークと赤パトランプ)が起きる場合がある。ほとんどは演出があると「イカさま」だが、稀に「ホント」になることもある。
「たまに混じるイカさま話を見抜け」というコンセプトである。そのため、出題VTRではイカが「この話、ホントだよ」としゃべってから始まり、正解も基本的に「ホント」が多く「イカさま」は少なめである。ゴールデン進出からは、問題の出題順や頻度は三村の裁量で決められるようになり、三村との駆け引き・読み合いも重要とされる[5]
深夜時代はこのコーナーのみで構成されていた。
イカさま4択
話題の真偽を見抜くのではなく、4つの噂や情報の中に1つだけ含まれている「イカさま」はどれかを選ぶ。正解なら5点追加、不正解なら2点減点。
オンリーワンを当てろ ひらめけ!ダジャレンジャー
特定の単語を使ったダジャレを特定のグループに出題し、その中で1人が答えたダジャレを当てる。書き問題で正解すれば5点追加。ただし、ダジャレのスペシャリストが考えたダジャレとかぶった場合は2点減点。
サドンデスクイズ ニッポンの3択
街頭で300人に、3択のアンケートを実施。得票数が最も多かった項目はどれかを当てる。
2時間スペシャルでは、正解なら5点追加、不正解ならこのクイズの参加権を失う。全員不正解するまで、クイズは出題され続ける。
通常放送では正解なら5点追加、不正解でも次のクイズに参加することができる。スペシャルの場合、全員不正解するまで、クイズは出題され続けるが、通常放送では、3問出題される。通常放送では、 ニッポンの3択として放送される。
トラベルチャンス イカさま漢字
特番の優勝チームが、海外旅行の副賞を賭けて挑戦。
モニターに映し出された沢山の同じ漢字の中に紛れた、似ている別の漢字1文字を見つける。10秒以内に見つけることができれば、海外旅行獲得。

TSUTAYA イカタコ店[編集]

TSUTAYAとのコラボレーション企画。音楽映画などの「嘘のようなホントネタ」を紹介する。出演者が「イカすボタン」を連打し、最高「50イカす」中どれだけかを評価する。採用者には「スワロフスキー製リールキーチェーン」が与えられる。

ストック3[編集]

ゲストが普段家で使っている品物を3つスタジオに持ち込む。うち2つは本物だが、1つは「イカさま」。解答者はゲストの演技力、トークをヒントに「イカさま」を見抜く。
解答者は正解すれば番組特製「イカたこミネラルウォーター&スワロフスキー製ボトルキャップ」を、ゲストは解答者全員を騙せば「イカタコストラップ」を獲得。

ザ・マスクマン[編集]

仮面をかぶった5人のうち、1人は仮面の顔の本人だが、残りの4人は「イカさま」。解答者は質疑応答や演技力などをヒントに「仮面の顔の本人」を当てる。

みんなの選択 …といえば[編集]

3チームによるペア戦のクイズ。この企画では三村も大竹と共に「さまぁ〜ずチーム」として挑戦とする。ある特定のお題(「寿司ネタといえば」「AKB48のシングル曲といえば」など)を選び、その中から回答率が50%を超えると思うものを選択。それを別室にいる20 - 30代の男女100人にアンケートとして出題する。回答方法は「A(選択肢1つ目)」「B(選択肢2つ目)」「C(選択肢3つ目)」「その他」の中から自分が思い描いた答えを選択する。アンケート結果のうち、選択した物の総回答率が50%を超すことができれば成功となりポイント獲得。1つだけで50%を超えれば10ポイント、2つなら3ポイント、3つなら1ポイント獲得となる。

放送リスト[編集]

ゴールデンタイム初期の当番組の扱い[編集]

  • TBS系列では1982年開始の『そこが知りたい』からローカルセールス枠を設けている。ゴールデンタイムでの放送初期は同時ネット局であっても個別にローカル編成を組む場合がある。ただし、2時間スペシャルの場合は、下記に記載されている未放送局でも2時間(19:00 - 20:49)または1時間(裏送り版、20:00 - 20:54)のどちらかにして放送された。
  • 2012年10月放送分より木曜日20時台に移動となり、全国ネットに昇格する。ただし、枠移動後は月曜19時枠がローカルセールス枠になった。

問題となった放送[編集]

  • 2012年9月5日放送の「サドンデスクイズ ニッポンの3択」において、「福沢諭吉、新渡戸稲造、野口英世 この中で最も抱かれたくないのは誰?」というアンケートに女性300人が回答するという内容だったが、放送後に視聴者から「偉人を侮辱している」などの苦情がBPOに殺到した。これに対し、番組の謝罪は一切なかった。[6]

ネット局・放送時間[編集]

深夜時代[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送期間 放送日時 遅れ日数
関東広域圏 TBSテレビ(TBS) TBS系列 2011年10月12日[1] - 同年12月20日 火曜 23:50 - 翌0:20 制作局
福島県 テレビユー福島(TUF) 同時ネット
静岡県 静岡放送(SBS)
石川県 北陸放送(MRO)
熊本県 熊本放送(RKK)
青森県 青森テレビ(ATV) 2011年10月17日 - 2012年1月2日 月曜 23:50 - 翌0:20 6日遅れ
北海道 北海道放送(HBC) 2011年10月21日 - 2012年1月6日 金曜 0:20 - 0:50(木曜深夜) 9日遅れ
中京広域圏 中部日本放送(CBC) 2011年10月27日 - 2012年1月26日 木曜 23:50 - 翌0:20 16日遅れ
福岡県 RKB毎日放送(RKB) 2011年10月28日 - 2012年1月13日 金曜 1:25 - 1:55(木曜深夜)
宮城県 東北放送(TBC) 2011年10月29日 - 2012年1月14日 土曜 0:55 - 1:25(金曜深夜) 17日遅れ
近畿広域圏 毎日放送(MBS) 2011年11月3日 - 2012年1月19日[7] 木曜 0:55 - 1:25(水曜深夜) 22日遅れ
宮崎県 宮崎放送(MRT) 2012年2月4日 - 同年4月14日 土曜 0:25 - 0:55(金曜深夜) 108日遅れ[8]
富山県 チューリップテレビ(TUT) 2012年4月8日 - 同年6月17日[9] 日曜 1:43 - 2:13(土曜深夜) 172日遅れ[10]

単発放送(深夜)[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 放送回
高知県 テレビ高知(KUTV) TBS系列 2011年12月13日 23:50 - 翌0:20
2011年12月20日 23:50 - 翌0:20
第4回
第5回
長崎県 長崎放送(NBC) 2012年2月12日 14:54 - 15:54
2012年4月14日 15:00 - 15:30
第11回
第4回
山口県 テレビ山口(tys) 2012年4月7日 14:55 - 15:55 第11回
愛媛県 あいテレビ(ITV) 2012年10月13日 16:54 - 17:24
2012年11月10日 16:54 - 17:24
2012年11月17日 16:54 - 17:24
2012年12月9日 15:00 - 15:30
第4回
第2回
第10回
第6回

ゴールデン時代[編集]

不定期で単発の自社制作番組やブロックネット番組に差し替えられる場合がある。

放送対象地域 放送局名 放送時間 遅れ日数
関東広域圏 TBSテレビ(TBS) 水曜 19:00 - 19:55 (キー局)
北海道 北海道放送(HBC)[11] 同時ネット
岩手県 IBC岩手放送(IBC)
宮城県 東北放送(TBC)
山形県 テレビユー山形(TUY)
福島県 テレビユー福島(TUF)[12]
富山県 チューリップテレビ(TUT)[13]
石川県 北陸放送(MRO)
中京広域圏 中部日本放送(CBC)[14]
広島県 中国放送(RCC)
山口県 テレビ山口(tys)[15][16]
愛媛県 あいテレビ(ITV)
長崎県 長崎放送(NBC)
宮崎県 宮崎放送(MRT)
沖縄県 琉球放送(RBC)
福岡県 RKB毎日放送(RKB)[17] 木曜 20:00 - 20:54 16日
鹿児島県 南日本放送(MBC) 1日
熊本県 熊本放送(RKK) 土曜 12:10 - 13:05 不明
青森県 青森テレビ(ATV)[18] 不定期放送
山梨県 テレビ山梨(UTY)
新潟県 新潟放送(BSN)[18]
長野県 信越放送(SBC)
岡山県・香川県 山陽放送(RSK)[19]
高知県 テレビ高知(KUTV)[18]

全国ネット昇格後[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送期間 放送日時 遅れ日数
関東広域圏 TBSテレビ(TBS) TBS系列 2012年10月18日 - 2013年3月7日 木曜 20:00 - 20:54 制作局
北海道 北海道放送(HBC) 同時ネット
青森県 青森テレビ(ATV)
岩手県 IBC岩手放送(IBC)
宮城県 東北放送(TBC)
山形県 テレビユー山形(TUY)
福島県 テレビユー福島(TUF)
山梨県 テレビ山梨(UTY)
新潟県 新潟放送(BSN)
長野県 信越放送(SBC)
静岡県 静岡放送(SBS)
富山県 チューリップテレビ(TUT)
石川県 北陸放送(MRO)
中京広域圏 中部日本放送(CBC)
近畿広域圏 毎日放送(MBS)
鳥取県・島根県 山陰放送(BSS)
岡山県・香川県 山陽放送(RSK)
広島県 中国放送(RCC)
山口県 テレビ山口(tys)
愛媛県 あいテレビ(ITV)
高知県 テレビ高知(KUTV)
福岡県 RKB毎日放送(RKB)
長崎県 長崎放送(NBC)
熊本県 熊本放送(RKK)
大分県 大分放送(OBS)
宮崎県 宮崎放送(MRT)
鹿児島県 南日本放送(MBC)
沖縄県 琉球放送(RBC)

主要スタッフ[編集]

最終回時点のもの。

  • 演出:佐藤三生
  • 構成:堀田延、張眞英/内藤高淑、北本かつら、石原大二郎、生駒毅、平和紘、石田雄二郎、足立昌也、野地努
  • ナレーター:真地勇志新かな子平井啓二
  • SW:小川利行
  • CAW:吉川和彦
  • VE:水野博道
  • AUD:加瀬悦史
  • 照明:佐藤博樹
  • 美術プロデューサー:杉浦仁、澁谷政史
  • 美術制作:串岡良太郎
  • 美術デザイナー:中川日向子、太田卓志
  • 美術協力:アックス
  • 装置:谷平真二
  • 操作:樋口真也
  • 電飾:西田和正
  • 装飾:森田琴衣
  • メイク:高梨裕子
  • スタイリスト: 村純子(さまぁ~ず担当)
  • ロケ技術:港家
  • 技術協力:テクノマックスニユーテレスFLT
  • 編集:井上達生、松本ミク
  • MA:宮嶌宏道
  • CG:森三平
  • イラスト:中澤正弘
  • リサーチ:Bリサーチ
  • 音効:井澤利幸(AXL)、田村智之(クジラノイズ
  • テーマ曲:宮川拓
  • TK:荒井順子
  • 協力:トライナルインターナショナルARTISAN & ARTIST
  • 編成:福田健太郎、前田麻友
  • 宣伝:河野裕之
  • AD:多田洋一郎、中島賢一、川岸昌嗣、五十嵐愛実
  • ディレクター:小林一丈、相澤雄、大川剛史、大垣乗、三浦信一、小林恭寛、大野洋、鈴木博久、石井賢次、岩本明大
  • FD:吉濱明秀
  • プロデューサー:張眞英、林和夫、川岸宏彰
  • 製作:YELLOWTBS

過去[編集]

  • 構成:村松浩介、藤本裕
  • ナレーター:市川展丈下山吉光
  • TD:古川祥行、高瀬義美
  • マルチ:伊藤拓也
  • 美術進行:小山千香子
  • 大道具:鈴木康之
  • ロケ技術:ヴイ・ビジョンスタジオ
  • 美術協力:フジアール
  • CG:荻野崇
  • イラスト:ピータン、グレートインターナショナル
  • リサーチ:ノマド
  • AP:又木康輔、岸本真由美、新本あじあ
  • ディレクター:小林利光、薮内智子、高橋寛之、保坂彰文、藤原将人、石田利之
  • 総合演出:山川ハジメ
  • プロデューサー:大野勝彦

エンディングテーマ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 初回は前夜の『リンカーン』が90分スペシャル(22:00 - 23:24)を放送したため、30分繰り下げ、水曜になってからの放送となった。
  2. ^ 新人バンドが三村マサカズ人生初単独MC番組のED曲 - ORICON STYLE 2011年10月11日 なお、ゴールデン進出からは吉田がMCに加わるが、ゴールデン初回放送でも(コンビではなく)「単独MC」と強調されている。
  3. ^ “有田、爆笑、浜田、ネプ、有吉ら新番組、TBS秋の改編発表”. お笑いナタリー. (2012年8月29日). http://natalie.mu/owarai/news/75571 
  4. ^ レギュラー解答者の大竹がトップ賞になった場合には、「イカタコストラップ」は視聴者プレゼントとなる。
  5. ^ 三村はゴールデン初回放送で「最終的にはミリオネアみのさんように解答者VS司会者にしたい」と語っているが、他の人からは「無理」と一蹴されている。
  6. ^ http://www.bpo.gr.jp/?p=5582
  7. ^ 第10回は放送なし。
  8. ^ 第1回は放送なし。第2回から放送。
  9. ^ 2012年2月16日 0:30 - 1:30(15日深夜)に第11回が単発放送された。
  10. ^ ゴールデンタイム版と並行しての放送となった。
  11. ^ 月1回は、『北のフード熱血応援団 ケッパレ!ごはん』に差し替えられる。4月25日分は28日16:00に放送。5月30日分の放送はなし。
  12. ^ 毎週最終週は『キラリ☆ふくしま』が放送されるため、最終週のみ休止となる。休止分は不定期で放送される。
  13. ^ TUTでは深夜版も同時に放送していたため、週2回視聴できていた。
  14. ^ 初回放送分は、プロ野球(中日ドラゴンズ主催のホームゲーム)中継に差し替えのため、2012年4月21日の13:00 - 14:54に放送。
  15. ^ 数ヶ月に1回は、『週末ちぐまや家族SP』や中四国ネットローカル番組に差し替えられる。その際は、そのまま休止扱いになる。
  16. ^ 2012年8月8日5日(日)に行われたフジテレビロンドンオリンピックマラソンの中継に伴い、日曜劇場サマーレスキュー〜天空の診療所〜」(第4話)の振り替え放送をこの時間帯に行ったため休止・放送せず。なおtysは、開局から1987年9月までは、(クロスネット局だったとは言え)フジテレビ系列局だった。
  17. ^ プロ野球中継福岡ソフトバンクホークス主催のホームゲーム)の場合、後日放送または1週間遅らせて放送。
  18. ^ a b c 初回の2時間スペシャルはフルネットで放送。以降、通常放送も不定期でネット。
  19. ^ 主に第4週を除く日曜日の13時から放送しているが、編成上の都合で土曜の15 - 17時のいずれかに放送されていることもある。

外部リンク[編集]

TBS 火曜23:45 - 23:50枠
前番組 番組名 次番組
もうすぐあらびき団
もうすぐイカさまタコさま
もうすぐヒキダス
TBS 火曜23:50 - 翌0:20枠
まさかのホントバラエティー
イカさまタコさま
TBS 水曜19:00 - 19:55枠
まさかのホントバラエティー
イカさまタコさま
水トク!(第2期)
※19:00 - 20:54
TBS 木曜20:00 - 20:54枠
スパモク!!
※19:00 - 20:54
【この番組のみローカルセールス枠】
イカさま☆タコさま
【当番組から全国ネット枠
ニンゲン観察バラエティ
モニタリング

【木曜0:20 - 0:50(水曜深夜)枠より移動・拡大】