秋元才加

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

あきもと さやか
秋元 才加
秋元 才加
AKB48時代の秋元才加
(Japan Expo 2009)
生年月日 (1988-07-26) 1988年7月26日(34歳)
出生地 日本の旗 日本・千葉県
身長 166cm
血液型 B型
職業 俳優タレント
ジャンル テレビドラマ映画バラエティ
活動期間 2006年 -
活動内容AKB48メンバー(元チームK)
Chocolove from AKB48(2007年4月 - 2008年1月)
DiVA(2011年4月 - 2014年11月)
配偶者 PUNPEE(2020年 - )
公式サイト Sayaka Akimoto Official Website
主な作品
テレビドラマ
マジすか学園
名探偵コナン 工藤新一への挑戦状
NHKドラマ部幽霊対策シリーズ
牙狼〈GARO〉』シリーズ
戦艦大和のカレイライス
舞台
『ダブルヒロイン』
ローマの休日
映画
ウルトラマンサーガ
奴隷区 僕と23人の奴隷
マンゴーと赤い車椅子
媚空 -ビクウ-
山猫は眠らない8 暗殺者の終幕
テンプレートを表示

秋元 才加(あきもと さやか、1988年昭和63年〉7月26日 - )は、日本俳優タレント。女性アイドルグループ・AKB48およびその派生ユニット・DiVAの元メンバー。千葉県松戸市出身[1]。元フレイヴ エンターテインメント所属(2022年9月まで[2])。夫はラッパーPUNPEE

来歴

芸能人になりたいという願望から、高校時代にいくつかオーディションを受ける。

2006年2月26日、『第二期AKB48追加メンバーオーディション』に合格。同年4月1日AKB48劇場でのチームK初日公演において、公演デビュー。

2009年6月から7月にかけて実施された『AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』では12位で、メディア選抜入りする。同年8月23日の『読売新聞創刊135周年記念コンサート AKB104選抜メンバー組閣祭り』の夜公演で、2010年より新生チームKのキャプテンになることが発表され、同年3月12日に就任。

2010年5月から6月にかけて実施された『AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」』では17位で、シングル選抜入りする。7月10日11日に開催された『AKB48 コンサート「サプライズはありません」』で、18thシングルのカップリング曲は新たに結成したチームピグ10組のうち、投票により1組を選ぶという旨が発表された。秋元は「サリー秋元」名義で「カムチャッカ渡り鳥慕情」をAKB48初の演歌で、単独ソロとして挑戦。8月9日の結果発表で、第5位となる[3]10月4日からはフジテレビ森田一義アワー 笑っていいとも!』に月曜日レギュラーで出演することが発表された[注 1]。なお、2012年3月30日放送分をもって同番組のレギュラー出演を卒業した。

2010年10月16日には、一部で報じられた[4]仕事仲間の男性(広井王子)を不用意に自宅へ宿泊させたことに関し、その責任を取るため「チームKキャプテンを辞任する」と『AKB48のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)出演の際に自ら発表した。

2011年2月27日に開催された東京マラソン2011に「支えてくれた方々に一からリスタートで頑張る自分を見せたい」という決意でランナーとして参加し、6時間53分53秒(ネットタイムは6時間50分06秒)のタイムで完走した[5][6]。トレーナーはセカンドウィンドAC・スタッフの尾崎朱美。さらに、ゴールした後に出演したマラソン中継特別番組内では、秋元康から番組に宛てたメールが読み上げられ、その中でチームKキャプテンへの復帰が言い渡された[7]。その後、同日にAKB48劇場で開催されたチーム研究生・夜公演に、梅田彩佳宮澤佐江増田有華と4人でゲスト出演。キャプテン復帰報告を行うとともに、前述の4人で新ユニット・DiVAとして、シングル「月の裏側」をリリースすることを発表。しかし、3月11日に発生した東日本大震災の影響により、シングルのリリースは4月27日から5月18日に延期された。

2011年5月から6月にかけて実施された『AKB48 22ndシングル選抜総選挙「今年もガチです」』では、5月25日に速報を発表した時点では23位だったが、最終結果は前年に引き続きシングル選抜入りとなる17位であった[8]

2011年9月20日に開催された『AKB48 24thシングル選抜じゃんけん大会』は5位で、選抜入りを果たした[9]

2012年2月26日東京マラソン2012に出場し、前回の記録を1時間以上も短縮し5時間34分13秒のタイムで完走した[10]

2012年5月から6月にかけて実施された『AKB48 27thシングル選抜総選挙』では20位で、アンダーガールズ入りを果たした[11]

2012年8月24日、『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、各チーム再編後のチームKキャプテンは大島優子に交代することが発表される[12][13]。なお秋元の異動はなかった[13]。同年11月1日にチーム再編された新体制に移行[14]

2013年4月7日、公式ブログにおいて、AKB48を卒業することと、同年5月から6月にかけて実施される『AKB48 32ndシングル選抜総選挙』に立候補しないことを表明した[15][16]。なお、卒業セレモニーは8月22日[17] に、卒業公演は8月28日に行われた[18][19]

2014年6月20日、フィリピンの観光親善大使に就任[20]2015年6月2日には、来日中のフィリピン大統領のベニグノ・アキノ3世が都内のホテルで催した「大統領と在日フィリピンコミュニティーとの集い」に、特別ゲストとして招待された[21]

2018年5月、「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2017-18 アンバサダー」に就任[22]

2020年6月20日、かねてから交際中であったラッパーPUNPEEと結婚した[23]

2020年7月、映画『山猫は眠らない』シリーズの8作目に出演することが決定。ハリウッドデビューを果たす[24]

2022年、『鎌倉殿の13人』で大河ドラマ初出演(巴御前役)[25]

2022年9月30日、フレイヴ エンターテインメントとの専属契約を終了[2]。今後は個人として活動し、一部の仕事に関しては継続してフレイヴ エンターテインメントに業務を委託する[2]

人物

  • 秋元康と同姓であるため度々親子、親戚関係説を挙げられることがあるが、偶然苗字が同じであるというだけであり、血縁・婚姻関係は一切無い[要出典]
  • 父親は日本人で母親がフィリピン人のハーフ[26]。英語が得意だが[27]、フィリピンの公用語の一つであるタガログ語は苦手[28]
  • 同じフィリピン系である大相撲の髙安晃田子ノ浦部屋)とは幼少時から親交があり、両国国技館での本場所では高安の応援をかねて観戦することもある[29]。2017年6月の週刊誌に掲載された、ミッツ・マングローブが本人から聞いた話によると、交際やファンが「秋元は高安と結婚してほしい」という願望を出すことについては「私の人生、私が選ぶし、好きな人も、好きなものも私が選ぶ」とし、同調するでもなく否定するでもない形で回答している[30]
  • 好きな歌手は、ジャニス・ジョプリンマイケル・ジャクソンなど[31]
  • 合気道2段。学生時代には、バスケットボール部と陸上部を掛け持ちしていたが、長距離走は苦手としている[32]。また、スポーツを長時間見るのは苦手で、行う方が好き[33]
  • 筋肉美に定評がある[34]
  • 理想の結婚生活は、「夫と同じマンションの隣の部屋に住むこと」[35]

AKB48時代

  • キャッチフレーズは「強く、気高く、美しく」[36]
  • 倉持明日香からは「もっさん」と呼ばれる[37]。また、才加を分解すると「オカロ」と読めることから、ファンの間では「オカロ」と呼ばれることもある[38]。横山由依からは「もんさん」または「さやかちゃん」と呼ばれていた。
  • AKB48在籍時に所属事務所が同じで、メンバー内では高身長であった宮澤佐江と合わせて「ツインタワー」という愛称で呼ばれ、行動を共にすることが多かった。また、宮澤の母親ともメル友[39]
  • 宮澤佐江と大島優子とはお互いを「心友」と呼び合い、グループ卒業後には「SyS」というスキューバーダイビング同好会を結成した[40]
  • 「男前(ここでは硬派の意)」な性格とされ、メンバーは「カッコいい」と口を揃えて評する。他のメンバーによって放り出されたトカゲやウナギを救出した。
  • AKB48が第59回NHK紅白歌合戦への出場を逃した際、「この悔しさをこの身に刻み込もう、忘れないようにしようと思って」紅白歌合戦が行われる直前のある日にNHKホールへ自ら赴いた[41]
  • 英語を得意とするため、AKB48の日本国外公演において「大声ダイヤモンド」などの楽曲を英語バージョンで歌う際にはメインボーカルを務めた[42]

AKB48在籍時の参加曲

シングルCD選抜曲

SKE48名義

  • チキンLINE」に収録
    • 旅の途中 - 「宮澤佐江と仲間たち」名義

アルバム選抜楽曲

  • 神曲たち」に収録
    • Baby! Baby! Baby! Baby!
    • 君と虹と太陽と
  • SET LIST〜グレイテストソングス〜完全盤」に収録
    • あなたがいてくれたから
  • ここにいたこと」に収録
    • 僕にできること - 「チームK」名義
    • イイカゲンのススメ
    • ここにいたこと - 「AKB48+SKE48+SDN48+NMB48」名義
  • 1830m」に収録
    • 家出の夜 - 「チームK」名義
    • 青空よ 寂しくないか? - 「AKB48+SKE48+NMB48+HKT48」名義
  • 次の足跡」に収録
    • 強さと弱さの間で

その他の参加楽曲

  • シングルCD「TEAM-Z ORIGINAL SOUND TRACK」(「チームZ」名義)
    • 恋のお縄
    • 私の彼氏は銭形平次
    • 会いたかった 〜お江戸 Ver.〜
    • 銭形平次 〜TEAM-Z Ver.〜
  • シングルCD「Mine」(「河西智美」名義)に収録
    • Enjoy your life !

劇場公演ユニット曲

チームK 1st Stage「PARTYが始まるよ」

  • スカート、ひらり
  • 星の温度
  • あなたとクリスマスイブ

チームK 2nd Stage「青春ガールズ」

  • Blue rose
  • ふしだらな夏
  • 禁じられた2人(河西智美のアンダー)

チームK 3rd Stage「脳内パラダイス」

  • 君はペガサス

ひまわり組 1st Stage「僕の太陽」

  • 向日葵
    ※ユニット参加ではないが、「アイドルなんて呼ばないで」ではバックでチアガール姿で登場する。

ひまわり組 2nd Stage「夢を死なせるわけにいかない」

  • Confession
    ※一部演目では成瀬理沙とのダブルキャストの出演の場合もあり。

チームK 4th Stage「最終ベルが鳴る」

  • リターンマッチ
  • ごめんね ジュエル

チームB 3rd Stage「パジャマドライブ」

  • 鏡の中のジャンヌ・ダルク

チームK 5th Stage「逆上がり」

  • 虫のバラード(ソロユニット)

チームK 6th Stage「RESET」

  • 明日のためにキスを

チームK ウェイティング公演

  • あなたとクリスマスイブ
  • 誘惑のガーター

ディスコグラフィ

タイアップ

楽曲 タイアップ
繊月〜光と闇の傍で〜 映画『媚空 -ビクウ-』主題歌[43]

出演

映画

テレビドラマ

吹き替え

ドキュメンタリー

  • ハートネットTVロンドンパラリンピックへの道」および「シリーズ・パラリンピックへの挑戦」(2012年随時、NHK Eテレ
  • ロンドンパラリンピック関連番組
    • まもなく ロンドンパラリンピック開幕!「世界に挑む日本選手」(2012年8月26日、NHK Eテレ)
    • ロンドンパラリンピック 大会7日目 ダイジェスト(2012年9月5日、NHK総合・NHK Eテレ)
    • ロンドンパラリンピック 大会9日目 ダイジェスト(2012年9月7日、NHK総合・NHK Eテレ)
  • ガチアジア「芸能”チャイニーズ・ドリーム”〜台湾からアジアを制す〜」(2014年1月23日、NHK九州沖縄ブロック)

情報番組・スポーツ番組

バラエティ番組

音楽番組

ナレーション

  • BS12スペシャル「“言葉の難民”~このくにでいきるこどもたち~」(2019年5月17日、BS12 トゥエルビ) - ナレーター[99]

その他のテレビ番組

ラジオ

舞台

ネット配信

  • チーバくんを探せ!!Season2(2018年8月22日 - 、公式サイト・ポニーキャニオン YouTubeチャンネル) - 秋元研究員 役[129]
  • オンライン演劇「スーパーフラットライフ」(2021年4月3日・4日配信開始、LINE LIVE-VIEWING) - 主演・棚橋エリ 役[130]
  • イヤードラマ「ぷく友」(2022年2月7日配信開始、全5話、NUMA・NUMAプレミアム) - 牧田さん 役[131]

CM

広報・キャンペーン

イベント

ランウェイ

書籍

  • 講談社MOOK 東京マラソン2012 公式ガイドブック(2011年12月6日、講談社) - インタビュー収録 ISBN 978-4-06-389590-2
  • 日本語教師になろう 2014年度版まるごとガイドブック(2013年1月22日、アルク) - 表紙・ルポルタージュ収録[152] ISBN 978-4-7574-2257-5
  • 動かなくてもお腹が凹む 30日間体幹チャレンジ(2018年2月16日、著者;木場克己宝島社) - 表紙モデル ISBN 978-4-8002-8088-6

写真集

雑誌連載

  • Numéro TOKYO(2012年1月28日 - 、扶桑社) - 「TOKYO〜秋元才加のモードな女道〜」を連載
  • 松戸市Walker(2014年1月31日 - 、KADOKAWA[1]
  • SPUR(2020年2月22日 - 、集英社) - 「秋元才加の音語り」を連載[153]

Web連載

新聞掲載

  • 朝日新聞朝刊(2014年7月10日[155]
  • 朝日新聞DIGITAL(2016年1月25日[156]

カレンダー

  • 秋元才加 2011年カレンダー(2010年9月30日、ハゴロモ)
  • 秋元才加 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
  • 秋元才加 2012 TOKYOデートカレンダー(2011年11月29日、ハゴロモ)
  • 卓上 秋元才加 2013年カレンダー(2012年12月7日、ハゴロモ)

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ レギュラー出演日は、2011年4月からは水曜日に、同年10月からは金曜日に変更。

出典

  1. ^ 秋元才加 - FLAVE ENTERTAINMENT
  2. ^ a b c “秋元才加 事務所との専属契約終了を発表「枠にとらわれることなく様々な事に挑戦していきたい」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2022年10月1日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/10/01/kiji/20221001s00041000202000c.html 2022年10月1日閲覧。 
  3. ^ アメーバピグ、「AKB48チームピグ指名戦」の投票結果発表!”. THE SECOND TIMES (2010年8月11日). 2010年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月22日閲覧。
  4. ^ 週刊文春』(文藝春秋) 2010年10月21日号など。
  5. ^ “【東京マラソン】AKB秋元、涙の完走!チームKリーダー返り咲き+(1/2ページ)”. MSN産経ニュース. (2011年2月28日). オリジナルの2011年3月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110302195029/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110228/ent11022806550000-n1.htm 2020年6月22日閲覧。 
  6. ^ “【東京マラソン】AKB秋元、涙の完走!チームKリーダー返り咲き+(2/2ページ)”. MSN産経ニュース. (2011年2月28日). オリジナルの2011年3月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110302222312/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110228/ent11022806550000-n2.htm 2020年6月22日閲覧。 
  7. ^ “AKB秋元、涙の完走でキャプテン復帰”. デイリースポーツonline. (2011年2月27日). オリジナルの2011年2月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110228173634/http://www.daily.co.jp/newsflash/2011/02/27/0003832608.shtml 2020年6月22日閲覧。 
  8. ^ “AKB48総選挙:秋元才加17位死守に「迷惑かけた……」と涙でファンに感謝”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2011年6月11日). https://mantan-web.jp/article/20110610dog00m200036000c.html 2020年6月22日閲覧。 
  9. ^ 「AKB48 24thシングルじゃんけん選抜決定!&1位〜8位発表!」 - AKB48オフィシャルブログ(2011年9月20日)
  10. ^ “AKB秋元才加、2年連続の完走 前回タイムを大きく上回る=東京マラソン”. スポーツナビ. (2012年2月26日). オリジナルの2012年3月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120313035709/http://sportsnavi.yahoo.co.jp/other/athletic/marathon/tokyo/2012/headlines/20120226-00000026-spnavi-spo.html 2020年6月22日閲覧。 
  11. ^ AKB48 27thシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ 2012年6月6日
  12. ^ “東京ドーム公演初日サプライズ!AKB、新チーム体制発表”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年8月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/08/24/kiji/K20120824003970850.html 2012年8月24日閲覧。 
  13. ^ a b 組閣後新体制 - AKB48オフィシャルブログ 2012年8月24日
  14. ^ 新チーム体制発足 - AKB48オフィシャルブログ 2012年10月7日
  15. ^ 選抜総選挙。”. 秋元才加オフィシャルブログ (2013年4月7日). 2013年4月7日閲覧。
  16. ^ “AKB秋元才加が卒業発表 総選挙も不出馬「将来の夢、女優を目指していきたい」”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年4月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2023414/full/ 2013年4月7日閲覧。 
  17. ^ お知らせ - AKB48公式ブログ 2013年6月15日付、2013年6月24日閲覧
  18. ^ 卒業公演日程のお知らせ - AKB48公式ブログ 2013年6月24日付、2013年6月24日閲覧
  19. ^ 秋元才加、卒業公演で大粒の涙 “卒アル”プレゼントに大感激 - ORICON STYLE(2013年8月28日)2013年8月29日閲覧。
  20. ^ 元AKB秋元才加がフィリピン親善大使に - 日刊スポーツ 2014年6月20日
  21. ^ 秋元才加 フィリピン大統領と対面”. 日刊スポーツ (2015年6月3日). 2015年6月3日閲覧。
  22. ^ バスケ大好き!秋元才加 B.LEAGUE“アンバサダー”就任で決意表明 ザテレビジョン 2018年5月8日
  23. ^ 秋元才加が交際中の人気ラッパー、PUNPEEと天赦日+一粒万倍日の6・20に結婚 - SANSPO.COM 2020年6月22日
  24. ^ “秋元才加「山猫は眠らない」第8弾でハリウッドデビュー!”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2020年5月12日). https://eiga.com/news/20200512/8/ 2021年7月8日閲覧。 
  25. ^ a b “元AKB・秋元才加 「鎌倉殿」で大河初出演決定”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2021年7月8日). https://www.daily.co.jp/gossip/2021/07/08/0014483148.shtml 2021年7月8日閲覧。 
  26. ^ 秋元才加 マラソンでフィリピンに恩返し - nikkansports.com (2011年12月15日) 2012年2月26日閲覧
  27. ^ AKB48・秋元才加が外国人記者クラブで英語で会見! 国際結婚に憧れも「AKB48は両想い禁止です」”. オリコン (2010年4月13日). 2016年11月14日閲覧。
  28. ^ 秋元才加にラブリ、「フィリピン系ハーフタレント」はどうして美女揃い?”. 日刊大衆. 双葉社 (2016年1月3日). 2016年11月14日閲覧。
  29. ^ “高安、幼なじみ元AKB秋元才加に贈った5連勝!”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年1月15日). オリジナルの2016年1月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160117080850/http://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20160114-OHT1T50127.html 2020年6月22日閲覧。 
  30. ^ 週刊朝日 2017年6月16日号
  31. ^ 音楽の目覚め。”. 秋元才加オフィシャルブログ「ブキヨウマッスグ。」 (2016年1月10日). 2016年11月14日閲覧。
  32. ^ “AKB秋元が東京マラソン挑戦 お泊まり騒動で「リスタート」”. MSN産経ニュース. (2011年1月27日). オリジナルの2011年1月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110130163246/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110127/ent11012711400090-n1.htm 2020年6月22日閲覧。 
  33. ^ “秋元才加、長時間のスポーツ観戦は苦手「やる方が好き」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年11月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/11/18/kiji/K20151118011531010.html 2015年11月18日閲覧。 
  34. ^ “秋元才加 筋肉美ボディー披露”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2015年10月22日). https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/10/22/0008503244.shtml 2020年6月22日閲覧。 
  35. ^ “秋元才加 仰天?の結婚観告白 女優の肩書には「こそばゆい」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年11月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/11/18/kiji/K20151118011530990.html 2015年11月18日閲覧。 
  36. ^ 『AKB48 じゃんけん大会2012 感動総集号 2012年 11月15日号』(光文社、2012年)79頁
  37. ^ AKB組閣についてメンバー激白#122”. AKB48のオールナイトニッポン. ニッポン放送 (2016年11月14日). 2016年11月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月22日閲覧。
  38. ^ 子どもの頃の面白いあだ名”. アメーバニュース (2012年4月14日). 2016年11月14日閲覧。
  39. ^ 『AKB5400sec. 宮澤佐江』宮澤のインタビューより
  40. ^ “大島優子・秋元才加・宮澤佐江の心友トリオ、ダイビングアカウント開設にファン歓喜”. RBB TODAY (イード). (2019年5月13日). https://www.rbbtoday.com/article/2019/05/13/169787.html 2022年6月9日閲覧。 
  41. ^ 『AKB48ヒストリー 研究生公式教本』
  42. ^ 「AKB48 DVD MAGAZINE VOL.03 AKB48 海外遠征2009 NY Webster Live」収録
  43. ^ 秋元才加、主演映画の主題歌で6年半ぶりソロ曲発表”. 音楽ナタリー (2015年10月16日). 2015年10月16日閲覧。
  44. ^ “秋元才加ら「AKB48」7人、「ウルトラマンサーガ」で女性だけの地球防衛隊に”. 映画.comニュース. (2011年11月22日). https://eiga.com/news/20111122/2/ 2021年9月18日閲覧。 
  45. ^ “秋元才加×EXILE・NAOTO、笑顔と涙溢れる 新映像解”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年11月28日). https://mdpr.jp/cinema/detail/1449841 2023年1月27日閲覧。 
  46. ^ 遠藤憲一が両性具有の宇宙人!三谷最新SFコメディーで出産シーンも”. シネマトゥデイ (2015年4月20日). 2015年4月20日閲覧。
  47. ^ 秋元才加の力強い肉体と目力 「牙狼」10周年記念作品の「媚空」特報映像が完成”. シネマトゥデイ (2015年6月26日). 2015年7月6日閲覧。
  48. ^ SPICE編集部 (2020年5月12日). “秋元才加、ハリウッドデビュー作でトム・べレンジャーらと共演 『山猫は眠らない』最新作でCIAやヤクザに訓練された暗殺者を演じる”. SPICE. 株式会社イープラス. 2020年5月13日閲覧。
  49. ^ 秋元才加がハリウッド映画デビュー「こういう出演をずっと待ってた」と期待の声”. iza. 株式会社産経デジタル (2020年5月12日). 2020年5月13日閲覧。
  50. ^ JK SCHMIDT(JKシュミット) (2020年5月11日). “Sniper: Assassin's End Announced With Trailer and Epic Kaare Andrews Poster”. ComicBook. CBS Interactive. 2020年5月13日閲覧。
  51. ^ “押井守原案の実写映画「ビューティフル・ドリーマー」11月公開、主演は小川紗良”. 映画ナタリー. (2020年8月12日). https://natalie.mu/eiga/news/391548 2020年8月12日閲覧。 
  52. ^ “AKB48の秋元才加と梅田彩佳が対決!? 梅田のお気に入りはマントとムチ!!”. WEBザテレビジョン. (2010年10月13日). https://thetv.jp/news/detail/17652/ 2022年10月26日閲覧。 
  53. ^ “AKB48・秋元才加が「大河ドラマ大作戦」で幽霊退治に奮闘!!「アクションもたくさん加わっています!」”. WEBザテレビジョン (KADOKAWA). (2012年7月20日). https://thetv.jp/news/detail/31901/ 2022年10月26日閲覧。 
  54. ^ “秋元才加、柔道金“アサシン”松本薫似の噂に「すごく光栄」”. 映画.com. (2012年8月10日). https://eiga.com/news/20120810/13/ 2021年9月18日閲覧。 
  55. ^ “秋元才加、セクシーな人魚姫に挑戦 AKB48卒業発表後、初のドラマ出演”. 映画.com. (2013年6月11日). https://eiga.com/news/20130611/18/ 2021年9月18日閲覧。 
  56. ^ “秋元才加、女性消防士役を体当たりで熱演「精神も肉体も鍛えられた」”. マイナビニュース (マイナビ). (2015年1月10日). https://news.mynavi.jp/article/20150110-a009/ 2021年9月18日閲覧。 
  57. ^ “役作りで髪を脱色!富司純子主演人情ドラマが今春放送”. ウォーカープラス. (2015年1月15日). https://thetv.jp/news/detail/54257/ 2015年1月15日閲覧。 
  58. ^ 秋元才加、昼ドラ初出演ピース綾部の“再婚相手”に抜てき”. ORICON STYLE (2015年8月13日). 2015年8月13日閲覧。
  59. ^ 秋元才加、初時代劇も「私一人顔が濃い」 子持ち女郎役を熱演”. ORICON STYLE (2015年9月22日). 2015年9月22日閲覧。
  60. ^ 番組ホームページ
  61. ^ “早押しクイズ連動ドラマで劇中の商品をゲット!”. WEBザテレビジョン. (2015年12月2日). https://thetv.jp/news/detail/68894/ 2022年1月25日閲覧。 
  62. ^ 秋元才加、わが人生に悔いなし 劇中でキャンパスライフを満喫中”. ORICON STYLE (2016年2月12日). 2016年2月12日閲覧。
  63. ^ “秋元才加、桐谷美玲と憧れの“大学生活” もし20歳の頃に戻れるなら?<インタビュー>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年2月12日). https://mdpr.jp/interview/detail/1564017 2023年1月27日閲覧。 
  64. ^ “金曜夜の“ドロキュン”ドラマに大谷亮平ら出演決定!”. Smartザテレビジョン. (2016年12月8日). https://thetv.jp/news/detail/94803/ 2016年12月8日閲覧。 
  65. ^ “篠田麻里子:秋元才加とAKB48卒業後ドラマ初共演 「大島優子なら避けてた」”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2017年6月30日). オリジナルの2017年6月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170703144722/http://mantan-web.jp/2017/06/30/20170629dog00m200052000c.html 2020年6月22日閲覧。 
  66. ^ “秋元才加&桜田通、史上最悪の事件を追う“初挑戦”「軽くは考えられない」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年10月4日). https://mdpr.jp/news/detail/1718940 2023年1月27日閲覧。 
  67. ^ “【エンタがビタミン♪】秋元才加、スペシャルドラマ『黒井戸殺し』に出演 予告映像に「メイド服姿かわいいー」”. Techinsight (株式会社メディアプロダクツジャパン). (2018年2月15日). https://japan.techinsight.jp/2018/02/maki02151409.html 2021年7月8日閲覧。 
  68. ^ “秋元才加も参戦!『踊る』本広監督の異色作、最終回から4カ月で復活”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年2月25日). https://www.sanspo.com/article/20190225-DNHPR34N4FOSXHY5HZBTLY3MJU/ 2019年3月16日閲覧。 
  69. ^ 合格者数34/4965名 『やすらぎの刻〜道』オーディション合格者発表!”. 「やすらぎの刻〜道」番組公式サイト. テレビ朝日 (2018年11月29日). 2019年11月6日閲覧。
  70. ^ 秋元才加 SAYAKA AKIMOTO [@akimotooo726] (2019年11月5日). "出てきちゃいましたね… 爆烈嫁。。 お手柔らかに🙇" (ツイート). Twitterより2019年11月6日閲覧
  71. ^ “三浦貴大、秋元才加、竹内愛紗がゲスト出演! ミスパンダと飼育員さんがスポーツ界に殴り込む<シロクロ>”. WEBザテレビジョン (KADOKAWA). (2020年1月19日). https://thetv.jp/news/detail/220134/ 2022年1月25日閲覧。 
  72. ^ “『年下彼氏』ポスター公開! 川島海荷ら18名の“年上彼女”も発表”. マイナビ. (2020年3月21日). https://news.mynavi.jp/article/20200321-999949/ 2021年2月8日閲覧。 
  73. ^ “実在する銀座の名店が舞台のオムニバスドラマ、黒猫の声を山寺宏一が担当”. ORICON NEWS (ORICON ME). (2020年7月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2167448/full/ 2022年11月3日閲覧。 
  74. ^ “秋元才加、吉谷彩子の上司役 『江戸モアゼル』初回ゲスト”. マイナビ. (2021年1月6日). https://news.mynavi.jp/article/20210106-1622969/ 2021年2月14日閲覧。 
  75. ^ “「アイドルは強い!」ももクロ玉井も元AKB48秋元も舌を巻く”度胸” 大先輩を相手でもひるまない8人の成長に期待!”. 東京中日スポーツ (中日新聞社). (2020年8月10日). https://www.chunichi.co.jp/article/102813 2021年9月16日閲覧。 
  76. ^ 竹財輝之助、イケメンハイスペ夫役も浮気疑惑…!?『にぶんのいち夫婦』キャスト発表”. マイナビニュース (2021年5月14日). 2021年5月14日閲覧。
  77. ^ 連続ドラマW 密告はうたう 警視庁監察ファイル”. WOWOW. 2021年8月5日閲覧。
  78. ^ “秋元才加“敏腕マネージャー”熱演「妄想がふくらみました」 木10『ゴシップ』に出演”. ORICON NEWS (ORICON ME). (2022年1月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2220906/full/ 2022年11月3日閲覧。 
  79. ^ “「鎌倉殿の13人」秋元才加の熱演に青木崇高も涙…木曽義仲&巴御前 別れの舞台裏 アドリブでさらに入魂”. スポニチAnnex (スポーツニッポン新聞社). (2022年4月24日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/04/24/kiji/20220424s00041000432000c.html 2022年10月15日閲覧。 
  80. ^ "秋元才加"超ドSな美人教師"を熱演「だいぶプレッシャーが掛かりました(笑)」". ORICON NEWS. oricon ME. 7 March 2022. 2022年3月7日閲覧
  81. ^ “坂本昌行『花咲万太郎の事件カルテ』追加キャスト 秋元才加、小宮璃央、竹中直人”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年3月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2227335/full/ 2022年3月10日閲覧。 
  82. ^ "美 少年・佐藤龍我、スイーツ好きで"男らしさ"に悩む新入社員役 井桁弘恵『白川さん』共演キャスト発表". ORICON NEWS. oricon ME. 13 March 2022. 2022年3月13日閲覧
  83. ^ 『メンタル強め美女白川さん』秋元才加インタビュー!"元AKBの野呂と秋元"ではなく役柄として見せなければ”. PlusParavi. プレミアム・プラットフォーム・ジャパン (2022年4月20日). 2022年7月23日閲覧。
  84. ^ フジテレビュー!!編集部 (2022年10月11日). “<試写室>全米震撼の事件をドラマ化!『アイゾウ』秋元才加の“狂気”に戦慄”. フジテレビュー!!. 2022年10月15日閲覧。
  85. ^ “寺島進主演『駐在刑事』スペシャル10・17放送 ゲストに福士誠治、玉置玲央、秋元才加、小野武彦が決定”. ORICON NEWS (ORICON ME). (2022年9月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2251185/full/ 2022年11月3日閲覧。 
  86. ^ “志田彩良『必殺仕事人』ヒロインで時代劇初挑戦 橋本じゅん&西村まさ彦ら共演 Boys be池川侑希弥も”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年12月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2261572/full/ 2022年12月21日閲覧。 
  87. ^ “秋元才加が「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」続編の新キャラ吹替を担当”. 映画ナタリー. (2017年3月28日). http://natalie.mu/eiga/news/226211 2017年3月28日閲覧。 
  88. ^ “「アベンジャーズ」ガーディアンズ役山寺宏一、加藤浩次、遠藤憲一、秋元才加が続投”. 映画ナタリー. (2018年4月3日). http://natalie.mu/eiga/news/276260 2018年4月3日閲覧。 
  89. ^ “アベンジャーズ/エンドゲーム”. ふきカエル大作戦!!. (2019年5月9日). https://www.fukikaeru.com/?p=11706 2019年5月9日閲覧。 
  90. ^ “「ソー:ラブ&サンダー」日本版声優発表、“神殺し”ゴア役は子安武人”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年6月2日). https://natalie.mu/eiga/news/479985 2022年6月2日閲覧。 
  91. ^ “マーベルファンの悠木碧が「GotG ホリデー・スペシャル」日本版声優に”. 映画ナタリー. (2022年11月24日). https://natalie.mu/eiga/news/502536 2022年11月24日閲覧。 
  92. ^ “秋元才加がNHK「ランスマ」卒業「またどこかで」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年3月1日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201903010000627.html 2019年3月1日閲覧。 
  93. ^ 新番組「ハワイに恋して2」スタート MCは秋元才加に決定! 〜BS12 トゥエルビ開局10周年記念 プロ野球始球式にも登場〜”. BS12 トゥエルビ (2017年5月22日). 2017年6月9日閲覧。
  94. ^ “秋元才加、Bリーグ情報番組でMCに - 小中高時代はバスケ部「楽しい思い出」”. マイナビニュース (マイナビ). (2017年3月29日). https://news.mynavi.jp/article/20170329-a095/ 2021年9月18日閲覧。 
  95. ^ “「いいとも」新レギュラーにAKB48・秋元才加、佐々木希、ロッチが決定”. WEBザテレビジョン. (2010年9月29日). https://thetv.jp/news/detail/17427/ 2022年1月25日閲覧。 
  96. ^ “AKB48秋元才加、大阪進出に大興奮! 新番組『流行りん モンロー!』”. マイナビニュース. (2012年4月12日). https://news.mynavi.jp/article/20120412-a050/ 2022年4月5日閲覧。 
  97. ^ “千葉雄大&秋元才加が極秘結婚!? 新婚カップル役で共演”. ORICON NEWS (ORICON ME). (2014年6月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2039136/full/ 2022年10月15日閲覧。 
  98. ^ “【予告編】秋元才加も興奮!スタローンがプロデュースするトップアスリートの挑戦”. シネマカフェ (イード). (2017年1月29日). http://www.cinemacafe.net/article/2017/01/29/46667.html 2017年6月30日閲覧。 
  99. ^ “ナレーター 秋元才加 インタビュー BS12スペシャル「“言葉の難民”~このくにでいきるこどもたち~」 5月17日(金)よる9時00分より放送” (プレスリリース), ワールド・ハイビジョン・チャンネル株式会社, (2019年5月7日), https://www.atpress.ne.jp/news/183315 2022年6月23日閲覧。 
  100. ^ 第181回 富岡製糸場 世界遺産へ”. 歴史秘話ヒストリア. バックナンバー. NHK. 2015年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月8日閲覧。
  101. ^ 大奥ロイヤルウエディング 篤姫と和宮と運命のプリンス”. 歴史秘話ヒストリア. バックナンバー. NHK. 2018年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月8日閲覧。
  102. ^ 3月29日「千葉ドリーム! もぎたてラジオ」<最終回!>”. TBSラジオ (2020年3月29日). 2020年3月29日閲覧。
  103. ^ NHKアーカイブス NHKクロニクル / 音楽ドラマ「冬も!恋する♪クラシック 」(2013年12月23日 放送)”. NHK 日本放送協会. 2022年11月7日閲覧。
  104. ^ 秋元才加とJOYの Weekly Japan!!”. TOKYO FM. 2021年9月18日閲覧。
  105. ^ 秋元才加 舞台出演決定!”. AKB48 Official Blog (2008年5月6日). 2022年5月4日閲覧。
  106. ^ “AKB48秋元才加、ダークなセクシー衣装でミュージカルに初挑戦!”. マイナビニュース (マイナビ). (2010年1月20日). https://news.mynavi.jp/article/20100120-a020/ 2021年9月16日閲覧。 
  107. ^ “AKB48秋元才加「新しい一面を見てほしい」 - 音楽劇『ACT 泉鏡花』”. マイナビニュース (マイナビ). (2010年8月25日). https://news.mynavi.jp/article/20100825-a029/ 2021年9月16日閲覧。 
  108. ^ “「ダブルヒロイン」舞台化、主演は秋元才加&宮澤佐江”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年6月26日). https://natalie.mu/comic/news/51969 2021年9月12日閲覧。 
  109. ^ 荘田由紀・秋元才加 『ローマの休日』アン王女対談”. 観劇予報. 演劇キック (2012年5月3日). 2017年1月15日閲覧。
  110. ^ “「ローマの休日」再演 吉田栄作・小倉久寛・荘田由紀”. 演劇ニュース (シアターリーグ). (2011年12月5日). http://www.moon-light.ne.jp/news/2011/12/roman-holiday2.html 2017年8月15日閲覧。 
  111. ^ “ブロードウェイ演出家が秋元才加を絶賛!「ロックオペラ」日本上陸”. 映画.com. (2012年11月8日). https://eiga.com/news/20121108/1/ 2021年9月18日閲覧。 
  112. ^ “秋元才加、AKB卒業後初舞台は三谷幸喜の傑作「国民の映画」!”. 映画.com. (2013年9月13日). https://eiga.com/news/20130913/3/ 2021年9月18日閲覧。 
  113. ^ “下手な私がエルザと重なればいい 舞台「国民の映画」 秋元才加さんインタビュー”. SankeiBiz (産経新聞社). (2014年2月10日). https://www.sankeibiz.jp/smp/express/news/140210/exf14021017010005-s.htm 2022年5月4日閲覧。 
  114. ^ “秋元才加「シャーロックホームズ」ミュージカルで盲目の美女役に挑戦”. シネマトゥデイ. (2015年2月17日). http://www.cinematoday.jp/page/N0070718 2016年8月3日閲覧。 
  115. ^ “入江甚儀が河原雅彦演出「夜が私を待っている」で、2面性ある青年役に”. ステージナタリー. (2016年8月3日). http://natalie.mu/stage/news/196849 2016年8月3日閲覧。 
  116. ^ “入江甚儀と秋元才加がクラシカルな心理サスペンス劇に挑戦!河原雅彦演出『夜が私を待っている』”. SPICE (イープラス). (2016年10月6日). https://spice.eplus.jp/articles/79147 2022年12月16日閲覧。 
  117. ^ ““もう1度にんじんをやりたい”大竹しのぶが38年の時を経て再びにんじんを演じる!ミュージカル『にんじん』製作発表記者会見”. SPICE (イープラス). (2017年6月22日). https://spice.eplus.jp/articles/131228 2022年12月16日閲覧。 
  118. ^ ミュージカル『にんじん』製作発表記者会見レポート 感激観劇レポ”. おけぴネット. 株式会社オケピ (2017年6月23日). 2017年8月15日閲覧。
  119. ^ “浦井健治主演「ゴースト」に咲妃みゆ、秋元才加、平間壮一、森公美子”. ステージナタリー (ナターシャ). (2017年11月17日). https://natalie.mu/stage/news/257167 2018年5月19日閲覧。 
  120. ^ “映画「ゴースト」、ベストキャストで舞台化”. Lmaga.jp (京阪神エルマガジン社). (2018年5月19日). https://www.lmaga.jp/news/2018/05/40461/ 2018年5月19日閲覧。 
  121. ^ “浦井健治が咲妃みゆ&秋元才加と愛を紡ぐ! ミュージカル『ゴースト』ついに開幕”. SPICE (イープラス). (2018年8月6日). https://spice.eplus.jp/articles/201862 2022年12月16日閲覧。 
  122. ^ “【エンタがビタミン♪】香取慎吾と秋元才加、三谷幸喜『日本の歴史』大千秋楽に感慨 ファンへの感謝綴る”. Techinsight (株式会社メディアプロダクツジャパン). (2019年1月16日). https://japan.techinsight.jp/2019/01/maki01151021.html 2021年7月8日閲覧。 
  123. ^ “寺脇康文と塚地武雅と女優4人の即興劇「あなたと作る~etude The 美 4」放送 その裏側に迫った“メイキング”も放送決定”. WEBザテレビジョン. (2020年12月8日). https://thetv.jp/news/detail/1013478/ 2021年5月21日閲覧。 
  124. ^ “帰ってきた三谷幸喜の「日本の歴史」開幕!”. Numéro TOKYO (扶桑社). (2021年7月7日). https://numero.jp/news-20210707-mitanisaien/ 2021年8月21日閲覧。 
  125. ^ “三谷幸喜×中井貴一×香取慎吾「日本の歴史」再演、公演スケジュールが決定”. ステージナタリー (ナターシャ). (2021年4月6日). https://natalie.mu/stage/news/423354 2022年4月5日閲覧。 
  126. ^ “相葉雅紀主演「ようこそ、ミナト先生」秋元才加・忍成修吾・濱田龍臣ら全キャスト発表”. ステージナタリー (ナターシャ). (2022年3月21日). https://natalie.mu/stage/news/470500 2022年3月25日閲覧。 
  127. ^ “相葉雅紀主演『ようこそ、ミナト先生』澄み切った青空と爽やかな風を感じるチラシビジュアルが解禁”. SPICE (イープラス). (2022年5月10日). https://spice.eplus.jp/articles/302597 2022年12月26日閲覧。 
  128. ^ “三谷幸喜 作・演出『ショウ・マスト・ゴー・オン』に鈴木京香、尾上松也、ウエンツ瑛士、シルビア・グラブ、浅野和之ら 総勢16名のキャストが決定”. SPICE (イープラス). https://spice.eplus.jp/articles/305001 2022年12月26日閲覧。 
  129. ^ “飯豊まりえが探偵となりチーバくんを捜索!寺嶋由芙、秋元才加も出演”. WEBザテレビジョン. (2018年8月23日). https://thetv.jp/news/detail/159508/ 2022年1月25日閲覧。 
  130. ^ “【LINE】秋元才加主演のオンライン演劇『スーパーフラットライフ』をLINE LIVE-VIEWINGで配信決定!多視点カメラや、視聴者コメントで台詞が変わる観客参加型の演出も”. PR TIMES (プレスリリース). (2021年3月15日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002967.000001594.html 2021年9月16日閲覧。 
  131. ^ “青木柚、秋元才加、黒田大輔が出演 鶴岡慧子脚本・演出のイヤードラマ『ぷく友』配信”. Real Sound. (2022年2月7日). https://realsound.jp/movie/2022/02/post-963401.html 2022年4月4日閲覧。 
  132. ^ “「My Days with Biotrue®」キャンペーン スタート!” (プレスリリース), ボシュロム, (2014年4月1日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000009654.html 2022年4月14日閲覧。 
  133. ^ “吉川ひなの、佐藤江梨子、秋元才加が大自然でしなやかな体を披露!「野菜生活100」新TVCM3/14(土)より放映開始~キャッチコピーは"栄養吸収率の高い野菜"~” (プレスリリース), カゴメ株式会社, (2015年3月11日), https://www.kagome.co.jp/company/news/2015/002257.html 2020年6月22日閲覧。 
  134. ^ “妊婦・佐藤江梨子、変わらぬ美プロポーション披露 吉川ひなの&秋元才加もしなやかボディで魅了”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年3月12日). https://mdpr.jp/news/detail/1472968 2023年1月27日閲覧。 
  135. ^ “ゼビオグループの独占販売 adidas「GOLD LINE」のイメージキャラクターに「秋元才加さん」を起用!~競技でもなく、カジュアルでもない新しいスポーツファッションを展開~” (プレスリリース), ゼビオグループ, (2012年3月1日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000004149.html 2022年4月14日閲覧。 
  136. ^ “宮澤佐江、初のイメージキャラクター就任で「AKBのさわやか代表になれた」”. マイナビニュース (マイナビ). (2012年4月18日). https://news.mynavi.jp/article/20120418-a066/ 2023年1月27日閲覧。 
  137. ^ “元AKB秋元才加、作詞作曲に初挑戦 NHK新生活応援キャンペーンの顔に”. ORICON NEWS (ORICON ME). (2014年2月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2033996/full/ 2022年7月4日閲覧。 
  138. ^ “【Speedo】秋元才加(タレント・女優)さんをイメージキャラクターに起用 20代から30代の女性マーケットへの更なるブランドイメージの浸透へ” (プレスリリース), 株式会社ゴールドウイン, (2014年4月14日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000157.000007414.html 2022年5月4日閲覧。 
  139. ^ “スイムウエアの「Speedo(スピード)」、秋元才加さんをイメージキャラクターに起用”. KireiStyle (bizki). (2014年4月18日). https://kireistyle-woman.com/news/life/contents/81675 2023年1月27日閲覧。 
  140. ^ “コカ・コーラ/アクエリアスパートナー第1号に秋元才加さん”. 流通ニュース. (2016年2月22日). https://www.ryutsuu.biz/topix/mn6217-4.html 2022年8月2日閲覧。 
  141. ^ “秋元才加『アクエリアス パートナープロジェクト“始動”編』撮影現場レポート”. ORICON NEWS (ORICON ME). (2016年3月8日). https://www.oricon.co.jp/special/48753/ 2022年8月2日閲覧。 
  142. ^ “アクアライン走ろう!高山一実、秋元才加らがPR大使に”. Webザテレビジョン. (2016年10月14日). https://thetv.jp/news/detail/89748/ 2022年1月25日閲覧。 
  143. ^ 令和3年度の広報の取組みについて(自殺対策)”. 厚生労働省 ホームページ. 2022年7月4日閲覧。
  144. ^ “秋元才加さんが自殺予防週間をPR「いのちを支える、ゲートキーパーにできること」” (プレスリリース), 厚生労働省, (2021年9月10日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000028420.html 2022年7月4日閲覧。 
  145. ^ “日・フィリピン国交正常化60周年「フィリピンフェア」開催 7月30日(土)31日(日) 羽田空港がフィリピンになる週末―フィリピン旅行気分を満喫!!” (プレスリリース), 東京国際空港ターミナル株式会社, (2016年7月15日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000020392.html 2022年5月4日閲覧。 
  146. ^ “秋元才加、人生初の始球式でノーバン目指すも…”. BASEBALL GATE. (2017年6月8日). https://baseballgate.jp/p/81037/ 2022年4月5日閲覧。 
  147. ^ “秋元才加「海ほたる」20周年記念イベントに参加”. 東スポWeb (東京スポーツ新聞社). (2017年12月17日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/14401 2022年6月16日閲覧。 
  148. ^ 【動画公開】秋元才加インタビュー- ガールズアワード GirlsAward2013 Autumn/Winter”. WWSチャンネル (2013年10月3日). 2014年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月22日閲覧。
  149. ^ 【動画公開】秋元才加 girls next door千紗 木下優樹菜 篠田麻里子 1st Show PEACH ファッションショー - ガールズアワード GirlsAward2013 Autumn/Winter”. WWSチャンネル (2013年10月2日). 2014年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月22日閲覧。
  150. ^ MODEL”. GirlsAward 2014ホームページ. GirlsAward. 2022年1月22日閲覧。
  151. ^ “秋元才加さんがTokyo Africa Collection 2019の特別ショーディレクターに就任!7月上旬にアフリカ現地視察へ” (プレスリリース), Tokyo Africa Collection, (2019年6月28日), https://www.tokyoafricacollection.com/sayakaakimoto 2022年1月22日閲覧。 
  152. ^ “AKB48・秋元才加さんが日本語教師デビュー! 体験ルポ巻頭5ページ 『日本語教師になろう 2014年度版まるごとガイド』、1月22日発売” (プレスリリース), 株式会社アルク, (2013年1月21日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000515.000000888.html 2022年4月14日閲覧。 
  153. ^ @SPUR_magazineによるツイート” (2020年2月22日). 2021年9月6日閲覧。
  154. ^ 【連載】秋元才加のココカラ、Healthy”. マイナビ. 2021年8月9日閲覧。
  155. ^ “(おやじのせなか)秋元才加さん 筋の通った「専業主夫」”. 朝日新聞社. (2014年7月10日). オリジナルの2014年7月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140710160810/http://www.asahi.com/articles/DA3S11233506.html 2020年6月22日閲覧。 
  156. ^ “秋元才加さん「両国結びつける弾みに」 両陛下の比訪問”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2016年1月25日). http://www.asahi.com/articles/ASJ1D36DXJ1DUTIL00B.html 2020年6月22日閲覧。 

外部リンク