アルティメット・ビーストマスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アルティメット・ビーストマスター』(: Ultimate Beastmaster)は、シルヴェスター・スタローンがエグゼクティブプロデューサーを務める、ネットフリックスのオリジナルインターネット番組である。

概要[編集]

世界各地から集まったプロアスリートや体力自慢が高額賞金を目指して、砂漠に建造された巨大アスレチックザ・ビースト」を攻略していくスポーツエンターテイメント番組である。

出場者は日本アメリカメキシコ韓国ブラジルドイツの6か国から選抜され、それぞれ異なるMCのもと、各国ごとに違ったバージョンで配信される。日本では、元AKB48秋元才加とスポーツキャスターの近藤祐司がMCを務める「アルティメット・ビーストマスター・ジャパン」の他、字幕付きでアメリカ版も視聴できる。

ルール[編集]

1エピソードにつき各国2名ずつ、計12名ずつが挑戦する。試合はポイント制で争われ、選手は各障害をクリアするごとに所定のポイントを獲得し、合計スコアの上位数名ずつが次のレベルへと進む。

コース中には「ポイントスラスター」と呼ばれるレバーが各所に設置されており、それを引くことでボーナス点を獲得できる。

ポイントで並んだ場合は、障害クリアまでのタイムで順位が決定される。これにより、単にゴールするだけでは次のレベルに進めるとは限らず、タイムロスや危険を承知でスラスターを狙うか、安全にゴールすることを目指すかといった戦略が要求される。

最後のレベル4で勝利した1名がそのエピソードの優勝者「ビーストマスター」となり、賞金$10,000と、後日行われる「ファイナル」への出場権が与えられる。

なお「ザ・ビースト」は常に進化し続けているという設定で、シーズン中においても改造や増築が繰り返される。これにより、挑戦順が後になるほどコースの難易度は高まっていく。

ファイナル[編集]

各エピソードで選抜された「ビーストマスター」9名だけが挑む最終決戦。基本的なルールは通常回と同じであり、さらに難易度が高められた「ザ・ビースト」を再びレベル1から攻略していく。

このレベル4で勝利した者が、シーズン通しての優勝者「アルティメット・ビーストマスター」の称号と、賞金$50,000を獲得する。レベル4で敗北しても$25,000が贈呈される。

コース内容[編集]

レベル1[編集]

  • ジョーブレイカー - ビーストの。段差を登った後、水平に渡された鉄パイプを飛び移る。
  • マザータング - ビーストの。9mある45℃の坂を駆け登る。
  • ブレインマター - チェーンで吊るされた平均台の上を、上に渡された滑車を頼りに渡る。途中にポイントスラスターあり。
  • フェイスプラント - シーソー上の鉄柱に乗り、45°まで傾いた状態で鎖に飛び移る。
  • パワーコイル - 棒で吊るされた足場をジャンプで渡る。途中にポイントスラスターがあるが、引くためには回り道が必要。
  • マグウォール - 突起の付いた壁を横に進んでいく。ただし突起は磁石でくっついているため、時間経過と共にランダムに脱落していく。

レベル2[編集]

  • スパイナルアセント - 縦に連なったトランポリン状の足場を連続で登っていく。
  • スパイナルディセント - ビーストの脊髄神経。ゴムのネットに捕まりながら下の足場まで下っていく。水面ギリギリの部分にポイントスラスターがある。
  • ストマックチャーン - 回転する足場を飛び移る。
  • ダイジェスティブトラック - シーソー状になった管の中を這って抜ける。

レベル4[編集]

レベル4ではそれまでのポイントがリセットされ、「パワーソース」と呼ばれる上に伸びたコースを二人同時に登り、途中に点在するボタン「エナジータップ」を叩いてポイント数を争う。

このコースにのみ6分の制限時間が存在し、時間内により多くの点数を獲得した者が「ビーストマスター」となる。点数が同等ならば終了時点でより高い位置にいた者を優勝とし、位置も同じだった場合はいったん下に降り、先にハイボルテージの最初のホールドにタッチするまでを競うサドンデスゲームを行う。

  • ファウンデーション
  • グリッドロック
  • ベンチレーター
  • ハイボルテージ

6つのホールドを頼りにして7.5mの壁を登る。ホールドのうち4つは大変小さく、画面上では2つしか視認できない。これを登った先の頂上に巨大なレバー「パワースラスター」が存在しており、獲得すれば500ポイントが入って試合終了、実質的には優勝確定となる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

外部リンク[編集]