コブラ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コブラ
Cobra
監督 ジョージ・P・コスマトス
脚本 シルヴェスター・スタローン
原作 ポーラ・ゴズリング英語版
逃げるアヒル
製作 メナヘム・ゴーラン
ヨーラム・グローバス
製作総指揮 ジェームズ・D・ブルベイカー
出演者 シルヴェスター・スタローン
ブリジット・ニールセン
音楽 シルヴェスター・リーヴァイ
撮影 リック・ウェイト
編集 ドン・ジマーマン
ジェームズ・R・シモンズ
製作会社 キャノン・フィルムズ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1986年5月22日
日本の旗 1986年8月9日
上映時間 88分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $49,042,224[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$160,000,000[2]世界の旗
配給収入 17億5800万円[3] 日本の旗
テンプレートを表示

コブラ』(原題:Cobra)は、1986年に公開されたシルヴェスター・スタローン主演のアメリカアクション映画ポーラ・ゴズリング英語版の小説『逃げるアヒル』を原作にしており、連続殺人事件を追う型破りな刑事の活躍を描く。

主演のスタローンとヒロインのブリジット・ニールセンは、本作の製作直前に結婚し、撮影後に離婚している。また、映画のポスターやソフトのジャケットのスタローンがサングラスをかけて銃を握るポーズは、アーノルド・シュワルツェネッガーの主演映画『ターミネーター』のポスターを意識している。

ストーリー[編集]

ロス市警ゾンビ班(翻訳担当者により「ゾンビ特捜隊」とも)の“コブラ”ことマリオン・コブレッティ刑事は、“ナイト・スラッシャー”と呼ばれる狂信的なグループによる連続殺人を追っていた。その殺人現場とボスの顔を目撃したモデルのイングリッドは命を脅かされるようになったため、コブラは彼女の警護を担当。イングリッドを狙うナイト・スラッシャーと彼女を守るコブラとの死闘が繰り広げられる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
TBS テレビ朝日
マリオン・“コブラ”・コブレッティ警部補 シルヴェスター・スタローン 羽佐間道夫 佐々木功
イングリット・ヌードセン ブリジット・ニールセン 高島雅羅 小山茉美
トニー・ゴンザレス巡査部長 レニ・サントーニ 池田勝 岡部政明
モンテ刑事 アンドリュー・ロビンソン 納谷六朗 大塚芳忠
ナイト・スラッシャー ブライアン・トンプソン 麦人 大友龍三郎
ナンシー・ストーク リー・ガーリントン 火野カチ子 吉田理保子
シアーズ アート・ラフルー 加藤正之 坂口芳貞
ハリウェル ヴァル・エイヴリー 藤本譲 筈見純
ダン デヴィッド・ラッシュ 嶋俊介 千田光男
その他 石森達幸
千田光男
大山高男
片岡富枝
小室正幸
さとうあい
古田信幸
滝沢ロコ
佐々木優子
金尾哲夫
塚田正昭
林玉緒
成田剣
引田有美
有馬瑞香
神谷和夫
久保田民絵
田中正彦
叶木翔子
水野龍司
演出 伊達康将 蕨南勝之
翻訳 木原たけし 平田勝茂
調整 山田太平
効果 リレーション
録音 ニュージャパン・スタジオ
プロデューサー 上田正人(TBS)
制作 東北新社/TBS ムービーテレビジョン
初回放送 1988年10月18日
火曜ロードショー
1994年1月9日
日曜洋画劇場

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント発売の「吹替の力」シリーズ『コブラ 日本語吹替音声追加収録版 ブルーレイ』には、ノーカットのTBS版と初回放送時にカットされたシーンを追加録音したテレビ朝日版の吹替が収録。

備考[編集]

  • この作品は、スタローン版『ダーティハリー』を目指して制作された[4]。『ダーティハリー』で悪役の“スコルピオ”を演じたアンドリュー・ロビンソンが嫌味な警部補モンテ役として、同作でハリー・キャラハンの相棒を演じたレニ・サントーニがコブラの相棒役として、それぞれ出演している。
  • 作品冒頭で「爆弾を持ってる、店ごと吹き飛ばしてやる!」と喚く強盗犯に対するコブラの返答が「やれよ、俺の店じゃねぇ」(ビデオ&DVD版字幕とテレビ朝日版吹き替え)とされているが、原語では「Go ahead,I don't shop here」であり、直訳すると「やれよ、俺はココでは買い物はしない」となる。
  • コブレッティが使っていた、グリップにコブラの紋章が入った銃は、M1911のカスタムモデル「コルト・ゴールドカップナショナルマッチ」。途中から使うサブマシンガンはフィンランド製の「ヤティマティックJatimatic)」という銃で、共に9mmの弾を使う。
  • 原作となったポーラ・ゴズリングの小説『逃げるアヒル』は、後に『フェア・ゲーム』として再び映画化されている。
  • テレビ朝日版(ささきいさお版)について
    • 冒頭の“強盗が押し入ったスーパーマーケットに潜入したコブラが、店の商品である缶ビールを一口飲み、強盗犯の居る方向へ威嚇的に投げる”という場面の約10数秒間がカットされている。これは初回放送時からであり、現在も当時と同じ状態で再放送されている。同じ場面で冷蔵庫に大きなペプシコーラのロゴが描かれており、放送当時のスポンサーの都合から、アフレコの段階でカットしたのではないかという説がある。[要検証 ]
    • 逆に、“ナイト・スラッシャーが斧を鳴らしながら集会を行う”シーンの、劇中の後半に出てくる映像が、劇中の中盤に1度追加されているが、オリジナルでは中盤にこのシーンは無い。
    • また、ごく初期の放送時、冒頭の事件を解決したコブラが帰宅するシークエンスにおける“外の場面からアパートの入り口付近へ切り替わるシーン”が不自然に数秒カットされていたが、現在では修正されている。
    • 映画中盤にゴンザレスがイングリッドに「ゾンビ特捜隊」の話をする数秒間がカットされている。
  • オリジナルは約88分と短く、地上波における映画番組の時間枠内にてノーカット放送が可能だが、上記の他にエンドロールも短縮版へと編集されるなど、ノーカットとはなっていない。テレビ放送時、CMの前後に放送局がオリジナルで作ったアイキャッチを付け加えられる事が多い。
  • TBS版はワーナー・ブラザースのロゴからエンドロールまで完全ノーカットの全長版で放送された。
  • ビバリーヒルズ・コップ』との関係
  • 世界初のウルトラステレオ方式の映画。
    • もともと、この映画の脚本は『ビバリーヒルズ・コップ』としてスタローンが用意した物であった。スタローンは同作の主人公であるアクセル刑事役の候補になった際、コメディ色を排除し、名前をフォーリーからコブレッティ(通称コブラ)へ変更、アクション大作にしようとした。これに難色を示したパラマウントはスタローンを企画から外し、アクセル役をエディ・マーフィに決定。スタローンは却下された脚本を元に『コブラ』を製作した[5]
  • 主人公の名前“マリオン・コブレッティ”は、F1ワールド・チャンピオンのマリオ・アンドレッティからとっている。

出典[編集]

  1. ^ Cobra”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年5月27日閲覧。
  2. ^ "1986 Worldwide box-office". 2015年2月20日.
  3. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)450頁
  4. ^ allcinemaでの作品紹介による。[1]
  5. ^ DVDの特典映像として収録されているダニエル・ペトリJr.のインタビューより。

外部リンク[編集]