近藤祐司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
近藤祐司
生誕 (1974-01-21) 1974年1月21日(43歳)
日本の旗 日本京都府京都市
教育 立命館大学経済学部
職業 スポーツアンカー
配偶者 あり
公式サイト http://www.ugk-sports.com/ 近藤祐司オフィシャル

近藤 祐司(こんどう ゆうじ、本名: 真人(まさと)[1]1974年1月21日 - )は、スポーツキャスター、スポーツ解説者、アンカーマン。京都府出身。立命館大学経済学部卒業。現在、株式会社UGK Sports&Communications 代表。

来歴[編集]

人物[編集]

堪能な英語力を生かして、実況中に現地コメンタリーやインタビューの同時通訳を行うこともある。特にフットボールの実況においては、トライフォーポイントフィールドゴール成功時の「It's good!」が決めゼリフとなっている。

プロ野球では「○○ピッチ」「ピッチャーズ(ヒッティング)カウント」(カウント)「○ランショット」(ホームラン)「ワンツースリー」(三者凡退)「ヒット・バイ・ピッチ」(デッドボール。ピッチャーがもたらしたヒットという意味。)等アメリカンスタイルを元にした実況、「アメリカでは同一カード3連勝(3タテ)の事をsweep(掃く)と言います」と話すと3タテが掛かった試合で箒をもったファンが現れたりと、日本の野球ファンにカルチャーショックを与えている。本塁打を放った時には「It's gone!!」「It is gone!!」と叫ぶ場合がある。「It's gone!!」は「イッツ・ゴーンヌ」と聞こえることもあってインパクトが強く、パシフィック・リーグTVがこれをまとめた動画が公開されたこともある[3]

ホームラン時の「It's gone!!」が「イッツ・ゴーンヌ」と聞こえる現象には理由がある。鼻に抜ける「ヌッ」の音を小さく付け加えるのはアナウンサーとしてのこだわりで、語尾が流れないようにするために用いており、ピリオドの役割を果たしている[4]

ベリーという名前の犬を飼っている[5]

プロフィール[編集]

子供時代に過ごしたアメリカ合衆国サンディエゴアメリカンフットボールに出会った(そのため、好きなNFLのチームはチャージャーズである)。立命館大学時代にはアメリカンフットボール・立命館大学パンサーズディフェンスバックとして活躍(当時の登録名は「真人」)。法政大学トマホークスを破って学生日本一に輝いた1994年の甲子園ボウルでは、最優秀守備賞を受賞するなどしてチームの勝利に貢献。また、ビッグプレイの後に敬礼をするパフォーマンスでも有名で、日本のアメフト界にエンターテイメント性を取り入れた第一人者でもある。卒業後は母校のコーチに就任。NFLヨーロッパにも挑戦した。日本ではXリーグアサヒ飲料チャレンジャーズでプレー。

引退後は、スポーツ専門アンカーマン、キャスターとして活躍し、2010年現在は主にGAORAでNFLとプロ野球(2015年より 主に北海道日本ハム1軍の主催試合。14年まで日本ハム1軍の主催試合を専属実況していた結城哲郎(元MBS毎日放送。11年よりGAORAへ出向)は、15年以降はGAORAで中継する日本ハム及び阪神2軍の主催試合の実況担当に移行したが、今も不定期で1軍の主催試合を実況する場合がある)、J SPORTSMLBカレッジフットボールの実況を担当している。

フットボール以外では、2006年バスケットボール世界選手権スカパー!)の実況を機に、bjリーグ(GAORA)などのバスケットボールの実況も担当。2010-11シーズンからは、WOWOWNBA中継の実況を担当し、タイムアウト中のベンチの様子やインタビューなどを同時通訳する新しい実況スタイルを取り入れている。

2009年10月からはJFN制作のスポーツ情報番組SPORTS GROOVE!!のパーソナリティを務め、2010年には、プロ野球史上初めて新潟の地(HARD OFF ECOスタジアム新潟)で行われた日本プロ野球オールスターゲームマツダオールスターゲーム2010」のスタジアム司会を担当。

2015年には、ラジオ局J-WAVEでNFLスーパーボウルを日本で初めてラジオで実況生中継。また、同年にはG+でもNFL中継を1試合担当したが、2016年からはGAORAがNFLの放送を行わなくなったこともあり、G+でNFL中継を担当することになった[6]

実績[編集]

テレビ・ラジオ関係[編集]

司会・MC関係[編集]

執筆関係[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 公式プロフィール(インターネット・アーカイブ)
  2. ^ 2015年GAORAプロ野球中継(ファイターズ、オープン戦)で出演者とゲストの出身が全員関西である会話をしていた時に"京都生まれ"と発言
  3. ^ 《Best Scene Selection》バリエーション豊富!! 『It’s gone!!』まとめ パシフィック・リーグTV 2016年6月7日
  4. ^ https://full-count.jp/2017/06/06/post71373/2/
  5. ^ 2017年6月13日の発言
  6. ^ 2016年9月12日の発言
  7. ^ [1]
  8. ^ 秋元才加も興奮! S. スタローンがプロデュース、アスリートが“ザ・ビースト”に挑戦

外部リンク[編集]