田中大貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たなか だいき
田中 大貴
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 兵庫県小野市
生年月日 (1980-04-28) 1980年4月28日(38歳)
血液型 A型
最終学歴 慶應義塾大学環境情報学部
所属事務所 オスカープロモーション [1]
職歴フジテレビジョンアナウンサー
活動期間 フジテレビ:2003年4月 - 2018年4月
フリー:2018年5月 -
ジャンル スポーツ・情報系など
配偶者 あり
家族 妻、長女
公式サイト 公式サイト
出演番組・活動
過去スポーツLIFE HERO'S
F2-X
スパイスTV どーも☆キニナル!
情報プレゼンター とくダネ!
すぽると!
プロ野球ニュース』など

田中 大貴(たなか だいき、1980年4月28日 - )は、日本フリーアナウンサー。元フジテレビアナウンサー。

来歴・人物[編集]

兵庫県小野市出身。兵庫県立小野高等学校(普通科)時代は野球部に所属。2年次から4番に座り、主将も任された3年次は兵庫県大会では春ベスト16、夏(東兵庫大会)ベスト8。対ブラジル選抜戦では兵庫選抜の4番打者(ただし、県内ベスト8の試合が行われていたため、ベスト16敗退チームの中での選抜)。兵庫県高校野球優秀選手に選ばれた。

高校卒業後、AO入試慶應義塾大学環境情報学部へ進学[2]。大学の先輩である高橋由伸に憧れ慶大野球部に入部[1]

アナウンサーになる気は全くなかったが、同級生達とたまたまフジテレビの入社試験を受けに行ったところ合格。野球を続けるか悩みながらも、後述にあるように4年生に春のリーグ戦でホームラン王になったことで、野球を辞めてアナウンサーになることを決断した。2003年同局に入社。

入社後は基本的に報道・情報番組とスポーツを担当。『とくダネ!』『すぽると!』においてはバンクーバーオリンピック第2回WBC、2009年MLBオールスター、2008年MLBワールドシリーズ北京オリンピック野球アジア予選など様々なスポーツイベントを現地からリポートした。一方でバラエティ番組にも携わり、2007年8月11日、『フジアナスタジオ まる生真夏の打ち上げ花火4時間スペシャル!!』(フジテレビ739)で放送された「男おばさんサマートークライブ2007」を契機に、同年9月15日放送分から渡辺和洋と「男おばさんJr」を結成し同コーナー担当した。

2014年3月21日、司会の小倉智昭に惜しまれながらも、10年間務めた『情報プレゼンター とくダネ!』からの卒業を発表した。

2018年4月30日付けでフジテレビを退社しフリーアナウンサーに転身[3]。フリー転身後は、オスカープロモーションに所属[1]。スポーツ実況やMCを中心に幅広い媒体で活動し、スポーツ振興や社会貢献事に携わり自ら発信していく活動も視野に入れている[1]。5月1日、DAZNでの広島巨人戦中継の実況がフリー転身後の初仕事となった[1]

エピソード[編集]

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

書籍[編集]

連載[編集]

関連人物[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 田中大貴アナ、慶大の先輩・由伸監督の「生きていくっていうのは大変だから」の言葉胸に巨人戦でフリーデビュー”. スポーツ報知 (2018年5月1日). 2015年3月9日閲覧。
  2. ^ 【野球】慶大野球部OB! 木村匡宏さん×田中大貴さん対談 慶應スポーツ新聞会 2013年12月15日閲覧
  3. ^ 田中大貴アナ、フリー発表「チャプター2にトライ」”. 日刊スポーツ (2018年3月19日). 2018年3月19日閲覧。
  4. ^ 25年前、オリックス2軍球場で見たレーザービーム。”. 田中大貴オフィシャルブログ「Sports United」Powered by Ameba (2018年5月5日). 2018年5月5日閲覧。
  5. ^ フジのイケメンアナが結婚!”. テレビ朝日 (2009年4月26日). 2018年5月9日閲覧。

外部リンク[編集]