BS12 プロ野球中継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

BS12 プロ野球中継(ビーエスじゅうに プロやきゅうちゅうけい)は、日本BSデジタルテレビ局であるBS12トゥエルビにおいて放送される、プロ野球中継

概要[編集]

2007年12月に開局したトゥエルビ(TwellV)は、翌2008年シーズンからの千葉ロッテマリーンズの主催ゲームの放映権を獲得。『TwellV プロ野球中継』(トゥエルビ プロやきゅうちゅうけい)のタイトルで放送することになった。開始した2008年からは本拠地球場である千葉マリンスタジアム→QVCマリンフィールド→ZOZOマリンスタジアムのレフトスタンドに本番組の広告が掲示されている。

2010年からは埼玉西武ライオンズ2011年からは東北楽天ゴールデンイーグルス2013年福岡ソフトバンクホークス2014年からはオリックス・バファローズ主催ゲーム、2020年からは北海道日本ハムファイターズ主催ゲームも数試合ずつ放映するようになった。このため、2011年以降のロッテのゲームの中継は40試合程度に減少している。

スポーツ新聞ではその日の開催ゲームのチャンネルが案内されているものがあるが、2008年度はTwellVの番組表自体を扱っていない関係で、対象とならないことが多かった。

球団制作映像を使用している為、テーマソングは球団公式の楽曲をそのまま流す。2010-2012年は、ウォーターマークの左側に「LIVE」、2017-2018年はウォーターマークにかぶせる形で「BS12 LIVE」とテロップ表示[1][2]

2013年より、トゥエルビの新たな略称を冠した『BS12 プロ野球中継』に改称した。

2016年度の副題は『OVER THE TOP!』、2017年度以降の副題は『BS12 LIVE ただ、野球が好きなだけ。』2017年度のCMでは主催試合の放送日にあわせ「ただ、(球団名)が好きなだけ」が用いられるパターンが存在した。

2016年8月4日、OVCマリンフィールドで行われた千葉ロッテマリーンズ対北海道日本ハムファイターズ戦においてビジター向けの実況・解説を副音声で初めて行った(副音声の実況は近藤祐司、解説は岩本勉、ちなみに主音声の実況は山田透、解説は小宮山悟)。副音声によるビジター向けの実況・解説は2019年から全試合に拡大して現在に至る。

放送時間[編集]

時間帯 放送時間 中継の延長
ナイトゲーム
17:59 - 21:00(17時45分試合開始) 最大21:55まで[3]
17:59 - 21:00(18時試合開始)
18:10 - 21:00(18時15分試合開始)
18:29 - 21:00(18時30分試合開始)
薄暮ゲーム 16:59 - 20:00 最大21:00まで
デーゲーム 試合開始時刻[4](1分前からの場合あり) - 3時間後 最大4時間後[5]

備考[編集]

2013年より、当初の放送時間が3時間となり、試合状況に応じて最大約4時間まで延長する方式を取っている。ただし、トゥエルビが独自制作する番組を放送する日など、一部日程については延長がない。2012年までは終了時刻自体が4時間に設定されていた。

雨天中止の場合は、通常番組を放送。また、試合終了時に放送時間が延長される場合や試合中に雨天でノーゲームなどが生じた場合は、次の番組開始まで番宣や紀行番組などでで穴埋めを行う(2015年以降)。番宣中は次回のプロ野球中継の内容が下に表示される[6]。特に2016年までトゥエルビが製作協力に携わっていたロッテ主催試合は試合終了時と次の番組の間に余裕がある場合、中継終了後にマリーンズの公式楽曲とダイジェストを流して終了する体制をとっていた。

OPバンクでは提供クレジットに続いて対戦カードと球場名がクレジットされ、球団制作映像の飛び乗りで左下に当日の実況と解説者並びにリポーターが表示される。試合の途中で中継終了時刻となり飛び降りる場合、制作協力に技術面担当会社が、制作著作に主催球団名が左下にクレジットされる。

2021年度では、新型コロナウイルス感染症の影響により、一部試合が17時45分に開始となる場合があり、その際のOPバンクは静止画で対戦カードと当日の主音声・副音声の実況と解説者、当日のスターティングメンバーの順で表示した後に飛び乗りとなり、数分間は主音声を含めビジター側の実況音声となる。放送開始時に試合が開始される場合は、OPバンクは昨年度までとは変わらない。シーズン終盤では西武球団主催の一部試合については19:00より飛び乗りとなる場合がある。

中継日数[編集]

2011年度はロッテ主催試合40試合、西武主催試合5試合、楽天主催試合4試合、合計49試合を放送[7]。なお、前年より減ったロッテ主催の20試合はBS11の『断然 パ・リーグ主義!!』にて中継。

2012年度はロッテ主催試合40試合、西武主催試合5試合、楽天主催試合15試合、合計60試合の放送。

2013年度はロッテ・西武・楽天・ソフトバンク主催試合、計65試合を放送。

2014年度はロッテ主催試合37試合・西武主催試合5試合・楽天主催試合15試合・オリックス主催試合5試合を放送。

2015年度はロッテ主催試合37試合・西武主催試合5試合・楽天主催試合15試合・オリックス主催試合6試合を放送。

2016年度から2019年度についてはロッテ・西武・楽天・オリックス・ソフトバンク(2018年度から)主催試合約60試合前後を放送した。

2020年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため開幕が遅れたがロッテ主催試合17試合・西武主催試合7試合・楽天主催試合10試合・オリックス主催試合7試合・ソフトバンク主催試合1試合・日本ハム主催試合2試合を放送[8]

2021年度はロッテ主催試合24試合・西武主催試合8試合・楽天主催試合14試合・オリックス主催試合8試合・ソフトバンク主催試合2試合・日本ハム主催試合2試合を放送予定[9]

中継対象試合[編集]

一部対戦カードはNHK BS1の『NHKプロ野球』、BS朝日の『スーパーベースボール[10][11][12]BS-TBSの『S☆1 BASEBALL[13]BS日テレの『DRAMATIC BASEBALL[14]BSフジの『BSフジLIVE プロ野球(西暦)[15]BSテレ東の『ALWAYS Baseball[16][17][18](以上2021年現在の番組名で記述)においても中継されるが、この場合はトゥエルビでは原則として中継しない[19]。ただし、シーズン終盤についてはまれにNHK BS1やBS民放との並列が行われた例[20]があり、2021年9月7日の西武対ソフトバンク戦で『ALWAYS Baseball』(BSテレ東。西武主催ながらTVQ九州放送制作)との並列放送が行われた際、本番組(西武球団制作)は19:00から放送していた。

2016年シーズンより、一部対戦カードにおいて副音声によるビジター側の独自応援実況が開始された。こちらはビジター側の球団制作中継を担当する解説者とアナウンサーの出演が多いが、時折解説者に代わってビジターチームのファンのタレント等がゲスト出演することがある[21]。2019年シーズンからは、全日程を通じて副音声放送を実施。2021年9月7日に中継された西武対ソフトバンク戦では、初となるホーム側独自応援実況も開始された(主音声の実況は上野智広、解説は星野智樹、副音声の実況は田中大貴、ゲストは河野万里奈)。

ロッテ戦[編集]

球団制作映像を使用し、2012年までの『J SPORTS STADIUM』、2013-2014年の『BASEBALL CENTER』(FOX SPORTS)[22]、2015-2017年の『侍プロ野球→SAMURAI BASEBALL』(TBSニュースバード)、2018年以降の『Fun!BASEBALL!!→DRAMATIC BASEBALL』(日テレNEWS24、一部スカチャン日テレジータス)と同内容。

制作著作は千葉ロッテマリーンズ、制作協力は東京フィルム・メート[23]。この体制は2006年GyaOにおける『Boom up! BASEBALL 千葉ロッテマリーンズLIVE』や球団公式の動画ポータルサイト『marines.tv』の1ch『Game Live!』から続いていた[24]。また、本番組の有無にかかわらず『パ・リーグTV』(2009年度まではYahoo!動画)や『プロ野球24』、『ひかりTV』でも同内容の中継が放送されている。

2010年のみ、「Marines on TwellV」というサブタイトルが付いていた。

J SPORTSが放映権を保持していた時代は、J SPORTSと球団制作版の2系統で別々に制作され、映像は共有するが、前者はJ SPORTSが、後者は球団が主導制作していた。2013年にCSでの放映権が移動したことにより、系統別の制作が解消された。

スコア表示は、2012年までは独自デザイン、2013 - 2014年はFOX SPORTSのフォーマット、2015 -2017年にはTBSテレビのフォーマットをアレンジしたものだった[25]。CSでの放送権が日テレNEWS24に移動した2018年以降はZOZOマリンスタジアムのスコアボードを基にした独自デザインを使用する[26]。東京ドームで開催の主催試合では、東京ケーブルネットワーク・TCPの汎用スコア表示を使用する[27]

西武戦[編集]

球団制作映像を使用し、2016年以降のフジテレビTWOLIONS BASEBALL L!VE』、2015年までの朝日ニュースター→テレ朝チャンネル2の『プロ野球完全中継 全力!ライオンズ』、2011年までの『J SPORTS STADIUM』と同内容。

前記のロッテ戦と同様、2011年まではJ SPORTS向けと球団制作版向けに別々に制作されていた[28]

制作著作は埼玉西武ライオンズ、制作協力はテレテック

2010年のみ、「Lions on TwellV」というサブタイトルが付いていた。

楽天戦[編集]

球団制作映像を使用し、2015年以降の『J SPORTS STADIUM』、2014年までの日テレプラスの『日テレプラス プロ野球中継 楽天イーグルス HEAT! LIVE』と同内容。

制作著作は楽天野球団[29]。技術面は2015年までクロステレビビジョン株式会社TCPが担当したが、2016年はExpressおよびEXPRESS SPORTSに移譲された[30]

スコア表示は、2015年以降のJ SPORTSなどに準拠したものではなく、当球団が独自制作したものが用いられ、2016年からは球団制作中継では唯一配球チャートも使用している[31]。2018年度シーズンよりJ SPORTSの中継においてスコア表示のデザインが変更されたのに伴い、一部当球団の独自フォーマットが挿入されるようになった。

ソフトバンク戦[編集]

球団制作による映像・スコア表示・実況を使用し、2018・2019年のFOX SPORTSの『HAWKS BASEBALL PARK』、2013年の『BASEBALL CENTER』、2020年のスポーツライブ+での中継と同内容。

2018年度シーズンより本格的に中継を開始。2013年シーズンの中継では当初予定にはなく、シーズン中に追加で組み込まれた。

制作著作は福岡ソフトバンクホークス、技術・制作協力は九州東通

オリックス戦[編集]

球団制作による映像を使用し、2015年以降の『J SPORTS STADIUM』[32]、2014年までのFOX SPORTSの『BASEBALL CENTER』と同内容。

J SPORTSに放送権が移動した2015年以降は、かつてのロッテ戦や西武戦同様、J SPORTSと球団制作版で別体制となっている。2017年度シーズンの放送ではトゥエルビと同時中継の日に限り、J SPORTSでは主音声で独自の実況を、副音声で球団制作版の実況を放送していた[33]

制作著作はオリックス・バファローズ、技術協力はExpress。

日本ハム戦[編集]

球団制作による映像・スコア表示・実況を使用し、2020年以降の『GAORAプロ野球中継』と同内容。

当初から地方開催分を中心に組まれており、7月4日の対ソフトバンク戦(沖縄セルラースタジアム那覇)、7月18日の対西武戦(東京ドーム)の地方開催分を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大による開幕延期と日程変更により、いずれもホームの札幌ドームで10月8日に対楽天戦、10月13日に対西武戦に変更して放送した[34]

2021年は6月26日に静岡県草薙総合運動場硬式野球場の対ロッテ戦、7月3日に沖縄セルラースタジアムでの対ソフトバンク戦といずれも地方開催分を放送、8月24日にはホームの札幌ドームで対ロッテ戦を放送した。

制作著作は北海道日本ハムファイターズ、GAORA[35]。制作協力はオーテック[36]HTB映像[37]札幌映像プロダクション[38]などの在道のプロダクションを中心に、沖縄県開催時は琉球放送(TBS系列)、毎日放送(TBS系列)、関西東通なども参加。

出演者[編集]

ロッテ戦への制作協力関与と、副音声ビジター応援実況の独自制作を除いて自主制作を行っていないため、全員が球団制作の中継に出演する人物である。

現在の出演者[編集]

ロッテ戦担当[編集]

解説者

実況

リポーター(ヒーローインタビューも担当)

西武戦担当[編集]

解説者

実況・リポーター

日本ハム戦担当[編集]

解説者

実況

楽天戦担当[編集]

解説者

実況

リポーター

  • 河内一朗

オリックス戦担当[編集]

解説者

実況

リポーター

過去の出演者[編集]

過去の解説者[編集]

ロッテ戦
西武戦
楽天戦
ソフトバンク戦
オリックス戦

ビジター応援実況副音声(2021年までの出演及び出演予定者。タレント含む)[編集]

過去の実況[編集]

過去のリポーター[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ CM中とハイライト映像などのVTR再生時を除く
  2. ^ 当番組に限らず、トゥエルビで放送される全てのスポーツ生中継で実施。
  3. ^ 日によっては21:30まで。2008年までは19:00 - 21:55。2015年までは18:00 - 最大22:00。
  4. ^ 1分前からの場合あり。
  5. ^ 当初は3時間55分後。
  6. ^ 過去にはQVC(2009年まで)や『絶景いやし紀行』(エコミュージックTV制作の紀行番組)、または球団制作の情報番組(2014年まで)などで穴埋めを行っていた。この場合は今日の結果と次回のプロ野球中継の内容が上に表示される。さらに、30分以上早く終了した時は、他の番組を挟んで『生活向上エンタテインメント』を放送していた。
  7. ^ 東日本大震災の影響により、4月に行われた平日のデーゲームは主に録画中継となった(4月29日から生中継)。
  8. ^ 放送日程 | プロ野球中継 2020(BS12 無料放送・視聴) | BS無料放送ならBS12(トゥエルビ)” (日本語). BS12トゥエルビ. 2021年1月6日閲覧。
  9. ^ プロ野球中継 2021(BS12 無料放送・視聴) | BS無料放送ならBS12(トゥエルビ)” (日本語). BS12トゥエルビ. 2021年3月28日閲覧。
  10. ^ 実況は楽天戦・ロッテ戦・西武戦はテレビ朝日アナウンサーが、オリックス戦は朝日放送テレビアナウンサーが各々担当するが、日本ハム戦は北海道テレビアナウンサー・テレビ朝日アナウンサーのどちらかが担当し、ソフトバンク戦も九州朝日放送アナウンサーまたはテレビ朝日アナウンサーまたはのどちらかが担当する。
  11. ^ 解説者は楽天戦・ロッテ戦はテレビ朝日解説者(前田智徳は系列局・広島ホームテレビも兼任)が、オリックス戦は朝日放送テレビ解説者が各々担当するが、日本ハム戦・ソフトバンク戦はテレビ朝日解説者または本数契約の解説者のどちらかが担当する(ソフトバンク戦については九州朝日放送解説者が担当する場合あり)。なお、西武戦は交流戦の対巨人戦・クライマックスシリーズではテレビ朝日解説者が担当するが、交流戦の対巨人戦・クライマックスシリーズ以外の試合は球団制作中継解説者とテレビ朝日解説者のどちらかが担当する。
  12. ^ スコア表示は日本ハム戦・ロッテ戦・楽天戦はテレビ朝日側で、オリックス戦では朝日放送テレビ側で各々差し替えるが、西武戦は交流戦の対巨人戦・クライマックスシリーズ以外の試合はスコア表示が入った球団制作映像をそのまま使用するが、地上波で録画中継または同時放送で放送する試合や交流戦の対巨人戦・クライマックスシリーズではテレビ朝日側で差し替える。ソフトバンク戦もBS単独放送時(対巨人とのオープン戦の対巨人戦や対巨人戦以外の試合)は九州朝日放送仕様を、地上波とは別制作(交流戦の対巨人戦を含む試合とクライマックスシリーズ)する試合ではテレビ朝日仕様を各々使用する。
  13. ^ 主に日本ハム戦・ロッテ戦(2015-2017年)・西武戦・オリックス戦(2016年から)・ソフトバンク戦を放送。メイン映像は共有だが、何れも実況・解説・スコア表示は別体制としている。
  14. ^ 主にソフトバンク戦(2016年から)とロッテ戦(2018年のみ)を放送。前者は福岡放送制作分を地上波福岡県ローカルとの同時ネットで放送(実況・解説・スコア表示は別体制)。後者については日テレNEWS24との同時ネットで放送したが、トゥエルビとは異なり番組冒頭から放送していた。
  15. ^ 主にオリックス戦(2016年から)と日本ハム戦・ソフトバンク戦(何れも2017年から)を放送(何れも実況・解説・スコア表示は別体制)。オリックス戦は関西テレビ制作分を放送するが、交流戦の対阪神戦のみを地上波関西ローカルとの同時ネットで放送し、それ以外の試合は裏送りによる生中継放送後に再編集して地上波関西ローカルで当日深夜に録画中継で放送する。なお、日本ハム戦・ソフトバンク戦は前者は北海道文化放送制作分を、後者はテレビ西日本制作分を何れも地上波との同時ネット(前者は北海道ローカル、後者は福岡県ローカルまたは九州沖縄ローカル)で放送する。また、2021年5月22日の西武対日本ハムでは、実況・解説は別体制とした一方、スコア表示は球団制作映像をそのまま使用。
  16. ^ 実況は楽天戦・ロッテ戦・西武戦・オリックス戦は原則としてテレビ東京アナウンサーが担当するが(西武戦は稀にTVQ九州放送アナウンサーが担当する場合あり)、日本ハム戦はテレビ北海道との同時放送時とBS単独放送時はテレビ東京アナウンサーが、テレビ大阪との同時放送時はテレビ大阪アナウンサーが各々担当する。ソフトバンク戦もTVQ九州放送との同時放送時は原則としてTVQ九州放送のアナウンサーが担当するが、交流戦の対巨人戦とBS単独放送時はテレビ東京アナウンサーが、テレビ大阪との同時放送時はテレビ大阪アナウンサーが各々担当する。
  17. ^ 解説者は楽天戦・ロッテ戦・西武戦・オリックス戦は原則としてテレビ東京解説者が担当するが(西武戦は稀にTVQ九州放送解説者が担当する場合あり)日本ハム戦はテレビ北海道との同時放送時とBS単独放送時はテレビ東京解説者が、テレビ大阪との同時放送時はテレビ大阪解説者が各々担当する。ソフトバンク戦もTVQ九州放送との同時放送時・交流戦の対巨人戦とBS単独放送時はTVQ九州放送解説者がするが、テレビ大阪との同時放送時はテレビ大阪解説者が各々担当する場合がある。
  18. ^ スコア表示は日本ハム戦・楽天戦・西武戦・ロッテ戦・オリックス戦はテレビ東京側で差し替えるが、ソフトバンク戦のホームゲームとビジターゲームをTVQ九州放送との同時放送時は自社仕様を使用し、阪神戦ビジターゲームをテレビ大阪との同時放送時も自社仕様を使用する。
  19. ^ うち、BS朝日の中継(かつては『マリーンズライヴ』と称していた)は以前は当番組と同じスタッフ陣で構成されていたが、2018年の交流戦の対巨人戦、2019年の対ソフトバンク戦、2020年の対楽天戦、2021年の対西武戦ではテレビ朝日側で実況・解説とスコア表示を差し替えて放送した。
  20. ^ 特にロッテまたは対戦相手のいずれかが優勝争いに関与した場合など
  21. ^ 初放送は2016年8月4日の千葉ロッテマリーンズ対北海道日本ハムファイターズ戦で、『GAORAプロ野球中継』(日本ハム球団・GAORA制作)のレギュラー出演者が日本ハム応援実況の副音声(解説:岩本勉、実況:近藤祐司)を務めた。
  22. ^ スコア表示は2014年まではFOX SPORTS共通フォーマットを使用しており、当時のオリックス戦においても同様の体制になっていた。
  23. ^ 資本面では2015年にフジテレビジョンの100%子会社となっているが、TBSテレビとも取引関係がある。
  24. ^ 2016年まではトゥエルビも制作協力に携わっていた。
  25. ^ TBSテレビ準拠の時代には、TBSニュースバード側では冠番組名である「侍プロ野球→SAMURAI BASEBALL」が別乗せで表示されたが、球団版では省略されていた。
  26. ^ デザインは2021年にも変更されており、こちらは2020年から日テレNEWS24にて中継されている「DRAMATIC BASEBALL」のフォーマットをもとに、独自にアレンジを加えたものとなっている。
  27. ^ 本番組で放送された最初の実例は2019年8月22日の対楽天戦。
  28. ^ 2009年のBS11の『断然 パ・リーグ主義!!』でも同様。
  29. ^ 2013-2015年度までは「RAKUTEN EAGLES All rights reserved」と表記。
  30. ^ J SPORTSの中継では球団制作とは別にテイクシステムズが協力に携わっていた。
  31. ^ 正確には2015年まで東京ケーブルネットワーク(TCN)とTCP、2016年からはExpressの機材を使用。
  32. ^ 2015年以降のスコア表示は、放送時点でのJ SPORTSに準拠したものが使われるが『野球好き』ロゴは無い。このフォーマットはサンテレビが制作した『サンテレビボックス席』(2015年まで)やビジター地元局(東日本放送・東北放送・仙台放送・テレビ北海道など)の地上波放送が行われる場合においても同様の処置が取られていた。
  33. ^ 2015-2016度シーズンでは一部対戦カードで前者と後者の実況および解説者が異なっており、2015年4月8日放送分は、前者は解説:岡義朗、実況:濱野圭司で、後者は齊藤明雄、実況:谷口広明での放送だった。
  34. ^ その初放送となった10月8日の対楽天戦では、中継終了時刻となりフィラー映像に切り替わる際にもかかわらず、GAORAプロ野球中継の音声を数分間流す放送事故が発生した。
  35. ^ 球団が自ら中継車を保有している。
  36. ^ 北海道文化放送(フジテレビ系列)の関連企業
  37. ^ 北海道テレビ(テレビ朝日系列)の関連企業。クレジット表示は「miruca
  38. ^ 札幌テレビ放送(日本テレビ系列)の関連企業

外部リンク[編集]