有馬隼人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

有馬 隼人(ありま はやと、1977年[1]10月29日 - )は、ラジオパーソナリティ、CS・BS放送を中心としたNFLなどのアメリカンフットボール実況・解説者である。元アメリカンフットボール選手・元TBSアナウンサーグリーンメディア所属。身長178cm、体重78kg。

人物・略歴[編集]

大学以前[編集]

広島県[1]福山市出身。10歳の時、大阪府豊中市に転居。大阪府立箕面高等学校在学中にアメリカンフットボールを始め[1]QBとして活躍。投げ手は左手。3年生時の春季、西宮ボウル(大阪府選抜-兵庫県選抜)等で注目を集める。秋の高校アメリカンフットボール選手権大会では、奇跡的な逆転勝利などを数々演出し「箕面現象」とも言われた快進撃で準決勝へ進む。スポーツ推薦制度のない公立高校の準決勝進出は快挙であり、関西フットボール界の大きな話題となったが、関西学院高等部に敗れ、公立校初のクリスマスボウル出場はならなかった。

大学時代[編集]

関西学院大学に進み、アメリカンフットボール部に入部。1996年の秋季リーグ戦で1年生ながらスターターQBに起用され、話題となる[1]。2、3年時は不振でスターターを外れるが、西宮ボウルでは関西学生オールスターに選出され、近畿大高橋幸史(のち松下電工)の控えながら軽妙にパスを決めて存在感を示す。最終学年となった1999年、春季、アサヒ飲料との神戸ボウルでレギュラーが負傷したことから途中出場し、40ヤード以上のランを2回記録、エースに復帰した[1]。ゲームで安定したクォーターバッキングを見せ、スターターQBの座を奪回。秋季リーグ戦も、第6節の立命館大戦こそゲーム序盤で相手タックルを受け戦列を離れたが、リーグ戦を通じて終始安定した試合運びで全勝優勝に導き、関西学生リーグの最優秀選手に選ばれる。正確なパスコントロールで、パス成績は他を大きく引き離しての1位だった。大きな放物線軌道を描くロングパスは毎日放送のリーグ戦ダイジェスト番組『FLASHBOWL SERIES ハイライト』の司会者ヒロ寺平に「パラボリック・パス」と命名された。その後、第54回毎日甲子園ボウル法政大に52-13で快勝し、1993年以来チーム4度目のライスボウル出場を決める。自身も年間最優秀選手であるミルズ杯を獲得した(甲子園ボウル出場は1997年、1999年の2回)。しかし、日本一に挑んだ第53回ライスボウルでは社会人チーム代表アサヒビールシルバースターに17-33で敗れ、日本一の夢を果たせぬまま選手生活を一旦終える[1]

社会人以後[編集]

関西学院大学商学部卒業後、2001年4月TBS(当時の東京放送)にアナウンサー36期生[2][3]として入社[2][3][1](同期入社のアナウンサーに藤森祥平竹内香苗[2][3]。主に週末の番組でスポーツキャスターを務めたほか『はなまるマーケット』でも注目を集めたが、アメリカンフットボールへの情熱を捨て切れず、2004年3月にアサヒ飲料のトライアウトに合格、6月に在職3年で同社を退社した[1]

TBS在職中も社会人チーム(三井物産シーガルズ)に籍は置いていたが、退社後は選手として本格的に復帰。奇しくもライスボウルで対戦したアサヒビールシルバースターに入団。アリーナフットボールの日本選抜チーム「サムライウォリアーズ」でもプレーした。2008年、アサヒ飲料チャレンジャーズに移籍した。同年GAORAで放送されたドキュメンタリー番組『激動の有馬隼人』によると、同チームに所属し共にGAORAでNFL中継を担当する河口正史からの誘いもあったという。2010年シーズンはアサヒビールシルバースターに復帰。

そして2012年シーズンをもって選手としての現役生活を終え、[4]翌2013年シーズンからは同チームのオフェンスコーディネーターに転身した。[5]

一方、元アナウンサーという経歴を生かし、テレビのアメフト関連番組への出演機会が多い。NFLやアリーナフットボール中継の実況を皮切りに、『FLASHBOWL SERIES ハイライト』のMC、甲子園ボウル中継のピッチ解説、ライスボウル中継の副音声実況なども務める。

アニメ『アイシールド21』(テレビ東京)では、第45・46話で本人役[6]で声優出演、第52話から第98話まで「有馬隼人のアメフトクリニック」コーナーに出演した。

現在は『LOVEかわさき』(テレビ神奈川)などスポーツ以外の番組にも出演中。

また、中堅コンビニエンスストアチェーンam/pmの食育や環境に配慮したキャンペーン「カラダにキブンにイイコトクラブ」では「自己管理の達人」として、タレントの安田美沙子などと共に2007年度のオピニオンキャラクターを務めた。

2014年現在スノーボード選手の平岡卓のマネージメントをしている。[7]

2016年4月14日からTBSラジオ『伊集院光とらじおと』の木曜アシスタントを、4月15日から同番組の金曜版『有馬隼人とらじおと山瀬まみと』のメインパーソナリティを担当している[8]。長らく古巣のTBSの番組にはテレビ、ラジオともなかったが、久々の出演となる(TBSの系列局である毎日放送及び、MBSの衛星放送であるスポーツ放送局GAORAには多く出演していた)。

このようなメディアへの出演と並行して、2017年からはアサヒビールシルバースターのヘッドコーチとして指揮を執る[9]

著書[編集]

主な出演番組[編集]

テレビ[編集]

TBSアナウンサー時代[編集]

※以上、「TBSアナウンサー名鑑」2004年版から転載

TBS退社後[編集]

NHK-BS1(2009年 - )) - ピッチ解説(2010年度は放送席解説者)

ラジオ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 看板アナの道捨てアメフトに戦列復帰 関学QBだった有馬さん、アサヒビールへ 読売新聞2004年11月19日夕刊2ページ
  2. ^ a b c 「III. 放送関係 7. アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、240頁。全国書誌番号:20288703。「2001.4<36期生> 3人入社(男2・女1) 有馬隼人 藤森祥平 竹内香苗」
  3. ^ a b c 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、34頁。全国書誌番号:20288703。「01.4<36期生>3人入社 有馬 隼人 藤森 祥平 竹内 香苗」
  4. ^ 引退のお話です。有馬隼人渾身のブログ 2013年1月17日付。同年2月14日閲覧
  5. ^ Silver Star 2013有馬隼人渾身のブログ 2013年4月21日付。同年11月15日閲覧
  6. ^ 社会人アメフト部『侍ウォーリアーズ』。
  7. ^ 【スノボ】ソチ五輪銅・平岡に有馬氏マネジメントスポーツ報知 2014年11月19日付。同年11月22日閲覧
  8. ^ TBSラジオの朝が変わる!新番組4月11日(月)スタートTBSラジオ&コミュニケーションズ 2016年2月22日付。同年2月23日閲覧
  9. ^ シルバースター始動 | 川崎区・幸区 | タウンニュース
  10. ^ a b 伊集院光のTBSラジオ新番組「伊集院光とらじおと」詳細発表「JUNK」は続投”. お笑いナタリー (2016年2月22日). 2016年2月23日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]