近藤薫明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
こんどう しげあき
近藤 薫明
現況故人
国籍日本🇯🇵
別名くんめい先生
教育國學院大学卒業
職業教育者
活動期間1968年〜1992年
著名な実績城北中学校・高等学校第六代理事長
城北埼玉中学校・高等学校初代理事長
代表作日本史問題の解釈 : 最近の入学試験問題増補

近藤 薫明(こんどう しげあき)は日本の教育者、経営者である。多数の教育機関の創立、経営に携わったが、著名なものとして、城北埼玉中学校・高等学校の創設がある。

人物[編集]

城北高校で教鞭をとった際、城北高校の校長であった[1]深井鑑一郎の教育理念に感銘を受け、城北埼玉中学・高等学校を設立し、初代理事長を務める。

著書に『私と城北』がある。城北埼玉中学・高等学校の生徒からは「くんめい先生」の愛称で親しまれている。

活動[編集]

昭和43年(1968)から昭和53年(1978)まで城北中学校・高等学校の理事長を務める[2]

昭和55年(1980)から平成4年(1992)まで城北埼玉中学校・高等学校の理事長を務める[3]

エピソード[編集]

東京府立第四中学校(現東京都立戸山高等学校)の教諭を務めていた際に、牛込高等女学校(豊島岡女子学園の前身校)の校長就任を打診したことがある。後に牛込高等女学校の校長を引き受けた二木謙三の『静座法』を愛読し、授業前の静座を考案した。現在でもこの習慣は城北埼玉中学校・高等学校の授業前に見られる[4]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 理事長挨拶” (日本語). 城北埼玉中学・高等学校 | 埼玉県川越市 | 中高一貫私立進学校. 2022年5月12日閲覧。
  2. ^ 学校沿革 | 城北学園 城北中学校・高等学校” (日本語). www.johoku.ac.jp (2016年9月21日). 2022年5月12日閲覧。
  3. ^ 『私立中学校高等学校受験年鑑』大学通信、8/31、710頁。 
  4. ^ 城北高校の歴史”. 2022年5月12日閲覧。