河口正史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
河口 正史
個人情報
フルネーム かわぐち まさふみ
国籍 日本の旗 日本
生誕 (1973-02-19) 1973年2月19日(44歳)
兵庫県川西市
身長 180 cm (5 ft 11 in)[1]
スポーツ
競技 アメリカンフットボール
ポジション ラインバッカー
(現役時代)

河口 正史(かわぐち まさふみ、1973年2月19日 - )は元アメリカンフットボールの選手、コーチ、および解説者。兵庫県川西市生まれ。愛称は「マーサ」。「フィードバックディスク」スーパーバイザー。

略歴[編集]

米国ニュージャージー州の小学校に通っていたときにアメリカンフットボールに出会う。帰国して、中学時代は履正社学園豊中中学校で野球部に所属していたが、練習ボイコットや集団退部などを企て、廃部に追い込んだという(成人後、当時の顧問の教諭には謝罪した)。早稲田大学本庄高等学院に進学しラグビーをはじめるが成績不良のために放校処分となった。(本人曰く、パチンコ店の新装開店とラグビーの練習だけは皆勤賞だった。放校処分された理由は、単に勉強しなかったので進級出来なかっただけだという。)その後、アメリカからの帰国子女だった友人の影響で再び渡米、カリフォルニア州の高校、サン・クレメンテ・ハイスクール (San Clemente High Schoolで本格的にアメリカンフットボールに取り組む。

サン・クレメンテ・ハイスクール卒業後、日本に帰国。立命館大学国際関係学部入学と同時にアメリカンフットボール部(パンサーズ)に入部。1994年、天才QBと呼ばれた東野稔らと共に同大初の甲子園ボウル優勝に貢献。1994年1月のアイビーボウルでは敢闘賞に選ばれた[2]

大学卒業後、NFLヨーロッパへ参戦。アムステルダム・アドミラルズのラインバッカーとしてプレーし、3年目には「オールNFLヨーロッパ」に選出。

1998年、グリーンベイ・パッカーズ、2000年、ダラス・カウボーイズと、アメリカンボウルに来日するチームのトレーニングキャンプに参加した[3]

2002年2003年NFLサンフランシスコ・フォーティナイナーズのキャンプに招集されるが、開幕ロースターには残れず。2002年8月4日に大阪ドームで開催されたプレシーズンマッチNFL OSAKA 2002(対ワシントン・レッドスキンズ戦)で、スペシャルチームのメンバーとして数プレーに出場。日本人で初めてNFLプレシーズンマッチに出場した選手となる。この年アメリカで行われたプレシーズンゲームにも日本人として初めて出場、1タックルをあげた。2003年にはトレーニングキャンプ中に太ももの肉離れを起こしてプレシーズンゲーム出場はならなかった[3]

2003年秋以降はXリーグ西地区のアサヒ飲料チャレンジャーズに所属。2007年シーズンは主将を務めた。2008年シーズンはポジションをセイフティに変更。社会人リーグ西地区優勝に貢献。2008年シーズンを最後に現役引退[4]。選手活動の傍ら、追手門学院大学の客員教授およびアメリカンフットボール部のヘッドコーチを務めた。2009年5月にトレーニング機器の販売などをする会社を設立。今後はトレーニング指導や機器販売などの事業に専念する予定。

吉本興業とマネジメント契約を結んでおり、NHK日本テレビ日テレジータス)でNFL中継の解説も務めている。アサヒ飲料で2008年にチームメイトだった有馬隼人とコンビを組むことが多い(基本的に河口が解説で、TBSアナウンサーであった有馬が実況)。2015年シーズンまではGAORAでも解説を務めた。

2009年12月19日、深夜放送オードリーのオールナイトニッポン』にゲスト出演した際に、身長がプロフィールでは180cmになっているが、実際は、177cmであると告白した。他にも、学生時代にテレクラでバイトをしていたと発言した。

2015年2月より、桜美林大学アメリカンフットボール部のトレーナーに就任した[5]

エピソードとしては、シーズンオフに、大学でコーチをしていた頃の話で、生徒へタックルを教えようと生身のまま全速力で、その場にいた生徒へ当たりにいって首を怪我してしまった。2か月後のシーズンインでも、痛みが消えなかったので、引退を決意し、最後に思いっきり当たって選手生命を終えようと考え相手選手へ当たりにいったが、当たった衝撃で奇跡的に首の痛みがひいて、その後一切首が痛くならなくなった。

選手時代に、一番怖かった経験として、「ヘルメットをかぶっている選手より、自分より、細い黒人の方がずっと怖かった」と語っている。「有馬隼人とらじおと山瀬まみと」で発言。

『スポーツマンNo.1決定戦』での成績[編集]

  • 1999年に『スポーツマンNo.1決定戦』(TBS系列)に初出場し、THE GALLON THROWで1位(記録5m75cm)になる。暫定トップだったが、最終種目SHOT-GUN-TOUCHで飯田哲也(当時ヤクルトスワローズ)に逆転され、総合2位に終わる。
  • 翌2000年に再出場。今回も最終種目まで暫定トップだったが、SHOT-GUN-TOUCHで今度はケイン・コスギに抜かれ、逆転される苦汁を2度味わった。
  • 2001年に3年連続出場。準決勝、POWER FORCEで清原和博(当時読売ジャイアンツ)と1分30秒の激闘の末に敗れたが、このシーンはその後幾度も放送されている。この大会は総合4位で終了。
  • その後、2004年まで計6回連続出場を果たす。2002年、2003年は低迷するも、2004年は久々に上位進出。最終種目の時点で2位だったが、SHOT-GUN-TOUCHで振るわず、最後は同じアメフト選手の里見恒平に抜かれて総合3位に終わる。
プロスポーツマン大会
大会 放送日 総合順位
第5回大会 1999年1月1日 2位
第6回大会 2000年1月1日 2位
第7回大会 2001年1月1日 4位
第8回大会 2002年1月1日 9位
第9回大会 2003年1月1日 7位
第10回大会 2004年1月1日 3位

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 吉本興業株式会社 スポーツ選手プロフィール 河口正史”. 2015年3月4日閲覧。
  2. ^ アメフト アイビーボウル8日 アイビー選抜が5連勝 読売新聞 1994年1月9日 朝刊15ページ
  3. ^ a b NFLに最も近い日本人選手”. NFL JAPAN (2003年9月30日). 2012年7月28日閲覧。
  4. ^ 近藤祐司 (2009年4月3日). “日本人初のNFLに近づいた男、河口正史が引退!”. NFL JAPAN.COM. 2015年9月30日閲覧。
  5. ^ 週刊TURNOVER【編集後記】Vol.89”. 47NEWS (2015年6月12日). 2015年9月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]