京都紫光サッカークラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

京都紫光サッカークラブ(きょうとしこう サッカークラブ、Kyoto Shiko Soccer Club、京都紫光クラブ)について、以下の2つがあり、それぞれこの記事内で記載する。

  1. かつて存在した日本サッカークラブ。1922年京都府師範学校のOBのサッカークラブとして創部した。日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟する京都サンガF.C.の前身となったクラブ。
  2. 上記の京都紫光クラブから分かれる形で発足したサッカークラブ。

京都紫光クラブ(1922年 - 1993年)[編集]

京都紫光クラブ
原語表記 京都紫光クラブ
愛称 紫光、紫光クラブ
クラブカラー     
創設年 1922年
解散年 1993年
ホームタウン 京都府京都市
ホームスタジアム 京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

概要[編集]

1922年京都師範学校のOBが中心となって蹴球団が創設[1] されたが、その後に消滅した[2]1937年、「京都紫郊クラブ」の名称で再発足した[2]

1953年第8回国民体育大会に参加(初の国体出場)して教員の部で準優勝した[2]1954年に京都紫光クラブに改称した[1]1956年天皇杯全日本サッカー選手権大会に初出場したが、初戦(1回戦)で中大クラブに敗退。1958年から教員以外の入部を受け入れて、教員クラブから市民クラブとなった[2]

1965年に創設された関西サッカーリーグに参加。また、この年に創設された全国社会人サッカー選手権大会(以下「全社」)の第1回大会に出場した。1969年に関西リーグで初優勝した。1972年日本サッカーリーグの2部発足に伴って参加[1]。1976年の第56回天皇杯全日本サッカー選手権大会で山口教員団(現:レノファ山口FC)を破って天皇杯初勝利を挙げた。

1978年、JSL2部で最下位に終わった。また、JSL2部・地域リーグ入替戦でヤマハ発動機(現:ジュビロ磐田)に敗北して関西リーグに降格した。1979年に関西リーグで優勝。初出場となった全国地域サッカーリーグ決勝大会は決勝ラウンド2位の成績を収めたが、JSL2部・地域リーグ入替戦は帝人に敗れた。

1988年中央防犯(現:アビスパ福岡)やマツダオート広島などを破り、全社で初優勝。関西リーグで4度目の優勝。全国地域サッカーリーグ決勝大会は東京ガス(現:FC東京)や読売サッカークラブ・ジュニオールに競り勝って、決勝ラウンド2位の成績。1989年にJSL2部に再昇格した。

1992年ジャパンフットボールリーグ(JFL)発足に伴い、JFL2部に参加。JFL2部で準優勝してJFL1部へ昇格。1993年にクラブ名称を教育研究社FC京都パープルサンガに変更[1]。8月10日、「京都にJリーグを」市民の会が設立された[3]。その後、約25万人の署名が集まった。また、市民の会が経済界に働きかけて、京セラが中核となって発足させることが決まった[4]

1994年1月11日、運営会社となる「株式会社京セラパープルサンガ」が設立。資本金は18億2,000万円で、その内の京セラが10億円、任天堂が3億円を出資した[4]。また、クラブ名称を「京都パープルサンガ」とすることも決定し、6月に名称が変更された[1]

成績[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 天皇杯 監督
1956 1回戦敗退
1957 1回戦敗退
1958 1回戦敗退
1959 1回戦敗退
1960 1回戦敗退
1962 1回戦敗退
1966 関西 2位 11 7 5 1 1 25 11 14 オープン化前
1967 2位 9 7 4 1 2 17 7 10 今大路仟
1968 4位 8 7 4 0 3 10 9 1
1969 優勝 16 14 5 6 3 23 15 8
1970 6位 11 14 4 3 7 17 33 -16
1971 優勝 24 14 12 0 2 43 12 31 嶋谷征四郎
1972 JSL2部 4位 17 18 7 3 8 26 31 -5 地区予選敗退
1973 7位 14 18 5 4 9 31 35 -4 2回戦敗退
1974 3位 22 18 9 4 5 27 20 +7 地区予選敗退
1975 6位 15 18 5 5 8 18 20 -2
1976 9位 11 18 3 5 10 11 25 -14 2回戦敗退
1977 6位 31 18 5 4PK勝 3PK敗 6 26 37 -11 地区予選敗退
1978 10位 8 18 1 1PK勝 2PK敗 14 15 51 -36
1979 関西 優勝 29 18 12 5 1 50 23 27
1980 5位 19 18 8 3 7 33 18 15 板谷照夫
1981 4位 20 18 8 4 6 23 23 0
1982 4位 19 18 8 3 7 26 21 5 江見敏夫
1983 5位 17 18 5 7 6 20 22 -2 木村文治
1984 6位 15 16 5 5 6 20 20 0
1985 4位 16 16 6 4 6 24 20 4
1986 2位 24 18 9 6 3 39 21 18
1987 5位 19 18 7 5 6 34 20 14
1988 優勝 24 15 11 2 2 31 10 21
1989-90 JSL2部 4位 60 30 17 9 4 61 28 33 1回戦敗退
1990-91 13位 31 30 8 7 15 42 62 -20 地区予選敗退
1991-92 14位 22 30 5 7 18 21 57 -36 1回戦敗退 来栖孝治
1992 JFL2部 2位 37 18 11 4 3 39 17 22 2回戦敗退
1993 JFL1部 10位 - 18 2 - 16 20 52 -32 地区予選敗退 高間武

主な成績・タイトル[編集]

京都紫光サッカークラブ[編集]

京都紫光サッカークラブ
原語表記 京都紫光サッカークラブ
呼称 京都紫光クラブ
愛称 紫光、紫光クラブ
クラブカラー     
創設年 1994年
所属リーグ 関西サッカーリーグ
所属ディビジョン 2部
ホームタウン 京都府京都市
ホームスタジアム Nishikyogoku170930.jpg京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
Taiyogaoka Athletic Stadium-01.jpg太陽が丘陸上競技場
洛西浄化公園球技場
収容人数 20,688(西京極陸)
7,000(太陽丘陸)
運営法人 一般社団法人京都紫光サッカークラブ
代表者 杉本正弥
監督 児島信章
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
一般社団法人京都紫光サッカークラブ
団体種類 一般社団法人
設立 2013年
所在地 京都市北区衣笠東御所ノ内町60
シマスポーツ2F
活動地域 京都府
活動内容 サッカーを中心とする生涯スポーツ全般の普及
ウェブサイト http://www.kyoto-shiko.com
テンプレートを表示

概要[編集]

サンガ(その後の沿革は当項目を参照)の発足を機に、アマチュアとして選手活動を続けていく選手は2つのサッカーチームに分かれた。

1つは練習生の受け入れ先となった教育研究社FC(1989年創設)で、その後数回の運営母体変遷と名称変更を経て最終的にはFC京都BAMB1993となり、2009年にアミティエ・スポーツクラブと統合(実質的には、アミティエによる吸収合併)し、アミティエSC京都おこしやす京都AC(2018年4月から名称変更)に至る。

もう1つは従来通りのあり方で活動を続けて行こうとした現在の「京都紫光サッカークラブ」であり、参加者から活動費を集めて運営。トップチーム以下、ユースや女子チームといったチームも存在する。

チーム構成[編集]

  • トップチーム
  • シニアチーム
  • 女子チーム
  • 紫光サッカーキッズ (幼児から小学校6年生)
  • ジュニアユース(U-15、U-14、U-13)
  • ジュニア
    • 小学校高学年(U-12, 11, 10)
    • 低学年・幼児(U-9, 8, 7, 6)

トップチームの成績[編集]

年度 カテゴリ 順位 勝点 試合 得点 失点 得失 監督
1998 関西 7位 21 18 6 3 9 32 52 -30 安田一雅
1999 9位 25 16 7 4 5 29 30 -1
2000 2位 32 18 9 5 4 32 21 +11
2001 7位 21 18 7 0 11 24 31 -7
2002 7位 16 13 5 1 7 21 24 -3
2003 9位 12 18 3 3 12 25 54 -29
2004 9位 20 20 6 2 12 26 51 -25 小池正樹
2005 関西2部 2位 30 14 10 0 4 36 23 13
2006 関西1部 7位 12 14 3 3 8 20 30 -10
2007 関西2部 4位 20 14 5 5 4 34 26 8
2008 3位 27 14 9 0 5 33 23 10
2009 3位 25 14 8 1 5 26 25 1 小池正樹 / 豊浦太郎
2010 5位 18 14 5 3 6 17 29 -12 豊浦太郎
2011 3位 22 14 7 4 3 38 22 16
2012 7位 6 14 2 0 12 7 44 -37 児島伸章
2013 5位 15 14 4 3 7 25 36 -11
2014 7位 12 14 3 4 7 11 24 -13
2015 優勝 29 14 8 5 1 39 14 25
2016 関西1部 8位 3 14 1 0 13 11 38 -27
2017 関西2部 6位 17 14 4 5 5 16 22 -6
2018 14

所属選手・スタッフ[編集]

2018年

スタッフ[編集]

役職 氏名 前職 備考
監督 日本の旗 児島信章 日本の旗 京都紫光サッカークラブ 選手
ヘッドコーチ 日本の旗 和気家督 日本の旗 京都紫光サッカークラブ 選手 選手兼ヘッドコーチ
2018年より現役復帰
GKコーチ 日本の旗 竹中浩司 日本の旗 京都紫光サッカークラブ 選手
フィジカルコーチ 日本の旗 植田尚吾 京都医健専門学校
アシスタントコーチ 日本の旗 岩切ケン 日本の旗 伏見FC 選手 選手兼アシスタントコーチ
アシスタントコーチ 日本の旗 渡部聡 摂南大学 選手兼アシスタントコーチ

選手[編集]

Pos No. 選手名 前所属 備考
GK 1 日本の旗 中路明俊 龍谷大学
19 日本の旗 浅野裕也 日本の旗 レイジェンド滋賀FC 副キャプテン
DF 3 日本の旗 渡部聡 摂南大学 選手兼アシスタントコーチ
5 日本の旗 細田裕翔 京都桂高校
6 日本の旗 井上雄貴 日本の旗 レイジェンド滋賀FC
10 日本の旗 日浦一樹 日本の旗 京都伏見蹴友会
15 日本の旗 渡部寛 日本の旗 FC大阪
18 日本の旗 佐藤友也 日本の旗 京都伏見蹴友会
26 日本の旗 森田涼太郎 立命館宇治高校 副キャプテン
26 日本の旗 永吉拓磨 日本の旗 大阪ガスサッカー部
28 日本の旗 奥山真至 岡山学芸館高校
30 日本の旗 光定麗 阪南大クラブ
MF 7 日本の旗 北風俊郎 京都産業大学
8 日本の旗 島田潤也 洛北高校
11 日本の旗 玉置裕大 京都産業大学
16 日本の旗 古澤光二郎 日本の旗 1.FC Minoh
22 日本の旗 松井啓悟 京都産業大学
23 日本の旗 和気家督 日本の旗 京都紫光クラブ 選手兼ヘッドコーチ
2018年より現役復帰
25 日本の旗 日野樹 立命館宇治高校
29 日本の旗 川添裕生 洲本高校
41 日本の旗 岩切ケン 日本の旗 伏見FC 選手兼アシスタントコーチ
46 日本の旗 采女優輝 日本の旗 FCティアモ枚方
FW 9 日本の旗 溝口高弘 立命館宇治高校
14 日本の旗 溝口高弘 立命館宇治高校
24 日本の旗 中田顕斗 キャプテン 立命館大学 キャプテン
33 日本の旗 太田涼介 日本の旗 AS.Laranja Kyoto
39 日本の旗 原田正暁 高岡第一高校
40 日本の旗 齋藤達也 日本の旗 MIOびわこ滋賀

歴代所属選手[編集]


ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) 紫×黒
FP(2nd) 黄×金
GK(1st) オレンジ×紺 オレンジ オレンジ
GK(2nd) 紺×シルバー シルバー シルバー
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd


ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
アトランティック・センチュリー Atlantic Century
Possibilité à l'avenir
2013年 - 2013年 - 2015年までは背中上部
2013年 - 2014年までは「ACCW.net」(1st.)、「ACCW.hk」(2nd.)表記
背中上部 大嶋法務事務所 行政書士・海事代理士
大嶋法務事務所
2016年 -
背中下部 なし - -
デシリットル・ファクトリー ざつむちゃん 2013年 - 2013年 - 2017年は「pontab」表記
パンツ なし - -

ユニフォームサプライヤー[編集]

歴代ユニフォームスポンサー年表[編集]

年度 背中上部 背中下部 パンツ サプライヤー
2012 - - - - - Mizuno
2013 pontab ACCW.net (1st.)
ACCW.hk (2nd.)
GAVIC
2014
2015 Atlantic Century
Possibilité à l'avenir
2016 Atlantic Century
Possibilité à l'avenir
行政書士・海事代理士
大嶋法務事務所
2017
2018 ざつむちゃん

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e クラブ概要”. 京都サンガF.C.. 2013年5月4日閲覧。
  2. ^ a b c d クラブ概要”. 京都紫光サッカークラブ. 2016年2月21日閲覧。
  3. ^ 「京本拠のJリーグチームを 市民の会が設立集会」 朝日新聞、1993年8月12日、2014年2月8日閲覧
  4. ^ a b 「Jリーグめざし京都に京セラが新会社」 朝日新聞、1993年8月12日、2014年2月8日閲覧

外部リンク[編集]