レジェンズ・フットボール・リーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Extreme Football League
前身ランジェリー・フットボール・リーグ (2009–2012)
レジェンズ・フットボール・リーグ (2013–2019)
競技女子アメリカンフットボール
創立2009年 (12年前) (2009)
代表ミッチ・モルタザ(Mitch Mortaza)
開始年2009年
参加チーム8(アメリカ合衆国)、4(カナダ)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カナダの旗 カナダ
公式サイトhttp://www.lflus.com/
Denver Dream 対 LA Temptation(2009)
デンバー・ドリームとロサンゼルス・テンプテーションの試合(2009年)

エクストリーム・フットボール・リーグ: Extreme Football League、通称: Xリーグ : X League)、旧称: レジェンズ・フットボール・リーグ(LFL)は、アメリカ合衆国で行われている女性によるインドア・アメリカンフットボール英語版のリーグ。7人制のアメリカンフットボールで、ユニフォームブラジャーパンティーランジェリー(下着)風である。2012年現在、アメリカ合衆国など45カ国以上で放送されている[1][2]

2012年8月にLFLカナダも開始し、2013年12月にはLFLオーストラリア、2014年にヨーロッパに拡張予定、さらに2014年には4地域の優勝チームが世界一を競う「LFLワールドボウル」の開始を予定している。LFLワールドボウルの第1回大会はブラジルサンパウロで2014年7月19日に予定されている[3]

2012年までは「ランジェリー・フットボール・リーグ(Lingerie Football League)」と言う名称だったが、2013年シーズンより「レジェンズ・フットボール・リーグ(Legends Football League)」に改称された。略称は共に「LFL」。

2020年シーズンより、リーグ名を「エクストリーム・フットボール・リーグ(Extreme Football League)」に、通称を「Xリーグ(X League)」と改称[4][5]。なお、日本の社会人アメリカンフットボールリーグも「Xリーグ」の名を冠して運営されているが、両リーグは独立した別組織であり関係性はない[6]

歴史[編集]

2004年の第38回スーパーボウルのハーフタイムショーの時間にぶつけるように合わせ、初めてランジェリーボウルが開催され全米の数百万人にペイ・パー・ビューで視聴された[7]。 2005年にはデニス・ロッドマンがリーグのコミッショナーに就任した[8]

リーグ最初のシーズンは2009年9月4日に開幕した[9][10]。リーグのオフィスはカリフォルニア州ウェスト・ハリウッドにある。 テレビ放送はマイネットワークTVによって行われている。日本では2011年よりWOWOWが放映権を取得して放送された。

2012年6月15日、ゲーム会社のユークスがリーグよりライセンス許諾を受けて、ゲーム化権を取得したことを発表した[1][2]

2013年に「ランジェリー・フットボール・リーグ」から「レジェンズ・フットボール・リーグ」へと改称され、リーグ10周年を迎えた2019年を最後に解散。翌2020年より「エクストリーム・フットボール・リーグ」(Xリーグ)として再出発することになった[6]

プレースタイル[編集]

装具をつけた選手(ロサンゼルス・テンプテーションのニキ・ガジアン)

インドアフットボール英語版と同様のフルコンタクト方式で対戦する。選手はヘルメットショルダーパッドエルボーパッド英語版ニーパッド英語版ガータースポーツブラパンティーを身につける。

試合は4クォーター制[11]。攻撃側は4回の攻撃でファーストダウンの獲得を目指す。フィールドゴールはなく、第4ダウンでも基本的には攻撃を続けるが、自陣10ヤード以内の場合はパントが可能。タッチダウンを決めた後はエクストラポイントとして、1ポイントコンバージョンで1ヤード地点からの攻撃か、2ポイントコンバージョンで3ヤードからの攻撃を行うことができる。

アリーナフットボールや他のリーグで見られる8人制とは異なり両チームからは7人ずつの選手が出場しコンチネンタル・インドアフットボールリーグと同じ50ヤードのフィールドで対戦する。各チームは20人の選手を登録することができるが1試合に出場できるのは14人までである。そのため通常3,4人の選手がオフェンス、ディフェンスの両方でプレーする。

シアトル・ミストのオフェンスライン

一般的な攻撃側のフォーメーションはQB1人、RB2人、センター1人、WR3人である。一方一般的な守備側のフォーメーションはディフェンスライン2人、ラインバッカー2人、コーナーバック2人、セイフティ1人である。

フィールドはエンドゾーンからエンドゾーンが50ヤード、幅が30ヤード、エンドゾーンの深さは8ヤードであり他のインドアリーグと概ね同じである[12]

各クォーターはそれぞれ10分間でハーフタイムが12分の長さである。同点で終了した場合は8分間のサドンデスルールの延長が行われる。

所属選手の大部分は大学またはセミプロレベルでのスポーツ経験のある選手で陸上競技テニスバレーボールソフトボールサッカーバスケットボールボディビルディングの経験があり、セミプロレベルでフットボール経験のある選手もいる。

加盟チーム[編集]

LFL アメリカ合衆国
チーム名 スタジアム 本拠地 加盟年
イースタン・カンファレンス
アトランタ・スチーム英語版 アリーナ・アット・グウィネット・センター ジョージア州ダルース 2013年
シカゴ・ブリス英語版 シアーズ・センター イリノイ州ホフマン・エステーツ 2009年
オマハ・ハート英語版 ラルストン・アリーナ ネブラスカ州オマハ 2013年
ニューイングランド・リバティ英語版 ベライゾンワイアレス・アリーナ ニューハンプシャー州マンチェスター 2016年
ウェスタン・カンファレンス
オースティン・アコースティク英語版 シダー・パーク・センター テキサス州オースティン 2016年
ダラス・デザイア英語版 ドクターペッパー・アリーナ テキサス州フリスコ 2016年
ロサンゼルス・テンプテーション英語版 シチズンズ・ビジネス・バンク・アリーナ カリフォルニア州オンタリオ 2009年
シアトル・ミスト英語版 ショーウェア・センター ワシントン州ケント 2009年

注1 加盟時はフロリダ州タンパを本拠とする「タンパ・ブリーズ」で、2011年より本拠地を移動。

LFL カナダ
チーム名 スタジアム 本拠地 加盟年
LFLカナダ
BCエンジェルズ英語版 アボッツフォード・エンターテイメント&スポーツセンター ブリティッシュコロンビア州アボッツフォード 2012年
カルガリー・フィリーズ英語版 Stampede Corral Arena アルバータ州カルガリー 2013年
レジャイナ・レイジ英語版 ブラント・センター サスカチュワン州レジャイナ 2012年
サスカトゥーン・サイレンズ英語版 クレジット・ユニオン・センター サスカチュワン州サスカトゥーン 2012年

LFL アメリカ合衆国[編集]

2009年-2010年シーズン[編集]

サンディエゴ・セダクションのハドル

10チームがシーズン争いをすることが発表された[13]。リーグ戦は2009年9月4日から2010年1月29日までの毎週金曜日に同じカンファレンスのチーム同士がホーム・アンド・アウェーで2試合ずつ合計4試合戦う[14]。各カンファレンスの上位2チームは2月4日にマイアミで行われるプレーオフに出場しその勝者が2月6日に行われる第7回ランジェリーボウルに出場した。ロサンゼルス・テンプテイションがシカゴ・ブリスを27-14で破り優勝した[15]

2010年-2011年シーズン[編集]

2010-2011シーズンは新たにオーランド・ファンタジー英語版ボルチモア・チャーム英語版が加わることとなり、未勝利に終わったニューヨーク・マジェスティ英語版デンバー・ドリーム英語版が外れることとなった。

2010年6月10日、メキシコモントレーでオールスターゲームが行われイースタン・カンファレンスがウェスタン・カンファレンスを36-14で破った。2011年のランジェリー・ボウルはラスベガス第45回スーパーボウルのハーフタイムの時間にぶつけて行われた。

画像[編集]

日本人選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ユークスが“ランジェリー・フットボール・リーグ”のゲーム化権を取得”. ファミ通 (2012年6月15日). 2012年7月1日閲覧。
  2. ^ a b すごいものが上陸しそう。ユークス,米国発の激しくセクシーな人気スポーツ「ランジェリー・フットボール・リーグ」のゲーム化権を獲得”. 4Gmaer.net (2012年6月15日). 2012年7月1日閲覧。
  3. ^ LFL ANNOUNCES PLANS TO PREMIERE LEAGUES IN EUROPE, CANADA AND AUSTRALIA ALONGSIDE US LEAGUE [1]
  4. ^ BREAKING: Legends Football League Shuts Down After 10 Years of Service” (英語). Total Pro Sports (2019年12月14日). 2019年12月31日閲覧。
  5. ^ X LEAGUE | EXTREME FOOTBALL LEAGUE” (英語). 2019年12月31日閲覧。
  6. ^ a b 三尾圭(スポーツフォトジャーナリスト) (2019年12月24日). “【アメフト】Xリーグがアメリカにも誕生!?”. Yahoo!ニュース. Yahoo! JAPAN. 2021年2月9日閲覧。
  7. ^ Lingerie Bowl 2010 To Air During Super Bowl Half-time Show”. NowPublic (2010年2月4日). 2010年8月8日閲覧。
  8. ^ Lingerie Bowl III Commissioner Dennis Rodman Announces Celebrity-Studded Line-Up and Issues a Challenge to NFL Commissioner Paul Tagliabue”. findarticles.com (2005年10月). 2012年7月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年8月8日閲覧。
  9. ^ 下着女性の「ランジェリー・フットボール・リーグ」が開幕”. ロイター (2009年9月4日). 2010年5月21日閲覧。
  10. ^ 下着姿の「ランジェリーフットボールリーグ」、米国で開幕”. AFP (2009年9月7日). 2010年2月8日閲覧。
  11. ^ https://lflus.com/lfl-101
  12. ^ Lingerie football coming to Charlotte in 2010”. News 14 Carolina (2009年5月4日). 2009年5月5日閲覧。
  13. ^ http://www2.tbo.com/content/2008/apr/24/241734/lingerie-football-league-has-tryouts-tampa-team/
  14. ^ Hamnik, Al (2010年2月2日). “Wiping that LFL smirk off smug faces”. The Northwest Indiana Times. http://nwitimes.com/sports/columnists/al-hamnik/article_ff4f8286-6ef4-5977-bdf9-2915b37c59f6.html 2010年8月8日閲覧。 
  15. ^ Perlas, Eddie (2010年2月8日). “Chicago Bliss Fall in Lingerie Bowl”. NBC Chicago. http://www.nbcchicago.com/news/sports/Chicago-Bliss-Fall-in-Lingerie-Bowl-football-los-angeles-temptation-83829572.html 2010年8月8日閲覧。 
  16. ^ マネー現代編集部 (2020年8月1日). ““下着に防具”でガチ競技…!「ランジェリー・フットボール」を全米が切望するワケ ─「コロナで中止は絶対に避けたい…」”. マネー現代. 講談社. 2021年1月16日閲覧。
  17. ^ 鈴木と濱口「絶対に勝つ」:全米制覇へ意気込む日本人2人 ─ 28日、女子スーパーボウル”. 羅府新報社 (2018年7月24日). 2021年2月4日閲覧。
  18. ^ リーグ初の日本人選手誕生:女子プロアメフトの濵口芙由紀”. 羅府新報 Rafu Shimpo. 羅府新報社 (2019年3月13日). 2021年1月18日閲覧。
  19. ^ 戦いの場求めた新天地でデビュー:二刀流で挑む濵口芙由紀 ─ 輝き始めた弁護士フットボーラー”. 羅府新報 Rafu Shimpo. 羅府新報社 (2019年4月11日). 2021年1月16日閲覧。
  20. ^ 三尾圭(スポーツフォトジャーナリスト) (2019年3月27日). “日本人初のランジェリー・フットボール選手が誕生!”. Yahoo!ニュース. Yahoo! JAPAN. 2021年1月17日閲覧。
  21. ^ 濱口芙由紀 (2019年3月20日). 【遂に正式契約!】日本人初レジェンズ・フットボール・リーグとの契約選手!Vol.2 (YouTube). 「Betty and Fuyuki」(鈴木弘子, 濱口芙由紀).. https://www.youtube.com/watch?v=Z1f6ZRtoDGI 2021年1月19日閲覧。 
  22. ^ 内田暁(フリーランスライター) (2019年4月16日). “痛みと夢に導かれ――日本人初のランジェリー・フットボールプレーヤー、濱口芙由紀の数奇な人生”. Yahoo!ニュース. Yahoo! JAPAN. 2021年1月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]