第45回スーパーボウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第45回スーパーボウル
Super Bowl XLV
1 2 3 4

PIT 0 10 7 8

25
GB 14 7 0 10

31
開催日 2011年2月6日
スタジアム カウボーイズ・スタジアム
開催地 テキサス州アーリントン
優勝予想 Packers by 2½
国歌斉唱 クリスティーナ・アギレラ[1]
コイントス ディオン・サンダース
審判 ウォルト・アンダーソン
ハーフタイム ブラック・アイド・ピーズ
入場者数 103,219
アメリカにおけるテレビ放送
ネットワーク Fox
実況と解説 ジョー・バックトロイ・エイクマン
視聴率 47.9 (全米推定)[2]
46.0 (全米最終)[3]
59.7 (ピッツバーグ)
59.7 (ミルウォーキー)
全米推定視聴者数: 1億1100万以上 162.9 million est. total (スーパーボウル史上最多の視聴者数)[4]
CM広告料
(30秒)
280-300万ドル
 < 第44回 スーパーボウル 第46回 > 

第45回スーパーボウル(Super Bowl XLV)はピッツバーグ・スティーラーズグリーンベイ・パッカーズの間で争われた45回目のNFLスーパーボウル(優勝決定戦)であり、2011年2月6日にテキサス州アーリントンにあるカウボーイズ・スタジアムで開催された。試合はNFC第6シードから勝ち上がったパッカーズが31-25でAFC第2シードから勝ち上がったスティーラーズを下した。MVPは3タッチダウンパスを投げたパッカーズのクォーターバックアーロン・ロジャースが獲得した。

大会開催までの経緯[編集]

大会の開催地にあたっては2007年5月のNFLオーナー会議でダラスインディアナポリスグレンデールが立候補していた。しかし先にグランデールの開催を取り下げ、[5]最終的にはダラスとインディアナポリスとの一騎討ちとなり、投票の結果、ダラスに決定した。[6]

エンターテインメント[編集]

試合前のアメリカ国歌クリスティーナ・アギレラが歌ったが、国歌の歌詞を間違えるというトラブルが発生。スタジアムでは特に問題とされなかったものの、ネット上では歌詞の間違いに対する指摘や非難が集まり、後に本人が謝罪する事態となった[7]

ハーフタイムショー[編集]

11月25日のNFL on FOX内にてブラック・アイド・ピーズブリヂストン第45回スーパーボウルハーフタイムショーに出演することが発表された。[8][9]

試合経過[編集]

第1Q、パッカーズがアーロン・ロジャースからジョーディ・ネルソンへの29ヤードのTDパスで7-0と先制、さらにベン・ロスリスバーガーのパスをニック・コリンズがインターセプト、37ヤードのリターンTDで14-0とリードを拡げた。第2Qにスティーラーズは33ヤードのFGで14-3としたが、ジャレッド・ブッシュのインターセプトでパッカーズが攻撃権を得るとそのドライブでグレッグ・ジェニングスへの21ヤードのTDパスが成功し21-3となった。スティーラーズはその後ハインズ・ウォードへの8ヤードのTDパスを成功させ、21-10でハーフタイムを迎えた。

前半にスティーラーズはエマニュエル・サンダース、パッカーズはチャールズ・ウッドソンサム・シールズが負傷した(シールズはその後試合に復帰したが残りの選手は復帰できなかった。)。

第3Qにスティーラーズはラシャード・メンデンホールの8ヤードのTDランで21-17と4点差に追い上げたが、52ヤードのFGを失敗した。

第4Qにパッカーズはクレイ・マシューズがメンデンホールのファンブルを誘発、攻撃権を獲得するとジェニングスへの2本目のTDパスで28-17と11点差にリードを拡げた。スティーラーズはマイク・ウォレスへの25ヤードのTDパスを成功、2ポイントコンバージョンも成功させて28-25と3点差に迫った。

残り7分以上で攻撃権を得たパッカーズは時間を費やしながらメイソン・クロスビーの23ヤードのFGで31-25とした。残り2分7秒でTDが必要となったスティーラーズは自陣13ヤードから攻撃を開始したが、最後第4ダウンギャンブルも失敗に終わりパッカーズが31-25で勝利した。

スターティングラインアップ[編集]

ピッツバーグ・スティーラーズ ポジション グリーンベイ・パッカーズ
オフェンス
ハインズ・ウォード
Hines Ward
WR グレッグ・ジェニングス
Greg Jennings
ジョナサン・スコット
Jonathan Scott
LT チャド・クリフトン
Chad Clifton
クリス・キイモイアトゥ
Chris Kemoeatu
LG ダリン・カレッジ
Daryn Colledge
ダグ・ルガースキー
Doug Legursky
C スコット・ウェルズ
Scott Wells
ラモン・フォスター
Ramon Foster
RG ジョシュ・シットン
Josh Sitton
フローゼル・アダムス
Flozell Adams
RT ブライアン・ブラガ
Bryan Bulaga
ヒース・ミラー
Heath Miller
TE-WR ジェームズ・ジョーンズ
James Jones
デビッド・ジョンソン
David Johnson
FB-WR ドナルド・ドライバー
Donald Driver
ベン・ロスリスバーガー
Ben Roethlisberger
QB アーロン・ロジャース
Aaron Rodgers
マット・スパエス
Matt Spaeth
TE-WR ジョーディ・ネルソン
Jordy Nelson
ラシャード・メンデンホール
Rashard Mendenhall
RB ジェームズ・スタークス
James Starks
ディフェンス
ケイシー・ハンプトン
Casey Hampton
NT-LDE ライアン・ピケット
Ryan Pickett
ブレット・キーゼル
Brett Keisel
DE-NT B・J・ラジ
B. J. Raji
ラマー・ウッドリー
LaMarr Woodley
LOLB-DE カレン・ジェンキンス
Cullen Jenkins
ジェームズ・ファリアー
James Farrior
LILB-RDE ハワード・グリーン
Howard Green
ローレンス・ティモンズ
Lawrence Timmons
RILB-LOLB クレイ・マシューズ
Clay Matthews
ジェームズ・ハリソン
James Harrison
ROLB-LILB A・J・ホーク
A. J. Hawk
ブライアント・マクファッデン
Bryant McFadden
LCB-RILB デズモンド・ビショップ
Desmond Bishop
アイク・テイラー
Ike Taylor
RCB-ROLB フランク・ゾンボ
Frank Zombo
ライアン・クラーク
Ryan Clark
FS-LCB チャールズ・ウッドソン
Charles Woodson
トロイ・ポラマル
Troy Polamalu
SS-RCB トラモン・ウィリアムズ
Tramon Williams
ウィリアム・ゲイ
William Gay
CB-FS ニック・コリンズ
Nick Collins
スペシャルチーム
ショーン・スイシャム
Shaun Suisham
K メイソン・クロスビー
Mason Crosby
ジェレミー・カピノス
Jeremy Kapinos
P ティム・マステイ
Tim Masthay
ヘッドコーチ
マイク・トムリン
Mike Tomlin
マイク・マッカーシー
Mike McCarthy

トーナメント表[編集]

                                   
1月8日
ルーカス・オイル・スタジアム
  1月16日
ジレット・スタジアム
         
 6  ジェッツ  17
 6  ジェッツ  28
 3  コルツ  16     1月22日
ハインツ・フィールド
 1  ペイトリオッツ  21  
AFC
1月9日
アローヘッド・スタジアム
 6  ジェッツ  19
1月15日
ハインツ・フィールド
   2  スティーラーズ  24  
 5  レイブンズ  30 AFC チャンピオンシップ
 5  レイブンズ  24
 4  チーフス  7   2月6日
カウボーイズ・スタジアム
 2  スティーラーズ  31  
ワイルドカード・プレイオフ  
ディビジョナル・プレイオフ
1月9日
リンカーン・フィナンシャル・フィールド
 A2  スティーラーズ  25
1月15日
ジョージア・ドーム
   N6  パッカーズ  31
 6  パッカーズ  21 第45回スーパーボウル
 6  パッカーズ  48
 3  イーグルス  16     1月22日
ソルジャー・フィールド
 1  ファルコンズ  21  
NFC
1月8日
クエスト・フィールド
 6  パッカーズ  21
1月16日
ソルジャー・フィールド
   2  ベアーズ  14  
 5  セインツ  36 NFC チャンピオンシップ
 4  シーホークス  24
 4  シーホークス  41  
 2  ベアーズ  35  
  • 対戦カード及びスタジアムはシード順で決定され、そのラウンドに登場する最上位チームが最下位チームとホームで対戦、残った2チームが上位チームのホームで対戦する(ワイルドカードプレイオフの第3シード対第6シードの結果によって、ディヴィジョナルプレイオフの対戦カードが決まる)。
  • スーパーボウル開催地は事前にオーナー会議で決定。
  • チーム名の左の数字はシード順。
  • * 延長戦決着

放送[編集]

全米でのテレビ中継はFOXが担当し、国際映像はNFLネットワークを通じて全世界に中継された。FOXでの放送は実況にジョー・バック、解説にはトロイ・エイクマンが勤めた。米国内での平均視聴率エーシーニールセン調べ)は46%、世帯占拠率では69%を記録。平均視聴者数は1億1100万人となり、米国内におけるテレビ視聴者数の最高記録を更新した[10]。試合終了後に放送された『Glee』(シーズン2)もシーズン最高の視聴者数を記録している。

カナダ国内ではCTVがFOXの映像で放映(ただしCMは差し替え)、BBCW9でも放送された。

日本におけるテレビ中継[編集]

仮設スタンドのトラブル[編集]

開催地となったカウボーイズ・スタジアムでは、試合当日になって仮設スタンドの安全性に問題があることが発覚し、観戦客の一部(約1250人)が正規の座席で試合を観戦できないという問題が発生。約850人については別の空席に案内されたが、残る約400人についてはスタジアムへの入場すらできない事態となった。このためNFLでは、この問題の影響を受けた観客に対し、希望者にはチケットを額面の3倍の2400ドル(約20万円)で払い戻す・翌年のスーパーボウルに招待する等の措置を取る方針を明らかにしているが[11]、対象者のうち少なくとも2名がこの措置に納得せず、NFLやカウボーイズを相手取った訴訟を起こしている[12]。NFLはその後ファンの不満を受けて代替のスーパーボウルチケットを希望する大会を選ぶこと、2400ドルの補償金の代わりにその際の往復の飛行機代、宿泊するホテルの手配を要求できるよう改めた[13]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Exclusive: Christina Aguilera to Sing National Anthem at Super Bowl XLV
  2. ^ Super Bowl XLV Poised to Break Viewing Records, Ties 1987 with Highest Overnight Ratings Ever”. TVbytheNumbers.com (2011年2月7日). 2011年2月7日閲覧。
  3. ^ Seidman, Robert (2011年2月7日). “Super Bowl XLV Breaks Viewing Record, Averages 111 Million Viewers”. tvbythenumbers.com. 2011年2月7日閲覧。
  4. ^ Seidman, Robert (2011年2月7日). “Super Bowl XLV Breaks Viewing Record, Averages 111 Million Viewers”. tvbythenumbers.com. 2011年2月7日閲覧。
  5. ^ O'Shaughnessy, Brendan (2007年2月1日). “Indy's bowl bid begins with Irsay's $1M pledge”. インディアナポリス・スター: p. A6. http://pqasb.pqarchiver.com/indystar/access/1734334321.html?FMT=ABS&FMTS=ABS:FT 2010年11月3日閲覧。 
  6. ^ Spagnola, Mickey (2007年5月22日). “At Long Last, Super Bowl Coming To North Texas”. ダラス・カウボーイズ. 2010年11月3日閲覧。
  7. ^ アギレラ、国歌斉唱で歌詞を間違えた!スーパーボウルの大舞台で緊張?ツイッター上では大騒ぎ - シネマトゥデイ・2011年2月7日
  8. ^ “The Black Eyed Peas to perform at Super Bowl halftime show”. USAトゥデイ. (2010年11月25日). http://content.usatoday.com/communities/entertainment/post/2010/11/the-black-eyed-peas-to-perform-at-super-bowl-halftime-show/1 2010年11月25日閲覧。 
  9. ^ “Black Eyed Peas to play Super Bowl XLV halftime show at Cowboys Stadium”. ダラス・モーニング・ニュース. (2010年11月18日). http://www.dallasnews.com/sharedcontent/dws/dn/latestnews/stories/111910dnspopeas_hp.240da65d6.html 2010年11月19日閲覧。 
  10. ^ スーパーボウル中継が米TV史上最高の視聴者数を記録 - eiga.com・2011年2月9日
  11. ^ 座席問題で謝罪 NFLコミッショナー - 47News・2011年2月8日
  12. ^ SB座席問題、仮設スタンド認可は直前だったと判明”. NFL JAPAN (2011年2月12日). 2011年2月13日閲覧。
  13. ^ NFL、SB座席なし観客への補償内容を変更”. NFL JAPAN (2011年2月9日). 2011年2月13日閲覧。

外部リンク[編集]