1968年のAFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1968年のAFL
レギュラーシーズン
日程 1968年9月6日 - 1968年12月15日
東地区優勝 ニューヨーク・ジェッツ
西地区優勝 オークランド・レイダーズ
AFLチャンピオンシップ
開催日 1968年12月29日
開催地 ニューヨーク州ニューヨーク
スタジアム シェイ・スタジアム
AFLチャンピオン ニューヨーク・ジェッツ
第3回スーパーボウル
開催日 1969年1月12日
開催都市 フロリダ州マイアミ
スタジアム マイアミ・オレンジボウル
チャンピオン ニューヨーク・ジェッツ
AFLシーズン
 < 1967 1969 > 
1968年のNFL

1968年のAFLは、1970年にNFLと合併したAFLの8年目のシーズンであり、合併前のNFLチャンピオンとAFLチャンピオンが対戦した第3回スーパーボウル1969年1月12日に開催されたシーズンである。この年から、AFL10チーム目のチームとして、シンシナティ・ベンガルズが加わった。

第9回AFLチャンピオンシップで、ニューヨーク・ジェッツがオークランド・レイダーズを27対23で破り、AFLチャンピオンに輝いた。第1回、第2回スーパーボウルでNFL代表・パッカーズに敗れた新興リーグのAFLは、NFLより格下と見られていたが、ジェッツQB・ジョー・ネイマスが第3回スーパーボウルについて、「日曜はジェッツが勝つ、俺が保証する。」と宣言し、ボルチモア・コルツを宣言通り、16-7で破った[1]。宣言通りの勝利を収めたことで、ネイマスはカリスマ的人気を獲得した。

概要[編集]

AFLは10チームで構成され、2つの地区に分けられた。各チームは地区内の他の4チームとホーム&アウェイで8試合対戦し、他地区の5チームと1試合ずつ5試合、さらに他地区の内の1チームともう1試合対戦し、計14試合で各地区の順位を決定した。そして、各地区の1位(同率首位の場合はプレイオフで決定)がチャンピオンシップで戦い、AFLチャンピオンを決定した。

順位表[編集]

東地区
チーム 得点 失点
*ニューヨーク・ジェッツ 11 3 0 .786 419 280
ヒューストン・オイラーズ 7 7 0 .500 303 248
マイアミ・ドルフィンズ 5 8 1 .385 276 355
ボストン・ペイトリオッツ 4 10 0 .286 229 406
バッファロー・ビルズ 1 12 1 .077 199 367
西地区
チーム 得点 失点
*オークランド・レイダーズ 12 2 0 .857 453 233
カンザスシティ・チーフス 12 2 0 .857 371 170
サンディエゴ・チャージャーズ 9 5 0 .643 382 310
デンバー・ブロンコス 5 9 0 .357 255 404
シンシナティ・ベンガルズ 3 11 0 .214 215 329

* — AFLチャンピオンシップゲームに進出

プレイオフ[編集]

トーナメント表[編集]

  • AFLは正式合併前の他リーグ。
                             
NFLカンファレンス決勝
    12月22日
メモリアル・スタジアム
       
NFLチャンピオンシップゲーム
 中  バイキングス  14
    12月29日
クリーブランド・スタジアム
 海岸  コルツ  24  
 海岸  コルツ  34
12月21日
クリーブランド・スタジアム
     世紀  ブラウンズ  0   第3回スーパーボウル
 首都  カウボーイズ  20
    1月12日
マイアミ・オレンジボウル
 世紀  ブラウンズ  31  
 N海岸  コルツ  7
AFLチャンピオンシップ    A東  ジェッツ  16
12月29日
シェイ・スタジアム
 西  レイダーズ  23
   ジェッツ  27
   

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Namath was lovable rogue”. ESPN. 2013年1月14日閲覧。