1945年のNFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1945年のNFL
レギュラーシーズン
日程 1945年9月23日 - 1945年12月9日
東地区優勝 ワシントン・レッドスキンズ
西地区優勝 クリーブランド・ラムズ
NFLチャンピオンシップ
開催日 1945年12月16日
開催地 オハイオ州クリーブランド
スタジアム クリーブランド・スタジアム
チャンピオン クリーブランド・ラムズ
NFLシーズン
 < 1944 1946 > 

1945年のNFLは、NFLの26年目のシーズンである。

前年、合同チームでリーグ参加したピッツバーグ・スティーラーズシカゴ・カージナルスが通常通りの参加に戻った。また、ブルックリン・ドジャースボストン・ヤンクスがこのシーズンに合同チームで参加した。このチームは、「ザ・ヤンクス」として知られている。シーズン終了後、ドジャースのダン・トッピングオーナーがAAFCへの参入を表明したため、ドジャースは解散し、所属選手はボストン・ヤンクスと契約した。

NFLチャンピオンシップで、クリーブランド・ラムズが、ワシントン・レッドスキンズを15対14で破り、NFLチャンピオンに輝いた。

主なルール変更[編集]

  • ハッシュマークが中心よりに移動し、サイドラインから20ヤードの位置になった。
  • センターの下に手を伸ばした選手がスナップを受け取らない場合は、フォルススタートの反則を科されることになった。
  • スナップを受け損なった場合、ファンブルとして扱われることになった。
  • エキストラポイントで攻撃側チームがボールを置く位置を下げる選択ができるようになった。
  • パントキックがスクリメージラインを越え、レシーブ側選手に触れた場合、その選手がボールを支配する前でもキック側チームがリカバーできるようになった。

順位表[編集]

東地区
チーム 得点 失点
ワシントン・レッドスキンズ 8 2 0 .800 209 121
フィラデルフィア・イーグルス 7 3 0 .700 272 133
ニューヨーク・ジャイアンツ 3 6 1 .333 179 198
ヤンクス 3 6 1 .333 123 211
ピッツバーグ・スティーラーズ 2 8 0 .200 79 220
西地区
チーム 得点 失点
クリーブランド・ラムズ 9 1 0 .900 244 136
デトロイト・ライオンズ 7 3 0 .700 195 194
グリーンベイ・パッカーズ 6 4 0 .600 258 173
シカゴ・ベアーズ 3 7 0 .300 192 235
シカゴ・カージナルス 1 9 0 .100 98 228

脚注[編集]

[ヘルプ]