第35回スーパーボウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第35回スーパーボウル
Super Bowl XXXV
1 2 3 4
BAL 7 3 14 10 34
NYG 0 0 7 0 7
開催日 2001年1月28日
スタジアム レイモンド・ジェームス・スタジアム
開催地 フロリダ州タンパ
MVP レイ・ルイス(レイブンズLB
優勝予想 Ravens by 3
国歌斉唱 バックストリート・ボーイズ
コイントス マーカス・アレンオーティス・アンダーソントム・フローレスビル・パーセルズ
ハーフタイム エアロスミスブリトニー・スピアーズネリーメアリー・J. ブライジイン・シンク
入場者数 71,921人
アメリカにおけるテレビ放送
ネットワーク CBS
実況と解説 グレッグ・ガンベル(実況)
フィル・シムズ(解説)
視聴率 40.4%(全米)[1]
占有率 61%(全米)[1]
CM広告料
(30秒)
210万ドル
 < 第34回 スーパーボウル 第36回 > 

第35回スーパーボウル(だい35かいスーパーボウル、Super Bowl XXXV)は、2001年1月28日アメリカ合衆国フロリダ州タンパレイモンド・ジェームス・スタジアムで開催されたアメリカンフットボールの試合。2000年シーズンNFL優勝をかけて、AFC王者ボルチモア・レイブンズNFC王者ニューヨーク・ジャイアンツが対戦した。その結果、レイブンズがジャイアンツを34-7で破って、チーム創設5年目で初のスーパーボウル制覇を果たした。MVPはレイブンズのラインバッカーであるレイ・ルイスが受賞した。レイブンズの強力ディフェンスは、プレーオフ3試合とスーパーボウルの4試合で相手に23得点しか許さなかった[2]

テレビ中継はCBSが担当した。

スーパーボウルへの道[編集]

2000年のNFLシーズンは9月3日に開幕し、12月25日までレギュラーシーズンが行われた。プレイオフは2000年12月30日から始まり、AFCでは第4シードのレイブンズが、ワイルドカードプレイオフでデンバー・ブロンコスを21-3、ディビジョナルプレイオフで第1シードのテネシー・タイタンズを24-10、AFCチャンピオンシップゲームで第2シードのオークランド・レイダーズを破ってスーパーボウル進出を決めた。一方NFCでは、第1シードのジャイアンツが順当にスーパーボウルへ駒を進めた。

AFCチャンピオンシップ・ゲーム[編集]

AFCチャンピオンシップゲームカリフォルニア州オークランドネットワークアソシエイツ・コロシアムで行われ、ボルチモア・レイブンズオークランド・レイダーズを16-3で破り、チーム初のカンファレンス優勝とスーパーボウル進出を果たした。

NFCチャンピオンシップ・ゲーム[編集]

NFCチャンピオンシップゲームニュージャージー州イーストラザフォードジャイアンツ・スタジアムで行われ、ニューヨーク・ジャイアンツが41-0でミネソタ・バイキングスを下し、10年ぶりのスーパーボウル進出を決めた。

試合経過[編集]

映像外部リンク
NFL.comによるハイライト動画(英語、2分55秒)
記者席から見た試合の様子

第1Q、レイブンズは、ジャーメイン・ルイスの43ヤードのパントリターンで敵陣22ヤードからの攻撃権を得ると、反則で罰退したものの、ブランドン・ストークリーへの38ヤードのTDパスで7-0と先制した[3]

第2Q、レイブンズは、マット・ストバーが47ヤードのFGを決めて10-0とリードを広げた。ジャイアンツは、直後の攻撃ではティキ・バーバーの活躍でボールを進めたが、エンドゾーン内でパスをインターセプトされ、10-0で前半は終了した[3]

第3Q、ドウェイン・スタークスの49ヤードのインターセプトリターンTDでレイブンズは17-0とリードを広げた。ジャイアンツは、直後のプレーでロン・ディクソンが97ヤードのキックオフリターンTDをあげたが、その直後のプレーでジャーメイン・ルイスが84ヤードのキックオフリターンTDを決めて、ジャイアンツに試合のモメンタムを与えなかった[4]

レイブンズは第4Qに1TD、1FGをあげて34-7で勝利した。

レイブンズの守備陣はケリー・コリンズから4インターセプトを奪うなど、相手オフェンスを無得点に抑えた。ジャイアンツの得点はキックオフリターンTDによる7点のみに終わった[3]

スターティングラインアップ[編集]

ボルチモア・レイブンズ ポジション ニューヨーク・ジャイアンツ
オフェンス
カドリー・イスマイル
Qadry Ismail
WR アイク・ヒリヤード
Ike Hilliard
ジョナサン・オグデン
Jonathan Ogden
LT ローマス・ブラウン
Lomas Brown
エドウィン・マリタロ
Edwin Mulitalo
LG グレン・パーカー
Glenn Parker
ジェフ・ミッチェル
Jeff Mitchell
C ダスティ・ジーグラー
Dusty Zeigler
マイク・フリン
Mike Flynn
RG ロン・ストーン
Ron Stone
ハリー・スウェイン
Harry Swayne
RT ルーク・ペティグー
Luke Petitgout
シャノン・シャープ
Shannon Sharpe
TE ロン・ディクソン
Ron Dixon
ブランドン・ストークリー
Brandon Stokley
WR アマニ・トゥーマー
Amani Toomer
トレント・ディルファー
Trent Dilfer
QB ケリー・コリンズ
Kerry Collins
プリースト・ホームズ
Priest Holmes
RB ティキ・バーバー
Tiki Barber
サム・ガシュ
Sam Gash
FB グレッグ・コメラ
Greg Comella
ディフェンス
ロブ・バーネット
Rob Burnett
LE マイケル・ストレイハン
Michael Strahan
サム・アダムズ
Sam Adams
LDT コーネリアス・グリフィン
Cornelius Griffin
トニー・シラグサ
Tony Siragusa
RDT キース・ハミルトン
Keith Hamilton
マイケル・マクラリー
Michael McCrary
RE セドリック・ジョーンズ
Cedric Jones
ピーター・ボールウェア
Peter Boulware
LOLB マイケル・バロウ
Micheal Barrow
レイ・ルイス
Ray Lewis
MLB ジェシー・アームステッド
Jessie Armstead
ジェイミー・シャーパー
Jamie Sharper
ROLB エマニュエル・マクダニエル
Emmanuel McDaniel
ドウェイン・スタークス
Duane Starks
LCB デイブ・トーマス
Dave Thomas
クリス・マカリスター
Chris McAlister
RCB ジェイソン・シホーン
Jason Sehorn
キム・ヘリング
Kim Herring
SS サム・ガーンズ
Sam Garnes
ロッド・ウッドソン
Rod Woodson
FS ショーン・ウィリアムズ
Shaun Williams
スペシャルチーム
マット・ストバー
Matt Stover
K ブラッド・ダルイソ
Brad Daluiso
カイル・リチャードソン
Kyle Richardson
P ブラッド・メイナード
Brad Maynard
ヘッドコーチ
ブライアン・ビリック
Brian Billick
ジム・ファセル
Jim Fassel

エンターテインメント[編集]

ハーフタイムショーには、エアロスミスイン・シンクメアリー・J・ブライジブリトニー・スピアーズが出演した[3]

その後[編集]

第21回スーパーボウルより行われているディズニーランドでの優勝パレードには、前年に殺人罪で起訴されたレイ・ルイスの代わりにトレント・ディルファーが招待された[5]

評価[編集]

2016年2月の第50回スーパーボウル開催を目前に控えた時期、複数のメディアが過去49回のスーパーボウルすべてを名勝負順に並べたランキングを発表した。そのうち『ニューズデイ』のニール・ベストはこの第29回を49位、つまりスーパーボウル史上最低の凡戦に選んだ[6]。さらに『サンディエゴ・ユニオン=トリビューン』のエディ・ブラウンは2013年シーズン第48回(2014年2月)に次いで下から2番目の第48位[7]ESPNジョン・クレイトンと『USAトゥデイ』のネイト・デービスは下から3番目の第47位に位置づけた[8][9]。他のメディアでは、『スポーツ・イラストレイテッド』のドン・バンクスと『ヒューストン・クロニクル』のグレッグ・レイジャンがそれぞれ第46位[10][11]、『ニューヨーク・ポスト』のスティーブ・サービーが第44位[12]、『ニューヨーク・デイリーニューズ』のゲイリー・マイヤーズが第41位[13]、『ワシントン・ポスト』のジェレミー・ゴットリーブが第39位という順位をつけている[14]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b TV By The Numbers, "Top 100 Rated TV Shows Of All Time," TV By The Numbers, March 21, 2009. 2016年2月27日閲覧。
  2. ^ Aaron Schatz (2005年). “Best in playoffs? Da Bears”. ESPN. 2015年1月25日閲覧。
  3. ^ a b c d レイブンズ頂点 MVPに R.ルイス”. TSPスポーツ (2001年1月28日). 2015年2月8日閲覧。
  4. ^ スーパーボウルヒストリー”. NFL JAPAN (2015年). 2015年2月8日閲覧。
  5. ^ WRエデルマンとCBバトラー、ディズニーランドで優勝パレード”. アメフトNewsJapan (2015年2月3日). 2015年2月8日閲覧。
  6. ^ Neil Best, "From I to XLIX, ranking the best Super Bowls," Newsday, February 3, 2016. 2016年2月27日閲覧。
  7. ^ Eddie Brown, "What's the best Super Bowl of all time?," SanDiegoUnionTribune.com, January 31, 2016. 2016年2月27日閲覧。
  8. ^ John Clayton, "Ranking all 49 Super Bowls," ESPN.com, January 29, 2016. 2016年2月27日閲覧。
  9. ^ Nate Davis, USA TODAY Sports, "Ranking all 49 Super Bowls: Which was best of all time?," USA TODAY, January 27, 2016. 2016年2月27日閲覧。
  10. ^ Don Banks, "Every Super Bowl, ranked," SI.com, December 21, 2015. 2016年2月27日閲覧。
  11. ^ Greg Rajan, "What are the best, worst Super Bowls?," Houston Chronicle, February 4, 2016. 2016年2月27日閲覧。
  12. ^ Steve Serby, "Ranking all 49 Super Bowls from worst to first," New York Post, February 5, 2016. 2016年2月27日閲覧。
  13. ^ Gary Myers, "From wide right and David Tyree to all those blowouts, ranking every Super Bowl game ever played from I to XLIX," NY Daily News, February 5, 2016. 2016年2月27日閲覧。
  14. ^ Jeremy Gottlieb, "Ranking the watchability of all 49 Super Bowl games ever played," The Washington Post, February 5, 2016. 2016年2月27日閲覧。

外部リンク[編集]