第35回スーパーボウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第35回スーパーボウル
Super Bowl XXXV
1 2 3 4

BAL 7 3 14 10

34
NYG 0 0 7 0

7
開催日 2001年1月28日
スタジアム レイモンド・ジェームス・スタジアム
開催地 フロリダ州タンパ
MVP レイ・ルイス(レイブンズLB
優勝予想 Ravens by 3
国歌斉唱 バックストリート・ボーイズ
コイントス マーカス・アレンオーティス・アンダーソントム・フローレスビル・パーセルズ
ハーフタイム エアロスミスブリトニー・スピアーズネリーメアリー・J. ブライジイン・シンク
入場者数 71,921人
アメリカにおけるテレビ放送
ネットワーク CBS
実況と解説 グレッグ・ガンベル(実況)
フィル・シムズ(解説)
視聴率 40.4%(全米)[1]
占有率 61%(全米)[1]
CM広告料
(30秒)
210万ドル
 < 第34回 スーパーボウル 第36回 > 

第35回スーパーボウル(だい35かいスーパーボウル、Super Bowl XXXV)は、2001年1月28日アメリカ合衆国フロリダ州タンパレイモンド・ジェームス・スタジアムで開催されたアメリカンフットボールの試合。2000年シーズンNFL優勝をかけて、AFC王者ボルチモア・レイブンズNFC王者ニューヨーク・ジャイアンツが対戦した。その結果、レイブンズがジャイアンツを34-7で破って、チーム創設5年目で初のスーパーボウル制覇を果たした。MVPはレイブンズのラインバッカーであるレイ・ルイスが受賞した。レイブンズの強力ディフェンスは、プレーオフ3試合とスーパーボウルの4試合で相手に23得点しか許さなかった[2]

テレビ中継はCBSが担当した。

背景[編集]

開催地決定まで[編集]

1996年10月31日、ニューオーリンズでのオーナー会議で第35回スーパーボウルをタンパで開催することが決定された。タンパの他には、アトランタ、マイアミ、ロサンゼルスが候補に上っていた。オーナー会議では当初、第33回と第34回の2回分のみの開催地を決定する予定であったが、各候補地のプレゼンテーションが強力であったため、第35回の開催地もこれらの候補地から選定することとした。その結果、第33回がマイアミ、第34回がアトランタ、第35回がタンパに決定した[3][4]

スーパーボウルへの道[編集]

2000年のNFLシーズンは9月3日に開幕し、12月25日までレギュラーシーズンが行われた。プレイオフは2000年12月30日から始まり、AFCでは第4シードのレイブンズが、ワイルドカードプレイオフでデンバー・ブロンコスを21-3、ディビジョナルプレイオフで第1シードのテネシー・タイタンズを24-10、AFCチャンピオンシップゲームで第2シードのオークランド・レイダースを破ってスーパーボウル進出を決めた。一方NFCでは、第1シードのジャイアンツが順当にスーパーボウルへ駒を進めた。

AFCチャンピオンシップ・ゲーム[編集]

AFCチャンピオンシップゲームカリフォルニア州オークランドネットワークアソシエイツ・コロシアムで行われ、ボルチモア・レイブンズオークランド・レイダースを16-3で破り、チーム初のカンファレンス優勝とスーパーボウル進出を果たした。

NFCチャンピオンシップ・ゲーム[編集]

NFCチャンピオンシップゲームニュージャージー州イーストラザフォードジャイアンツ・スタジアムで行われ、ニューヨーク・ジャイアンツが41-0でミネソタ・バイキングスを下し、10年ぶりのスーパーボウル進出を決めた。

試合経過[編集]

ドライブごとの試合経過
開始 ボール保持 ドライブ TOP 結果 得点内容 得点
Q 時間 地点 P yd yd 得点者 PAT レイブンズ ジャイアンツ
1 15:00 自陣21 ジャイアンツ 3 1:17 5 パント
1 13:43 自陣37 レイブンズ 3 0:41 4 パント
1 13:02 自陣13 ジャイアンツ 3 2:00 1 パント
1 11:02 自陣49 レイブンズ 3 1:07 5 パント
1 9:55 自陣1 ジャイアンツ 5 2:20 18 パント
1 7:35 敵陣41 レイブンズ 2 0:45 41 タッチダウン(パス) 38 ディルファーStokley キック成功 7 0
1 6:50 自陣14 ジャイアンツ 3 2:29 6 パント
1 4:21 自陣28 レイブンズ 3 1:40 -1 パント
1 2:41 自陣39 ジャイアンツ 3 1:16 2 パント
1 1:25 自陣23 レイブンズ 3 1:07 5 パント
1-2 0:18 自陣40 ジャイアンツ 3 0:37 1 パント
2 14:41 自陣15 レイブンズ 6 3:19 6 パント
2 11:22 自陣40 ジャイアンツ 2 0:46 10 インターセプト
2 10:36 自陣47 レイブンズ 4 2:12 12 パント
2 8:24 自陣8 ジャイアンツ 9 4:15 50 パント
2 4:09 自陣12 レイブンズ 7 2:28 59 フィールドゴール成功 47 Stover 10 0
2 1:41 自陣28 ジャイアンツ 3 0:47 43 インターセプト
2 0:54 自陣5 レイブンズ 2 0:54 21 前半終了
前半終了
3 15:00 自陣22 レイブンズ 4 3:23 11 パント
3 11:37 自陣21 ジャイアンツ 5 2:40 6 インターセプト
3 8:57 敵陣41 レイブンズ 6 2:54 17 ydフィールドゴール失敗
3 6:03 自陣31 ジャイアンツ 3 1:34 8 パント
3 4:29 自陣17 レイブンズ 3 0:31 0 パント
3 3:58 自陣44 ジャイアンツ 1 0:09 0 インターセプトリターンTD 49 Starks キック成功 17 0
3 3:49 ジャイアンツ 0:18 0 キックオフリターンTD 97 Dixon キック成功 17 7
3 3:31 レイブンズ 0:18 0 キックオフリターンTD 84 Je.Lewis キック成功 24 7
3 3:13 自陣25 ジャイアンツ 3 0:54 0 パント
3-4 2:19 自陣36 レイブンズ 5 3:06 20 パント
4 14:13 自陣8 ジャイアンツ 3 1:11 -4 パント
4 13:02 敵陣38 レイブンズ 6 4:17 38 タッチダウン(ラン) 3 Ja.ルイス キック成功 31 7
4 8:45 ジャイアンツ 0:16 0 ファンブルロスト
4 8:29 敵陣34 レイブンズ 5 3:02 18 フィールドゴール成功 34 Stover 34 7
4 5:27 自陣23 ジャイアンツ 3 1:17 4 パント
4 4:10 自陣30 レイブンズ 3 2:22 2 パント
4 1:48 自陣27 ジャイアンツ 7 1:48 22 試合終了
P=プレー数、TOP=タイム・オブ・ポゼッションPAT=ポイント・アフター・タッチダウン。 アメリカンフットボールの用語集 (enも参照。 34 7
映像外部リンク
NFL.comによるハイライト動画(英語、2分55秒)
記者席から見た試合の様子

第1Q、レイブンズは、ジャーメイン・ルイスの43ヤードのパントリターンで敵陣22ヤードからの攻撃権を得ると、反則で罰退したものの、ブランドン・ストークリーへの38ヤードのTDパスで7-0と先制した[5]

第2Q、レイブンズは、マット・ストバーが47ヤードのFGを決めて10-0とリードを広げた。ジャイアンツは、直後の攻撃ではティキ・バーバーの活躍でボールを進めたが、エンドゾーン内でパスをインターセプトされ、10-0で前半は終了した[5]

第3Q、ドウェイン・スタークスの49ヤードのインターセプトリターンTDでレイブンズは17-0とリードを広げた。ジャイアンツは、直後のプレーでロン・ディクソンが97ヤードのキックオフリターンTDをあげたが、その直後のプレーでジャーメイン・ルイスが84ヤードのキックオフリターンTDを決めて、ジャイアンツに試合のモメンタムを与えなかった[6]

レイブンズは第4Qに1TD、1FGをあげて34-7で勝利した。

レイブンズの守備陣はケリー・コリンズから4インターセプトを奪うなど、相手オフェンスを無得点に抑えた。ジャイアンツの得点はキックオフリターンTDによる7点のみに終わった[5]

スターティングラインアップ[編集]

トーナメント表[編集]

                                   
12月31日
PSIネット・スタジアム
  1月7日
アデルフィア・コロシアム
         
 5  ブロンコス  3
 4  レイブンズ  24
 4  レイブンズ  21     1月14日
ネットワーク・アソシエーション・コロシアム
 1  タイタンズ  10  
AFC
12月30日
プロプレーヤー・スタジアム
 4  レイブンズ  16
1月6日
ネットワーク・アソシエーション・コロシアム
   2  レイダース  3  
 6  コルツ  17 AFC チャンピオンシップ
 3  ドルフィンズ  0
 3  ドルフィンズ  23*   1月28日
レイモンド・ジェームス・スタジアム
 2  レイダース  27  
ワイルドカード・プレーオフ  
ディビジョナル・プレーオフ
12月30日
ルイジアナ・スーパードーム
 A4  レイブンズ  34
1月6日
HHHメトロドーム
   N1  ジャイアンツ  7
 6  ラムズ  28 第35回スーパーボウル
 3  セインツ  16
 3  セインツ  31     1月14日
ジャイアンツ・スタジアム
 2  バイキングス  34  
NFC
12月31日
ベテランズ・スタジアム
 2  バイキングス  0
1月7日
ジャイアンツ・スタジアム
   1  ジャイアンツ  41  
 5  バッカニアーズ  3 NFC チャンピオンシップ
 4  イーグルス  10
 4  イーグルス  21  
 1  ジャイアンツ  20  
  • 対戦カード及びスタジアムはシード順で決定され、そのラウンドに登場する最上位チームが最下位チームとホームで対戦、残った2チームが上位チームのホームで対戦する(つまり、ワイルドカードプレーオフの第3シード対第6シードの結果によって、ディヴィジョナルプレーオフの対戦カードが決まる)。
  • スーパーボウル開催地は事前にオーナー会議で決定。
  • チーム名の左の数字は、2000年レギュラーシーズンの結果に基づいて決定されたシード順。
  • * 延長戦決着
  • 日付はアメリカ東部時間

エンターテインメント[編集]

ハーフタイムショーには、エアロスミスイン・シンクメアリー・J・ブライジブリトニー・スピアーズが出演した[5]

その後[編集]

第21回スーパーボウルより行われているディズニーランドでの優勝パレードには、前年に殺人罪で起訴されたレイ・ルイスの代わりにトレント・ディルファーが招待された[7]

評価[編集]

2016年2月の第50回スーパーボウル開催を目前に控えた時期、複数のメディアが過去49回のスーパーボウルすべてを名勝負順に並べたランキングを発表した。そのうち『ニューズデイ』のニール・ベストはこの第29回を49位、つまりスーパーボウル史上最低の凡戦に選んだ[8]。さらに『サンディエゴ・ユニオン=トリビューン』のエディ・ブラウンは2013年シーズン第48回(2014年2月)に次いで下から2番目の第48位[9]ESPNジョン・クレイトンと『USAトゥデイ』のネイト・デービスは下から3番目の第47位に位置づけた[10][11]。他のメディアでは、『スポーツ・イラストレイテッド』のドン・バンクスと『ヒューストン・クロニクル』のグレッグ・レイジャンがそれぞれ第46位[12][13]、『ニューヨーク・ポスト』のスティーブ・サービーが第44位[14]、『ニューヨーク・デイリーニューズ』のゲイリー・マイヤーズが第41位[15]、『ワシントン・ポスト』のジェレミー・ゴットリーブが第39位という順位をつけている[16]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b TV By The Numbers, "Top 100 Rated TV Shows Of All Time," TV By The Numbers, March 21, 2009. 2016年2月27日閲覧。
  2. ^ Aaron Schatz (2005年). “Best in playoffs? Da Bears”. ESPN. 2015年1月25日閲覧。
  3. ^ “Florida's Super Bowls: Miami '99, Tampa '01 (part 1)”. The Orlando Sentinel: p. 27. (1996年11月1日). https://www.newspapers.com/clip/8409532// 2017年1月17日閲覧。 オープンアクセス
  4. ^ “Florida's Super Bowls: Miami '99, Tampa '01 (part 2)”. The Orlando Sentinel: p. 31. (1996年11月1日). https://www.newspapers.com/clip/8409537// 2017年1月17日閲覧。 オープンアクセス
  5. ^ a b c d レイブンズ頂点 MVPに R.ルイス”. TSPスポーツ (2001年1月28日). 2015年2月8日閲覧。
  6. ^ スーパーボウルヒストリー”. NFL JAPAN (2015年). 2015年2月8日閲覧。
  7. ^ WRエデルマンとCBバトラー、ディズニーランドで優勝パレード”. アメフトNewsJapan (2015年2月3日). 2015年2月8日閲覧。
  8. ^ Neil Best, "From I to XLIX, ranking the best Super Bowls," Newsday, February 3, 2016. 2016年2月27日閲覧。
  9. ^ Eddie Brown, "What's the best Super Bowl of all time?," SanDiegoUnionTribune.com, January 31, 2016. 2016年2月27日閲覧。
  10. ^ John Clayton, "Ranking all 49 Super Bowls," ESPN.com, January 29, 2016. 2016年2月27日閲覧。
  11. ^ Nate Davis, USA TODAY Sports, "Ranking all 49 Super Bowls: Which was best of all time?," USA TODAY, January 27, 2016. 2016年2月27日閲覧。
  12. ^ Don Banks, "Every Super Bowl, ranked," SI.com, December 21, 2015. 2016年2月27日閲覧。
  13. ^ Greg Rajan, "What are the best, worst Super Bowls?," Houston Chronicle, February 4, 2016. 2016年2月27日閲覧。
  14. ^ Steve Serby, "Ranking all 49 Super Bowls from worst to first," New York Post, February 5, 2016. 2016年2月27日閲覧。
  15. ^ Gary Myers, "From wide right and David Tyree to all those blowouts, ranking every Super Bowl game ever played from I to XLIX," NY Daily News, February 5, 2016. 2016年2月27日閲覧。
  16. ^ Jeremy Gottlieb, "Ranking the watchability of all 49 Super Bowl games ever played," The Washington Post, February 5, 2016. 2016年2月27日閲覧。

外部リンク[編集]