第24回スーパーボウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第24回スーパーボウル
Super Bowl XXIV
1 2 3 4
SF 13 14 14 14 55
DEN 3 0 7 0 10
開催日 1990年1月28日
スタジアム ルイジアナ・スーパードーム
開催地 ルイジアナ州ニューオーリンズ
MVP ジョー・モンタナ(フォーティナイナーズQB
優勝予想 49ers by 12
国歌斉唱 アーロン・ネヴィル
コイントス メル・ブラントテリー・ブラッドショーアート・シェルウィリー・ウッド
ハーフタイム ピート・ファウンテンダグ・カーショウアーマ・トーマス
入場者数 72,919人
アメリカにおけるテレビ放送
ネットワーク CBS
実況と解説 パット・サマロール(実況)
ジョン・マッデン(解説)
視聴率 39.0%(全米)
占有率 63%(全米)
CM広告料
(30秒)
70万ドル
 < 第23回 スーパーボウル 第25回 > 
出場両チームの本拠地およびスーパーボウル開催地の位置

第24回スーパーボウル(だい24かいスーパーボウル、Super Bowl XXIV)は、1990年1月28日アメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズルイジアナ・スーパードームで行われたアメリカンフットボールの試合。1989年シーズンNFL優勝をかけて、NFC王者サンフランシスコ・フォーティーナイナーズAFC王者デンバー・ブロンコスが対戦した。その結果、ナイナーズがブロンコスを55-10で破って2年連続4度目の制覇を果たした。MVPは、ナイナーズのクォーターバック(QB)であるジョー・モンタナが受賞した。

ナイナーズは各Qにそれぞれ2つずつの計8タッチダウン(TD)をあげており、これはスーパーボウル史上最多である。また、この試合でナイナーズがあげた55得点と得失点差45点も、第20回におけるシカゴ・ベアーズの記録を塗り替えた[1]。モンタナは、TDパス5本および連続パス成功13本のスーパーボウル新記録を樹立した(連続パス成功記録はその後、第46回トム・ブレイディが16本連続に更新した)[2]。敗れたブロンコスはミネソタ・バイキングスに次いで史上2チーム目の出場スーパーボウル4連敗となり、4年間で3回スーパーボウル敗戦のジョン・エルウェイはビッグゲームに勝てないQBと評されるようになった[3]

テレビ中継はCBSが担当、実況はパット・サマロール、解説はジョン・マッデンが担当した。

背景[編集]

開催地の選考は、1984年5月23日から25日のNFLオーナー会議で始められた[4]。1985年3月10日から15日にかけて行われたオーナー会議で、第24回スーパーボウルはニューオーリンズで開催されることに決定した。ニューオーリンズでの開催は7回目である。過去にはチューレイン・スタジアム第4回第6回第9回が、ルイジアナ・スーパードーム第12回第15回第20回が開催された。

サンフランシスコ・フォーティナイナーズ[編集]

フォーティナイナーズは、前年の第23回スーパーボウルで20-16でシンシナティ・ベンガルズを破った後、ビル・ウォルシュヘッドコーチが退任し、ヘッドコーチ経験のないジョージ・シーファートが後任となったが、NFLトップの14勝2敗の成績でシーズンを終えた。敗れた2試合での得失点差はわずか5点であった。

オフェンスは前年よりも強力なものとなり、QBジョー・モンタナは3,512ヤードを獲得、26TDに対してわずか8インターセプトであり、QBレイティングはシーズン新記録となる112.4であった。モンタナはランでも227ヤードを走り、3TDをあげて、最優秀選手、最優秀攻撃選手に選ばれた。WRジェリー・ライスは、82回のレシーブで1,483ヤードを獲得、17TDをあげた。ランニングバックのロジャー・クレイグはチームトップの1,054ヤードを走り6TD、49回のレシーブで473ヤードを獲得、1TDをあげた。入団から2年、主にパントリターナーとして起用されてきたジョン・テイラーは、この年60回のレシーブで1,077ヤードを獲得、10TDをあげるとともに、パントリターンでも36回で417ヤードをリターンした。TEブレント・ジョーンズは、40回のレシーブで500ヤードを獲得、FBトム・ラスマンはランで305ヤードを走り、73回のレシーブで616ヤードを獲得、自身最高のシーズンを送った。Kマイク・コーファーは、自己ベストの80.6%のFGを成功させて136得点をあげた。モンタナの控えQBスティーブ・ヤングも1,001ヤードを獲得、8TD、3INT、ランで126ヤードを獲得、2TDをあげた。チームのトータルオフェンスは6,268ヤードを獲得、442得点をあげた。

ディフェンスもNFL3位の253失点しか相手に許さなかった。DEピアース・ホルト、LBチャールズ・ヘイリーがそれぞれ10.5サックをあげた。LB陣は、ヘイリーの他にキーナ・ターナーマット・ミレンビル・ロマノウスキーで構成された。後にプロフットボール殿堂入りを果たすSロニー・ロットが5インターセプトをあげ、エリック・ライトチェット・ブルックスが合計で5インターセプトをあげた。

デンバー・ブロンコス[編集]

ブロンコスは、第21回スーパーボウル第22回スーパーボウルに出場した後、1988年は、8勝8敗でプレーオフを逃した。オフシーズンにきっちりと補強を行い、開幕から12試合で10勝するなど、11勝5敗でシーズンを終えた。

1985年から1987年までオフェンスコーディネーターを務めていたマイク・シャナハンが、ロサンゼルス・レイダーズのヘッドコーチを解任された後、シーズン中にQBコーチとして迎えた[5]

新人RBボビー・ハンフリーは、1,151ヤードを走るとともに、22回のレシーブで156ヤードを獲得、8TDをあげた。ハンフリーの加入でブロンコスは、過去2回のスーパーボウルで欠けていたパワーランを手に入れた。新人Kデビッド・トレドウェルはFG成功率81.8%、NFL3位の120得点をあげた。

ディフェンスでも新人FSスティーブ・アトウォーターが加入、ベテランのデニス・スミスワイモン・ヘンダーソンタイロン・ブラクストンとディフェンスバックを組み、彼らは合計14インターセプトをあげた。ブラクストンは、チームトップの6インターセプトをあげて103ヤードをリターン、1TDをあげた。新加入のDEロン・ホームズが9サック、ベテランLBカール・メクレンバーグが7.5サック、4ファンブルリカバー、サイモン・フレッチャーが12サックをあげ、デンバーのディフェンスラインはAFCでも屈指の活躍を見せた。

ベテランWRバンス・ジョンソンは自己ベストとなる76回のレシーブで1,095ヤードを獲得、7TDをあげるとともに、パントリターンでも12回で118ヤードをリターンした。その一方、ジョン・エルウェイはレギュラーシーズン中不安定で、18TD、18INT、QBレイティング73.7にとどまった。

プレーオフ[編集]

プレーオフになると、エルウェイは調子を上げて、ピッツバーグ・スティーラーズ戦では10-17で前半を折り返したものの、第3Qにエルウェイからバンス・ジョンソンへの37ヤードのTDパスで同点、残り1分を切ってから、逆転のTDドライブを決めて、チームは24-23で勝利した。AFCチャンピオンシップゲームクリーブランド・ブラウンズと3度目の対戦となった。過去2回の対戦ではNFLの伝説となるプレー(The Drive, The Fumble)が生まれた。この年の対戦ではブロンコスが24-7とリード、第3Qにブラウンズがバーニー・コーザーの2TDパスで24-21と3点差に縮めて第4Qを迎えたが、ブロンコスは第4Q最初の攻撃でサミー・ワインダーへの39ヤードのTDパスが決まり、その後2本のFGで追加点をあげて、37-21で勝利した。エルウェイはこの試合で385ヤードを投げて3TD、インターセプト0、5回のランでチームトップの39ヤードを走った。

ナイナーズは、ミネソタ・バイキングスとのプレーオフ初戦、FGで相手に先制点を許したものの、モンタナからのショートパスを受けたライスが72ヤードのTDレシーブをあげた。その後、ブレント・ジョーンズへのTDパス、チェット・ブルックスがウェイド・ウィルソンのパスをインターセプトして得た攻撃をテイラーへの8ヤードのTDパスに結びつけた。さらにライスへのTDパスも決まり、28-3で前半を終了した。第4Qにロットがインターセプトから53ヤードのリターンを見せ、クレイグの4ヤードのTDランに結び付けるなど2TDをあげて、41-13でバイキングスに圧勝した。ウィルソンはパス成功わずか9回で74ヤードに終わった。

NFCチャンピオンシップゲームでは、ニューヨーク・ジャイアンツフィラデルフィア・イーグルスを破って勝ち上がった、ロサンゼルス・ラムズと対戦した。ラムズはナイナーズをレギュラーシーズンで破った2チームの1つであった。ラムズが3-0と先制したが、第2Qにナイナーズは、モンタナの2TDパス、クレイグのTDで21-3と逆転して前半を終了、後半相手を無得点に抑えて30-3と圧勝し、2年連続のスーパーボウル出場を果たした。モンタナは262ヤードを投げて、2TD、インターセプトなし、ラムズのQBジム・エバレットは、163ヤードを投げて3インターセプトであった。

  • * 同地区のチームが対戦しないように、ディヴィジョナルプレイオフの試合は組まれている。
  • チーム名の左の数字はシード順。
                                   
ディヴィジョナルプレイオフ
    1月7日
ジャイアンツ・スタジアム
       
NFC ワイルドカード NFC チャンピオンシップ
 5  ラムズ (OT)  19
12月31日
ベテランズ・スタジアム
    1月14日
キャンドルスティック・パーク
 2*  ジャイアンツ  13  
 5  ラムズ  21  5  ラムズ  3
1月6日
キャンドルスティック・パーク
 4  イーグルス  7      1  ナイナーズ  30   第24回スーパーボウル
 3  バイキングス  13
    1月28日
ルイジアナ・スーパードーム
 1*  ナイナーズ  41  
 N1  ナイナーズ  55
1月6日
クリーブランド・スタジアム
AFC ワイルドカード AFC チャンピオンシップ    A1  ブロンコス  10
 3  ビルズ  30
12月31日
アストロドーム
    1月14日
マイルハイ・スタジアム
 2  ブラウンズ  34  
 5  スティーラーズ (OT)  26  2  ブラウンズ  21
1月7日
マイルハイ・スタジアム
 4  オイラーズ  23      1  ブロンコス  37  
 5  スティーラーズ  23
   
 1  ブロンコス  24  

試合開始前の話題[編集]

多くのスポーツライターやファンは、エルウェイがAFCチャンピオンシップゲームで優れたパフォーマンスを見せたものの、9勝7敗のスティーラーズに辛勝したことや、ブラウンズが9勝6敗1分でシーズンを終えたこともあり、ブロンコスの勝利は難しいと予想した。またエルウェイが過去2度スーパーボウルに敗れていること、一方モンタナは3度スーパーボウルチャンピオンもその理由とされた。

モンタナはNFC西地区のライバル、ニューオーリンズ・セインツの本拠地で1980年代に7戦全勝であり、ナイナーズが唯一敗れたのは、1986年に、モンタナが負傷後、マイク・モロスキが先発した試合のみであった。

試合経過[編集]

映像外部リンク
NFL.comによるハイライト動画(英語、2分32秒)

試合は、ナイナーズがトータルオフェンスで461ヤードを獲得、ボールを39分31秒コントロールし、最初の8回の攻撃中、6回を得点に結びつけた。ナイナーズのディフェンスは、ブロンコスをわずか167ヤード、ファーストダウン更新12回、20分29秒のボールコントロールに抑えた[1]

ブロンコスが先に攻撃権を得たが、3回のプレーでパントに終わった。ナイナーズは最初の攻撃で66ヤードを前進、ジェリー・ライスへの20ヤードのTDパスで締めくくった。先制点をあげられたブロンコスは、ハンブリーの4回のランで22ヤードを獲得、ショベルパスからのレシーブで27ヤードを前進するなど、42ヤードのFGを成功させて、7-3と点差を縮めた。

続くナイナーズの攻撃は3回でパントとなり、バンス・ジョンソンが7ヤードをリターンし、ブロンコスは自陣49ヤードという絶好のポジションからの攻撃権を得た。しかしフィールド中央でケビン・フェイガンのタックルを受けたハンフリーがボールをファンブル、チェット・ブルックスがこのボールをリカバーし、ターンオーバーとなった。10プレー後に、モンタナからブレント・ジョーンズへの7ヤードのTDパスが決まり、マイク・コーファーのエクストラポイントは失敗、13-3となった。

さらに、ナイナーズは13プレーで69ヤードを前進し、トム・ラスマンの1ヤードのTDで20-3とした。このドライブでは、ラスマンが活躍し、3回のレシーブで39ヤードを獲得した。また第4ダウン残り1ヤードからのギャンブルでも、ラスマンのランで1ヤードを獲得して、攻撃を続けた。

第2Q終盤、ジョン・テイラーの17ヤードのパントリターンでナイナーズは、フィールド中央付近で攻撃権を得ると、ライスへの38ヤードのTDパスで、27-3とリードして前半を終えた。

後半、エルウェイの最初のパスをLBマイク・ウォルターがインターセプト、次のプレーでモンタナからライスへの28ヤードのTDパスが決まり、34-3となった。さらに、エルウェイのパスをインターセプトしたチェット・ブルックスが38ヤードをリターンし、敵陣37ヤード地点で攻撃権を獲得したナイナーズは、2プレー後に、モンタナがライスへのパスフェイクによって、スティーブ・アトウォーターを欺き、ジョン・テイラーへの35ヤードのTDパスを通し、41-3となった。

ブロンコスのこの試合唯一のタッチダウンは、次のドライブで生まれた。ダレン・キャリントンが39ヤードのキックオフリターンで、自陣39ヤード地点からの攻撃権を得たブロンコスは、ジョンソンへの13ヤードのパス、ハンフリーの34ヤードのラン、ナイナーズLBロマノウスキーのパスインターフェアランスの反則で、敵陣1ヤードまでボールを進めた。第3ダウンにエルウェイが3ヤードを走って、41-10と点差を縮めた。

その後はナイナーズが一方的に試合を支配、6分56秒をかけて、11プレーで75ヤードを前進、第4Q最初のプレーで、ラスマンが3ヤードを走りTDをあげた。続くブロンコスの攻撃では、エルウェイがダニー・スタッブスにサックされ、6ヤードをロス、オフサイドの反則をナイナーズが犯した後、CBドン・グリフィンがエルウェイをサックして、エルウェイはボールをファンブルした。ルーズボールをスタッブスがリカバーし、15ヤードをリターンし、ナイナーズは、敵陣1ヤードからの攻撃権を得た。続くプレーでクレイグが1ヤードを走りTD、55-10となり、試合はそのまま終了した。

モンタナはこの試合で13本連続でパスを通すなど、残り11分にスティーブ・ヤングと交代する直前のパス19本中17本を成功した[6]

ライスは7回のレシーブで148ヤードを獲得、スパーボウル記録タイの3TDをあげた。クレイグはこの試合トップの69ヤードを走り、1TDをあげるとともに、5回のレシーブで34ヤードを獲得した。ラスマンは、38ヤードを走り2TD、4回のレシーブで43ヤードを獲得した。テイラーは3回のレシーブで49ヤード、1TD、3回のパントリターンで38ヤードをリターンした。エルウェイはパス26回中わずか10回成功、108ヤード、TDなし、2インターセプト、1TDランをあげたが、2度ファンブルした(ファンブルロストは1回)。ハンフリーはブロンコストップの61ヤードを走った他、3回のレシーブで38ヤードを獲得、キャリントンは6回のキックオフリターンで146ヤードをリターンした。

スターティングラインアップ[編集]

サンフランシスコ・
フォーティナイナーズ
ポジション デンバー・ブロンコス
オフェンス
ジェリー・ライス
Jerry Rice
WR マーク・ジャクソン
Mark Jackson
ハリス・バートン
Harris Barton
LT ケン・レイニエ
Ken Lanier
ブルース・コリー
Bruce Collie
LG ジム・ジュリガ
Jim Juriga
ジェシー・サポル
Jesse Sapolu
C キース・カーツ
Keith Kartz
ガイ・マッキンタイア
Guy McIntyre
RG ダグ・ウィデル
Doug Widell
ババ・パリス
Bubba Paris
RT ジェラルド・ペリー
Gerald Perry
ブレント・ジョーンズ
Brent Jones
TE オーソン・モブリー
Orson Mobley
ジョン・テイラー
John Taylor
WR バンス・ジョンソン
Vance Johnson
ジョー・モンタナ
Joe Montana
QB ジョン・エルウェイ
John Elway
ロジャー・クレイグ
Roger Craig
RB ボビー・ハンフリー
Bobby Humphrey
トム・ラスマン
Tom Rathman
FB-RB スティーブ・スウェル
Steve Sewell
ディフェンス
ケビン・フェイガン
Kevin Fagan
DE アルフォンゾ・カレカー
Alphonzo Carreker
マイケル・カーター
Michael Carter
NT グレッグ・クラーゲン
Greg Kragen
ピアース・ホルト
Pierce Holt
DE ロン・ホームズ
Ron Holmes
チャールズ・ヘイリー
Charles Haley
OLB マイケル・ブルックス
Michael Brooks
マット・ミレン
Matt Millen
ILB リック・デニソン
Rick Dennison
マイケル・ウォルター
Michael Walter
ILB カール・メクレンバーグ
Karl Mecklenburg
キーナ・ターナー
Keena Turner
RLB サイモン・フレッチャー
Simon Fletcher
ドン・グリフィン
Don Griffin
CB タイロン・ブラクストン
Tyrone Braxton
ダリル・ポラード
Darryl Pollard
CB ワイモン・ヘンダーソン
Wymon Henderson
チェット・ブルックス
Chet Brooks
SS デニス・スミス
Dennis Smith
ロニー・ロット
Ronnie Lott
FS スティーブ・アトウォーター
Steve Atwater
スペシャルチーム
マイク・コーファー
Mike Cofer
K デビッド・トレドウェル
David Treadwell
バリー・ヘルトン
Barry Helton
P マイク・ホーラン
Mike Horan
ヘッドコーチ
ビル・ウォルシュ
Bill Walsh
ダン・リーブス
Dan Reeves

日本におけるテレビ中継[編集]

評価[編集]

2016年2月の第50回スーパーボウル開催を目前に控えた時期、複数のメディアが過去49回のスーパーボウルすべてを名勝負順に並べたランキングを発表した。そのうち『スポーツ・イラストレイテッド』のドン・バンクス、『ワシントン・ポスト』のジェレミー・ゴットリーブ、『ニューヨーク・ポスト』のスティーブ・サービー、『ニューヨーク・デイリーニューズ』のゲイリー・マイヤーズの4者が、この第24回をスーパーボウル史上最低の凡戦に選んだ[7][8][9][10]。他のメディアでは、『ヒューストン・クロニクル』のグレッグ・レイジャンが第48位[11]ESPNジョン・クレイトンと『ニューズデイ』のニール・ベストと『サンディエゴ・ユニオン=トリビューン』のエディ・ブラウンがそれぞれ第46位[12][13][14]、『USAトゥデイ』のネイト・デービスが第43位という順位をつけている[15]。これらはすべて下から10番目以内と評価が低い。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Super Bowl XXIV Game Recap”. nfl.com. 2015年1月5日閲覧。
  2. ^ QBブレイディ、SBパス記録を2つ更新”. NFL JAPAN (2012年2月6日). 2012年2月6日閲覧。
  3. ^ John Elway”. biography.com. 2014年1月5日閲覧。
  4. ^ N.F.L. Approves Sale of Broncos”. ニューヨーク・タイムズ (1984年5月24日). 2013年12月5日閲覧。
  5. ^ Lindsay H. Jones (2012年1月10日). “Mike Shanahan's return to Broncos during 1989 season did not cause controversy”. デンバー・ポスト. 2015年1月5日閲覧。
  6. ^ Gary Myers (2014年1月10日). “Super Bowl XXIV: 49ERS SIMPLY SAN-SATIONAL”. ニューヨーク・デイリーニューズ. 2014年1月13日閲覧。
  7. ^ Don Banks, "Every Super Bowl, ranked," SI.com, December 21, 2015. 2016年2月21日閲覧。
  8. ^ Jeremy Gottlieb, "Ranking the watchability of all 49 Super Bowl games ever played," The Washington Post, February 5, 2016. 2016年2月21日閲覧。
  9. ^ Steve Serby, "Ranking all 49 Super Bowls from worst to first," New York Post, February 5, 2016. 2016年2月21日閲覧。
  10. ^ Gary Myers, "From wide right and David Tyree to all those blowouts, ranking every Super Bowl game ever played from I to XLIX," NY Daily News, February 5, 2016. 2016年2月21日閲覧。
  11. ^ Greg Rajan, "What are the best, worst Super Bowls?," Houston Chronicle, February 4, 2016. 2016年2月21日閲覧。
  12. ^ John Clayton, "Ranking all 49 Super Bowls," ESPN.com, January 29, 2016. 2016年2月21日閲覧。
  13. ^ Neil Best, "From I to XLIX, ranking the best Super Bowls," Newsday, February 3, 2016. 2016年2月21日閲覧。
  14. ^ Eddie Brown, "What's the best Super Bowl of all time?," SanDiegoUnionTribune.com, January 31, 2016. 2016年2月21日閲覧。
  15. ^ Nate Davis, USA TODAY Sports, "Ranking all 49 Super Bowls: Which was best of all time?," USA TODAY, January 27, 2016. 2016年2月21日閲覧。

外部リンク[編集]