1940年のNFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1940年のNFL
レギュラーシーズン
日程
東地区優勝 ワシントン・レッドスキンズ
西地区優勝 シカゴ・ベアーズ
NFLチャンピオンシップ
開催日 1940年12月8日
開催地 ワシントンD.C.
スタジアム グリフィス・スタジアム
チャンピオン シカゴ・ベアーズ
NFLシーズン
 < 1939 1941 > 

1940年のNFLは、NFLの21年目のシーズンである。

シーズン開幕前、ピッツバーグ・パイレーツがピッツバーグ・スティーラーズに名称を変更した。

NFLチャンピオンシップで、シカゴ・ベアーズワシントン・レッドスキンズを73対0で破り、NFLチャンピオンに輝いた。この試合が、NFL史上最大の点差のついた試合である。

主なルール変更[編集]

  • フォワードパスの罰則が5ヤード罰退のみに変更された
  • スクリメージラインより後ろからのキックやパスの前に反則が発生した場合、プレースタート地点から罰則が適用されるが、フリーボールにおいて反則が発生した場合や守備側が反則した場合は、反則した地点から罰則が適用されるように変更された。
  • これ以上罰退できない状態で反則をした場合は、残り距離の半分の罰退とすることになった。
  • エンドゾーン内で攻撃側がパス・インターフェアランスの反則を犯した場合、守備側はプレースタート地点から15ヤード罰退+ダウン喪失かタッチバックのどちらかを選択できることになった。

順位表[編集]

東地区
チーム 得点 失点
ワシントン・レッドスキンズ 9 2 0 .818 245 142
ブルックリン・ドジャース 8 3 0 .727 186 120
ニューヨーク・ジャイアンツ 6 4 1 .600 131 133
ピッツバーグ・スティーラーズ 2 7 2 .222 60 178
フィラデルフィア・イーグルス 1 10 0 .091 111 211
西地区
チーム 得点 失点
シカゴ・ベアーズ 8 3 0 .727 238 152
グリーンベイ・パッカーズ 6 4 1 .600 238 155
デトロイト・ライオンズ 5 5 1 .500 138 153
クリーブランド・ラムズ 4 6 1 .400 171 191
シカゴ・カージナルス 2 7 2 .222 139 222

脚注[編集]

[ヘルプ]