1933年のNFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1933年のNFL
レギュラーシーズン
日程 1933年9月17日 - 1933年12月10日
東地区優勝 ニューヨーク・ジャイアンツ
西地区優勝 シカゴ・ベアーズ
NFLチャンピオンシップ
開催日 1933年12月17日
開催地 イリノイ州シカゴ
スタジアム リグレー・フィールド
チャンピオン シカゴ・ベアーズ
NFLシーズン
« 1932
1934 »

1933年のNFLは、NFLの14年目のシーズンである。前年のプレイオフ制度が成功を収めたので、リーグを設立して初めて地区分けを行い、両地区の優勝チームがNFLチャンピオンシップでチャンピオンを決定する方式を採用した。この年からパイレーツ(後のスティーラーズ)イーグルスレッズの3チームが新たに加わり、ステープルトンズがリーグを脱退した。また、ボストン・ブレーブスがボストン・レッドスキンズに名称を変更した。

シーズンは、シカゴ・ベアーズニューヨーク・ジャイアンツを破った初めてのNFLチャンピオンシップで幕を下ろした。

ルール変更[編集]

前年のプレイオフの成功により、リーグは大学フットボールのルールをそのまま使用することをやめ、独自のルールを策定するようになった。

  1. スクリメージラインの後ろであれば、どこでもフォワードパスが可能となった。それまでは、スクリメージラインから最低5ヤード下がる必要があった。これは、前年のプレイオフでハンドオフをうけたFBが投じたフォワードパスがスクリメージラインから5ヤード下がっていなかったとして論争になったことから改正されたものである。このルールは、FBの名前から「ブロンコ・ナグルスキー・ルール」と呼ばれている。
  2. 両サイドラインから10ヤードの所にハッシュマークが設けられ、全てのプレーがハッシュマーク内から開始されることになった。
  3. フィールドゴールを増やし、引き分けの試合を減らすため、ゴールポストをエンドラインから10ヤード手前のゴールラインに移動した(現在はエンドラインに戻っている)。
  4. ゴールポストがゴールラインに移動したのに伴って、以下の2点が規定された。
    • パントキックが選手に触れる前にゴールポストにあたった場合はタッチバックになる。
    • エンドゾーンからパントキックをしたボールがゴールポストに当たり、エンドゾーンから後ろに出た場合や、キッキングチームがエンドゾーンでリカバーした場合はセイフティになる。

順位表[編集]

東地区
チーム 試合 得点 失点
ニューヨーク・ジャイアンツ 14 11 3 0 .786 244 101
ブルックリン・ドジャース 10 5 4 1 .556 93 54
ボストン・レッドスキンズ 12 5 5 2 .500 103 97
フィラデルフィア・イーグルス 9 3 5 1 .375 77 158
ピッツバーグ・パイレーツ 11 3 6 2 .333 67 208
西地区
チーム 試合 得点 失点
シカゴ・ベアーズ 13 10 2 1 .833 133 82
デトロイト・ライオンズ 11 6 5 0 .545 128 87
グリーンベイ・パッカーズ 13 5 7 1 .417 170 107
シンシナティ・レッズ 10 3 6 1 .333 38 110
シカゴ・カージナルス 11 1 9 1 .100 52 101


脚注[編集]

[ヘルプ]