デトロイト・ライオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デトロイト・ライオンズ
Detroit Lions
1930年創設(91年前)
所属地区
  • NFL(1930-現在)
  • NFC(1970-現在)
北地区(2002-現在)
中地区(1970-2001)
  • 西カンファレンス(1953-1969)
中地区(1967-1969)
地区分けなし(1953-1966)
  • ナショナル・カンファレンス(1950-1952)
  • 西地区(1933-1949)
  • 地区分けなし(1930-1932)
  • 独立チーム(1929)
チーム名
  • デトロイト・ライオンズ(1934-現在)
    • ポーツマス・スパルタンズ(1930-1933)
ホームタウン
デトロイト・ライオンズの位置(アメリカ合衆国内)
1930-1933
1930-1933
1934-現在
1934-現在

ミシガン州デトロイト(1934-1974, 2002-現在)
ミシガン州ポンティアック(1975-2001)
オハイオ州ポーツマス(1930-1933)

Minnesota Vikings vs. Detroit Lions 2018 03.jpg

フォード・フィールド(2002-現在)
ポンティアック・シルバードーム
 ポンティアック・メトロポリタン・スタジアム
(1975-2001)
タイガー・スタジアム
 ブリッグス・スタジアム
 ネビン・フィールド
(1938-1939, 1941-1974)
ユニバーシティ・オブ・デトロイト・スタジアム(1934-1940)
ユニバーサル・ユタジアム(1930-1933)

永久欠番
チームデザイン
チームカラー
  ホノルルブルー
  シルバー
チームロゴ
Detroit Lions wordmark.svg

水色のライオンシルエット
獲得タイトル
スーパーボウル創設(1966年)以降
スーパーボウル・チャンピオン (0回)
カンファレンス・チャンピオン (0回)
NFC
地区優勝 (3回)
NFC中地区
ワイルドカード(8回)
プレーオフ進出(12/56回)
AFL合併(1969年)以前
NFLチャンピオン
カンファレンス・チャンピオン
NFLナショナル
NFL西
地区優勝
NFL西地区
ワイルドカード
球団組織
オーナー シーラ・フォード・ハンプ
GM ブラッド・ホルムズ
ヘッドコーチ ダン・キャンベル

デトロイト・ライオンズ英語: Detroit Lions、略称: DET)は、アメリカ合衆国ミシガン州デトロイトに本拠地をおくNFLチーム。NFC北地区に所属している。ホームスタジアムはフォード・フィールド。本部と練習場は、デトロイトの南西にあるアレンパークに位置している。NFCで唯一スーパーボウルの出場経験がない。NFCチャンピオンシップゲームにも、1991年以降出場できておらず、NFC最大の空白期間となっている。

概要[編集]

チーム名の由来は、同じデトロイトが本拠地であるMLBデトロイト・タイガース(「タイガー」=虎)に対抗してライオンにしたと言われている。また、1934年から第二次世界大戦による中断をはさみサンクスギビングデーに長年ゲームを行っている。

歴史[編集]

1929年、オハイオ州ポーツマスを本拠地にポーツマス・スパルタンズ(Portsmouth Spartans)として創設。1年間の独立チームとしての経験を経て1930年にNFL入りを果たした。1932年にはディフェンディングチャンピオンのグリーンベイ・パッカーズに19-0で勝利した。このゲームを通してライオンズは11人の選手しか起用しなかった。シーズンを6勝1敗4分で終えたチームは6勝1敗6分のシカゴ・ベアーズとその年のプレーオフで対戦することとなった。試合が行われたシカゴブリザードが吹き荒れて試合会場はリグレー・フィールドから屋内競技場であり両エンドゾーン間が80ヤードしかないシカゴ・スタジアムに変更された。この試合は0-9でスパルタンズが敗れた。1934年、スパルタンズはデトロイトのラジオ局のオーナーであるジョージ・リチャーズに売却され本拠地もデトロイトに移転した。リチャーズは新チーム名をデトロイト・ライオンズと名づけた。リチャーズは感謝祭当日に試合を行うことを決定し、これは第二次世界大戦中の数シーズンを除き現在もライオンズで引き継がれている。1935年にはQBダッチ・クラークのもと、チームは初のNFLチャンピオンとなった。

1950年代に先発QBだったボビー・レーン

1950年代にはQBボビー・レーンを擁してチームは黄金期を迎えた。チームは1952年1953年1957年と3度ともクリーブランド・ブラウンズを破りNFLチャンピオンとなった[1]。またブラウンズに敗れたが1954年にもNFLチャンピオンシップゲームへの出場を果たした。

1957年のプレーオフ、サンフランシスコ・フォーティナイナーズとの試合では第3Qに7-27とリードされたところからQBのトビン・ロートはチームを引っ張り24点をあげて31-27と大逆転を果たした[2]。ライオンズはその後NFLチャンピオンシップゲームでクリーブランド・ブラウンズに59-14と圧勝した。この試合後、1991年シーズンのダラス・カウボーイズとのプレーオフまでライオンズはポストシーズンの勝利から見放されることとなった。

1958年10月6日、チームは前年のチャンピオンシップゲームで負傷していたボビー・レーンをピッツバーグ・スティーラーズにトレードした。レーンはこれでライオンズがこの先50年優勝することはないだろうと言い残してチームを去った。これはボビー・レーンの呪いと言われた。その後50年間でライオンズがプレーオフに出場したのは9回、地区優勝は3回だけであり、プレーオフで勝ったのは1958年だけであった[1]

チームはその後長期低迷し1960年代にプレーオフ出場0回、1970年代もプレーオフ出場はわずか1回であった。

1963年に実業家のウィリアム・クレイ・フォードによってチームは買収された。彼のチーム買収以降の50シーズンでプレーオフではわずか1勝しかあげることができていない。

1963年、アレックス・カラスが1年間の出場停止処分を受けた[3]

1967年のドラフト1巡全体7位で獲得したRBメル・ファー英語版は、その年の新人王に選ばれた[4]

1970年、デュエットパートナーのタミー・テレルを亡くしたソウルシンガーのマーヴィン・ゲイがライオンズ入りを目指してトライアウトに参加した。彼はすぐにカットされたがメル・ファー、レム・バーニー英語版ら多くの選手と友人となったゲイはバックコーラスに選手たちを起用して「ホワッツ・ゴーイン・オン」を1971年リリースした。

1970年のプレーオフ、ダラス・カウボーイズ戦はディフェンス勝負の末、0-5で敗れた。1971年から1978年までは地区2位か3位の平凡な成績が続き、1979年には2勝14敗に終わった。この間、1974年11月18日のサンクスギビングデーの試合を最後にチームはタイガー・スタジアムを離れてポンティアック・シルバードームに移った。

1970年代、当時現在とは異なり、タイトエンドにレシーブ能力が求められていない時代、チームに所属したチャーリー・サンダースはブロックだけでなく、パスターゲットとしても活躍した。2007年に彼はプロフットボール殿堂入りを果たした。彼はヘアスタイルとフー・マンチューのようなヒゲでも人気者であった[5]

ドラフト全体1位で加入したビリー・シムズ(1980年)

1980年、ドラフト全体1位でハイズマン賞受賞者のRBビリー・シムズを獲得した[6]

エースQBのゲイリー・ダニエルソンが負傷、第2QBのジェフ・コムロも結果を出せなかったことから、エリック・ヒップルが先発QBとなった[7]

1981年10月19日のシカゴ・ベアーズとのマンデーナイトフットボールで、ヒップルはレナード・トンプソンへ94ヤードのTDパスを成功させた[8]

1982年1983年には連続してプレーオフ出場を果たした。しかし1984年にシムズがひざを負傷してわずか5シーズンで引退を余儀なくされると[6]、チーム成績は下降し、負け越しシーズンが続いた。

1989年のドラフト全体3位でRBバリー・サンダースを獲得した[9]。サンダースは、シーズンリーディングラッシャーにあと10ヤードの活躍を見せた。この年、ノーズタックルのジェリー・ボールは73タックル、9サックをあげてプロボウルに選ばれた[10]

1990年、ドラフト全体7位でハイズマン賞受賞者のQBアンドレ・ウェアを獲得した。

1991年11月17日のロサンゼルス・ラムズ戦でオフェンスラインのマイク・アトリーが試合中負傷し[11]、半身不随となったが[12]、これによりチームの団結力が高まり、1983年以来のNFC中地区優勝を果たした。プレーオフでダラス・カウボーイズに快勝したがNFCチャンピオンシップゲームでシーズン開幕戦敵地で0-45と完封負けを喫した相手、ワシントン・レッドスキンズに10-41で敗れ、初のスーパーボウル出場を逃している。。1994年、前マイアミ・ドルフィンズのQBスコット・ミッチェル英語版と契約した。1990年代にはRBバリー・サンダースの活躍で6度のプレーオフ進出を果たした。

1998年シーズン終了後、契約を4年間残して、バリー・サンダースが引退した。引退後数年してからサンダースは負け癖に嫌気が差したことを理由としてあげた[9]

"FIRE MILLEN!!!(ミレンをクビにしろ!)"(2005年)
ミレンを解雇するな!(ライバルのグリーンベイ・パッカーズのファン)

しかし、2001年マット・ミレンMatt Millen)がCEO(事実上のGM)に就任してから成績は下降し始めた。2001年から2003年にかけてロードゲーム24連敗を記録。ドラフト上位指名権を得るものの2002年全体3位に指名したQBジョーイ・ハリントンなど[13]、失敗を繰り返し、ファンから「Fire Millen」をスローガンに解任運動が起こるほどだった。2008年シーズン、開幕から3連敗を喫し、ミレンは解任された。在任中の通算成績は31勝84敗だった。

2008年はその後も連敗を続け、史上初のシーズン16戦全敗を記録した。シーズン14試合制だった1976年に新規参入チームのタンパベイ・バッカニアーズが全敗を記録しているが、16試合制になってからの全敗はライオンズが初めてだった。シーズン終了後、ロッド・マリネリは解任されテネシー・タイタンズのディフェンスコーディネーター、ジム・シュウォルツが新ヘッドコーチ、スコット・リネハンがオフェンスコーディネーター、ガンサー・カニンガムがディフェンスコーディネーターとなった。

2005年ドラフト5巡目でQBダン・オーロフスキーを、2007年ドラフト2巡目でQBドリュー・スタントンを指名した。

2009年のドラフト全体1位指名権を得たチームはQBのマシュー・スタッフォードを指名6年7800万ドル(当時NFL史上最高の4170万ドルの保障つき)の契約を結んだ。当初はベテランQBダンテ・カルペッパーの控えとして経験を積ませるのではという見方が有力であったが開幕直前にスタッフォードがエースQBに指名された[14]。開幕からニューオーリンズ・セインツミネソタ・バイキングスに連敗したが、9月27日、ワシントン・レッドスキンズを19-14で破りチームの連敗を19で止めた。その後シーズン未勝利のセントルイス・ラムズに敗れるなど、連敗を続け、第11週のクリーブランド・ブラウンズ戦で試合終了と同時に逆転TDが決まり38-37で2勝目をあげた[15]のみで2勝14敗でシーズンを終えた。

2010年には全体ドラフト2位でDTエンダムカン・スーを獲得した[16]。開幕戦のシカゴ・ベアーズ戦でカルビン・ジョンソンがタッチダウンしたかに見えたプレーが判定によりボールを確保していないと判断されパス不成功に終わり、14-19で敗れた[17]。この試合でスタッフォードがジュリアス・ペッパーズにサックされた際、右肩を負傷[18]、第2週からショーン・ヒルが先発QBを務めた。スタッフォードは第7週まで欠場した[19]グリーンベイでの試合では1991年以来となる勝利が転がりかけたが終了間際にタッチダウンを奪われて負けた。しかし第14週の地元でのパッカーズ戦では2005年以来となる勝利をあげた。この年スタッフォードは故障がちでわずか3試合の出場にとどまり[20]ドリュー・スタントンショーン・ヒルの出場機会が多くなった。チームは6勝10敗でシーズンを終えた。この年スーは最優秀新人守備選手に選ばれた[21]

2011年、第2週のカンザスシティ・チーフス戦ではチーム記録の48得点(それまでの記録は1995年の45点)をあげるなど、開幕からスタッフォードとジョンソンとのホットラインなどの活躍で、1956年以来となる5連勝を果たした[22]。その後は、RBジャービッド・ベスト脳震盪によりシーズン絶望[23]、スーが相手選手をふみつけて2試合出場停止になるなどし、7試合中5試合で敗れたが[24]、第16週のサンディエゴ・チャージャーズ戦に勝利し1999年以来となるプレーオフ出場を果たした[25][26]

2007年から2015年まで在籍したWRのカルビン・ジョンソン

2012年、シーズン開幕前、カルビン・ジョンソンマッデンNFLのカバーアスリートに選ばれた[27]。この年、ミネソタ・バイキングスが1981年に作った709回を更新する740回(1試合あたり46.25回)のパスプレーを選択した。12月22日のアトランタ・ファルコンズ戦で、ジョンソンはジェリー・ライスのシーズンレシーブヤード記録を更新、最終週のシカゴ・ベアーズ戦では72ヤードのレシーブで終え、1,964ヤードと2,000ヤードレシーブにあと36ヤードでシーズンを終えた。チームはシーズン最後に8連敗し、4勝12敗でシーズンを終えた[28]

2013年、バリー・サンダースがマッデンNFLのカバーアスリートに選ばれた。レジー・ブッシュが自身のキャリア最高の成績を残し、ラン1000ヤード、レシーブ500ヤードを記録した。この年シーズン最後の7試合で6敗し、7勝9敗でプレーオフを逃すと、シーズン終了後、シュウォルツヘッドコーチは解任された[29]。2014年、前オーナーが死去してマーサ・ファイアストン・フォードがオーナーとなった。2014年シーズンからはジム・コールドウェルがHCに就任し、QBスタフォードを擁して2014年2016年とワイルドカードでプレーオフ進出を果たすがいずれも初戦敗退。2017年は地区二位となったがプレーオフを逃してコールドウェルは解任された。後任にはニューイングランド・ペイトリオッツのオフェンシブ・コーディネーターだったマット・パトリシアが就任した。だが2018年は地区最下位となり、二年連続してプレーオフを逃した。2019年も地区最下位となった。

2020年、前オーナーのマーサ・ファイアストン・フォードが引退し、娘のシーラ・フォード・ハンプが新たなオーナーに就任した。シーズンでは、4勝7敗と低迷した11月28日にGMとHCを解任し、HCはOCのダレル・ベベルが暫定的に就任するもプレーオフを逃し3年連続地区最下位となった。2021年1月14日、ロサンゼルス・ラムズのカレッジスカウティングディレクターだったブラッド・ホルムズをGMとした。2021年1月20日、ニューオーリンズ・セインツのアシスタントHC兼タイトエンドコーチのダン・キャンベルがHCに就任した。2021年1月31日、ドラフト権や複数選手を含むトレードによって、マシュー・スタッフォードをロサンゼルス・ラムズに手放す代わりにQBジャレッド・ゴフを得た[30]

感謝祭ゲーム[編集]

1934年当時のオーナーのジョージ・A・リチャーズは、NBCブルーネットワークの主要なラジオ関連会社で、且つABCの前身であるデトロイトのWJRのオーナーでもあり、感謝祭当日の試合をライブ配信することをNBCと合意した。 それ以来ライオンズは、毎年感謝祭当日にホームで試合を組んでいる(1941年から1944年は第二次世界大戦のため、開催せず)。1966年以降はダラス・カウボーイズも感謝祭当日の試合を行っているが、両チームによる対戦が感謝祭当日には行われたことはない[31]。2006年以降はライオンズ戦、カウボーイズ戦以外にもう1試合組まれ、合計3試合がおこなれている[32]

2020年シーズン現在の通算成績は、37勝42敗2分で勝率は.469である。

文化[編集]

マスコット[編集]

公式マスコットは、ライオンのローリー・ザ・ライオン(Roary the Lion)である。

チアリーダー[編集]

公式チアリーディングのデトロイト・ライオンズ・チアリーダーズ(Detroit Lions Cheerleaders)が活動している。かつて1963年にチアリーディングチームが誕生したものの、1974年に解散した。以降、オーナーのウィリアム・クレイ・フォードによる反対意見もあり、長らくチームには公式チアリーダーがいなかった。2010年8月、チームの非公式チアリーダーとしてデトロイト・プライド(Detroit Pride)が結成され、活動を開始した。その後、2016年6月12日に、公式チアリーダー「デトロイト・ライオンズ・チアリーダーズ」としてライオンズの組織に加わることになった。ライオンズとしては42年ぶりの公式チアリーダーになった。

2021年シーズンの対戦相手

2021年シーズンのライオンズの対戦相手
AFC NFC
前年 西地区 南地区 北地区 東地区 西地区 南地区 北地区 東地区
1位 チーフス タイタンズ スティーラーズ ビルズ シーホークス セインツ パッカーズ ワシントン
2位 レイダース コルツ レイブンズ ドルフィンズ ラムズ バッカニアーズ ベアーズ ジャイアンツ
3位 チャージャーズ テキサンズ ブラウンズ ペイトリオッツ カージナルス パンサーズ バイキングス カウボーイズ
4位 ブロンコス ジャガーズ ベンガルズ ジェッツ 49ers ファルコンズ ライオンズ イーグルス

 :1度対戦  :2度対戦

歴代成績[編集]

成績[編集]

NFC北地区(2002年-現在)[編集]

地区優勝 2位 3位 4位
チーム チーム チーム チーム
2020 GB (1c) 13 3 0 CHI(7w) 8 8 0 MIN 7 9 0 DET 5 11 0
2019 GB (2c) 13 3 0 MIN(6d) 10 6 0 CHI 8 8 0 DET 3 12 1
2018 CHI(3w) 12 4 0 MIN 8 7 1 GB 6 9 1 DET 6 10 0
2017 MIN(2c) 13 3 0 DET 9 7 0 GB 7 9 0 CHI 5 11 0
2016 GB (4c) 10 6 0 DET(6w) 9 7 0 MIN 8 8 0 CHI 3 13 0
2015 MIN(3w) 11 5 0 GB (5d) 10 6 0 DET 7 9 0 CHI 6 10 0
2014 GB (2c) 12 4 0 DET(6w) 11 5 0 MIN 7 9 0 CHI 5 11 0
2013 GB (4w) 8 7 1 CHI 8 8 0 DET 7 9 0 MIN 5 10 1
2012 GB (3d) 11 5 0 MIN(6w) 10 6 0 CHI 10 6 0 DET 4 12 0
2011 GB (1d) 15 1 0 DET(6w) 10 6 0 CHI 8 8 0 MIN 3 13 0
2010 CHI(2c) 11 5 0 GB (6v) 10 6 0 DET 6 10 0 MIN 6 10 0
2009 MIN(2c) 12 4 0 GB (5w) 11 5 0 CHI 7 9 0 DET 2 14 0
2008 MIN(3w) 10 6 0 CHI 9 7 0 GB 6 10 0 DET 0 16 0
2007 GB (2c) 13 3 0 MIN 8 8 0 DET 7 9 0 CHI 7 9 0
2006 CHI(1s) 13 3 0 GB 8 8 0 MIN 6 10 0 DET 3 13 0
2005 CHI(2d) 11 5 0 MIN 9 7 0 DET 5 11 0 GB 4 12 0
2004 GB (3w) 10 6 0 MIN(6d) 8 8 0 DET 6 10 0 CHI 5 11 0
2003 GB (4d) 10 6 0 MIN 9 7 0 CHI 7 9 0 DET 5 11 0
2002 GB (3w) 12 4 0 MIN 6 10 0 CHI 4 12 0 DET 3 13 0

NFC中地区(1970年-2001年)[編集]

  • GB:グリーンベイ・パッカーズ、MIN:ミネソタ・バイキングス、CHI:シカゴ・ベアーズ、DET:デトロイト・ライオンズ、TB:タンパベイ・バッカニアーズ
  • 1982年シーズンはストライキの影響により、地区別成績ではなくカンファレンス上位8チームがプレイオフ進出するルールであったが、ここでは地区別に変換して表記する。
  • 括弧内の数字はプレイオフ出場時のシード順(シード制導入前は表記なし)、文字はv:スーパーボウル優勝、s:スーパーボウル敗退・カンファレンス優勝、c:カンファレンス決勝敗退、d:ディビジョナルプレーオフ敗退、w:ワイルドカードプレイオフ敗退。1982年についてはd:2回戦敗退、w:1回戦敗退。
地区優勝 2位 3位 4位 5位
チーム チーム チーム チーム チーム
2001 CHI(2d) 13 3 0 GB(4d) 12 4 0 TB(6w) 9 7 0 MIN 5 11 0 DET 2 14 0
2000 MIN(2c) 11 5 0 TB(5w) 10 6 0 GB 9 7 0 DET 9 7 0 CHI 5 11 0
1999 TB(2c) 11 5 0 MIN(4d) 10 6 0 DET(6w) 8 8 0 GB 8 8 0 CHI 6 10 0
1998 MIN(1c) 15 1 0 GB(5w) 11 5 0 TB 8 8 0 DET 5 11 0 CHI 4 12 0
1997 GB(2s) 13 3 0 TB(4d) 10 6 0 DET(5w) 9 7 0 MIN(6d) 9 7 0 CHI 4 12 0
1996 GB(1v) 13 3 0 MIN(6w) 9 7 0 CHI 7 9 0 TB 6 10 0 DET 5 11 0
1995 GB(3c) 11 5 0 DET(5w) 10 6 0 CHI 9 7 0 MIN 8 8 0 TB 7 9 0
1994 MIN(3w) 10 6 0 GB(4d) 9 7 0 DET(5w) 9 7 0 CHI(6d) 9 7 0 TB 6 10 0
1993 DET(3w) 10 6 0 MIN(5w) 9 7 0 GB(6d) 9 7 0 CHI 7 9 0 TB 5 11 0
1992 MIN(3w) 11 5 0 GB 9 7 0 TB 5 11 0 CHI 5 11 0 DET 5 11 0
1991 DET(2c) 12 4 0 CHI(4w) 11 5 0 MIN 8 8 0 GB 4 12 0 TB 3 13 0
1990 CHI(4d) 11 5 0 TB 6 10 0 DET 6 10 0 GB 6 10 0 MIN 6 10 0
1989 MIN(3d) 10 6 0 GB 10 6 0 DET 7 9 0 CHI 6 10 0 TB 5 11 0
1988 CHI(1c) 12 4 0 MIN(4d) 11 5 0 TB 5 11 0 DET 4 12 0 GB 4 12 0
1987 CHI(2d) 11 4 0 MIN(5c) 8 7 0 GB 5 9 1 TB 4 11 0 DET 4 11 0
1986 CHI(2d) 14 2 0 MIN 9 7 0 DET 5 11 0 GB 4 12 0 TB 2 14 0
1985 CHI(1v) 15 1 0 GB 8 8 0 MIN 7 9 0 DET 7 9 0 TB 2 14 0
1984 CHI(3c) 10 6 0 GB 8 8 0 TB 6 10 0 DET 4 11 1 MIN 3 13 0
1983 DET(3d) 9 7 0 GB 8 8 0 CHI 8 8 0 MIN 8 8 0 TB 2 14 0
1982 GB(3d) 5 3 1 MIN(4d) 5 4 0 TB(7w) 5 4 0 DET(8w) 4 5 0 CHI 3 6 0
1981 TB(3d) 9 7 0 DET 8 8 0 GB 8 8 0 MIN 7 9 0 CHI 6 10 0
1980 MIN(3d) 9 7 0 DET 9 7 0 CHI 7 9 0 TB 5 10 1 GB 5 10 1
1979 TB(2c) 10 6 0 CHI(5w) 10 6 0 MIN 7 9 0 GB 5 11 0 DET 2 14 0
1978 MIN(3d) 8 7 1 GB 8 7 1 DET 7 9 0 CHI 7 9 0 TB 5 11 0
1977 MIN(3c) 9 5 0 CHI(4d) 9 5 0 DET 6 8 0 GB 4 10 0 TB 2 12 0
1976 MIN(1s) 11 2 0 CHI 7 7 0 DET 6 8 0 GB 5 9 0
1975 MIN(1d) 12 2 0 DET 7 7 0 CHI 4 10 0 GB 4 10 0
1974 MIN(s) 10 4 0 DET 7 7 0 GB 6 8 0 CHI 4 10 0
1973 MIN(s) 12 2 0 DET 6 7 1 GB 5 7 2 CHI 3 11 0
1972 GB(d) 10 4 0 DET 8 5 1 MIN 7 7 0 CHI 4 9 1
1971 MIN(d) 11 3 0 DET 7 6 1 CHI 6 8 0 GB 4 8 2
1970 MIN(d) 12 2 0 DET(d) 10 4 0 GB 6 8 0 CHI 6 8 0

NFL西カンファレンス・中地区(1967年-1969年)[編集]

地区優勝 2位 3位 4位
チーム チーム チーム チーム
1969 MIN(s) 12 2 0 DET 9 4 1 GB 8 6 0 CHI 1 13 0
1968 MIN(c) 8 6 0 CHI 7 7 0 GB 6 7 1 DET 4 8 2
1967 GB(v) 9 4 1 CHI 7 6 1 DET 5 7 2 MIN 3 8 3

NFL西カンファレンス(1953年-1966年)[編集]

優勝 2位 3位 4位 5位 6位 7位
チーム チーム チーム チーム チーム チーム チーム
1966 GB(V) 12 2 0 BAL 9 5 0 LA 8 6 0 SF 6 6 2 CHI 5 7 2 DET 4 9 1 MIN 4 9 1
スーパーボウル開始
1965 GB(v) 10 3 1 BAL 10 3 1 CHI 9 5 0 SF 7 6 1 MIN 7 7 0 DET 6 7 1 LA 4 10 0
1964 BAL(n) 12 2 0 GB 8 5 1 MIN 8 5 1 DET 7 5 2 LA 5 7 2 CHI 5 9 0 SF 4 10 0
1963 CHI(v) 11 1 2 GB 11 2 1 BAL 8 6 0 DET 5 8 1 MIN 5 8 1 LA 5 9 0 SF 2 12 0
1962 GB(v) 13 1 0 DET 11 3 0 CHI 9 5 0 BAL 7 7 0 SF 6 8 0 MIN 2 11 1 LA 1 12 1
1961 GB(v) 11 3 0 DET 6 7 1 BAL 8 6 0 CHI 8 6 0 SF 7 6 1 LA 4 10 0 MIN 3 11 0
1960 GB(n) 8 4 0 DET 7 5 0 SF 7 5 0 BAL 6 6 0 CHI 5 6 1 LA 4 7 1 DAL 0 11 1
1959 BAL(v) 9 3 0 CHB 8 4 0 GB 7 5 0 SF 7 5 0 DET 3 8 1 LA 2 10 0
1958 BAL(v) 9 3 0 CHB 8 4 0 LA 8 4 0 SF 6 6 0 DET 4 7 1 GB 1 10 1
1957 DET(v) 8 4 0 SF 8 4 0 BAL 7 5 0 LA 6 6 0 CHB 5 7 0 GB 3 9 0
1956 CHB(n) 9 2 1 DET 9 3 0 SF 5 6 1 BAL 5 7 0 GB 4 8 0 LA 4 8 0
1955 LA(n) 8 3 1 CHB 8 4 0 GB 6 6 0 BAL 5 6 1 SF 4 8 0 DET 3 9 0
1954 DET(n) 9 2 1 CHB 8 4 0 SF 7 4 1 LA 6 5 1 GB 4 8 0 BAL 3 9 0
1953 DET(v) 10 2 0 SF 9 3 0 LA 8 3 1 CHB 3 8 1 BAL 3 9 0 GB 2 9 1

NFLナショナル・カンファレンス(1950年-1952年)[編集]

優勝 2位 3位 4位 5位 6位 7位
チーム チーム チーム チーム チーム チーム チーム
1952 DET(v) 9 3 0 LA 9 3 0 SF 7 5 0 GB 6 6 0 CHB 5 7 0 DAL 1 11 0
1951 LA(v) 8 4 0 DET 7 4 1 SF 7 4 1 CHB 7 5 0 GB 3 9 0 NYY 1 9 2
1950 LA(n) 9 3 x CHB 9 3 x NYY 7 5 x DET 6 6 x GB 3 9 x SF 3 9 x BAL 1 11 x

NFL西地区(1933年-1949年)[編集]

優勝 2位 3位 4位 5位 6位
チーム チーム チーム チーム チーム チーム
1949 LA(n) 8 2 2 CHB 9 3 0 CHC 6 5 1 DET 4 8 0 GB 2 10 0
1948 CHC(n) 11 1 0 CHB 10 2 0 LA 6 5 1 GB 3 9 0 DET 2 10 0
1947 CHC(v) 9 3 0 CHB 8 4 0 GB 6 5 1 LA 6 6 0 DET 3 9 0
1946 CHB(v) 8 2 1 LA 6 4 1 GB 6 5 0 CHC 6 5 0 DET 1 10 0
1945 CLE(v) 9 1 0 DET 7 3 0 GB 6 4 0 CHB 3 7 0 CHC 1 9 0
1944 GB(v) 8 2 0 CHI 6 3 1 DET 6 3 1 CLE 4 6 0 Card-Pitt 0 10 0
1943 CHB(v) 8 1 1 GB 7 2 1 DET 3 6 1 CHC 0 10 0
1942 CHB(n) 11 0 0 GB 8 2 1 CLE 5 6 0 CHC 3 8 0 DET 0 11 0
1941 CHB(v) 10 1 0 GB 10 1 0 DET 4 6 1 CHC 3 7 1 CLE 2 9 0
1940 CHB(v) 8 3 0 GB 6 4 1 DET 5 5 1 CLE 4 6 1 CHC 2 7 2
1939 GB(v) 9 2 0 CHB 8 3 0 DET 6 5 0 CLE 5 5 1 CHC 1 10 0
1938 GB(n) 8 3 0 DET 7 4 0 CHB 6 5 0 CLE 4 7 0 CHC 2 9 0
1937 CHB(n) 9 1 1 GB 7 4 0 DET 7 4 0 CHC 5 5 1 CLE 1 10 0
1936 GB(v) 10 1 1 CHB 9 3 0 DET 8 4 0 CHC 2 8 1
1935 DET(v) 7 3 2 GB 8 4 0 CHB 6 4 2 CHC 6 4 2
1934 CHB(n) 13 0 0 DET 10 3 0 GB 7 6 0 CHC 5 6 0 StL 1 2 0 CIN 0 8 0
1933 CHB(v) 10 2 1 POR 6 5 0 GB 5 7 1 CIN 3 6 1 CHC 1 9 1

NFL(1921年-1932年)[編集]





チーム
チーム
チーム
チーム
チーム
チーム
1932 8 1 CHB 7 1 6 2 GB 10 3 1 3 POR 6 2 4 4 BOS 4 4 2 5 NY 4 6 2 7 CHC 2 6 2
1931 10 1 GB 12 2 0 2 POR 11 3 0 3 CHB 8 5 0 4 CHC 5 4 0 5 NY 7 6 1
1930 11 1 GB 10 3 1 2 NY 13 4 0 3 CHB 9 4 1 7 CHC 5 6 2 8 POR 5 6 3

主な選手[編集]

永久欠番[編集]

デトロイト・ライオンズ 永久欠番一覧
背番号 選手 ポジション 在籍期間
7 ダッチ・クラーク Dutch Clark QB 1934–1938
20 レム・バーニー Lem Barney CB 1967–1977
20 ビリー・シムズ Billy Sims RB 1980–1984
20 バリー・サンダース Barry Sanders RB 1989–1998
22 ボビー・レーン Bobby Layne QB, K 1950–1958
37 ドーク・ウォーカー Doak Walker HB, K, P 1950–1955
56 ジョー・シュミット Joe Schmidt LB 1953–1965
85 チャック・ヒューズ Chuck Hughes WR 1970–1971

プロフットボール殿堂入り[編集]

プロフットボール殿堂入りメンバー一覧
選手
背番号 名前 ポジション 在籍期間 選出年
7 ダッチ・クラーク Dutch Clark QB 1934–1938 1963
- ヘッドコーチ 1937–1938
35 ビル・ダドリー Bill Dudley HB 1947–1949 1966
22 ボビー・レーン Bobby Layne QB 1950–1958 1967
50 アレックス・ウォージェホーウィツ Alex Wojciechowicz CLB 1938–1946 1968
24 ジャック・クリスチャンセン Jack Christiansen DB 1951–1958 1970
39 ヒュー・マケルヘニー Hugh McElhenny HB 1964 1970
30 オリー・マットソン Ollie Matson RB 1963 1972
56 ジョー・シュミット Joe Schmidt LB 1953–1965 1973
- ヘッドコーチ 1967–1972
81 ナイト・トレイン・レーン Dick "Night Train" Lane CB 1960–1965 1974
28 イェール・ラリー Yale Lary DBP 1952–1953, 1956–1964 1979
72 フランク・ガツキー Frank Gatski C 1957 1985
37 ドーク・ウォーカー Doak Walker HB 1950–1955 1986
35 ジョン・ヘンリー・ジョンソン John Henry Johnson FB 1957–1959 1987
20 レム・バーニー Lem Barney DB 1967–1977 1992
76 ルー・クリークマー Lou Creekmur G, T 1950–1959 1996
20 バリー・サンダース Barry Sanders RB 1989–1998 2004
88 チャーリー・サンダース Charlie Sanders TE 1968–1977 2007
44 ディック・ラボー Dick LeBeau DB 1959–1972 2010
77 カーリー・カルプ Curley Culp DT 1980–1981 2013
63 ディック・スタンフェル Dick Stanfel OG 1952–1955 2016
71 アレックス・カラス Alex Karras DT 1958–1970 2020
81 カルビン・ジョンソン Calvin Johnson WR 2007–2015 2021
コーチ・エグゼクティブ
名前 役職 在籍期間 選出年
なし

プライド・オブ・ザ・ライオンズ[編集]

75thシーズンオールタイムチーム[編集]

ライオンズオールタイムチーム[編集]

歴代ヘッドコーチ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Keith Shelton (2008年10月8日). “Detroit Lions: The Curse of Bobby Layne Expires!”. bleacherreport.com. 2013年6月1日閲覧。
  2. ^ ビデオ 伝説の名勝負ベスト15 大逆転!NFL Number VIDEO ISBN 4-16-911614-3
  3. ^ Chris Madden (2012年6月1日). “Detroit Lions: 10 Cult Heroes in Team History Alex Karras, DL”. bleacherreport.com. 2013年6月1日閲覧。
  4. ^ Chris Madden (2012年6月1日). “Detroit Lions: 10 Cult Heroes in Team History Mel Farr, RB”. bleacherreport.com. 2013年6月1日閲覧。
  5. ^ Chris Madden (2012年6月1日). “Detroit Lions: 10 Cult Heroes in Team History Charlie Sanders, TE”. bleacherreport.com. 2013年6月1日閲覧。
  6. ^ a b Chris Madden (2012年6月1日). “Detroit Lions: 10 Cult Heroes in Team History Billy Sims, RB”. bleacherreport.com. 2013年6月1日閲覧。
  7. ^ Chris Madden (2012年6月1日). “Detroit Lions: 10 Cult Heroes in Team History Eric Hipple, QB”. bleacherreport.com. 2013年6月1日閲覧。
  8. ^ MNF History: 1981”. ABC (2002年8月29日). 2013年6月1日閲覧。
  9. ^ a b 生島淳 (2009年5月13日). “名声を捨てた「孤独なライオン」 バリー・サンダース”. NFL JAPAN. 2013年6月1日閲覧。
  10. ^ Chris Madden (2012年6月1日). “Detroit Lions: 10 Cult Heroes in Team History Jerry Ball, DL”. bleacherreport.com. 2013年6月1日閲覧。
  11. ^ Mike's Biography”. Mike Utley Foundations. 2013年6月1日閲覧。
  12. ^ Chris Madden (2012年6月1日). “Detroit Lions: 10 Cult Heroes in Team History Mike Utley, OG”. bleacherreport.com. 2013年6月1日閲覧。
  13. ^ QBスタッフォード指名は? 過去の失敗に悩むライオンズ”. NFL JAPAN (2009年3月22日). 2011年8月28日閲覧。
  14. ^ 全体1位QBスタッフォード、ライオンズの開幕QBに抜てき”. NFL JAPAN (2009年9月8日). 2011年12月25日閲覧。
  15. ^ ライオンズQBスタッフォード、最優秀新人賞に初選出”. NFL JAPAN (2009年11月28日). 2011年12月25日閲覧。
  16. ^ ライオンズ、全体2位指名DTスーと5年契約で合意”. NFL JAPAN (2010年8月4日). 2011年12月25日閲覧。
  17. ^ 2010年シーズン、大きな影響を与えた5試合”. NFL JAPAN (2011年2月23日). 2011年12月25日閲覧。
  18. ^ ライオンズQBスタッフォードが右肩負傷、全治6週間か”. NFL JAPAN (2010年9月13日). 2013年6月1日閲覧。
  19. ^ 【第8週プレビュー】ライオンズ、スタッフォード復帰で勝利なるか”. NFL JAPAN (2010年10月29日). 2013年6月1日閲覧。
  20. ^ 右肩手術のQBスタッフォードが投球練習を再開”. NFL JAPAN (2011年3月25日). 2013年6月1日閲覧。
  21. ^ ビッグ・カルーチ (2011年6月25日). “2011年シーズン、サプライズが期待できる5チーム”. NFL JAPAN. 2011年12月25日閲覧。
  22. ^ 大観衆が5連勝を後押し、ライオンズQBも「しびれた」”. NFL JAPAN (2011年10月11日). 2011年12月25日閲覧。
  23. ^ 脳振とう回復せず、ライオンズRBベストが今季絶望に”. NFL JAPAN (2011年11月26日). 2011年12月25日閲覧。
  24. ^ 【第14週プレビュー】背水ライオンズ、取りこぼし厳禁の一戦”. NFL JAPAN (2011年12月8日). 2011年12月25日閲覧。
  25. ^ ライオンズ快勝、99年以来のプレイオフ進出決定”. NFL JAPAN (2011年12月25日). 2011年12月25日閲覧。
  26. ^ 「ベテランのために」若手が奮起、歓喜に沸くライオンズ”. NFL JAPAN (2011年12月25日). 2011年12月25日閲覧。
  27. ^ マッデン最新作カバーにメガトロン、ニュートン下す”. NFL JAPAN (2012年4月26日). 2013年6月1日閲覧。
  28. ^ Noah Trister (2012年12月30日). “Bears Beat Lions 26-24 But Miss Playoffs”. ハフィントン・ポスト. 2013年6月1日閲覧。
  29. ^ 終盤失速のライオンズ、シュワルツHCを解任”. NFL JAPAN (2013年12月31日). 2014年1月1日閲覧。
  30. ^ Lions to trade Matthew Stafford to Rams in blockbuster deal involving Jared Goff, picks”. NFL. 2021年2月1日閲覧。
  31. ^ 両チームともホームで試合を行うため
  32. ^ 2020年新型コロナウイルス感染拡大の影響により当初予定されていたボルチモア・レイブンズピッツバーグ・スティーラーズの試合が延期された

外部リンク[編集]