第17回スーパーボウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第17回スーパーボウル
Super Bowl XXVII
1 2 3 4
MIA 7 10 0 0 17
WAS 0 10 3 14 27
開催日 1983年1月30日
スタジアム ローズボウル
開催地 カリフォルニア州パサデナ
MVP ジョン・リギンズ, レッドスキンズ
優勝予想 Dolphins by 3
国歌斉唱 レスリー・エスターブルック
コイントス エルロイ・ハーシュ
ハーフタイム ロサンゼルス・スーパードリルチーム
入場者数 103,667
アメリカにおけるテレビ放送
ネットワーク NBC
実況と解説 ディック・エンバーグマーリン・オルセン
視聴率 48.6 (全米)
占有率 69 (全米)
CM広告料
(30秒)
40万ドル
 < 第16回 スーパーボウル 第18回 > 

第17回スーパーボウル(だい17かいスーパーボウル、Super Bowl XVII)は1983年1月30日カリフォルニア州パサデナローズボウルで行われた17回目のスーパーボウルAFCチャンピオンであるマイアミ・ドルフィンズNFCチャンピオンであるワシントン・レッドスキンズの対戦。レッドスキンズがドルフィンズを27-17で破って、初のスーパーボウル制覇[1]を果たした。MVPは当時スーパーボウル記録となる166ヤードを走ったレッドスキンズのランニングバックであるジョン・リギンズが受賞した[2]

テレビ中継はNBCが担当した。

背景[編集]

開催地決定まで[編集]

1979年3月13日にホノルルで開催されたオーナー会議において、第17回スーパーボウルをパサデナで開催することが決定した。

ストライキ[編集]

57日に及ぶ選手会のストライキにより、1982年シーズンの試合は、16試合から9試合に減らされた。この試合数削減の影響から、プレイオフは各地区の優勝チームとワイルドカードが進出する従来のシード制から、各地区での順位を無視して、カンファレンスの上位8チームが進出するトーナメント制に変更された。このルール変更により、レギュラーシーズンが延長され、初めて1月までレギュラーシーズンが行われることとなった。

ワシントン・レッドスキンズ[編集]

このスーパーボウルは、レッドスキンズにとって、第7回ドルフィンズに敗れて以来、2度目の出場であり、スーパーボウル史上2度目の再戦となった試合(最初は第10回第13回スティーラーズカウボーイズ)である。レッドスキンズはストライキで短くなったシーズンをリーグ最少128失点の守備で8勝1敗の成績で終え、NFC1位の成績でプレイオフに進出した。

レッドスキンズのQBジョー・サイズマンは2033ヤード、13タッチダウンでNFCのQBレイティング1位を記録し、ランでも150ヤード稼いだ。パス攻撃ではチャーリー・ブラウン(32キャッチ、690ヤード、8タッチダウン)とアート・モンク(35キャッチ、447ヤード、1タッチダウン)が活躍し、ランではジョン・リギンズ(553ヤード、3タッチダウン)がチームを引っ張った。これらの攻撃は、強力なオフェンスラインに支えられており、このオフェンスラインは1980年代から1990年代初めにかけてリーグを席巻し、「ホグス」という愛称で知られている。

レッドスキンズの守備は身長201センチ体重134キロのデイブ・バッツが率い、バッツとラインを形成したデクスター・マンリートニー・マギーとレギュラーシーズンでそれぞれ6.5サックを記録し、セカンダリーはバーノン・ディーンジェリス・ホワイトがそれぞれ3インターセプトを記録した。

レッドスキンズはスペシャルチームにおいても特筆すべき選手を擁していた。マーク・モーズリーは、18回のポイントアフタータッチダウンを成功し、21回中20回のフィールドゴールをレギュラーシーズンで成功し、プレースキッカーとして初めてNFLのMVPに選出された。キックリターナーのマイク・ネルムズはキックオフ・パントを合わせて、809ヤードリターンした[3]

マイアミ・ドルフィンズ[編集]

ドルフィンズはストライキで短縮されたレギュラーシーズンを7勝2敗で終え、AFC2位でプレイオフに進出した。

ドルフィンズの原動力は守備にあり、11人の先発の内、6人のラストネームがBから始まる名前であったので、「キラー・ビー」という愛称で知られていた。プロボウル選出のDTボブ・バウムハウワーが率いるキラー・ビーは、レギュラーシーズンをトータルヤード(2,312)、パスヤード(1,027)のリーグ最少ヤードに抑えた。LBA・J・デューイは、パスカバーやブリッツ等、パスプレーに非常に効果的な選手で、CBジェラルド・スモールドン・マクニールSのブラックウッド兄弟(グレンライル)と共に、トータルで11インターセプトを記録した。

しかし、ドルフィンズはパス攻撃では精細を欠き、QBデビッド・ウッドリーがリーグ最下位の1,401ヤードを記録し、8タッチダウン、13インターセプトを記録した。パス攻撃で精細を欠く中、細やかな希望は、WRジミー・セファーロダリエル・ハリスの平均レシーブヤードが共に15ヤードを超え、相手チームにロングパスの脅威を与えたことであった。

一方、ドルフィンズの攻撃陣はランプレーに強みを持っており、リーグ3位の1,344ヤードを記録した。プロボウル選出のRBアンドラ・フランクリンがチームトップの701ヤード、7タッチダウンを記録し、トニー・ネイサンが233ヤードをランで稼いだ他、パスターゲットとしても活躍し、QBのウッドリーも207ヤード、2タッチダウンを獲得した。ドルフィンズのランプレーを牽引したのは、強力なオフェンスラインであり、後に殿堂入りしたドワイト・スティーブンソンやプロボウル選出のボブ・キューヘンバーグエド・ニューマンがラインを形成していた[4]

試合経過[編集]

ドルフィンズのデビッド・ウッドリーは当時スーパーボウル史上最年少で先発出場したQBとなった。開始早々、ウッドリーはジミー・セファロに76ヤードのTDパスを決めたが後半には8本のパスを1本も決められず、交代出場したドン・ストロックも1本もパスを決めることができなかった。

13-17とレッドスキンズが4点差を追う第4Qに、ジョン・リギンズが第4ダウン残り1ヤードで、43ヤードのTDランをあげた[2]。その後レッドスキンズは1TDを加えて27-17で勝利した。

スターティングラインアップ[編集]

マイアミ・ドルフィンズ ポジション ワシントン・レッドスキンズ
オフェンス
ダリエル・ハリス
Duriel Harris
WR アルビン・ギャレット
Alvin Garrett
ジョン・ギースラー
Jon Giesler
LT ジョー・ジャコビー
Joe Jacoby
ボブ・キューヘンバーグ
Bob Kuechenberg
LG ラス・グリム
Russ Grimm
ドワイト・スティーブンソン
Dwight Stephenson
C ジェフ・ボスティック
Jeff Bostic
ジェフ・トーズ
Jeff Toews
RG フレッド・ディーン
Fred Dean
エリック・ラアクソ
Eric Laakso
RT キース・ファーンホースト
Keith Fahnhorst
ブルース・ハーディ
Bruce Hardy
TE ドン・ウォーレン
Don Warren
ジミー・セファーロ
Jimmy Cefalo
WR チャーリー・ブラウン
Charlie Brown
デビッド・ウッドリー
David Woodley
QB ジョー・サイズマン
Joe Theismann
トニー・ネイサン
Tony Nathan
RB ジョン・リギンズ
John Riggins
アンドラ・フランクリン
Andra Franklin
RB/TE リック・ウォーカー
Rick Walker
ディフェンス
ダグ・ベターズ
Doug Betters
LE マット・メンデンホール
Mat Mendenhall
ボブ・バウムハウワー
Bob Baumhower
NT/LDT デイブ・バッツ
Dave Butz
キム・ボカンパー
Kim Bokamper
RE/RDT ダリル・グラント
Darryl Grant
ボブ・ブラジンスキー
Bob Brudzinski
LOLB/RE デクスター・マンリー
Dexter Manley
A・J・デューイ
A.J. Duhe
LILB/LOLB メル・カウフマン
Mel Kaufman
アーニー・ローン
Earnie Rhone
RILB/MLB ニール・オルケウィック
Neal Olkewicz
ラリー・ゴードン
Larry Gordon
ROLB リッチ・ミロット
Rich Milot
ジェラルド・スモール
Gerald Small
LCB ジェリス・ホワイト
Jeris White
ドン・マクニール
Don McNeal
RCB バーノン・ディーン
Vernon Dean
グレン・ブラックウッド
Glenn Blackwood
SS トニー・ピーターズ
Tony Peters
ライル・ブラックウッド
Lyle Blackwood
FS マーク・マーフィー
Mark Murphy
スペシャルチーム
ウーヴェ・フォン・シャーマン
Uwe von Schamann
K マーク・モーズリー
Mark Moseley
トム・オローズ
Tom Orosz
P ジェフ・ヘイズ
Jeff Hayes
ヘッドコーチ
ドン・シュラ
Don Shula
ジョー・ギブス
Joe Gibbs

トーナメント表[編集]

ストライキにより、試合数が大幅に減ったため、16チームによるトーナメントでプレイオフが行われた。

1回戦 2回戦 カンファレンス決勝 第17回スーパーボウル
                           
1月9日
リバーフロント・スタジアム
           
 6) ジェッツ 44
1月15日
LAメモリアル・コロシアム
 3) ベンガルズ 17  
 6) ジェッツ 17
1月8日
LAメモリアル・コロシアム
   1) レイダーズ 14  
 8) ブラウンズ 10
1月23日
マイアミ・オレンジボウル
 1) レイダーズ 27  
 6) ジェッツ 0
1月9日
スリー・リバース・スタジアム
   2) ドルフィンズ 14  
 5) チャージャーズ 31
1月16日
マイアミ・オレンジボウル
 4) スティーラーズ 28  
 5) チャージャーズ 13
1月8日
マイアミ・オレンジボウル
   2) ドルフィンズ 34  
 7) ペイトリオッツ 13
1月30日
ローズボウル
 2) ドルフィンズ 28  
 A2) ドルフィンズ 17
1月8日
ランボー・フィールド
   N1) レッドスキンズ 27
 6) カージナルス 16
1月16日
テキサス・スタジアム
 3) パッカーズ 41  
 3) パッカーズ 26
1月9日
テキサス・スタジアム
   2) カウボーイズ 37  
 7) バッカニアーズ 17
1月22日
RFKスタジアム
 2) カウボーイズ 30  
 2) カウボーイズ 17
1月9日
メトロドーム
   1) レッドスキンズ 31  
 5) ファルコンズ 24
1月15日
RFKスタジアム
 4) バイキングス 30  
 4) バイキングス 7
1月8日
RFKスタジアム
   1) レッドスキンズ 21  
 8) ライオンズ 7
 1) レッドスキンズ 31  

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ AFL統合前の旧NFLで2度優勝している
  2. ^ a b Don Smith (1994年). “JOHN RIGGINS DIESEL (PDF)”. THE COFFIN CORNER:Vol. 16, No.2. 2012年1月28日閲覧。
  3. ^ 1982 Washington Redskins”. Pro Football Reference. 2012年10月11日閲覧。
  4. ^ 1982 Miami Dolphins”. Pro Football Reference. 2012年10月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]