フェンウェイ・パーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フェンウェイ・パーク
Fenway Park
America's Most Beloved Ballpark[1]
フェンウェイ・パーク
施設データ
所在地 4 Yawkey Way
Boston, MA 02215
座標 北緯42度20分47.94秒 西経71度05分50.03秒 / 北緯42.3466500度 西経71.0972306度 / 42.3466500; -71.0972306座標: 北緯42度20分47.94秒 西経71度05分50.03秒 / 北緯42.3466500度 西経71.0972306度 / 42.3466500; -71.0972306
起工 1911年
開場 1912年4月9日
所有者 ボストン・レッドソックス
グラウンド 天然芝(Bluegrass)
ダグアウト ホーム - 一塁側
ビジター - 三塁側
建設費 65万ドル
設計者 オズボーン・エンジニアリング
建設者 James McLaughlin
使用チーム • 開催試合
MLB / ボストン・レッドソックス(1912年 - )
MLB / ボストン・ブレーブス19141915年
NFL / ボストン・レッドスキンズ1933 - 1936年
NFL / ボストン・ヤンクス1944 - 1948年
AFL / ボストン・ペイトリオッツ1963 - 1968年
NASL / ボストン・ビーカンズ(1968年)
収容能力
35,000人(開場時)、35,500人(1947年
35,200人(1949年)、34,824人(1953年
34,819人(1958年)、33,368人(1960年
33,357人(1961年)、33,524人(1965年
33,375人(1968年)、33,379人(1971年
33,437人(1976年)、33,513人(1977年
33,538人(1979年)、33,536人(1981年
33,465人(1983年)、33,583人(1985年
34,182人(1989年)、34,171人(1991年
33,925人(1992年)、34,218人(1993年
33,577人(2001年:デーゲーム)
33,993人(2001年:ナイター)
36,298人(2004年)、38,805人(2006年
37,065人(2012年:デーゲーム)
37,493人(2012年:ナイター)
グラウンドデータ
球場規模 左翼 - 310ft(約94.5m)
左中間 - 379ft(約115.5m)
中堅 - 390ft(約118.9m)
中堅最深部 - 420ft(約128.0m)
右中間 - 380ft(約115.8m)
右翼 - 302ft(約92.0m)
バックネット - 60ft(約18.3m)
フェンス 左翼 - 37ft(約11.3m)
中堅 - 17ft(約5.2m)
右翼 - 3ft(約0.9m)- 5ft(約1.5m)
グリーン・モンスター
グリーン・モンスター上部から
レッドソックスの永久欠番
柱が視界を遮る席も

フェンウェイ・パーク(Fenway Park)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンにある野球場である。MLBボストン・レッドソックスの本拠地球場である。1914年のシーズン途中から1915年途中まではボストン・ブレーブス(現アトランタ・ブレーブス)も本拠地にしていた。そのため1914年のワールドシリーズはこの球場で開催された。

また、野球以外にも使用されていたことがある。1933年から1936年までNFLボストン・レッドスキンズ(現ワシントン・レッドスキンズ)1944年から1948年までボストン・ヤンクス(1948年に解散)、1963年から1968年までAFL(アメリカンフットボールリーグ)のボストン・ペイトリオッツ(現ニューイングランド・ペイトリオッツ)も使用していた。

かつてデトロイト・タイガースの本拠地だったタイガー・スタジアムと同じ1912年(タイガー・スタジアムは4月20日)に公式オープンした球場である。1999年にタイガー・スタジアムが閉鎖されてからは、メジャーリーグで使用されている球場の中では最も古い球場となっている。

観客席の間隔の狭さや視界を遮る柱などファンに不便な点が多く、またロッカールームや通路の狭さなど選手から不満の声も漏れる。しかし球場がもつ伝統と独特な雰囲気は今でも多くのファンを引きつけてやまない。キャパシティの小ささとレッドソックスの人気が相まって、今ではメジャーリーグで最もチケット入手が難しい球場である。ボストンにおける主要なランドマークの1つとなっており、球団オーナーのジョン・W・ヘンリーは「パリフランス)にエッフェル塔があるように、ボストンにはフェンウェイ・パークがある」と述べている[2]

球場の歴史[編集]

1901年アメリカンリーグ創設時から参加していたボストン・ピルグリムスは、ハンティントン・アベニュー・グラウンズを本拠地にしていた。しかし同球場は木製だったため、火事の危険性が常につきまとっていた。1904年に球団を買収したジョン・I・タイラーは、1907年に球団名をピルグリムスからレッドソックスに変更した。続いて1910年、タイラーは新球場建設を発表した。

1911年に建設が開始され翌1912年に完成した新球場はボストン中心街のフェンウェイ地区に建設されたことから、タイラーが“フェンウェイ・パーク”と名付けた[3]。1912年4月9日、レッドソックスがハーバード大学野球部と試合を行ったのがフェンウェイ・パーク初試合。プロ同士の初試合は当初予定されていた試合が2度も雨天延期になった後の1912年4月20日、27,000人の観客の前でレッドソックスはニューヨーク・ハイランダーズ(現ニューヨーク・ヤンキース)を延長戦の末に下した。

当時はボストンにメジャーリーグ球団がもう1つあった。ボストン・ブレーブス(現アトランタ・ブレーブス)である。フェンウェイ・パークの完成の数年後に建てられたブレーブスの本拠地球場ブレーブス・フィールドは、フェンウェイ・パークよりも多くの観客を収容できた。そのためレッドソックスは、1915年のワールドシリーズなどの大観衆が見込める試合はブレーブス・フィールドで行った。

1926年5月8日、フェンウェイ・パークで火災が発生した。これを機にフェンウェイ・パークは改修を行うようになった。改修はその後現在に至るまで、必要にあわせて度々行われている。

「老朽化」や「収容人員の小ささ」という欠点を解消するためレッドソックスは何度か新球場計画を発表したが、その度にファンから大きな非難を浴びて断念している。そのためレッドソックスは席の増築を繰り返して入場料収入の増加に努めている。入場料金の値上げもたびたび行われチケットの平均価格は1998年から10年連続30球団トップの高さであるが、それでもチケットは常時売り切れ状態であった。しかし、2013年4月11日のボルチモア・オリオールズ戦でチケットが完売にならず、2003年5月15日から続いていたチケットの連続完売記録は794試合で途切れた。

フィールドの特徴[編集]

市内の限られた沼地に建てられたため、変則的な形状となっている。建設当時(1910年代)は、都市部の狭い空き地に建てられるこのような変則的形状の球場はごく当たり前であった[4]

本塁から左翼までが310フィート(約94.5メートル)しかない。さらに左中間が膨らまず、直線的に延びているため、プロの使用する球場としては極めて浅い。そこで容易に本塁打が出るのを防ぐため高さ37フィート(約11.3メートル)の巨大なフェンスが設置され、当初は広告で覆われていたが1947年にグリーンに塗られた。このフェンスは通称グリーン・モンスターGreen Monster)と呼ばれている。しかし、高く上がったフライは結局はフェンスを越えてしまう。また本来ならフライアウトになるような打球もグリーンモンスターに当たってヒットになってしまうため、フライ系の打球が多い右打者には非常に有利となっている。グリーン・モンスターのすぐ後方には道路と建物があるため、フィールドはこれ以上拡張できない。グリーン・モンスター下部のスコアボード表示部を打球が突き抜けた場合は、打球がバウンドしたか否かを問わずグラウンドルールにより二塁打(2個の安全進塁権)となる。

左中間とは対照的に右中間は深くなっている。ただ、右翼はフェンスが低い(1メートル未満の部分もある)上、スタンドが張り出しているため右翼線は302フィート(約92.0メートル)と左翼より狭いので、ライナー性の当たりが本塁打になりやすい。この点は左翼とは対照的である。中堅は最深部が420フィート(約128.0メートル)と深く、そのフィールドの形からザ・トライアングルThe Triangle)とも呼ばれる。

以上のように「左翼が狭く中堅・右翼が広い」という特徴をもつ。またファウルグラウンドが非常に狭いので邪飛によるアウトの機会が少ない。さらにこの球場の持つ要素として、建設された年代によるものかデーゲームにおいて外野手から本塁方向の上空を仰ぎ見た場合、飛球を追う際太陽が視界に入りやすくボールを見失うケースが少なからず見受けられることが挙げられる。このように、全体的には投手より打者のほうが有利(いわゆる「打高投低」)な球場となっている。

外野の広さの変遷[5]
年度 左翼 左中間 中堅 中堅
最深部
右中間 右翼
1921 324 不明 不明 不明 不明 313.5
1922 324 不明 488 550 不明 313.5
1926 320.5 不明 488 550 不明 358.5
1930 320 不明 468 550 不明 358
1931 318 不明 468 593 不明 325
1933 320 不明 468 593 不明 358
1934 312 379 388.67 420 不明 334
1936 315 379 388.67 420 不明 332
1938 315 379 388.67 420 不明 322
1939 315 379 388.67 420 405 332
1940 315 379 388.67 420 382 304
1942 315 379 388.67 420 381 302
1943 315 379 388.67 420 380 302
1954 315 379 390 420 405 302
1995 310[6] 379 390 420 405 302

※単位はフィート。1フィート≒30.48センチ

名所[編集]

フェンウェイ・パークで起こった数々の名場面から、“グリーン・モンスター”以外にも愛称が定着した箇所が様々ある。

右翼ファウルポール:ペスキーズ・ポール[編集]

ペスキーズ・ポール
中堅最深部“ザ・トライアングル”とブルペン

右翼のファウルポールは“ペスキーズ・ポール”(Pesky's Pole)と呼ばれている。ペスキーとは1942年から1952年シーズン途中まで(第二次世界大戦中の1943年から1945年を除く)レッドソックスでプレイした左打ちの内野手ジョニー・ペスキーのことである。

ペスキーは8年間で13本の本塁打を放った。そのうちフェンウェイ・パークでは6本を放っている。当時のフェンウェイ・パークの右翼は狭く公称では302フィート(約92.0メートル)となっていたが、航空写真を元にした推測ではそれより短かったという。

ペスキーによるとかつての同僚の投手メル・パーネルがレッドソックス専属キャスターとしてある日の試合を担当した際、右翼ポール際ギリギリで入った本塁打を観てペスキーの話を始めたという。その後1980年代後半から1990年代前半にかけて“ペスキーズ・ポール”という言葉が定着した[7]

2006年9月27日、ペスキー87回目の誕生日にレッドソックスは公式に右翼ファウルポールを“ペスキーズ・ポール”と名付けた。

左翼ファウルポール:フィスク・ファウルポール[編集]

1975年のワールドシリーズはレッドソックスとシンシナティ・レッズの顔合わせだった。レッズの3勝2敗で迎えた第6戦、試合は6-6のまま延長戦に入っていた。

延長12回裏、打席に入ったカールトン・フィスクは左翼ポール際に飛球を放った。飛距離は十分だが、フェアかファウルかは微妙な打球だった。フィスクは一塁へ走るかどうか迷ったあげく、その場で飛び跳ね両手を大きく右へ振った。打球はポールへ直接当たり、サヨナラホームランとなった。レッドソックスは続く第7戦に敗れたため世界一を逃したが、フィスクのこの動作は“フィスク・ダンス”としてファンに記憶された。この試合はボストンを舞台にした1997年の映画『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』において、主人公・ウィルとカウンセラーの会話の中に出てくるほど有名である。

2005年インターリーグでのレッズ戦の試合前にセレモニーが行われ、左翼ポールが“フィスク・ファウルポール”(Fisk Foul Pole)と名付けられた。

右翼スタンドの座席のうちの1つ:ローン・レッド・シート[編集]

右翼スタンドの座席のうち、たった1席だけが赤くなっている。これは、1946年6月9日テッド・ウィリアムズが放ったフェンウェイ・パーク史上最長の本塁打(グリーン・モンスターを越えた場外本塁打は飛距離計測不能のため除く)の落下点である。公式にはこの本塁打の飛距離は502フィート(約153.0メートル)と発表されており、落下点の座席 Section 42, Row 37, Seat 21が赤く塗られ“ローン・レッド・シート”(Lone Red Seat)と呼ばれるようになった。

左翼グラウンドにあった土手:ダッフィーズ・クリフ(※現存せず)[編集]

開場から1933年まで、左翼フェンス前には土手があった。左翼ポールから中堅にかけて広がるその土手は高さ10フィート(約3.0メートル)はあったといい、フェンウェイ・パークで守備に就く左翼手はその土手を登り降りしながら打球を処理していた。

土手の愛称になったダッフィーとは、1910年から1917年までレッドソックスに在籍した外野手ダッフィー・ルイスのことである。ルイスが打球処理のためこの土手を素早く登り降りしたことから“ダッフィーズ・クリフ”(Duffy’s Cliff)という愛称になった[8]

1934年1月5日に発生した火事で破損した部分の補修が行われその際にこの土手を平らにしたため、ダッフィーズ・クリフは現存していない。野球場のフェアグラウンド内に土手があった例としては他にクロスリー・フィールドオハイオ州シンシナティ)の“テラス”、ミニッツ・メイド・パークテキサス州ヒューストン)の“タルの丘”が挙げられる。

野球以外での使用[編集]

球場正面
木製の座席
グリーン・モンスター上部の座席
1914年当時の球場正面

アメリカンフットボール[編集]

フィールドの形が長方形に近いため、フェンウェイ・パークはアメリカンフットボールに使用されたことがある。1933年から1936年にはボストン・レッドスキンズ、1944年から1948年にはボストン・ヤンクス、1963年から1968年にはボストン・ペイトリオッツと3つのプロチームがそれぞれフェンウェイ・パークを本拠地として使用した。

カレッジフットボールでも、ボストンカレッジ・イーグルス(ボストンカレッジ)やボストンユニバーシティ・テリアズ(ボストン大学)がフェンウェイ・パークで過去に何度か試合を行っている。

アイスホッケー[編集]

2010年1月1日にNHLの公式戦(ウィンター・クラシック)として地元のボストン・ブルーインズフィラデルフィア・フライヤーズの試合が行われた。屋外でアイスホッケーの試合が行われるのは3シーズン連続4度目のこと(2009年1月1日にはシカゴリグレー・フィールドで行われ、野球場での開催は2年連続となった)[9]

サッカー[編集]

1931年5月30日ニューヨーク・ヤンキースアメリカンサッカーリーグ)とセルティックスコティッシュ・フットボールリーグ)が試合を行い、ヤンキースが4-3で勝利を収めた。この試合には8,000人が観戦に訪れた。

1968年にはNASLボストン・ビーカンズがフェンウェイ・パークを本拠地として使用したが、シーズン終了後にチームは消滅した。

現在、MLSニューイングランド・レボリューションがフェンウェイ・パークで1、2試合を行うという話もあるが実現には至っていない。

政治演説[編集]

アメリカの政治史において最も有名な選挙演説のうちのひとつは大統領選挙中の1940年、フェンウェイ・パークで生まれた。その演説でフランクリン・ルーズベルト大統領は、海外の戦争へはを派兵しないと宣言した。

当時、第二次世界大戦ヨーロッパで激化していた。アメリカはイギリスソビエト連邦を支援していたものの、公式には中立の立場をとっていた。

1941年12月7日大日本帝国海軍による真珠湾攻撃が発生したことで、アメリカは第二次世界大戦へ参戦することとなった。ルーズベルトと政治的に対立するグループは、前述の演説を繰り返してルーズベルトを批判した。

コンサート[編集]

かつてフェンウェイ・パークではコンサートはあまり開催されなかった。2002年にレッドソックスのオーナーが代わってからは、毎年2公演がフェンウェイ・パークで行われている。

主要な出来事[編集]

出典[編集]

  1. ^ "Fenway Park Tours", The Official Site of The Boston Red Sox
  2. ^ "New Red Sox owners take a day to 'celebrate' ", The Official Site of Major League Baseball
  3. ^ "History of Fenway Park", The Official Site of The Boston Red Sox
  4. ^ GoogleMapsによる航空写真
  5. ^ "Fenway Park", Ballparks by Munsey and Suppes
  6. ^ それまでの315フィートという値が計測ミスだったため測りなおし、修正された値。
  7. ^ "The Pesky Pole", Red Sox Connection - Boston Baseball
  8. ^ 伊東一雄馬立勝『野球は言葉のスポーツ-アメリカ人と野球』 中央公論社<中公新書>、ISBN 41210101911991年、133頁。
  9. ^ ブルーインズが恒例の屋外戦制す/NHL nikkansports.com 2010年1月2日

外部リンク[編集]

前本拠地:
ハンティントン・アベニュー・グラウンズ
1901 - 1911
ボストン・レッドソックスの本拠地
1912 - 現在
次本拠地:
n/a
-
前本拠地:
サウス・エンド・グラウンズ
1871 - 1914
ボストン・ブレーブスの本拠地
1914 - 1915
次本拠地:
ブレーブス・フィールド
1915 - 1952
前本拠地:
ブレーブス・フィールド
1932 - (1シーズン限り)
ボストン・レッドスキンズの本拠地
1933 - 1936
次本拠地:
グリフィス・スタジアム
1937 - 1960
前本拠地:
ニッカーソン・フィールド
1960 - 1962
ボストン・ペイトリオッツの本拠地
1963 - 1968
次本拠地:
アラムナイ・スタジアム
1969 - (1シーズン限り)
先代:
フォーブス・フィールド
キャンドルスティック・パーク
クアーズ・フィールド
MLBオールスターゲーム開催場
第13回(1946年
第31回(1961年
第70回(1999年
次代:
リグレー・フィールド
D.C.スタジアム
ターナー・フィールド