ボルチモア・レイブンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボルチモア・レイブンズ
Baltimore Ravens
1996年創設
永久欠番
  • なし
ホームタウン
ボルチモア・レイブンズの位置(アメリカ合衆国内)
ボルチモア・レイブンズ

メリーランド州ボルチモア(1996-現在)

M&T Bank Stadium DoD.jpg
M&Tバンク・スタジアム (1998-)
メモリアル・スタジアム (1996-1997)

所属地区

  • NFL(1996-現在)
  • AFC(1996-現在)
北地区(2002-現在)
中地区(1996-2001)
チームデザイン
チームカラー
    
    
     メタリックゴールド
チームロゴ
レイヴン(ワタリガラス)の頭にボルチモアの「B」。[1]
獲得タイトル
スーパーボウル・チャンピオン (2回)
  • 2000
  • 2012
カンファレンス・チャンピオン (2回)
AFC
  • 2000
  • 2012
地区優勝 (5回)
AFC北地区
  • 2003
  • 2006
  • 2011
  • 2012
  • 2018
ワイルドカード(5回)
  • 2000
  • 2001
  • 2008
  • 2009
  • 2010
プレーオフ進出(10/23回)
  • 2000
  • 2001
  • 2003
  • 2006
  • 2008
  • 2009
  • 2010
  • 2011
  • 2012
  • 2018
球団組織
オーナー: スティーブ・ビスシオッティ
GM: オジー・ニューサム
ヘッドコーチ: ジョン・ハーボー

ボルチモア・レイブンズ英語: Baltimore Ravens、略称: BAL)は、アメリカ合衆国メリーランド州ボルチモアに本拠地をおくNFLチーム。AFC北地区に所属している。 第35回第47回スーパーボウルで優勝している。

レーベンズ」と表記される場合もある。一例として、NHK-BSでの試合中継は、画面表示は「レイブンズ」、新聞のテレビ欄は「レーベンズ」となっている。

元々はクリーブランド・ブラウンズという名称であったが、オーナーのアート・モデルによるチームの移転に反発したクリーブランド市民に配慮して、ブラウンズの名は市に残した。そして1996年にボルチモアにチームが移転する際に「レイブンズ」と改名し、過去のフランチャイズヒストリーを引き継がず、形式上は新チームということで発足した。愛称の由来はボルチモアにゆかりのある作家エドガー・アラン・ポーの「ザ・レイヴン(大鴉)」で、チームマスコットは3羽のワタリガラス。名前はそれぞれエドガー、アラン、ポー。

クリーブランドには、その後エクスパンションでクリーブランド・ブラウンズが復活した。ブラウンズのフランチャイズヒストリーは、この新生ブラウンズに引き継がれている。

歴史[編集]

マーチブローダコーチ時代[編集]

1996年ドラフトでは1巡に2つの指名権を持っており、全体4位でジョナサン・オグデン、全体22位でレイ・ルイスを獲得した。開幕戦でオークランド・レイダーズを破ったものの4勝12敗に終わった。その中で、マイケル・ジャクソンがリーグトップの14TDレシーブをあげた。

1997年フロリダ州立大学から加入したピーター・ボールウェアが11,5サックをあげて、AFCの最優秀新人守備選手に選ばれた。この年チームは6勝9敗1分、10月26日の試合では、同じメリーランド州に本拠地を置くワシントン・レッドスキンズジャック・ケント・クック・スタジアムでレギュラーシーズンの試合では初対戦し勝利している。

1998年シーズン開幕前、QBビニー・テスタバーディが退団し、ニューヨーク・ジェッツに去り、ジム・ハーボーエリック・ザイアーが先発QBを務めた。ピッツバーグ・スティーラーズからロッド・ウッドソンが加入、プリースト・ホームズが1000ヤードラッシャーとなった。この年チームは6勝10敗でシーズンを終えた。11月29日には、かつてボルチモアを本拠地としたインディアナポリス・コルツを本拠地に迎え、38-31で勝利した。

1999年テッド・マーチブローダに代わってブライアン・ビリックがヘッドコーチに就任した。セントルイス・ラムズから獲得したトニー・バンクスは、キャリア最高の17TD、QBレイティング81.2の成績を残した。WRカドリー・イスマイルは1000ヤードを獲得した。。チームは最初の11試合を4勝7敗で終えたが、 そこから8勝8敗でシーズンを終えた。

ビリックコーチ時代[編集]

第35回スーパーボウルのリング
2001年6月8日、ホワイトハウスに優勝チームメンバーが招かれた際、ジョージ・ウォーカー・ブッシュ大統領にボールとジャージをプレゼントするビリックヘッドコーチ

2000年3月27日、レイブンズの49%の株が、アート・モデルからスティーブ・ビスティオッティに売却された。ビスティオッティは、残り51%の株も3億2500万ドルで2004年4月9日に買い取った。

この年、マービン・ルイスディフェンスコーディネーターの下、レイ・ルイス率いる強力な守備陣は、NFL新記録となる165失点しか相手に与えなかった。レギュラーシーズンが16試合制になってからのそれまでのNFL記録は、1985年シカゴ・ベアーズの187失点であった。レイ・ルイスは最優秀守備選手に選ばれ、ルイス、サム・アダムズ、ウッドソンがプロボウルに選ばれた。

開幕からトニー・バンクスが先発QBを務め、3勝1敗のスタートを切ったが、10月にはオフェンスがタッチダウンを1つもあげられず、5勝4敗となったところで、トレント・ディルファーが先発QBとなった。新人RBジャマール・ルイスが1364ヤードを走った。オフェンスが5試合連続でタッチダウンをあげられなかった間も、ディフェンスの活躍で2勝し、シーズン最後の7試合を全勝して、12勝4敗でシーズンを終え、プレーオフ初出場を果たした。ワイルドカードプレーオフでは、本拠地PSIネット・スタジアムでデンバー・ブロンコスを21-3で破った。ロードとなったディビジョナルプレーオフのテネシー・タイタンズ戦では、10-10で迎えた第4Qにアル・デル・グレコのFGをブロックし、アンソニー・ミッチェルがリターンTD、レイ・ルイスのインターセプトリターンTDもあり、24-10で勝利した。オークランド・レイダーズとのAFCチャンピオンシップゲームでは、第2Q初めのシャノン・シャープへの96ヤードのTDパス、相手QBリッチ・ギャノンを負傷退場に追い込み、16-3で勝利した。タンパで行われた第35回スーパーボウルではニューヨーク・ジャイアンツ戦では、ディフェンスが4サックをあげるとともに、5回のターンオーバーでボールを奪い、34-7で勝利した。ジャイアンツの得点は、キックオフリターンでの1TDのみであり、第6回スーパーボウルダラス・カウボーイズ第7回スーパーボウルマイアミ・ドルフィンズに続いて、3チーム目のスーパーボウルで相手オフェンスにタッチダウンを許さなかったチームとなった。ワイルドカードから勝ち上がったチームとしてのスーパーボウル制覇も史上3チーム目であった。MVPはラインバッカーのレイ・ルイスでディフェンスの選手としては珍しくスーパーボウルMVPに選ばれている。

2001年エルビス・ガーバックが先発QBとなった。ジャマール・ルイスがトレーニングキャンプの初日にシーズン絶望となったこともあり、オフェンスが振るわず、最終週にミネソタ・バイキングスを破り、10勝6敗でプレーオフ出場を果たした。プレーオフ初戦ではマイアミ・ドルフィンズから3回のターンオーバーを奪い、相手オフェンスを151ヤードに抑えて20-3で勝利した。ディビジョナルプレーオフのピッツバーグ・スティーラーズ戦ではガーバックが3インターセプトを喫し、10-27で敗れた。

2002年、チームはサラリーキャップに苦しんだ。この年ドラフト1巡でエド・リードを獲得した。リードは2013年にレイブンズを退団するまでに9回プロボウルに選出されることとなる。この年チームは7勝9敗でプレーオフを逃した。

2003年、ドラフト1巡全体10位でテレル・サッグスを獲得した。また2003年のドラフト2巡、2004年のドラフト1巡指名権をニューイングランド・ペイトリオッツにトレードし、全体19位でカリフォルニア大学カイル・ボラーを獲得した。ボラーはこの年開幕から先発QBとなったが、シーズン中盤に負傷し、アンソニー・ライトが先発QBとなった。5勝5敗で迎えたシアトル・シーホークス戦、残り7分で24-41と17点リードされたところから、オーバータイムに持ち込み、44-41で逆転勝利した。最後の6試合で5勝をあげ、10勝6敗で、AFC北地区での初優勝を果たした。ジャマール・ルイスはこの年、エリック・ディッカーソンのNFL記録にわずか39ヤード及ばない2066ヤードを走り、9月14日のクリーブランド・ブラウンズ戦ではNFL記録となる295ヤードを走った。プレーオフのタイタンズ戦でラン攻撃が100ヤードに抑えられ、17-20で敗れた。

2004年ディオン・サンダースを獲得した。チームは7勝9敗でプレーオフを逃した。この年、15勝1敗となったスティーラーズを唯一破っている。

2005年、WRが手薄だったチームは、タイタンズのデリック・メイソンを獲得、ドラフトでマーク・クレイトンを獲得した。6勝10敗に終わったが、マンデーナイトフットボールグリーンベイ・パッカーズを48-3で破り、スーパーボウルチャンピオンのスティーラーズにも勝利した。

2006年、QBスティーブ・マクネアの下、チームは創設以来初めて開幕から4連勝した。この年、シーズン中盤にジム・ファセルオフェンスコーディネーターを解任、その後チームは5連勝し、第13週のシンシナティ・ベンガルズ戦には敗れたもののスティーラーズを敵地ハインツ・フィールドで1TDに抑えて勝利するなど、球団記録となる13勝3敗でシーズンを終えた。インディアナポリス・コルツとのディビジョナルプレーオフでマクネアが2インターセプトを喫し、6-15で敗れた。

2007年、怪我人が続出した。12月16日には、その年まだ未勝利のマイアミ・ドルフィンズに、オーバータイムの末、16-22で敗れた。この年5勝11敗に終わった。12月31日にビリックヘッドコーチは解任され、フィラデルフィア・イーグルススペシャルチームコーチのジョン・ハーボーが後任となった。

ハーボーコーチ時代[編集]

2008年、QBジョー・フラッコをドラフトで獲得した。第2週のヒューストン・テキサンズ戦がハリケーン・アイクのため順延されたため、チームはプレーオフを合わせて18週連続で戦うこととなった。スティーラーズ、タイタンズ、コルツに連敗し、2勝3敗となったが、最後の11試合で9勝し、11勝5敗となり第6シードでプレーオフに出場した。フィラデルフィア・イーグルス戦ではエド・リードが相手QBケビン・コルブのパスをインターセプト、自身のNFL記録を更新する108ヤードのインターセプトタッチダウンを決めた。これまでの記録は2004年の106ヤードであった。第16週のダラス・カウボーイズ戦では第4Qにウィリス・マゲイヒーが77ヤードのTDラン、ルロン・マクレインが82ヤードのTDランをあげて、33-24で勝利した。ワイルドカードプレーオフでは、マイアミ・ドルフィンズから4インターセプトを奪い、27-9で勝利した。タイタンズの本拠地LPフィールドで行われたディビジョナルプレーオフでは残り53秒にマット・ストバーのFGが決まり、13-10で勝利した。ハインツ・フィールドでのスティーラーズとのAFCチャンピオンシップでは、14-23と敗れてスーパーボウル進出はならなかった。フラッコはルーキーQBとしてプレーオフで2勝あげた最初のQBとなった。

2009年もワイルドカードでプレーオフに出場を果たしニューイングランド・ペイトリオッツを破ったがインディアナポリス・コルツに敗れてシーズンを終えた。

2010年もプレーオフに進出したが、ディビジョナルプレーオフでピッツバーグ・スティーラーズに破れた。

2011年、チームはレギュラーシーズンでスティーラーズに2勝し、地区優勝を果たしAFC第2シードとなる12勝4敗でシーズンを終えたがカンファレンス決勝で敗れた。

2012年は10勝6敗で北地区を1位で通過。第4シードで迎えることとなったプレイオフ初戦前に、長年守備陣の要として君臨したレイ・ルイスが引退を表明した。ルイスの本拠地最終試合となったインディアナポリス・コルツ戦を24対9で制した後、デンバー・ブロンコスをオーバータイムまでもつれる戦いの末38対35で下し、AFCチャンピオンシップではニューイングランド・ペイトリオッツを28対13で撃破。そして初優勝時以来の進出となったスーパーボウルでは、ヘッドコーチであるジョン・ハーボーの弟ジムが率いるサンフランシスコ・フォーティーナイナーズを34対31で下し、2度目のスーパーボウル優勝を決め、ルイスの花道を飾った。

2014年1月27日、デトロイト・ライオンズのヘッドコーチに就任したジム・コールドウェルオフェンスコーディネーターの後任に、ヒューストン・テキサンズのヘッドコーチだったゲイリー・キュービアックが就任した。オフシーズンの補強でカロライナ・パンサーズで長年活躍したWRスティーブ・スミスやTEオーウェン・ダニエルズ、RBジャスティン・フォーセットらを獲得した。2月15日、RBレイ・ライスとその婚約者(同年3月に結婚)がニュージャージー州アトランティックシティカジノで殴りあったことで逮捕された[2]。この殴り合いでライスの婚約者は意識を失っており、3月27日、ライスは大陪審より第3級加重暴行罪で起訴された[3]。ライスは当初7月24日に2試合の出場停止処分となったが[4]、9月にエレベーター内部でのライスによる暴行のビデオ映像が公開されると、バラク・オバマ大統領まで公式コメントを出すなど非難が集中し、レイブンズは彼を解雇、NFLは無期限の出場停止処分を行った(その後、無期限停止処分は11月末解除された。)[5]。ワイルドカードでプレーオフ出場を果たしたが初戦で敗退した。

2015年1月、オフェンスコーディネーターのキュービアックがデンバー・ブロンコスのヘッドコーチに就任した後、シカゴ・ベアーズのヘッドコーチでブラウンズ時代にもオフェンスコーディネーターを務めたマーク・トレストマンが後任となった[6]。2015年、2016年、2017年と3年連続してプレーオフ出場は逃した。

2018年は、最初の9試合を4勝5敗と苦しみながらも、負傷したQBジョー・フラッコに替えてQBスターターをラマー・ジャクソンとした後は7試合を6勝1敗で乗り切り、最終週で地区優勝を遂げた。プレーオフでは初戦で敗退した。

2019年シーズンの対戦相手

2019年シーズンのレイブンズの対戦相手
AFC NFC
前年 西地区 南地区 北地区 東地区 西地区 南地区 北地区 東地区
1位 チーフス テキサンズ レイブンズ ペイトリオッツ ラムズ セインツ ベアーズ カウボーイズ
2位 チャージャーズ コルツ スティーラーズ ドルフィンズ シーホークス ファルコンズ バイキングス イーグルス
3位 ブロンコス タイタンズ ブラウンズ ビルズ 49ERS パンサーズ パッカーズ レッドスキンズ
4位 レイダーズ ジャガーズ ベンガルズ ジェッツ カージナルス バッカニアーズ ライオンズ ジャイアンツ

    :1度対戦     :2度対戦

成績[編集]

AFC北地区(2002年-現在)[編集]

地区優勝 2位 3位 4位
チーム チーム チーム チーム
2018 BAL(4w) 10 6 0 PIT 9 6 1 CLE 7 8 1 CIN 6 10 0
2017 PIT(2d) 13 3 0 BAL 9 7 0 CIN 7 9 0 CLE 0 16 0
2016 PIT(3c) 11 5 0 BAL 8 8 0 CIN 6 9 1 CLE 1 15 0
2015 CIN(3w) 12 4 0 PIT(6d) 10 6 0 BAL 5 11 0 CLE 3 13 0
2014 PIT(3w) 11 5 0 CIN(5w) 10 5 1 BAL(6d) 10 6 0 CLE 7 9 0
2013 CIN(3w) 11 5 0 PIT 8 8 0 BAL 8 8 0 CLE 4 12 0
2012 BAL(4v) 10 6 0 CIN(6w) 10 6 0 PIT 8 8 0 CLE 5 11 0
2011 BAL(2c) 12 4 0 PIT(5w) 12 4 0 CIN(6w) 9 7 0 CLE 4 12 0
2010 PIT(2s) 12 4 0 BAL(5d) 12 4 0 CLE 5 11 0 CIN 4 12 0
2009 CIN(4w) 10 6 0 BAL(6d) 9 7 0 PIT 9 7 0 CLE 5 11 0
2008 PIT(2v) 12 4 0 BAL(6c) 11 5 0 CIN 4 11 1 CLE 4 12 0
2007 PIT(4w) 10 6 0 CLE 10 6 0 CIN 7 9 0 BAL 5 11 0
2006 BAL(2d) 13 3 0 CIN 8 8 0 PIT 8 8 0 CLE 4 12 0
2005 CIN(3w) 11 5 0 PIT(6v) 11 5 0 BAL 6 10 0 CLE 6 10 0
2004 PIT(1c) 15 1 0 BAL 9 7 0 CIN 8 8 0 CLE 4 12 0
2003 BAL(4w) 10 6 0 CIN 8 8 0 PIT 6 10 0 CLE 5 11 0
2002 PIT(3d) 10 5 1 CLE(6w) 9 7 0 BAL 7 9 0 CIN 2 14 0

AFC中地区(1996年-2001年)[編集]

年度 地区優勝 2位 3位 4位 5位 6位
チーム チーム チーム チーム チーム チーム
2001 PIT(1c) 13 3 0 BAL(5d) 10 6 0 CLE 7 9 0 TEN 7 9 0 JAX 6 10 0 CIN 6 10 0
2000 TEN(1d) 13 3 0 BAL(4v) 12 4 0 PIT 9 7 0 JAX 7 9 0 CIN 4 12 0 CLE 3 13 0
1999 JAX(1c) 14 2 0 TEN(4s) 13 3 0 BAL 8 8 0 PIT 6 10 0 CIN 4 12 0 CLE 2 14 0
1998 JAX(3d) 11 5 0 TEN 8 8 0 PIT 7 9 0 BAL 6 10 0 CIN 3 13 0
1997 PIT(2c) 11 5 0 JAX(5w) 11 5 0 TEN 8 8 0 CIN 7 9 0 BAL 6 9 1
1996 PIT(3d) 10 6 0 JAX(5c) 9 7 0 CIN 8 8 0 HOU 8 8 0 BAL 4 12 0

プレイオフ[編集]

  • 2000
  • 2001
  • 2003
  • 2006
  • ディビジョナルプレイオフ敗退 6-15 コルツ
  • 2008
  • 2009
  • 2010
  • 2011
  • 2012
  • 2014

歴代ヘッドコーチ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 創立当初は盾形のエンブレムを使用していたが、アマチュアアーティストから盗作と訴えられて敗訴したため変更。
  2. ^ レイブンズRBレイ・ライス、婚約者を殴り意識を失わせていた”. アメフトNewsJapan (2014年2月19日). 2015年2月1日閲覧。
  3. ^ レイブンズRBライス、婚約者への暴力で重罪起訴”. アメフトNewsJapan (2014年3月27日). 2015年2月1日閲覧。
  4. ^ RBレイ・ライス、軽処分はジャネー夫人の尽力による?”. アメフトNewsJapan (2014年7月26日). 2015年2月1日閲覧。
  5. ^ 【NFL】DVでレイブンズを解雇されたライスの出場停止処分が解除、リーグ復帰へ”. サイクルスタイル (2014年11月30日). 2015年2月1日閲覧。
  6. ^ レイブンズ、トレストマン前ベアーズHCがOC就任”. NFL JAPAN (2015年1月21日). 2015年2月1日閲覧。

外部リンク[編集]