カリフォルニア大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カリフォルニア大学
University of California
The University of California 1868.svg
モットー Fiat lux (ラテン語)
モットー (英語) Let there be light(光あれ)
種別 公立大学
設立年 1868年3月23日
資金 210億ドル(2019) [1]
予算 398億ドル (2020)[2]
学長 マイケル V ドレイク
教員数
22,700 (2020年)[2]
職員数
154,900人(2020年)[2]
学生総数 285,216人(2019)[3]
学部生 226,125人(2019)[3]
大学院生 59,091人(2019)[3]
所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州カリフォルニア州オークランド
キャンパス バークレー
ロサンゼルス
サンディエゴ
デービス
サンタクルーズ
サンタバーバラ
アーバイン
リバーサイド
マーセド
サンフランシスコ
スクールカラー 青 & 金[4]
         
公式サイト www.universityofcalifornia.edu
University of California logo.svg
テンプレートを表示

カリフォルニア大学: University of California)は、カリフォルニア州オークランド市に本部を置くアメリカ合衆国の州立大学である。1877年に設置された。

10大学からなるカリフォルニア大学システム(UC system)はアメリカ合衆国で最大規模の州立大学群であり、カリフォルニア大学バークレー校を旗艦校としている。モットーはラテン語で「fiat lux」(「光あれ」の意味[5])。各キャンパスはそれぞれ独立に運営される別の大学であるため、カリフォルニア大学という大学が単体で存在する訳ではない。

在学者19万1000人以上と存命同窓生134万0000人以上を資金母体とした約49億米ドルの運用可能な基金を有している(アメリカ国内で7番目の規模)。

沿革[編集]

最初のキャンパス(現在のUCバークレー)は1868年に創立された。最も新しい10番目の大学はマーセド市近郊に2005年の秋に開校した。カリフォルニア州全土に10の大学(バークレー校、デイビス校、サンディエゴ校、サンフランシスコ校、サンタ・クルーズ校、サンタ・バーバラ校、ロサンゼルス校、アーバイン校、リバーサイド校、マーセド校)を持ち、世界的にも有名な研究重視の大学群である。うちサンフランシスコ校は医学系大学院大学であるが、それ以外はそれぞれ総合大学である。図書館の書籍量、各研究機関など、世界でも屈指の規模とレベルを誇る。またサンフランシスコにキャンパスを有するロースクール、カリフォルニア大学ヘイスティングス法科大学院(University of California, Hastings College of the Law)はカリフォルニア大学の名を冠し提携関係にはあるものの、カリフォルニア大学システムとは独立に運営されている。

構成[編集]

総長室

カリフォルニア州には、大きくわけて4つの大学システムがあり、一つはこのカリフォルニア大学システム(UC system)、別の州立大学システムであるカリフォルニア州立大学(CSU system)、2年制大学のCommunity College、そしてスタンフォード大学カリフォルニア工科大学南カリフォルニア大学等の私立大学がある。UCが研究重視そして大学院重視であるのに対し、CSUでは各学部教育そして教員養成や職業訓練が主な教育目標である。

学費[編集]

公立の大学であり学費は比較的安かったが、カリフォルニア州の財政危機の影響を受け近年では非常に値上がりしてきている。カリフォルニア大学バークレー校の場合、カリフォルニア州民に対しては、学部生では1年の授業料が約14,500米ドル、寮費や保険等の諸費用込みで約40,000米ドルである。日本からの留学などの州民以外の場合は、他州住民授業料が約30,000米ドルが加算されるため、1年の学費は約70,000米ドルとなる[6]

大学システムの各大学[編集]

評価[編集]

カリフォルニア大学群は各種ランキングにおいて世界トップクラスの大学群として高く評価され、世界各地域の学界、政界および財界で大きな影響力を持っている。

  • USニューズ&ワールド・レポートが毎年発表する全米大学ランキング(学部)「Best Colleges」の公立大学ランキング(Top Public School)では、2019年度は、ロサンゼルス校(UCLA)が第1位、バークレー校が第2位、サンタバーバラ校が第5位、アーバイン校が第7位、デービス校が第10位とカリフォルニア大学郡が上位を独占している[7]
  • タイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)の"World University Rankings 2018"(世界大学ランキング 2018)によれば、カリフォルニア大学システムの中、ロサンゼルス校 (UCLA) が第15位、バークレー校が第18位、サンディエゴ校が第32位、サンタバーバラ校が第53位、デイヴィス校が第54位、アーバイン校第99位と、トップ100位以内に6校がランクインしている[8]
  • タイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)が毎年実施する学者へのアンケートをもとにした"World Reputation Rankings"において、2019年度はバークレー校が第6位、ロサンゼルス校(UCLA)が第9位、サンディエゴ校が第31位、サンフランシスコ校が第44位、デイヴィス校が第47位など6校がトップ100位以内にランクインしている[9][10]

出典・補注[編集]

  1. ^ As of June 30, 2019; includes assets managed by UC Regents on behalf of all UC campuses. Annual Endowment Report for the Fiscal Year Ended June 30, 2019”. University of California. 2020年2月3日閲覧。
  2. ^ a b c The University Of California At A Glance”. University of California. 2020年8月4日閲覧。
  3. ^ a b c Fall Enrollment At A Glance”. University of California. 2020年4月22日閲覧。
  4. ^ The UC Brand | Color”. Brand.universityofcalifornia.edu. 2015年10月14日閲覧。
  5. ^ 旧約聖書』「創世記」の「天地創造」の章にある神の言葉。
  6. ^ UC Berkeley
  7. ^ http://colleges.usnews.rankingsandreviews.com/best-colleges/national-top-public
  8. ^ THE World University Rankings 2018” (英語). Top Universities (2017年2月1日). 2019年1月11日閲覧。
  9. ^ [1]
  10. ^ THE World University Reputation Rankings” (英語). Times Higher Education (THE). 2019年1月11日閲覧。

外部リンク[編集]