M&Tバンク・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
M&Tバンク・スタジアム
"M&T Bank Stadium"

M&Tバンク・スタジアム

施設情報
所在地 1101 Russell Street
Baltimore, Maryland 21230
位置 北緯39度16分41秒
西経76度37分22秒
座標: 北緯39度16分41秒 西経76度37分22秒
起工 1996年
開場 1998年8月8日
所有者 Maryland Stadium Authority
グラウンド 人工芝(Sportexe Momentum Turf)
建設費 2億2000万ドル
設計者 HOK Sport
旧称
レイブンズ・スタジアム・アット・カムデン・ヤーズ
(開場 - 1999年、2002年 - 2003年)、
PSIネット・スタジアム(1999年 - 2002年)
使用チーム、大会
ボルチモア・レイブンズ(開場 - 現在)
ボルチモア・ベイホークス(2002年)
収容能力
70,107人

M&Tバンク・スタジアムM&T Bank Stadium)は、アメリカ合衆国メリーランド州ボルチモアにあるスタジアム。1998年開場。

主にアメリカンフットボールラクロスに使用されている。アメフトでは、開場以来NFLボルチモア・レイブンズが本拠地にしている。ラクロスでは、MLLボルチモア・ベイホークス(現:ワシントン・ベイホークス)が2002年に当スタジアムを本拠地としていたほか、NCAAの試合が度々開催されている。

スタジアムのデザイン[編集]

当スタジアムのデザインの特徴は2つある。1つは最上部の席が4分割されていること。もう1つは観客用のスロープがスタジアム内にあることである。

これまでNFLのスタジアムといえば、円形または楕円形の客席がフィールドを隙間なく囲むタイプのものが主流だった(例1例2例3)。当スタジアムの客席は3層であるが、そのうち最上部は両エンドと両サイドで4つのセクションに分かれており、それぞれのセクションの間には何もない空間が広がっている。この隙間からはボルチモアの風景を望むことができる。

また、観客がスタジアムの入り口から客席まで移動するスロープ状の通路は、これまではスタジアムの外にあることが多かった(例4)。当スタジアムでは、それをスタジアム内に設置した。

歴史[編集]

1998年の開場時、スタジアム名はレイブンズ・スタジアム・アット・カムデン・ヤーズRavens Stadium at Camden Yards)だった。“カムデン・ヤーズ”とは、かつてこの地にあった操車場の名前である。当スタジアムに隣接するオリオール・パーク・アット・カムデン・ヤーズの名も、これに由来する。

1999年、インターネットサービスプロバイダPSIネット命名権を20年1億500万ドルで取得したため、スタジアム名がPSIネット・スタジアムPSINet Stadium)へ変更された。しかしPSIネットが2002年に倒産したため、スタジアム名は以前のものに戻された。

同年9月11日、ボルチモア・コルツ(現:インディアナポリス・コルツ)でクォーターバックを務めていたジョニー・ユナイタスが死去した。スタジアムにユナイタスの名を冠するよう求める声がファンや地元市民の間で高まったが、Maryland Stadium Authorityとレイブンズは新たなネーミング・スポンサーを募集することにした[1]

2003年、15年7500万ドルの契約でM&Tバンクが新たなスポンサーに決定した。当スタジアムの命名権には、携帯電話事業大手のスプリント・ネクステルや、自動車販売大手のカーマックスも興味を示していた[2]

2015年NFLドラフトに合わせて4月30日にイベント開催が予定されていたが、警察に逮捕された黒人男性が死亡したことに伴い、4月27日深夜に暴動が起きたため、イベントは中止された[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Jon Morgan (2002年9月17日). “Naming stadium for Unitas costly, not unprecedented”. ボルチモア・サン. 2015年5月17日閲覧。
  2. ^ M&T Nests In Baltimore”. フォーブス (2003年5月6日). 2015年5月17日閲覧。
  3. ^ 非常事態宣言のボルティモア、レイブンズがドラフトイベント中止”. NFL JAPAN (2015年4月30日). 2015年5月17日閲覧。

外部リンク[編集]

前本拠地:
メモリアル・スタジアム
1996 - 1997
ボルチモア・レイブンズの本拠地
1998 - 現在
次本拠地:
n/a
-