1947年のNFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1947年のNFL
レギュラーシーズン
日程
東地区優勝 フィラデルフィア・イーグルス
西地区優勝 シカゴ・カージナルス
NFLチャンピオンシップ
開催日 1947年12月28日
開催地 イリノイ州シカゴ
スタジアム コミスキー・パーク
チャンピオン シカゴ・カージナルス
NFLシーズン
 < 1946 1948 > 

1947年のNFLは、NFLの28年目のシーズンである。

この年から、各チーム11試合から12試合に拡張した。12試合制は1961年シーズンまで継続した。

NFLチャンピオンシップで、シカゴ・カージナルスが、フィラデルフィア・イーグルスを28対21で破り、NFLチャンピオンに輝いた。

主なルール変更[編集]

  • 第5の審判として、後審が追加された。
  • スナップ時に11人に満たない人数でも審判は指摘しないことになった。
  • オフェンスラインより後ろから投げられる全てのパスについて、守備側選手がレシーバーの視界を遮るような手の使い方をすると反則となるようになった。
  • エクストラポイントの失敗が明らかになった時点でボールデッドになることになった。
  • ラフィングザキッカーの反則は、ファンブルやリカバーが生じた後のキックには適用しないことになった。
  • 全てのチームがサイドラインのヤードマーカーのセットを備えるようになった。
  • 火曜日に試合を行わなくなった。次に行われたのは2010年第16週のフィラデルフィア・イーグルスミネソタ・バイキングス戦である。これは、開催地フィラデルフィアが猛吹雪による悪天候になることが予想されたので、試合を延期したことによる[1]

順位表[編集]

東地区
チーム 得点 失点
フィラデルフィア・イーグルス 8 4 0 .667 308 242
ピッツバーグ・スティーラーズ 8 4 0 .667 240 259
ボストン・ヤンクス 4 7 1 .364 168 256
ワシントン・レッドスキンズ 4 8 0 .333 295 367
ニューヨーク・ジャイアンツ 2 8 2 .200 190 309
西地区
チーム 得点 失点
シカゴ・カージナルス 9 3 0 .750 306 231
シカゴ・ベアーズ 8 4 0 .667 363 241
グリーンベイ・パッカーズ 6 5 1 .545 274 210
ロサンゼルス・ラムズ 6 6 0 .500 259 214
デトロイト・ライオンズ 3 9 0 .250 231 305

脚注[編集]

[ヘルプ]