第9回スーパーボウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第9回スーパーボウル
Super Bowl IX
1 2 3 4
PIT 0 2 7 7 16
MIN 0 0 0 6 6
開催日 1975年1月12日
スタジアム チューレイン・スタジアム
開催地 ルイジアナ州ニューオーリンズ
MVP フランコ・ハリス, スティーラーズ
優勝予想 Steelers by 3
国歌斉唱 グランブリング大学マーチングバンド
コイントス レフリー
ハーフタイム マーシー・エリントングランブリング州立大学マーチングバンド
入場者数 80,997
アメリカにおけるテレビ放送
ネットワーク NBC
実況と解説 カート・ゴウディアル・デロガティスドン・メレディス
視聴率 42.4 (全米)
占有率 72 (全米)
CM広告料
(30秒)
10万7千ドル
 < 第8回 スーパーボウル 第10回 > 

第9回スーパーボウル(だい9かいスーパーボウル、Super Bowl IX)は1975年1月12日ルイジアナ州ニューオーリンズチューレイン・スタジアムで行われた9回目のスーパーボウルAFCチャンピオンであるピッツバーグ・スティーラーズNFCチャンピオンであるミネソタ・バイキングスの対戦。スティーラーズがバイキングスを16-6で破って、初のスーパーボウル制覇を果たした。MVPはスティーラーズのランニングバックであるフランコ・ハリスが受賞した。

ピッツバーグ・スティーラーズ[編集]

スティーラーズは10勝3敗1分でシーズンを終えた。プレシーズンゲームで活躍した黒人QBジョー・ギリアムが開幕から先発した。第7週のアトランタ・ファルコンズ戦でテリー・ブラッドショーが先発に復帰したが、第9週のシンシナティ・ベンガルズ戦でパス35回中13回成功、140ヤード、1インターセプト、TDパスなしに終わり、第10週にはテリー・ハンラッティーが先発QBとなった。この試合でハンラッティーはパス15回中2回成功、3インターセプトと散々な成績だったものの、ディフェンスが3インターセプト、4ファンブルリカバーをあげて勝利、翌週からはブラッドショーが先発した。

プレーオフ[編集]

スーパーボウル3連覇を狙うマイアミ・ドルフィンズはプレーオフでオークランド・レイダーズと対戦、第4Qに新人RBベニー・マローンのTDランで勝ち越したが、試合終了間際、ケン・ステイブラーから3人のディフェンス選手に囲まれたクラレンス・デービスへのTDパスが決まり、レイダーズが28-26で勝利した(The Sea of Hands)[1]

スティーラーズはO・J・シンプソンを49ヤードに抑えてバッファロー・ビルズを32-14で破り[2]、レイダーズのラン攻撃を21回で29ヤードに抑える一方、フランコ・ハリスの2TDランなどで24-13と勝利[3]、スーパーボウル初出場を果たした。

バイキングスはセントルイス・カージナルスを30-14、ロサンゼルス・ラムズを14-10で破り2年連続となるスーパーボウル出場を果たした。

試合経過[編集]

スティールカーテンと呼ばれるスティーラーズディフェンスとパープル・ピープル・イーターズと呼ばれるミネソタ・バイキングスディフェンスの活躍で前半はスティーラーズのドワイト・ホワイトがエンドゾーンでフラン・ターケントンをダウンさせて奪ったセイフティによる2点のみしか得点が入らなかった。

後半に入りフランコ・ハリスのTDでスティーラーズが9-0とリードを拡げたがバイキングスはパントブロックからのリカバーTD、トライフォーポイントは失敗し、9-6となった。

3点差に詰め寄られたスティーラーズはラリー・ブラウンへのTDパスが決まり16-6とリードを拡げ勝利した。

スターティングラインアップ[編集]

ピッツバーグ・スティーラーズ ポジション ミネソタ・バイキングス
オフェンス
フランク・ルイス
Frank Lewis
WR ジョン・ギリアム
John Gilliam
ジョン・コルブ
Jon Kolb
LT チャーリー・グッドラム
Charlie Goodrum
ジム・クラーク
Jim Clark
LG アンディ・モーラー
Andy Maurer
レイ・マンスフィールド
Ray Mansfield
C ミック・ティンゲルホフ
Mick Tingelhoff
ジェリー・マリンズ
Gerry Mullins
RG エド・ホワイト
Ed White
ゴードン・グラベル
Gordon Gravele
RT ロン・ヤーリー
Ron Yary
ラリー・ブラウン
Larry Brown
TE ステュ・ボイト
Stu Voigt
ロニー・シャンクリン
Ronnie Shanklin
WR ジム・ラッシュ
Jim Lash
テリー・ブラッドショー
Terry Bradshaw
QB フラン・ターケントン
Fran Tarkenton
ロッキー・ブライアー
Rocky Bleier
FB デイブ・オズボーン
Dave Osborn
フランコ・ハリス
Franco Harris
RB チャック・フォアマン
Chuck Foreman
ディフェンス
L・C・グリーンウッド
L. C. Greenwood
LE カール・エラー
Carl Eller
ジョー・グリーン
Joe Greene
LDT ダグ・サザーランド
Doug Sutherland
アーニー・ホームズ
Ernie Holmes
RDT アラン・ペイジ
Alan Page
ドワイト・ホワイト
Dwight White
RDE ジム・マーシャル
Jim Marshall
ジャック・ハム
Jack Ham
LOLB ロイ・ウィンストン
Roy Winston
ジャック・ランバート
Jack Lambert
MLB ジェフ・ジーモン
Jeff Siemon
アンディ・ラッセル
Andy Russell
ROLB ウォリー・ヒルゲンバーグ
Wally Hilgenberg
J・T・トーマス
J. T. Thomas
LCB ジャッキー・ウォレス
Jackie Wallace
メル・ブラント
Mel Blount
RCB ネイト・ライト
Nate Wright
マイク・ワグナー
Mike Wagner
SS ジェフ・ライト
Jeff Wright
グレン・エドワーズ
Glen Edwards
FS ポール・クラウス
Paul Krause
スペシャルチーム
ロイ・ジェレラ
Roy Gerela
K フレッド・コックス
Fred Cox
ボビー・ワルデン
Bobby Walden
P マイク・アイシャイド
Mike Eischeid
ヘッドコーチ
チャック・ノル
Chuck Noll
バド・グラント
Bud Grant

ハーフタイム[編集]

ハーフタイム中に、毛皮のコートを着たサンドラ・セックストン(Sandra Sexton)が、警備員のタックルを振り切り、ビキニ姿でフィールドを横断した[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ The Sea of Hands Game”. オークランド・レイダーズ (2011年12月11日). 2012年1月28日閲覧。
  2. ^ Buffalo Bills 14 at Pittsburgh Steelers 32 Sunday, December 22, 1974”. pro-football-reference.com. 2012年11月2日閲覧。
  3. ^ Pittsburgh Steelers 24 at Oakland Raiders 13 Sunday, December 29, 1974”. pro-football-reference.com. 2012年11月2日閲覧。
  4. ^ [海外短波] "タックル"はイヤョ 読売新聞 1975年1月15日朝刊3ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]